IMG_0353

IMG_0354

小さな世界遺産の村「五箇山・菅沼合掌造り」
昨日店主と高山で合流し、白川郷を通り抜け五箇山へ・・・
合掌造りの魅力は表面的な感動だけではありません。五箇山の気候を知り、人びとの生活の知恵を知り、受け継がれてきた伝統を知り、助け合いによって守り続けてきた文化を知ることによってより深く感動できるものです。店主もnonkoも合掌造りを見たい時には、こちらの菅沼に出かけます。

IMG_0351

IMG_0350

IMG_0349

IMG_0305

IMG_0306

IMG_0307

IMG_0309

IMG_0329

IMG_0330

IMG_0332

IMG_0336

IMG_0339
IMG_0335

IMG_0338

IMG_0341

IMG_0343

IMG_0344

IMG_0340

どっしりとした合掌造りが素晴らしいでしょう。

IMG_0328

これは雪捨て場なのでしょうね・・・
長野県の津南地方や、新潟の魚沼地方で見たことがあります。

IMG_0310

IMG_0327

いつもお邪魔させていただく「五郎平」様です。

IMG_0314

クマさんクマさん何見てるの?

IMG_0315

あ〜〜〜(笑)
食べたいんだね〜

IMG_0322

囲炉裏で大きな岩魚を焼いていただけるのです。

IMG_0321

食べごたえあるんですよ

IMG_0319

姿造りもまだピクピク動いていて可愛そうなぐらい・・・
でも美味しくいただきましたから(笑)
このあたりの地酒は「三笑楽」です。味わい深い富山の山奥の地酒です。

IMG_0317

やはり五箇山豆腐は外せませんね
一丁のお豆腐でお酒が呑める・・・、まさにそんな感じかな〜〜〜
お味噌の味は当店のものよりも色は薄いのですが、ずっと塩辛いです。これもこの土地の味わいなのでしょう。郷土色を楽しむのってその土地の背景を考えると楽しいものです。

IMG_0318

もちろん揚げ焼きもね

IMG_0323

栃餅も美味しい〜、今でこそ高価な栃の実ですが、昔は大変な生活をされていたことでしょう。
nonkoは昔から栃餅が大好きなんです。中身は何も入ってないものね!

IMG_0324

珍しい「キジそば」も身が旨味があって美味しかったです。
この地の味わいご馳走様でした〜〜〜!
きっと偽装問題とは別世界の食事を楽しませていただきました。ご馳走様でした

IMG_0311

IMG_0326

窓越しにお隣さんが見え、柿の葉っぱが落ち始めています。
こんな事、お店にいたら気付きもしない事なのに・・・
何でもないことがとっても新鮮に感じる場所なのです。

IMG_0347

五郎平様のすぐ近くの「茶房 掌」様にてコーヒータイム

IMG_0346

IMG_0345

額縁のような窓が大好き!
お店の方もお元気そうで何よりでした。

IMG_0360

まわりはブナの木が生茂った庄川沿いの小さな集落「菅沼」

IMG_0362

あっと言う間に時間が過ぎ、暮れゆく集落「菅沼」

IMG_0364

庄川の流れも本当にゆっくりでした。

【五箇山〜小さな世界遺産の村〜】