呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

カテゴリ: 紅葉情報2008

大町市内

今日はとってもいいお天気で北アルプスがクッキリの一日でした。
朝から小布施ワイナリー様へ発注方々お邪魔してきました。

美麻

美麻新行

通り道の美麻からも絵葉書のように北アルプスが見えます。こちら新行では今新蕎麦の時期ですから是非お出かけ下さいね!

ショップ

小布施ワイナリー様のショップです。いつもこちらでお話しさせていただいたり、試飲させていただきます。今日はラッキーなことに、売り切れ中の「小布施ブラン」を、レストラン対応分として瓶詰めされました「小布施ブラン2」を分けて今だきました。とっても爽やかで飲みやすく、少し夏向きのようですが私の好みです。洋ナシのような香りがします。明日には当店に届けていただけるかな?

メルロー

メルローの葉っぱ

いつも見学させていただく「ムラサキ農場」は、思った通りの紅葉で、とってもきれいでした。写真は紅葉してるメルローの葉っぱです。詳しくは京都に帰ってから掲載しますのでお楽しみに・・・

松仙堂様

そして今の時期小布施といえばやはり栗菓子ですよね!私は松仙堂様の大ファンなんです。何軒かの大きなお店がありますが、多分一番小さなお店だと思います。でも栗は全て自社畑の栗なので嬉しいんです。栗畑の中に御自宅とお店があります。

かのこ

これは栗かのこです。缶を開けてみると大感激です
全て手作りで、缶の中に詰められるのもきっと手詰めでしょう。ホコホコして美味しいんですよ〜。そして何よりも甘さ加減が最高です!

栗饅頭

そして私がハマってるのがこの栗饅頭です。皮のお味が京都には絶対にないお味です。とにかく美味しくってハマってます。

モナカ

店主は栗モナカが大好物です。この餡がまたたまりません。栗のみを練ったって感じです。場所はとにかく説明できないほど複雑です。観光案内所に聞いて下さ〜い!

美人林

そして帰りに小布施から車で2時間弱の「松乃山美人林」に行ってきました。初夏とは違った雰囲気で、とっても女性的な林です。

美人林

美人林

陽の光が面白く写るでしょう。ちょっとカメラマンになった気分です

水鏡

これわかりますか?池に映った水鏡です。石を投げると面白い映り方になるんですよ〜

水鏡

水鏡

水鏡

ブナの実

久しぶりにブナさんがご褒美を落としてくれました。クマさんが大好きなブナの実です。中の実は松の実のような味がするんですよ〜



今日大町の霊松寺様でシンセサイザー奏者・影武者様によります「霊松寺鐘楼シンセサイザーコンサート」が行われました。

大町市内

大町市内

今日の大町は午後より快晴でした。霊松寺様の鐘楼から大町を見ると本当に小さな市街です。(私の家は近すぎて見えません!)
この小さな市街に影武者様のシンセサイザーが響き渡った今日でした。きっと街中からも音色が聞こえたのではないでしょうか?

鐘楼

影武者様、お疲れ様でした。北アルプス三蔵呑みあるきでもお世話になりました。

霊松寺

今日の霊松寺様は最高の人出だったんじゃないでしょうか?年々観光のお客様が増えるように思います。ちょうどモミジが真っ赤に紅葉しています。本堂や庫裏の屋根が何ともいい雰囲気を見せてくれていました。

紅葉

このモミジの色素敵でしょう
霊松寺

ここまできれいな紅葉は県内でもそうないでしょう。

オハツキイチョウ

オハツキイチョウも真っ盛りです。今朝は見事なオハツキイチョウをゲットされて方がおられたそうですよ〜

庫裏お庭

庫裏のお庭の紅葉も見事です。

ドウダンツツジ紅葉

また山門近くのドウダンツツジが最高です、その中でも毎年特にきれいな一本があるんです。

ドウダンツツジ

毎年とってもきれいな紅葉を見せてくれるドウダンツツジです。なんとも言えない色でしょう

山門

紅葉と山門もいいものでしょう

山門

山門の掘りものは素晴らしいですね!

