呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

カテゴリ: ワイン

このたびの千曲川流域および、東日本の豪雨災害より被害を受けられました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復興がなされますことを心よりお祈り申し上げます。

002

昨夜の風雨が嘘のような青空、しかしながら今なお浸水で助けを求められている方々を思うとたまらない朝を迎えました。
003

直ぐに通勤時に通る「農具川(芝桜の咲く川)」を見に行くと、いつものような平穏な流れです。
この川は仁科三湖の「木崎湖」から流れ出る川なので、そんなに濁流になったことは見たことがありません。
一番心配なのは農作物、いつも横目に見る「りんご畑」は赤い実を付けているのを遠目に見えたので、ホッとしました。
もっと心配なのは「大町のワインぶどう」です。
大量の雨で果実が水分を含み、「玉割れ」が発生し、病気になってしまっては大変、しかも糖度だって落ちてしまいかもしれない・・・、そんな不安もぶどう畑についたら吹き飛んじゃいました!!!
008

「大町ワインぶどう生産組合」の原田さんの畑に行くと、虹が迎えてくれました。
今年のメルローはメチャクチャ良い状態で大豊作です
「Nishinaメルロー2019」は、いつもの年より多く造っていただけるようにお願いしちゃおう
011

004

原田さんご一家が朝早くから収穫をされていたようで、nonkoもお手伝いさせていただきました。
原田さ〜〜〜ん、良かったですね!
023

033
032

原田様のお孫さんも一生懸命お手伝いしてくれて、午前中に全ての収穫が終わり、お向かいの渋田見さんの畑のお手伝いへ!
036

渋田見さん、いつもジョークを飛ばされるのですが、きっとぶどうの樹に対する愛着は人一倍ではないのかな?なんて思います。
時間があると畑にいらっしゃいますからね〜、一度はお手伝いさせていただきたかったんです。
039
043

とっても良いメルローのバラ房です。
バラ房の良いところは、粒と粒の間に空間ができて房の風通しが良くなり、カビ菌が繁殖しにくくなるそうです。それに陽の光もいっぱい浴びますからね〜!
この日の様子はnonkoが管理人をさせていただいてる「大町ワインぶどう生産組合」のブログからどうぞ!

IMG_6073

IMG_5746

先週からワインぶどうの収穫が始まっている「Ferme 36」様です。
時間が作れる時にnonkoもお手伝いにお邪魔させていただいてます。
IMG_5840

IMG_5748

先日「果実酒製造免許」(いわゆるワイン醸造免許)を取得されましたので、この秋より醸造を始められてます。
長かったですね〜、移住されてもうかれこれ6年目になります。お知り合いになって7年ぐらいでしょうか・・・、ず〜っとご自分の造りたいワイン、ワインぶどうを求められて大町を選んで下さり、一生懸命地道に頑張られていた矢野さんご一家、初めて造られるワインの味わいはどんなでしょう。楽しみで仕方ないです。
IMG_5735

お手伝い初日は「ゲヴェルツトラミネール」の収穫です。
実はこの品種nonkoが大好きなワインにブレンドされていて、矢野様がどのように造られるのかがメチャクチャ楽しみです
IMG_5728

039

034

IMG_5732

このように収穫コンテナに入れられてワイナリーの醸造場へと運ばれていきます。
041

ツヴァイゲルトレーベ
IMG_5816

ピノノワール
IMG_5828

シャルドネ
IMG_6064

シルヴァーナー
IMG_6070

ソーヴィニヨンブラン
IMG_6068

そして今日は社協の方々もお手伝いに来て下さってました。
皆様丁寧に収穫して下さるので矢野様も嬉しい事かと、またnonko以上に社協の方々は、良く手入れに来て下さっているので、本当にありがたいことだと思います。
まだまだ収穫は続きますが、台風が心配です。
守って下さい、大町の農作物を・・・

004
001

昨日から大町のワインぶどうの収穫が始まっています。
今日はアサイチ「大町ワインぶどう生産組合」の原田様の収穫をお手伝いに!
この一週間で一気に糖度が上がり、メチャクチャ良いシャルドネが収穫されています。
019

018

024

毎年チビッ子さん方が大活躍で、今日も朝から頑張って収穫してくれていました。
020
022

可愛いでしょう〜、ちゃ〜んと引っ張ってくれているんです。
026
007
008

バッチリと積み込みまでお手伝いしてくれていました。
午後からは「Ferme 36」様の畑に移動です。
ここでもいつも頑張ってくれている矢野様の長男ソウタ君がいます。
046

060

062

045

ソウタ君、この環境が当たり前のようになってますが、実際には凄い事なんだと思います。
組合の皆様のお孫さんも、きっと同年代ですから、大町のワインぶどう組合は後継ぎさんを期待できると思うのですよ〜、もっともっとワインぶどう畑が増えると良いな〜!

