001-1

早朝から店主と小谷村の「鎌池」の紅葉を見てきました。
「帰りは自転車?」なんて言われたもんだから、頭に全くなかったのにMyベンツを積み込み、午前6時には鎌池到着です。
早朝6時で駐車場はいっぱいです。
nonkoがMyベンツの整備をしてるあいだに、先に店主が見に行くと、ハマってるオジサンがいらっしゃったそうですが、朝方は足元がけっこう滑るので気をつけて下さいね。
それでは鎌池を一周してみましょう。

012-1

014-1

015-1

016-1

018-1

033-1

037-1

063-1

065-1

今日は曇っていたので、鮮やかさには欠けますが、晴れたら素晴らしい色合いだったことでしょう。
カメラマンのオジサンがいっぱいです。

056^1

nonkoの好きなブナの木です。
京都にいた頃、クリスマスリースを製作するのに必ずブナの実を使っていました。
ちょうどその頃はまだ「玉川温泉」へ湯治に行っていたので、湯治中に拾って歩いたものです。
ブナってとっても水を吸収してくれるので、森では大切な木なんです。それにブナの木が生い茂る森は水が甘いって言われますよね!そのブナの実は、松の実とよく似た味わいで、クマさんが大好物なんです。
nonkoはブナの木は「森の神」だと思っています。

052-1

051-1

044-1

047-1

この森をnonkoはとっても「癒し」と感じるのですが、都会の一部の方は「怖い」と感じられるそうです。
では「怖い」と感じられた方は、信州のどのような場所に「癒し」を感じられるのか?
「アルプス安曇野公園」の様な場所だそうです。
人それぞれってことでしょうね〜

045-1

ブナの森に湧水が出てるのも嬉しいものでしょう。

040-1

こちらの神秘的な池は「蛇池」です。

019-1

022-1

見事な紅葉も一部では始まっています。

058-1

ちょっと悪戯をして、秋のnonkoおすすめのお菓子をご紹介しましょう。
こちらは大町の「藤長菓子店」様の「リスの宿」です。
サクサクした香ばしいクッキー生地の中に、東御市のクルミが入っています。
メチャクチャ美味しいんですから〜〜〜

060-1

丁寧に一粒づつ包まれて、このような可愛らしい袋に入っています。
秋になると食べたくなる大町のお菓子です。是非お土産にもどうぞ!

066-1

駐車場に戻り、いよいよMyベンツで出発です。
まだ売店「ぶな林亭」様はまだ営業されていない様子で、そりゃ8時ではそうでしょう。それにしても寒いな〜

070-1

いつもなら歩いてる道をMyベンツで走るのって何だか得をしたようです。
いつも路線バスの最終「雨飾高原」から、帰りのバスの時間を気にしながら歩くのです。
片道約1時間はゆっくりかかる距離なんです。

075-1

紅葉はまだ早いかと思っていましたが、このあたりはもう見頃ではないでしょうか

073-1


目の前に「雨飾山」が見えてきました。

077-1

nonkoは毎年ここからの景色が大好きなんです。ホント晴れていたらもっと素晴らしいのです。

079-1

かなり下の方に川が流れているのが見えます。相当高い場所にいるのでしょうね〜

068-1

落ちていた「栃の実」さんも、もう土にかえろうとしているようです。
nonkoが拾ったのは可愛らしく作りかえ、てお客様にお持ち帰りいただいてるんです。

081-01

このあいだ娘と行った「雨飾荘」様を通り過ぎ、露天風呂は午前10時からだと言う事で、またまた通過です。
標高が下がると紅葉もまだまだといった感じです。

083-1

やっぱり寒いな〜、「小谷温泉・山田旅館」様にお邪魔してみたのですが、ご不在のようです
寒いよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

084-2

あ〜〜〜、巣が山盛り列を作ってる〜〜〜、よほど居心地がいいのでしょう

087-1

仕方なくどんどんと下りて行きます。
この堰堤はとんでもない場所にあって、ちょっと怖く感じていた場所です。

088-1

このような高い場所から下りてくるんですよ〜〜〜
先程行った小谷温泉があんなに高い場所にあるのです。

090-1

ここはかつてnonkoもお手伝いさせていただいたことがある「棚田オーナー」様の田んぼだと思います。
大町の「北安大國」様の前杜氏「山田和夫」様にお世話になった田んぼです。
山田様お元気かな〜〜〜