庫裏

今の時期は本堂と庫裏を特別に公開していただいてます。もちろん無料です!京都では考えられないことです。

梁

庫裏の梁がこのように出てるんです。昔の方はほんとにこのような立派な建築物をどうやって建てられたのでしょうね〜。
善光寺地震後、嘉永年間の作で、間口10間、奥行20間(200坪)、屋根坪600坪だそうです。

カゴ

このようなカゴも残されてるんです。素晴らしい〜〜〜

紅葉

窓から見える紅葉は昔の人もこうやって見られてたのでしょうね!

唐花見湿原

大町が市町村合併する前は「八坂村」だったんでしょう。昨日「霊松寺」様の紅葉を見た帰りに店主に唐花見湿原近くまでMyベンツと共に送ってもらいました。このあたりをMyベンツで来たのは初めてです。奥に見えるのが「唐花見湿原」で、案内板で見る程度の感覚でした。昨日は行ってみよう・・・っと!

案内板

入口にはこんな立派な案内板があります。今までノーチェックでした
あまり人のこられてないようで、少し荒れた感じがありました。私にとってはその方がワクワクします。

ブルーベリー

入口近くにはハーブ園とブルーベリーの紅葉した木がきれいでした

木道

木道は意外ときれいですが、見通しは良くないですね〜

湿原

所々にこのような池?水たまりが確認できます。やっぱり湿原なんですね〜

湿原

「わぁ〜、スイレンの葉っぱだぁ
夏には可愛いお花を見せてくれたのでしょう・・・、きっと・・・

モヤマウメモドキ

ミヤマウメモドキ

そして木道のわきには何だか同じような赤い実をつけた木があります。見たこともない木です。
「ミヤマウメモドキ」って書いてありました。珍しい木だそうです。
東北地方、中部地方〜近畿地方の日本海側の山地の湿ったところに分布すると言われています。花の時期はあまり目立たないですが、果実になるととたんに目に鮮やかに飛び込んでくるそうです。生育する湿地は、あまりハイキングコースにはないので知る人は少ないそうです。何だか見つけた事がラッキーだった感じです。

ミヤマウメモドキ

こんなに真っ赤な可愛い実です。湿原いっぱいに木はありますが、実ってるのはごくわずか・・・、これも毎年の恵ですよね!でも鳥さんが食べないことを思うと、美味しくない実なんでしょうね〜

苔

湿原内は色々な苔が生えてます。見たこともないような苔もありました。ここは新芽の頃にぜひもう一度来てみたいです。もしかしたらミズバショウが咲いているかもしれません。

そば畑

唐花見を出てしばらく行くとそこは北海道の富良野近郊の麓郷のような景色です。知り合いの方から「あまり人に教えないで〜〜〜!」って言われた気持ち痛いほどわかります。でもマナーを持って御越しいただきたいと思います。ホント素晴らしい場所なんです。もうこのそば畑は刈り込みが終わってます。

そば畑

こちらはもう収穫前ですね!

そば畑

ちょうどどこも蕎麦祭りをされてますから、新蕎麦をお楽しみいただけると思います。ソバの実可愛いでしょう

キャベツ

若い県外の男性が有機栽培のムラサキキャベツを収穫してられました。ここなら空気もきれいだし、お水も美味しいし、畑の上には民家もないし、本当に安全で美味しいものが収穫できるでしょうね!頑張って下さいね
「お気をつけて〜〜〜!」って声をかけて下さり、とっても感じのいい方でした。