IMG_5392

どうしても飲みたいワインがあり、オツマミを思い浮かべるときっとこんなだろうと・・・
「Boono Farm Akashina Field 天王原 シャルドネ」
樽熟させてない分、きっとフレッシュな味わい、そしてまだ少し樹の若さがあるかな?
そんな感じで作ってみたのがこちらです。
IMG_5386

IMG_5394

モッツァレラチーズにシラスはご存知の通り、ここにシャインマスカットって凄すぎる!!!!!!
シラスの塩っ気がモッツァレラと融合するのですが、ここにシャインマスカットが入ることでより旨味のレベルを上げてくれます。
変化を求めるのは、お醤油ベースのドレッシングを少々!
IMG_5389

「香茸のペペロンチーノ」は、仕上げに「焦がし醤油」で味わいに変化を!
これまた凄い組み合わせでした。
IMG_5395

073

お口直しに東御市の「花岡」様の「くるみの初恋」です。
とっても勉強になり楽しめた夕食でした。


ジグザグな道を上田方面へ走る昨日、新しくできたお取り引き先様の「シャトーメルシャン椀子ワイナリー」様へ行ってまいりました。
店主、道を勘違いしたらしく、三才山トンネル通り過ぎちゃった〜、なので地道(笑)
008

上田市が見えてくるとパッと広がる「塩田平」です。
大町とは山の感じが違うので、のんびりとした田舎の風景、これもまた良いものですね!
010

011

012

014

今やスマホがナビの役割をするので、スムーズに目的地にたどり着けるのです。
015

「シャトーメルシャン椀子ワイナリー」様、素晴らしい高台一面に広がるワインぶどう畑!

【動画】
上田市丸子地区陣場台地、当時は桑畑があり遊休荒廃地化していましたが、地元の方々の協力を得ながら、ブドウ畑へと転換、2003年、椀子ヴィンヤードを開場されました。それから16年、「シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー」が誕生しました。
026

とにかく凄〜く広くって景色も良いんですよ〜!
028

早速テイスティングです。
「椀子メルロー」と「長野メルロー」の呑み比べ、そして「椀子ソーヴィニヨンブラン」もね
036

クマさん達はワイナリーの前のメルローの畑を見て楽しんでました。
043

そして海野宿を通り東御市の田中へ!
048

044

「御菓子処花岡」さま
実は当店が再建する時にアドバイザーさんに連れて行っていただき、お世話になったお店です。
創業100年って凄いでしょう。今は東御市特産のくるみを使ったお菓子には定評があります。
073

その中でも「くるみの初恋」は店主共々大ファンです!
045

047

滅多に店主とカフェに行くことはないのですが、あの時もこの場所でアドバイザーさんとケーキセットを食べたっけ〜
この日は「巨峰のケーキ」でした。
味わいは「和」なのです。
これがまた美味しい〜〜〜、「和菓子屋さんのこだわりのケーキ」と言うニュアンスがピッタリです。

【シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー】様
【御菓子処花岡】様

IMG_5121

今日は連休前のお天気と言うことで、「今行っておかないと・・・」と言うことで、塩尻のお取引先様ワイナリーへ!
先ずは「五一わいん」様
IMG_5127

先ずは試飲でしょう。
これをやっておかないと、自信を持ってお客様にご案内できません。
IMG_5123

IMG_5124

IMG_5125

IMG_5126

味わいを覚えるのは得意です!
「五一わいん」様の「エステートシリーズ」は、当店でも一番人気の銘柄です。
どれも味わいの底上げをしっかりと感じました。
IMG_5128
IMG_5129

今日はナイヤガラの破砕除梗があるようで、契約栽培農家様より多くのぶどうが入荷していました。
今年のお天気、アメリカ系品種は若干糖度が低いようですが、病気が出て収穫出来ないより絶対に良いかと思います。
IMG_5144

IMG_5140

メルローは10月頃の収穫で、今日は小さな病巣でも見逃されないお手入れをされていました。
お天気が続くと素晴らしいメルローになること間違いないです。
IMG_5174

「城戸ワイナリー」様は、棚栽培「マスミヴィンヤード」では、「ピノグリ」の収穫をされていました。
IMG_5176

IMG_5172

丁寧に収穫されていましたよ〜!
IMG_5178

こちらは垣根仕立ての「アキヴィンヤード」、品種は「メルロー」です。
IMG_5181

城戸ワイナリー様より南下し、洗馬の風景にウットリ!
まさに「秋」ですね。
IMG_5187

アポしなかったので、横を通り「アルプス」さまの「ブラッククィーン」の畑!
IMG_5184

IMG_5185

やっぱり味わいの定評があるだけのワインぶどうですね!

IMG_4353

IMG_4344

IMG_4354

ヒェ〜〜〜、一日ラッピングとレイアウト!
三蔵呑み歩き用に通路を広めにとりました。
昨年は呑み歩き開催時に7本も棚から落ちて割れちゃったので、今回は作戦考えなきゃ(笑)
今日は先日「日本ワインクール2019」の受賞酒が入荷し、ラッピングしてる最中にドンドン売れちゃい、半分になっちゃった〜〜〜、今回は本数制限での入荷なので再入荷が出来るかわからないです。
ワインのお好きな方は是非!

