007

見つけたよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
大町市街地も紅葉の葉っぱも落ち出し、いよいよ冬将軍が里にやって来る日も近いでしょう。
今日は先日見事な紅葉を見せていただいた「霊松寺」様、そろそろ「オハツキイチョウ」が拾えるかな〜なんてね!

【オハツキイチョウ(天然記念物)】
イチョウは、中国原産の雌雄異株木です。朝鮮半島経由にて日本に渡来しました。葉が厚く、燃えにくいため、火難除けの意味も込めて、社寺庭園木となったと考えられます。
中国では、「鴨脚」(Jacian)と、呼び、ヤーチャオ→イーチャオ→イチャオが、訛って、日本ではイチョウと呼ばれる様になりました。
霊松寺のオハツキイチョウは、厳しい気象条件等により先祖帰りの形を取った珍しいイチョウです。
葉に銀杏様の物を宿すもので、葉の約一割程度がこの形を取ります。
子宝お守りとして持ち帰る方が多勢いらっしゃいます。
*霊松寺様HPより抜粋

033

030

029

025

016

021

002

012

013

011

006

014

015

026

027

031

028

018

008


【動画】