Myベンツ&クマさん

私はといえば、変なオバサンそのものです。荷台にはクマさんが乗ってるし・・・

高原野菜畑

「見えてきた〜〜〜!」
少し下ると大きな大地が広がります。ここでも標高1000mは軽くあるでしょう。本当の高原野菜ですこんな身近に素晴らしい場所があって、そこで一生懸命有機栽培に取り組んでられるオジサンがいらっしゃるんです。
実は一週間ほど前にこちらの畑「仁科農場・仁科様」の作られた白菜を、お世話になってます「ビストロミルフィーユ・Maruo Chef」様からいただいたんです。まず驚いたのは手触りでした。「生で食べた〜い!」て思うほど美味しそうな白菜なんです。煮ものにすると甘く、やわらかく、味わいが深い白菜でした。ビストロ・ミルフィーユ様では添え野菜や、一品ものにふんだんに使ってられるんです。

野菜カレー

スープカレー

こちらが「野菜スープカレー」なんです。温野菜の美味しさでいくらでも食べられちゃいます。特に写真の人参とジャガイモは最高
この人参冬には雪の中に眠らされて、春に「雪下人参」として出していただきます。

仁科様

「こんにちわ〜〜〜
「・・・・・・・・怖い!逃げろ!」
いつもの仁科様と違い、とっても険しいお顔です。どうしたんだろ・・・?

県道?

Myベンツをぶっ飛ばしながら、それでも何か木の実が落ちてないかと探しながら大町方面へ向かいました。

桐の実

桐の実で〜す。

ウバゆり

ウバゆりで〜す。どちらもアレンジしてワインのラッピングに使います。クリスマス用にいかがですか?ラッピング代は一切いただいてません、だって山からの恵みでお金はいただけませんよ〜

八坂集落

八坂地区の集落を横目に凄い坂を転がり下りて行きました。そしてビストロ・ミルフィーユ様で先程怖顔の仁科様とバッタリ・・・
仁科様
怖かったことを正直に話したら大笑いされました。よく言われるそうですって〜
とってもシャイな仁科様は、仕事中は別人の表情です。それだけ真剣にお仕事されてるってことでしょう。そして野菜作りの話を沢山お聞きして、何十年農場をやっていても「毎年が一年生!」なんて言われました。素晴らしいお言葉ですよね失礼ですが、これほどのベテランの方でもそのように言われることに私自身恥ずかしさを感じたのも確かです。プライベートではとっても優しいオジサンなんです。軽トラに包丁が挿してあるのには驚きましたが

野菜

そして昨夜仁科様からこんなにお野菜を頂戴しました。思ってもないプレゼントです。早速鍋ですよ〜〜〜。そしてできれば皆様にお分けしたいと思い、仁科農場様の有機高原野菜を今週の連休に販売させていただくことにしました。

仁科様・円尾様

今日の夕方仁科様とMaruo Chefにお店に来ていただき、お話をさせていただきました。そして土曜日より3日間、白菜、大根、人参を横川商店店頭で販売させていただくことになりました。また送料はかかりますが今回に限りお野菜のみの発送も受付させていただきますね!そして仁科様のお野菜を使われてますビストロ・ミルフィーユ様でもお楽しみいただけます。この連休よろしければ是非お立ち寄り下さいませ。白菜

白菜

昨夜遅く豆乳鍋にしました。白菜はすぐにトロトロで甘く、人参も色濃く、大根もやわらかく美味しい〜〜〜!このお野菜達別物ですよ〜〜〜
今夜も残り汁でまた煮込んじゃいますね〜

オハツキイチョウ

霊松寺様のオハツキイチョウです。すっかり黄色くなって今日はテレビ局の方もおみえでした。オハツキイチョウはまだ見た事がないんです。皆様お探しかも・・・?