IMG_2944

IMG_2925

昨日はワイナリー設立を目指され、2014年栃木から移住されてこられ、ワインぶどう栽培をされている「Ferme 36・矢野」様の「Remerciements Blanc 2018」の試飲販売会でした。
朝からご準備いただき、始終お客様が途切れず楽しそうに会話されている光景に思わず笑顔がこぼれたnonkoです。
IMG_2918

IMG_2922

大町市内外、県外からのワイン愛好家の皆様始め、矢野様の畑をお手伝いいただいてる皆様、そして「大町ワインぶどう生産組合」の皆様も駆け付けて下さいました。
今回のワイン、昨年の初ヴィンテージよりはるかに良くなり、まだまだ瓶詰したばかりですが、今後ドンドンと良くなってくること間違いございません。
なので急いでお楽しみいただかなくても、少し置かれたほうが宜しいかと思います。
「ワインは生き物!」まさにそう感じる味わいとなりました。
ご購入のお客様にはご案内を作っていただいてますので、必ずお持ちいただいてます。
きっと矢野様の思いがいっぱい詰まったご案内をおわかりいただけるかと思います。
IMG_2917

長男ソウタ君も頑張ってお手伝いしてくれました。
日頃畑作業場ばかりのご一家です。ご来店のお客様とのお話も新鮮だったのではないでしょうか。
近い将来、矢野様ご自身の造られたワインを皆様にご案内させていただくのも近いような気がいたします。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
→「Remerciements Blanc 2018」ご案内はこちらからどうぞ!

IMG_2911

IMG_2903
IMG_2905

IMG_2907
IMG_2910
IMG_2909
IMG_2908

【Raisin d’Omachi Ferme 36 Remerciements Blanc 2018】大試飲会!
朝から準備に大わらわ、でも楽しみな一日となりそうです
Ferme 36・矢野様の長男ソウタ君、カッコいいじゃん!!!
朝からトルティーヤの試食、メチャクチャ美味しい〜、さすが「農園カフェ・ラビット」様!
今日は宜しくお願い致します。
本日720mlボトル販売分が残り少なくなりました。
お一人様1本にて宜しくお願い申し上げます

IMG_2618

昨日から梅雨の中休みと言った感じの大町です。
朝夕は寒いぐらいです。
今日の北アルプスはもう夏山ですね!
IMG_2619

蓮華岳
IMG_2620

爺ヶ岳
IMG_2621

鹿島槍ヶ岳
IMG_2622

五竜岳
IMG_2623

あっ、サニーレタスが普通に植わってる(笑)
大町って良いでしょう〜、お野菜もこの気候風土でドンドンと美味しくなるんです。
IMG_2624

朝の通勤風景でした!
IMG_2584

IMG_2613

4.5日前より「Ferme 36 Remerciements Blanc 2018」のテイスティング、とっても慎重に行っています。直ぐに楽しんでしまうのはもったいない、抜栓後30分ぐらいからドンドン旨味が出てきて、翌日、3日目、4日目と味わいがノッテきます。
これをどのようにしてお客様にご案内させていただくといいのか検討しています。
先ずは6月22日の当店試飲販売会にてどうぞ!
きっと矢野様ご夫妻が色々とお話をして下さると思います。

IMG_2559

昨日は久しぶりに「Ferme36・矢野」様のワインぶどう畑へ!
それがいらっしゃらなくて、お電話してみると近くの作業場を借りてペイントをされているとの事、早速行ってみるとこの光景です(笑)
実はただ今、ワイナリー改築に向けて猛ダッシュ、壁だけでも自分たちで塗りたいと・・・
それがまたまた塗料をこだわり過ぎて高くついちゃった〜って奥様(笑)
IMG_2558

IMG_2557

IMG_2560

IMG_2546
IMG_2548
IMG_2547

ワイナリーの方もこんな感じで進んでいます。
自社ワイナリーをこのように一部手作りで作業をされてるのは初めてです。
ここに使われている壁板を全て塗ってられる訳ですからね〜
それでも気の遠くなるような作業をこなしながら、ワインぶどう畑も今年で6年目となります。
IMG_2549

IMG_2550

IMG_2554

ムムム・・・、今年は違う・・・、いつもこの時期に拝見する矢野様の畑とは様子が違います。
何だか「ぶどうの樹自身」が大町の気候風土になれてきて、自分の育ち方をしっかりと感じ取って成長してくれているように見えました。今までこんな感じ方をしたのは初めてです。
IMG_2551

IMG_2552

6年目のピノノワール、花芽も確実にしっかりとしてきました。
IMG_2556

まだまだ伸びたいんだよね〜
IMG_2571

来週末22日(土)は、いよいよ「Raisin d’Omachi Ferme 36 Remerciements Blanc 2018試飲販売会」となります。是非お出かけ下さいませ!

IMG_9791

IMG_9797

IMG_9796

ピーマンはワタを取らぬよう・・・(笑)
今宵は素晴らしい赤ワインでほろ酔いです。
ぶどうパンに、六花亭のバターは、マルセイバターパンだね!
ワインに合わぬはずがない!

