【動画】
瓜の塩漬けをするのに、先ずは水洗いです。
でもその前に大変なる作業がありました。
006

桶洗いなんですよ〜、もっと早くにやっておけばいいのに、GW後にはバタバタし、その延長でサマーギフトに突入、そして4回のイベント、もう身体がついて行かないし・・・
野沢菜漬けの樽を朝から4個洗い、今漬かってる瓜を移し替え、何だかんだ炎天下で5時間はキツイ〜〜〜!
005

それでも瓜は漬けたいんですよね〜、生粋の京都人なのに(笑)
きっと桶を自分で管理できるようになったのは、野沢菜を漬けて成功してからなんです。
娘の旦那さんのご実家から野沢菜をいただき、絶対に失敗できない漬け方を・・・、と言うのがきっかけです。
そして瓜は、チョッとしたコツだけクリア出来たら、自分なりの漬け方を考えるのも楽しいものです。
やはり信州に移住されて来られた方は、是非一度は挑戦していただきたいな〜、なんて思います
IMG_3988

先ず塩はもちろん「自然海塩・海の精」です。
塩分を摂るための「鹹味」って絶対に必要だと思います
IMG_3989

IMG_4723

こんな感じで重ねていきます
IMG_3992

そしていっきに水をあげたいので重い目の重石をかけます
その後、水があがると重石の調整をします
IMG_3991

そして昨年より、同時に漬け粕も仕込んじゃいます
もちろんnonkoは北安大國様の漬け粕です
IMG_3993

IMG_3994

IMG_3995

ここに粕の半分の量の氷砂糖を入れます
これも絶対に「馬印!」
IMG_4960

こんな感じで本漬けの日まで置いておくと、氷砂糖が粕と馴染んでくれるのです。
明日水があがっているか楽しみです。
IMG_3999

お盆中はお棚の精進料理だけは作らせてもらっています。