本堂

霊松寺様は、功徳林大洞山霊松寺と号し、慶永11年(1404年)に信濃国では最初に開かれた曹洞宗寺院です。實峰良秀禅師を開山、仁科郷領主・仁科忠盛公を開基として開かれました。平成16年に開山600年を迎えた古刹です。
本堂のまわりのドンダンツツジが真っ赤に紅葉して見事です。

霊松寺境内

茅葺の山門から見るオハツキイチョウも素敵です。

庫裏

今日はこちら庫裏の中にお邪魔しました。庫裏は「くり」と読みます。庫裏(くり)とは、仏教寺院における伽藍のひとつ。庫裡とも書くらしいです。裡は裏の俗字であり、どちらも“うち”や“なか”を意味する。また庫院ともいう。その寺院の僧侶の居住する場所、また寺内の時食を調える、つまり台所も兼ねる場所です。

庫裏

見事な屋根でしょう。京都には見られない建築様式で私にはとっても新鮮です。

庫裏

奥行きが素晴らしいですね〜、なんだかゆったりとした気分になります。

庫裏

こちらは広い空間で、コンサートなんかも行われるそうです。

天井の梁

この天井の高さと梁は素晴らしいですよ〜!絶対お見逃しなくです
霊松寺様、今秋の11月1日(土)に、シンセサイザー・影武者様のコンサートをされるんです。ぜひ皆様お越し下さいね!私も時間があればと思っています。

☆平成20年11月 1日(土)
午前の部 11:00
午後の部 13:00
霊松寺鐘撞堂(長野県下一の大きさ)特設ステージ
     
鐘撞堂から観る北アルプスは絶景!!
紅葉も最高に見頃です☆☆☆ 

『第8回 霊松寺影武者コンサート』         
   
*詳しくは、TEL0261−22−0377寺務所




五竜テレキャビン

昨日の天気予報では今日は快晴!それを信じて五竜テレキャビンに来た私・・・
歩いてるうちに晴れるだろう・・・って!
小遠見山までトレッキングを予定していました。テレキャビンを下りて約90分で着きます。ちょっと見たい木の実があるので、毎年この時期に来るんです。

ゴンドラ

五竜テレキャビンに乗っていくうちにどんどんガスの中へ・・・

五竜

晴れていたら相当きれいな紅葉だと思います

ブナ

ガスの中のブナも素敵ですよね!

カライトソウ

カライトソウももうこんなに枯れちゃっています。夏にはきれいな赤い色の花を咲かせてくれました。

登山道熊情報

少し歩いたんですが、視界はこの状態です。このまま登ろうか、引き返そうか・・・

携帯お天気

携帯で見る雲の動きで「やめよう!引き返そう!」って判断しました。そして小雨からみぞれに変わってきました。きっとこの先は雪でしょう。しかしいつも歩いてる登山道だし、道に迷うところもないし、せっかくここまで来たんだし・・・、凄く迷いました。きっと県外の登山者の方が無理をされる気持もわかります。でもでも・・・、たいそうかもしれませんが、命は大切です。そしてなにかあると皆さんに迷惑がかかります。下山の勇気は本当に大切だと思いました。

クマさん

「ごめん・・・、早起きさせて・・・帰るよ!」
何となくプンプンしてるクマさん達。

もみじ

下に降りるとまた紅葉はこんな感じのものもあります。

赤蕎麦

花壇には赤蕎麦が植えられていました。そうそうこの色こそがカライトソウの色ですね!

赤蕎麦

可愛い蕎麦の花でしょう!
それでは予定変更です。ワイン会のポスターを刷ってもらいに穂高へ移動です

パソコンポスター

お世話になってます穂高パソコンスクール様です。先生にレイアウトを少しなおしていただき、ポスターにしていただきました。
いいですよ〜、自分で作成したチラシがポスターになるんです。今日はお店など3枚だけなんです。単発でも刷っていただけますので、皆さんどんどんご利用下さいね!そしてパソコンでチョットここがわからないなど、会員さん以外でも利用できます「お助けチケット」もあります。

ポスター

こんな大きなプリンターでポスターにしていただけるんです。
今日も忙しい一日でしたが、livedoorの故障のおかげで、たっぷり睡眠がとれて万歳!

