このたびの千曲川流域および、東日本の豪雨災害より被害を受けられました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復興がなされますことを心よりお祈り申し上げます。

002

昨夜の風雨が嘘のような青空、しかしながら今なお浸水で助けを求められている方々を思うとたまらない朝を迎えました。
003

直ぐに通勤時に通る「農具川(芝桜の咲く川)」を見に行くと、いつものような平穏な流れです。
この川は仁科三湖の「木崎湖」から流れ出る川なので、そんなに濁流になったことは見たことがありません。
一番心配なのは農作物、いつも横目に見る「りんご畑」は赤い実を付けているのを遠目に見えたので、ホッとしました。
もっと心配なのは「大町のワインぶどう」です。
大量の雨で果実が水分を含み、「玉割れ」が発生し、病気になってしまっては大変、しかも糖度だって落ちてしまいかもしれない・・・、そんな不安もぶどう畑についたら吹き飛んじゃいました!!!
008

「大町ワインぶどう生産組合」の原田さんの畑に行くと、虹が迎えてくれました。
今年のメルローはメチャクチャ良い状態で大豊作です
「Nishinaメルロー2019」は、いつもの年より多く造っていただけるようにお願いしちゃおう
011

004

原田さんご一家が朝早くから収穫をされていたようで、nonkoもお手伝いさせていただきました。
原田さ〜〜〜ん、良かったですね!
023

033
032

原田様のお孫さんも一生懸命お手伝いしてくれて、午前中に全ての収穫が終わり、お向かいの渋田見さんの畑のお手伝いへ!
036

渋田見さん、いつもジョークを飛ばされるのですが、きっとぶどうの樹に対する愛着は人一倍ではないのかな?なんて思います。
時間があると畑にいらっしゃいますからね〜、一度はお手伝いさせていただきたかったんです。
039
043

とっても良いメルローのバラ房です。
バラ房の良いところは、粒と粒の間に空間ができて房の風通しが良くなり、カビ菌が繁殖しにくくなるそうです。それに陽の光もいっぱい浴びますからね〜!
この日の様子はnonkoが管理人をさせていただいてる「大町ワインぶどう生産組合」のブログからどうぞ!