IMG_9423

IMG_9424

店頭に啓翁桜を生けて、今日からまたお店を開店しています。
IMG_9359

余市と言う町は海に面した町です。魚介類が豊富で冬は大町と同じぐらい寒く、雪の量は余市の方が多いです。ニセコ方面からの風が海に向かって通り抜けるのかな?ぶどう畑に塩害は聞いたことがございません。ご縁があり、何軒かのお取引先様があるのでプライベートとして参加させていただいてます。
52608881_2080702075353833_2765111580231204864_n

IMG_9390

「余市のワインを楽しむ会」は、元々生産者様の試飲会的なこじんまりしたものがこのようなイベントとなったようです。
余市で得たものがあまりに大きく、今まで日本のワインを守って来られた方々がいらっしゃってこそ、今日があるかと思います。それを自分自身で感じることが出来、ご来店のお客様にお伝えさせていただくことが私の仕事でもある事と思っています。
詳しくは「横川商店蔵日記」よりご報告させていただきますね!
IMG_9384

IMG_9382

IMG_9383

IMG_9381

IMG_9385

IMG_9387

大切なお取引先様のワインの空瓶が、夜にはライトアップされて幻想的です。
52917487_2014119675562657_188702690979610624_n

新しい斉藤余市町長様があまりにもお若いのにはビックリ!
そして尊敬させていただく東京虎ノ門の「カーヴ ド リラックス・内藤様お会いできて嬉しかったです

DSC_4563

DSC_4604

ご案内が遅れてしまい申し訳ございません。
大切なお取引先様が何軒かご参加されるワイン会、そのあとエアチケットの関係でもうひとつ仕事して帰ります。
店主からは案内しないよう言われてましたが、あまりにもお客様からのお問い合わせが多いため掲載させていただきました。
現地に出向き、驚くことが多々あり、今まで何度か足を運んでこそ感じることでございます。またそれをお伝えさせていただくのが、私共のような小さな小売店が継続できる道だと再認識できた次第です。
かなり強行な出張ではございますが、27日にはお店を開けさせていただきますので、今しばらく勝手させていただきます。
今までご案内できなくて大変失礼致しました。

IMG_9106

店主の入院前にピザを焼いちゃった〜、オーソドックスなピザが一番好きで、少しでも貧血が良くなればね〜!
IMG_9109

nonkoは残り物の「しらす&明太子」です。
これも美味しい〜〜〜!

飲み物はこれ!
ウフフ・・・、秘蔵のワイン販売中で〜す(笑)
002

温かなものを一緒にね!
また店主がいないので、頑張らなくてはなりません。
前回同様店主の承諾書をもらわないと営業できないって変なの〜〜〜!
このblogを見て、色々提示をするのはやめて下さい。少しでも店主の身体を思う気持ちがあるのでしょうか?

IMG_8281

昨夜帰ったら22時過ぎ、でもメチャクチャ赤ワインが飲みたくって〜〜〜!
滅多に、いえ、こんな事は初めてかな〜、何で赤ワインが呑みたくなったのか・・・
ひと口目から身体の隅々にワインがいきわたる心地良さ、思わず「ありがとう!」とつぶやいてしまうほどの感動でした。
余市の「Domaine Atsushi Suzuki(ドメーヌアツシスズキ)」様の「 Tomo Rouge(トモルージュ)2016」です。
IMG_8283
IMG_8282

手がかけられることは出来るだけやりたい!と言われる鈴木様、本当にそのような味わいです。
ぶどうは遅摘みのツヴァイゲルトレーベ、「これホントに日本のワイン?」と言うぐらい果実味にパワーがあり、スパーシーさもあるのですが、タンニンが心地良く残ります。
IMG_8288

IMG_8287

昨夜はもの凄く疲れていて、コンビニのお惣菜で申し訳なく思ったのですが、結局「クルミパン・チーズ・マカダミアナッツ」で十分!
IMG_8286

IMG_8284

重いお料理は決していらないワインに寄り添うつまみで楽しめた夜でした。
時計を見たら1時過ぎ、ヤバ〜〜〜、朝までぐっすり眠れました。
このようなワインの出会い方ってとっても感動しちゃいます。
鈴木様、本当に身体に優しく染み渡りました。ありがとうございます。

IMG_7795

とっても爽やかな男性、彼こそが「サッポログランポレール・安曇野池田ヴィンヤード」の栽培責任者「石原大輔」様です。
以前はグランポレール岡山ワイナリーにいらっしゃり、nonkoの大好きな北海道余市の「ケルナー辛口」を醸造されてられたそうです。なので余市の「ヒロツヴィンヤード」様も良くご存知でビックリでした。今日は大町のワインぶどう畑ってどんな感じなのでしょう・・・、ということもありご来店下さったそうです。
お話の中で、それならご一緒に参りましょう!と言うことで厚かましくもnonkoがお車に便乗させていただき、「大町ワインぶどう生産組合」様の畑にご案内させていただきました。
IMG_7791

IMG_7790

事務局原田様の畑など・・・
まだ若干葉っぱが付いています。
IMG_7786

IMG_7787

「Ferme36」様の畑は既に葉っぱが落ちています。
同じ大町でも気候風土の差、土壌の差が明らかに出ています。
これもワインの味わいに反映されるのでしょうね〜
石原様も、栽培されている池田町と大町の気候風土がここまで違うのかと驚いてられました。
IMG_7797

さ〜て今夜はもちろん「グランポレールケルナー辛口2016」です。
もちろん弘津ヴィンヤード様のケルナーです。
IMG_7796

和風のピザを焼いて、店主にタラ汁を作って急いで帰って自宅呑み〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
IMG_7800

IMG_7798

〆はいただきものの魚津の鱒ずし!
これメチャクチャ美味しいんですよ〜
突然のご来店で思いが盛り上がった「グランポレールケルナー辛口」は、当店大人気の道産ワインです

