073

027

本日開催されました「長野の酒メッセin東京2016」の様子です。
今日正直な感想は、お恥ずかしながら今ようやく正常に近い状態に戻りました。それぐらい試飲といえどもゴックンしちゃいました。どちらのお蔵様も、その伝統の特徴ある味わいを上手に引き継がれながらも、造り手様の「季節の一本」または「この一本!」というお酒をご紹介していただきました。信州のお酒って味わい深い!その深さの中にも、お米違いの味わい、酵母違いによる味わい、また酒米の田んぼ違いによる尾味わいなども上手に表現されていてびっくりです。多分今までのメッセの中で一番呑んじゃったのでは〜〜〜、それぞれの味わいはnonkoメモに残しておきますね!色々のウンチクは人それぞれ!今日は美味しく楽しくお酒を呑んじゃった〜!関係者の皆様お疲れ様でした。そして美味しいお酒をありがとうございます。

003

041

040

042

072

024

025

018

017

016

015

014

011
012

007

009

007

009

004

005

019

021

036

035

034

033

031

029

030

063

066

067

061

059

057

056

069

070

054

053

055

050

048

047

045

044

043