今朝

「あ〜さぶ〜〜〜」京都弁ですんません
朝起きてまた北アルプスは雪です。これを見ると、1年は早いなぁ〜って思います。いっきに紅葉が里におりてきました。

今朝

Myベンツでアルプスに見とれながら温泉郷の方へ行ってきました。
そろそろMyベンツも車検の時期です(笑)前タイヤがまたまたツルツルです痩せろ〜〜〜

ソバ

温泉郷近くのソバ畑も最終でしょう。雪が来たら大変ですものね!

高瀬方面

高瀬ダム方面も紅葉はもう今週まででしょう。

ゴミ

「誰ですか〜〜〜!こんなことするの
いつもきれいな大町温泉郷の公衆トイレにこんなことしないで下さいよ〜
女子トイレですから女性ですよね!信じられません

源汲

源汲

私の大好きな源汲の風景です。ここを爺ヶ岳スキー場の方へ行きます。

爺ヶ岳スキー場

爺ヶ岳スキー場です。もう冬の準備をされています。こうやって見るとどこまで紅葉が下りてきてるかおわかりでしょう。またにぎやかになってくることでしょう。今年は私もスキーしようかな???

鹿島川

良く来る鹿島川の河原です。やっぱり紅葉も終わりかけですね〜

鹿島川

昨日の風は凄かったですからね
そのせいか赤い紅葉がより目立ってるように感じます。

露天風呂

あまりの寒さに大町温泉郷の「薬師ノ湯」に入りました。
ここの広いほうの露天風呂は、私好みのお湯の温度なんです。
「極楽極楽〜〜〜

露天風呂

今日は新しいほうのお風呂ですが、昔のお風呂もあるんです。こちらのほうが地元の方が多いんですよ。

地場産品

玄関には地場産のお野菜などが売られていて、時々目玉的なものがあるんです。今日はきれいな採れたての栗茸が出てましたので、今夜はキノコ御飯です。

栗茸

これが栗茸です。食感が良くって美味しいですよ
きのこ御飯

さあ、秋の香りを炊き込みましょう!
キノコ御飯

出来上がり〜〜〜
この食感たまりませんね〜

御馳走様〜!

御馳走様〜〜〜

蓮華岳

「ギャ〜〜〜蓮華岳は雪

日向山

今日は早朝から紅葉状況を見に行ってきました。
私は眠い〜〜〜!そのままお迎え車に飛び乗りました。日向山から扇沢方面は見えません。今日は夜中から凄い風で「ビューン、ビューン」って音を立てています。冬に雪が降る前のようです。こんな日にまさか山へ行かれる方はいらっしゃらないでしょうね〜〜〜。心配です

日向山から葛温泉・高瀬方面へ移動です(店主にパジャマ姿で写真撮ってて笑われました)

葛温泉方面

葛温泉近辺はもう散りかけています。今週が最終でしょうか・・・

七倉

ここが七倉の自家用車で行ける最終場所です。ここから一般のお客様はタクシーで高瀬ダムへ行きます。今朝止まってるお車の方は山へ行かれてる方だと思います。高瀬ダムへは「高瀬川テプコ館」のシャトルバスをご利用されるのがベストだと思います。