IMG_7757

お取り引き先様より柴山のカニをいただきました!
雄と雌が一緒に!
毎年会長様がわざわざ茹で上げてお送りいただきます。
これはみんなでいただかないと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
店主と娘夫妻と一緒に試飲台での夕食です。
IMG_7768

IMG_7769

IMG_7770

一般には高値の付く雄カニですが、以前はこのあたりから丹後にかけては「松葉ガニ」と言われ、福井に行くと「越前ガニ」、石川に行くと「ズワイガニ」と言われていました。
それがいつの間にか「地名」は入るようになり「間人(タイザ)ガ二」等はメディア等でも有名になりました。そして今やどちらも船の名前が入っています。
きっとみんな取れないだろうな・・・、ということで食べやすいように身をほぐすこと1時間(笑)
IMG_7766

セイコガニが大変だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
これは「香箱ガニ」とも呼ばれ「雌」のカニで、京都では「セイコガニ」と呼んでいます。
雄と比べ小ぶりな外見の中には、茶色の外子(そとこ)と呼ばれるつぶつぶの卵、そして味噌の部分であるオレンジ色の内子(うちこ)を持つ。小さな分だけ味わいは濃厚で旨味もたっぷり。
会長様のカニは本当に鮮度の良い状態でお届け下さるので、カラは昆布出汁と一緒にスープにしたあと、パスタを茹で上げます。
IMG_7772

nonko特製「カニボナーラ!」
IMG_7774

ワインは「10アール」様醸造の余市の「ツヴァイゲルトレーベ」がバッチリ!
IMG_7775

店主はノンアルコールで可愛そうですが今は仕方ないです!
娘たち明日から新婚旅行だって〜、気を付けてね!

IMG_7673

nonkoの大好きな「コメツガ」です。
これは本当に可愛らしく、爪の先ほどの大きさなのです。
本来なら土になっていくものですが、ちょっと手を入れて「べっぴんさん」にしちゃいます。
IMG_7683

こちら毎年冬のギフトに使わせていただいてます。
木の実が入るとあたたか味を感じるでしょう。
IMG_7686

これは何を入れようかな〜〜〜〜〜〜〜〜〜?
IMG_7675

試飲台のテーブルがまたまた賑やかになりました。
IMG_7677

IMG_7678

何だかんだと冬のギフトの準備を始めています。
年々クリスマスツリーが早く飾られると思うのはnonkoだけかな?
45265652_1925964260827616_7418036186712637440_n

昨夜は8年ぶりに自宅でワインを!
「モッツァレラチーズ」に「しらす&大葉」、そして和風ドレッシングは絶品だ〜〜〜!
45478388_1925964830827559_840527234425946112_n

でもね、呑み過ぎは禁物!
半分は明日のお楽しみです。
冷たいものでお腹を冷やさぬよう、おじやでポカポカです

IMG_7388

これってな〜んだ?
初めて自然のものを採取できました。
IMG_7389

食べてみるととっても甘くって美味しいのです。
「さるなし」の実です。
断面はキーウィみたいな感じですね!
これも秋の味覚とでも言いましょうか
IMG_7511

お店にも塩尻桔梗ヶ原から新酒のワインが入荷しているのですが、お店でご飯を作らなくて良くなったので、まだnonkoは試飲できていません。
あしからず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

IMG_6491

IMG_6498

今日は朝から「大町ワインぶどう生産組合」のぶどう畑で、「Nishinaメルロー2018」になる原料の「メルロー」を収穫お手伝いしていました。
酷暑の夏で糖度は上がったものの、9月の雨でどうなるのかと思いきや、適度に「酸」も残り素晴らしいメルローが収穫されました。
明日も他の組合員様の畑で収穫されるようです。
IMG_6515

午後からはお店に戻り、店頭のディスプレイです。
まだまだ店内は秋への売り場変更が出来ていなくて・・・
IMG_6518

「はぜかけ」作って案山子さん自社田んぼから連れて帰り、「ススキ&コスモス」を生け込む!この組み合わせに「収穫の秋」を感じます。
IMG_6519

IMG_6520

コスモスの水揚げは大変ですが、とっても可愛らしいお花です。
IMG_6521

今夜はいただきものの「若狭がれい」
きっと底引き網第一号のものを、一夜干しして下ったのだと思います。
薄塩で、少しお醤油を落としても美味しかったかと!
IMG_6481

今年はキノコが大豊作!
「本しめじ」も出ていたので炊き込みご飯にしました。
秋の味わいに感謝です

042

「ピノブラン」と「竜眼」の呑み比べ(笑)
043

昨日はお世話になってます塩尻のワイナリー様のぶどう畑を見学に行ってまいりました。
7.8月に雨が少なく、9月になると雨が多く、ちょっぴり心配していましたが、今年もとても良いワインぶどうが収穫されています。
先ずは塩尻で軽くグラスワインでランチ!
「TOM’s Cafe(トムズカフェ)」様のハンバーグ、ベジタブルソースがとっても美味し
045

072

先ずは昨年よりお世話になってます「いにしぇの里葡萄酒」様、この夏発売の自社ぶどう「メルロー」を使用された「オールドルーキー」が大人気です!
当店としては自社ぶどうでの醸造分は初めての入荷で、思わず「ヤッタネ〜、稲垣さん!」と思える一本です。絶対に収穫される前に、北小野にある自社ぶどう畑を拝見したかったのですよ〜
それで定休日の昨日お邪魔させていただきました。
054

