IMG_0861

ちょっと早いんですが、nonkoが華道でお世話になってます、京都嵯峨の「大覚寺」様の夜間拝観へ行ってきました。京都時代は東山に住んでたせいか、夜に西山の方へ来ることは今までなかったです。
でも今回あまりの素晴らしさにビックリしました。

IMG_0868

入ってすぐに大沢の池に広がる幻想的な水鏡の素晴らしい事

IMG_0915

IMG_0911

IMG_0865

IMG_0887

IMG_0896

お月様が池に映り込み出してまた感動

IMG_0901

放生池に映り込む「心経宝塔」

IMG_0908

【心経宝塔、聖天堂】
朱の色も鮮やかな心経宝塔と呼ばれるそれは、昭和42年に嵯峨帝心経写経1150年を記念して建てられた鉄筋コンクリート製のもので、大覚寺様の風景のシンボル的なものになっています。

IMG_0873

境内の中はとっても広く東山のお寺様とは雰囲気が全く違います。

IMG_0876

【勅封心経殿】

IMG_0886

【御影堂(みえいどう)】

IMG_0882

襖絵の素晴らしさにただただ茫然です。
今まで嵯峨御流の華道免許をいただきながら、こうやって拝観させていただいたことも過去に一度だけだったのです。
スケールが違うと言うか、境内が広いので観光のお客様で混むと言うことが無いと思います。

IMG_0879

IMG_0881

IMG_0875

素晴らしいお庭を見ながらうっとり・・・

IMG_0905

IMG_0926

火曜日の時点でこのような紅葉もみられますが、まだまだ来週あたりが見頃ではないかと思います。

IMG_0906

「もみじロード」はまだこんな感じです!

IMG_0925

鐘楼を見ながら大覚寺様を出て、街までは市バスがとっても便利なのです。意外とアクセスが良いのもさすが京都だと思います。

IMG_0927

このような路地の奥の隠れ家的なお店「BANSAN 京色」様へお邪魔しました。

IMG_0929

焼き物がお得意のお店で、鮮度のいい焼き鳥は絶品です

IMG_0930

この日は穴子の焼き霜をお願いしました。
上品な脂のノリが「柚子胡椒+塩」で旨味がより楽しめます。

IMG_0933

京都らしく「つくね」と「モモ肉」の小鍋仕立てはホッとする味わいでした。

IMG_0932

色付いてるのおわかりですか?
娘はどうやら山廃系が好きみたいでビックリ仰天
でも大町へ来た時と同じ調子で飲まないで〜〜〜
お支払いが大変なんだから〜〜〜

【BANSAN 京色】様
京都市中京区柳馬場通四条上ル瀬戸屋町473-1
TEL:075-255-0708
営業時間:17:00〜00:00(L.O.23:30)夜10時以降入店可、日曜営業
定休日:不定休