092-1

この辺りからは小谷の民家の様子がとても雰囲気が良く見えてきます。

095-1

096-1

107-1


赤や緑や青の特徴のある屋根が何ともいい雰囲気の集落です。

098-1

たまたま道路沿いにある山田前杜氏様のお宅の前でヒョッコリお会いでき、とってもお元気そうで嬉しかったです。栽培されている「原木なめこ」をいただいちゃいました。

165-1

凄いでしょう!こんなに沢山
お客様にもお分けさせていただきますねまた是非大町にもお越し下さいませ。

101-1

なんだこりゃ〜〜〜!また面白い看板を発見

106-1

小谷農協様のようです。
「いきもの」ですよ〜〜〜、普通このような看板はないでしょう(笑)
いましたよ、ニョロ系の怖いもの!しかも子供まで産んでるし〜〜〜

105-1

職員様がまた気さくで面白い方で、「ママチャリ?」って笑われました

109-1

いよいよ国道に出ちゃいますが、トンネルが怖いので旧道にまわります。
いつも路線バスで通っていたのでおぼえているんですよ〜

111-1

旧道から「サンテイン小谷」様の横に出られるんです。
そしてまたリンリンとMyベンツをこいでいくのですが、このあたりからゆっくりと登りになってくるんです。
117-1

国道を走ったり、脇道を走ったりしながら、できるだけ車の通りの少ないところを選んで走って行きます。
「大糸線千国駅」あたりからは細い脇道があり、車では見えないものも目に飛び込んでくるんです。

116-1

これは何でしょう???
京都ではこれの小さなものは「カラスウリ」と言われ、けっこう珍重されています。
どなたかご存知ありませんか〜〜〜?
直径10センチ程あります。

118-1

またとってもレトロな橋を見つけました。
その橋は、「親沢橋」と言う名前がつけられていました。
戦時中に中島武氏の創意により建設された、世界最初の鉄筋コンクリート・ローゼ桁の一群の橋です。平成14年に土木遺産に指定されています。

121-1

橋のあいだから大糸線が見える風景も素敵でしょう。

122-1

姫川の流れに沿って上流へ上流へと向かいます。

124-1

青鬼の別れまできたらホッと一息つけました。
ここからは何度かMyベンツで帰った事があるのです。
青鬼はとっても素晴らしいところで、晴れた時には真正面に白馬三山が見える高台の集落です。

129-1

このあたりからはますます登りがきつく、お天気も良くなってきたので暑い暑い!
今日は北アルプスがあまりきれいには見えませんでした。

131-1

一昨日の雨で川の水も増水気味です。

138-1

やっぱり行こう!
白馬のジェラート屋さん「花彩(はないろ)」様です。
白馬の「檪」様でお世話になった時には、毎日通ってました。

137-1

いつもフレーバーが変わって、毎日でも楽しませていただけます。
意外と地元の方々が通われるジェラートショップです。

134-1

今日はイチオシの「ピーカンナッツ」と「かぼちゃ」です
何が美味しいって、いつもフレッシュなんですよ

145-1

さぁ〜、元気になったら「佐野坂越え」です。
皆様あの場所を???って言われますが、佐野坂よりも、南小谷から白馬の方がきついですよ〜

146-1

147-1

この看板を見たら何だかもう嬉しくなってきちゃいました。
青い案内より、その向こうの「大町市」って言う案内の方が嬉しいです

148-1

青木湖はまだ山の上の方が色付き、湖面近くはまだかかりそうです。

155-1

神秘的な「中綱湖」もまだもう少しかかりそう・・・

157-1

今日も魚釣りのオジサマ方が大勢竿を出してられました。

158-1

木崎湖まで戻ると無性に美味しいコーヒーが飲みたくなってきました。

161-1

そんな時「Yショップ・縁川商店」様へ立ち寄らせていただきます。
こちらではオリジナルの美味しいコーヒーが楽しめるんです。もちろん焙煎は大町市内の「ユナイトコーヒー」様です。

160-1

今日は栗の渋皮煮をお茶うけにいただいちゃいました。
ご馳走様でした

163-1

稲尾の田んぼを見ながら、このベンツよく走るな〜、6年前に7,800円で購入したものなのに〜

164-1

こうやってMyベンツと共に無事大町まで戻ってきました。
今年の紅葉は見る場所によって色々とお楽しみいただけるようです。
大町の市街地の紅葉はこれからですよ〜

【小谷村観光情報】

【藤長菓子店】様
長野県大町市大町2227(大黒町)
TEL 0261-22-0186