ケルナー

昨日はケルナーの収穫、立派な果房が実っていました。
メルロー

オールドルーキーの原料となるメルローです。
もう10年以上の樹もあるんですよね〜、深みのあるワイン味わいに原料となるぶどうを拝見し納得です。
詳しくはこちらからどうぞ!
093

「城戸ワイナリー」様です。
091

この日は奥様がピノノワールの手除梗をされていました。
細かな作業が美味しいワインとなるのですよね!
どうぞお身体を冷やされませんように・・・
081

079

アキヴィンヤードでは素晴らしいメルローが実っていました。
詳しくは後日「蔵日記」より掲載させていただきますね!
097

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
見上げる巨大な数の収穫コンテナは「五一わいん」様です。
107

101

樹齢60年以上のメルローもとっても元気に果房を付けていました。

【動画】
096

ちょうど「ヤマブドウ」の破砕除梗をされている時に見学させていただきました。
今年は酷暑と言うことで、いつもより糖度が高いヤマブドウ、酸味とのバランスが最高でした。
五一わいん様も後日「蔵日記」より掲載させていただきますね!
今年も塩尻は立派なワインぶどうがドンドンと収穫・醸造されています。
新酒は10月中旬頃の予定です。

IMG_5829

「矢野園・Ferme36」様の収穫お手伝いは、21日から昨日の23日まで3日間お邪魔させていただきました。21日、22日の朝までは雨の中収穫ですが、意外と大丈夫なもので、太陽が出ると逆に陽射しのきつさを感じる大町の標高です。
IMG_5831

このシャルドネにはビックリしました。
とにかく「蜂」&「アブ」との格闘!
やはり美味しいぶどうを知ってるんだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
かわいそうだけど、これを剪定鋏で退治しちゃう(笑)
収穫しちゃうと、また次のぶどうを探し「ブ〜ン、ブ〜ン」と音をたてながらやってきます。それまでにこちらも収穫しなければなりません。怖いなんて逃げてる場合じゃないんですよ〜
IMG_5823

ガーガー餌をくれと鳴いてるガーコ達
玉ねぎの切れ端をもらっていたのかな?
何とも自然の中での生活感をも感じます。
IMG_5841

「このシャルドネ良くもってくれました!」と奥様
実は7月〜8月の一ヶ月の降水量が4ミリだったそうで、後半はこの広大な畑に水やりをされていたそうです。大町であっても35℃超えた日も多かったですからね〜
IMG_5845
IMG_5848

頑張ってくれたシャルドネです。
IMG_5851

IMG_5852

IMG_5853

もちろん長男ソウタ君も収穫お手伝いです。
昨年あまりに手早く作業してくれるので、ヒヤヒヤしちゃってたのですが、やっぱり手を切っちゃった〜って!だから今年はとっても慎重なんだね〜、子供さんって色々な体験をして成長されるのですね。
IMG_5854

IMG_5855

お昼ご飯に「豚の生姜焼き丼」を作ってくれたソウタ君、将来が凄いことになりそうです。
タレはママだけどね(笑)
IMG_5836

IMG_5835

午後からももうちょっとシャルドネの収穫です。
IMG_5862

IMG_5866

午後からは陽が射してきて、ソーヴィニヨンブランを照らしてくれまし。
こういう光景がnonkoは大好きです!
ソーヴィニヨンブラン

IMG_5861

見事なまでのソーヴィニヨンブランです。
果房がこじんまりしていて、果皮の分厚さ、弾力、果実味の凝縮感・・・
大町は白の品種が良く合っているのかな?なんて思えてしまいます。
シルヴァーナ

「シルヴァーナ」も珍しいでしょう。ドイツ系の品種です。
収穫お手伝い2日目はようやく午後には、雨合羽無しでの収穫となりました。
009

3日目の昨日は、大町市社協の皆様、有志の皆様、そして栃木からは矢野様のお友達のご家族がお手伝いに来て下さり、凄い勢いで一気に収穫出来ました。
010

矢野様より収穫の仕方の説明があり、皆様ペアで収穫です。
速いですね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、一生懸命頑張っていただいてるお姿にnonkoは感動しちゃいました。
012

013

020

021

024

025

皆様の収穫される手先がとても印象的です。
027

この日のnonkoは皆様が収穫されたぶどうを最終的に選果します。
栃木から来られたお友達のチビッ子さん達も頑張ってくれていました。
凄いな〜〜〜〜〜〜〜〜〜、皆様の力って!!!
これも矢野様ご夫妻のお人柄なんだと思います。
042

036

041

昨日までに、昨年の二倍以上のワインぶどうが収穫されています。
今日もきっと皆様で最終の収穫をされているかと!
きっとまた良いワインを皆様にご案内させていただけると思います。

IMG_5783

IMG_5780

今日は大町の「矢野園・Ferme36」様のワインぶどうの収穫お手伝いに行ってまいりました。
今年の酷暑、本当に心配をしていましたが、7月から約一ヶ月、大町の降水量は4ミリだったそうです。
その中でも、幼木も多い矢野様のワインぶどう畑、とうとうお水をやってられる日も続き、大変な年となりました。
しかしながら、本日収穫させていただいた「ピノノワール」「ピノグリ」「シュナンブラン」は、少々酸度が少なめには感じますが、果房の粒の弾力、果実味は素晴らしいものでした。
明日も頑張ってお手伝いをさせていただくつもりです。
IMG_5769

ピノノワール
IMG_5786

IMG_5785

ピノグリ
IMG_5809

シュナンブラン
IMG_5813

IMG_5812

学校から帰ってきた長男ソウタ君、今日も頑張ってお手伝いでしたよ〜
IMG_5815

矢野さん、明日も宜しくお願い致します!

IMG_5044

IMG_5035

IMG_5036

今年も素晴らしいワイン用ぶどうが実っている、塩尻桔梗ヶ原の「五一わいん」様です。
IMG_5017

IMG_5016

醸造場の前には既に早摘みのナイアガラがどんどんと入荷されていました。
これからこの場所が戦場となる事間違いございません。
IMG_5048

少しは陽射しが緩くはなったものの、まだまだ日中の畑作業は厳しいものがございます。
IMG_5079

「城戸ワイナリー」様、この日は醸造の準備作業をされていました。
今年は9月の初旬に「ヴェルデレー(セイベル)」から始められるそうです。
栽培の事や、当店での販売状況などをお話しさせていただきました。
今年の天候では、全てのブドウ品種が、収穫&醸造が早いのかな?とお聞きさせていただくと、今後の天候にもよりますが、欧州系品種などは見た目よりも、果房の粒の種の状態で判断したいとお話しして下さいました。少しずづですが、このようなお話の中で勉強させていただけることに感謝です。
IMG_5061

IMG_5063

アキヴィンヤードのメルロー、やはり素晴らしいです!
IMG_5080

こちらはスマート方式によります棚栽培のマスミヴィンヤードです。
IMG_5083

毎年見事なまでのピノノワール!
IMG_5090

nonkoが大好きなゲヴェルツトラミナーも栽培されています。
とっても楽しみ
IMG_5103

アフターはやっぱり「Brasserie ので Vin」様へ!
オーナーの稲垣様は、念願のワイナリー「いにしぇの里葡萄酒」様を設立され、当店でも一躍大人気です!
IMG_5091

昔からちっとも変らないオーナーの稲垣様、いつものカウンターでお料理をされているのを拝見し、独り呑み!
とにかくお料理センスの良い稲垣様ですから、ワイン醸造のセンスも抜群です。
IMG_5092

このレバームースは昔と全く一緒!当店ではワイン会にもお願いしたことがあります。
IMG_5093

IMG_5095

中央が「いにしぇの里葡萄酒」様のピノノワール2016です。
こちらは「ボタノワイナリー」様での委託醸造です。
ピノノワール呑み比べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
左はブルゴーニュ、甘味すら感じます。
右はボタノワイナリー様の2012年、ミネラル感と果実味が調和しています。中央は稲垣様のピノ2016を、ボタノワイナリー様で委託醸造されたものです。味わいは北海道のピノに似ていて、しっかりとした骨格のようなものを感じます。
IMG_5101

IMG_5097

鴨肉料理には現在当店大人気の「いにしぇの里 夏ラベル メルロー2017 オールドルーキー」、お料理との相性も抜群でとっても美味しいです!
ワインが好きで、色々なヴィンヤードを見に行かれ、生まれ育たれた北小野に戻られての2006年「 Brasserie ので Vin」のオープン!
ワインぶどう栽培をされながらお店の営業、そして念願のワイナリー設立です。
長かっただろうと察しますが、意志の固さに頭が下がる思いです。
頑張っていただきたいですし、応援させていただこうと思います。
【 Brasserie ので Vin】様

IMG_4683

いつまでこんなに暑いの〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
今夜は冷たいトマトのパスタを作って欲しいと・・・
IMG_4678

nonkoは「どぼ漬け」だけでいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
茄子の色がキレイに漬かるのはなぜ?京都時代にはあり得ない色です。
IMG_4684

まだ城戸ワイナリー様在庫あるんですよ〜、きっと皆様売り切れていると思われているのでしょうね・・・

DSC_2403

DSC_2400

DSC_2401

暗くなる前、矢野さんのワインぶどう畑へ!
まだ防除されていました。
そこへ・・・、北アルプスにこだまする遊説カ―の声が北アルプスにこだましていました。
なんて素敵な大町なんだろう・・・
遅くまでお疲れ様です。

IMG_2942

昨日開催の「Ferme 36 Remerciements Blanc 2017 試飲販売会」、開催時間後直ぐに販売は全て終わり完売となりました。
今回は「Ferme 36・矢野様ご一家」には勉強させていただくことが多く、もっともっと大町の良さを知らなきゃいけないな〜って思いました。
ご参加のお客様は矢野様ご一家のお住まい「平地区」の方々がとっても多く、そのほとんどが大町市内のお客様、朝一番では市外、お泊りで県外のお客様、本当に矢野様ご一家のファンの皆様がこれほど多かったのかとビックリのnonkoです。
そして何よりも嬉しかったのは、大町のワインぶどう生産組合の皆様がお手伝いに来ていただいたことです。「ワインぶどう栽培」に関わる方々の輪がドンドンと広がっていき、今後楽しみな大町になりそうな感じがいたします。
IMG_2922

IMG_2928

昨日は11時の開催開始に、矢野様よりご挨拶があり、これだけ多くのお客様がお集まりでした。
IMG_2932

IMG_2934

長男ソウタ君、まるで「チビッ子ソムリエ」ですよ〜、ジャケットがとっても似合ってる!
手付きもなれたものですよね〜、いかにご自宅で日常お手伝いしてるか?いえ、自分から好んでやっているのだと思います。
矢野様自家製のオツマミも大人気です!
●金原さんのヤギで作ったチーズ
●松田牛乳さんの牛乳で作ったチーズ
●池田町北条さん・吟醸豚のリエット
●埼玉県越谷・ブーランジェリーマツオカさまのパン
●矢野家自家製パン
●矢野家合鴨農法で作ったお米のおにぎり
よくこれだけ美味しいものをご存知かと!
地元の方でもビックリ仰天でした。
IMG_2924

IMG_2925

nonkoも竹の子の天ぷらを頑張っちゃいました。
ワインの画像が無くてすみません。あまりの忙しさに、写真を撮る暇もなく・・・
IMG_2920

矢野様は始終お客様一人一人とお話をされ、そのお人柄に皆様またまた来年のワインも待ち遠し事と思います。
もちろんぶどう畑の石もご持参でした!
IMG_2940

市内数少ない本数ではありますが、お取扱店「トラットリア・ラ・タルタルーガ」様も、お花を持って駆け付けて下さいました。
将来なにかコラボでイベントが出来ればいいですよね!
IMG_2941

新聞社様の取材もあり、矢野様とっても嬉しそうでした
IMG_1824

【矢野様より】
たくさんの皆さんにお越しいただき、ありがとうございました。
はるばる東京からかけつけてくださった方もおられました。
感謝、Remerciements!。
生産量が少なく、ご迷惑をおかけしました。
今年はもっと収穫できるよう畑仕事に励むつもりです。
イベントが一段落したので、明日から畑に戻ります。

【Ferme 36】様
とっても素敵なブログです!

【トラットリア・ラ・タルタルーガ】様
お取扱店様です。本数が少ないのでお問い合わせを!

IMG_2820

IMG_2835

北アルプスが素晴らしく青空に映える週末、夕方から当店は店頭大宴会でした。
IMG_2826

「お久しぶりで〜〜〜す!」
立科町でワインぶどう栽培をされている「Abbey's Vines・安孫子」様のお仲間様なのです。
安孫子様、実は大町のワインぶどう栽培をお手伝いされていた時期があり、それからのご縁なのです。
毎年お買い物と、店頭では買い求めのワインなどを楽しんで下さいます。
例年なら朝採れの「アスパラガス」「山菜」があるのですが、今年はGW前に山菜は終わっちゃった〜、なので地元の「竹の子」中心のお料理でご勘弁でした。
それでも店主のお友達が、朝採れのレタスやパセリなどをお持ち下さり有難かったです。
IMG_2831

地元で採れる今の竹の子は煮物、天ぷら、バラ寿司と、結構色々な楽しみ方が出来ます。
ちょうど「ホウバ」がキレイな状態で採取できたので、盛り付けには殺菌効果もあり重宝できます。
大町はこのような自然がいっぱいですからね〜
IMG_2828

大町と言えば中山高原の「農園カフェ・ラビット」様の「鹿肉」です。
わな猟で仕留められているので、またく癖が無くお楽しみいただけます。
ローストディアに加工されているので、当店でも試飲会などでは安心して使わせていただいてます。
IMG_2825

前日午後まで海で泳いでいた糸魚川沖の鯛ですが、桜風味の塩釜にしちゃいました。
香りがとっても良いのですよ〜
IMG_2834

お客様方もとっても楽しそう〜、笑い声がnonkoの元気の源となること間違いなし!
IMG_2829

今回はやはりワインが多く、赤ワインのご指名が多くなり、メニューを急遽変更です。
やっぱりワインとお料理の関係は大切ですからね〜〜〜
ほろ酔い気分になられたところで始まりま〜す!今年もね(笑)
実はお仲間様のお一人に、nonkoと同じ「桃園小学校」の方がいらっしゃいます。
このようなご縁ってほんと絶対にないですからね〜〜〜

【動画】
京都の桃園小学校は、西陣のど真ん中にあります。
nonkoが低学年の時には100周年を迎えた歴史があるので、残っていれば(改築されました)140年経ってますとご説明してるのですが・・・(笑)
本当に楽しい皆様でしょう!

【動画】
今年も歌わせていただきましたよ〜〜〜!
皆様小学校の校歌って覚えてますか〜〜〜〜〜〜〜〜〜?
IMG_2836

IMG_2838

今年も楽しいひと時をありがとうございました。
そして「毎度ありがとうございます!」
IMG_2840

沢山お楽しみいただいたワインたちも、とって嬉しそうな顔をしてテントの下で鎮座しています。
まだあの夜の笑い声が聞こえてくるような・・・
また来年お待ち申し上げます
安孫子さ〜〜〜ん、ワイナリー設立頑張って下さいね!

このページのトップヘ