滝

高瀬渓谷の楽しみ方の一つに、沢に目を向けて下さい。このような滝があったり、深い沢や浅い沢、色々な顔があって面白いですよ。私が一番好きな沢はここです。

高瀬渓谷

高瀬渓谷

高瀬渓谷

高瀬

ちょっともう遅いかな?今週いっぱいはぎりぎり大丈夫でしょう。今日のお天気もそうですが、いっきに紅葉が深まり、冬将軍が活発になってきそうな大町です。

大町ダム

山間にはダム湖の水の色が見えています。これは大町ダムです。この水の色は、奥の高瀬ダム上流の湯俣温泉のためによるものだそうです。

大町ダム

この緑色は紅葉の時期が一番映えるように思います。

大町ダム

大町ダムの堰堤が見えています。このダムが決壊すると大町市内をのみ込むほどの水量だそうです。でもお水が豊富な大町ですよね〜

霊松寺

帰りに霊松寺様へ行ってきました。モミジやドンダンツツジは見頃です。オハツキイチョウはあと一息です。ではでは塩尻に行ってきま〜す

大町郊外

「わぁ〜!いっきに赤くなった
雨降りの日は自宅で事務処理が多いんです。でもでもず〜っと室内もね〜〜〜
っ言うことで大町郊外へ配達に便乗です。大町温泉郷近辺はいっきに紅葉が深まって、山の色が黄色と赤に染まっています。明日あたり晴れたら凄いですよ〜〜〜
明日から塩尻のワイナリーフェスタですが、私は明後日に行きますね!明日午後からはお店にいます。沢山の新酒ワインが入荷しているため、レイアウトの見直しなんです。

岩魚郷様

配達先は岩魚郷様です。お庭の紅葉がきれいでしょう。岩魚料理をいただきながら、お風呂にも入れるんです。また沢山の岩魚の養殖もされています。

ミント?

お庭のミントも紅葉でしょうか?雑草のごとく生えてるミントです。

タンポポ

「タンポポさん無理して咲いてない?」

野の花様

「またですか〜〜〜私はお昼ごはん食べたんですが・・・」定休日の日に戸隠で3軒回ったんですよ〜〜〜
店主の蕎麦好きは異常確か昨夜ラーメン食べてませんでしたっけ?
そんなに長いものが好きなんですか?腸に絡まないですか・・・
っということで「野の花」様に来ました。大町温泉郷から街中方面にあるんです。上品で落ち着くお店です。

十割蕎麦

田舎蕎麦

十割蕎麦と田舎蕎麦(下)です。どちらも香りのよい、コシがあるお蕎麦です。そしてツユが美味しいんです。最近特に感じるのですが、お蕎麦自体は皆様とっても美味しく打たれます、でもツユとのバランスや、ツユそのものが色々なんです。人それぞれ好みがありますから、どうのこうのとは言えないです。でも野の花様のツユは好きですね〜!でもさすが今日は食後でもあって、店主が2枚ともペロリです。
お店においでのお客様、店主にお蕎麦の美味しいお店をご紹介下さいませ〜〜〜
栃の実

そしていよいよ今年も「大町山麓の栃の実」ができました。お店においていますので、どんどんお持ち帰り下さいね!そして「大町」を思い出して下さいね

高瀬ダム

昨日黒部ダムの紅葉がもう遅いため、高瀬ダムへ寄ってきました。8月に一度来た時とは全く違う景色です。京都では夏過ぎより「秘境高瀬ダム・タクシーで行く秘境の紅葉!」なんて連日新聞の旅情報に見出しが出るんです。
「関西の皆様〜〜〜、ここですよ!ここですよ〜〜〜高瀬ダムですよ〜〜〜
昨日は午後だったので写真は逆光でした。行かれるなら午前中がオススメです。そして個人のお客様は是非高瀬川テプコ館シャトルバスをご利用下さいね!
まだまだ紅葉は楽しめます

高瀬ダム

高瀬ダム

湖面際の紅葉が水の色と一緒になってとってもきれいです。この色はこの先の湯俣温泉が原因でこのような色になるようです。

唐沢岳

堰堤からは逆光で見えませんが、北アルプスの烏帽子岳はじめ、槍ヶ岳が見えるんです。反対側(写真)は唐沢岳で、その向こうは安曇野の穂高になるんです。

葛温泉方面

登ってきた方向は葛温泉の谷が見えます。本当に秘境なんですよ
北澤様

シャトルバスはテプコ館発着ですから、帰りには「いーずら特産館」様の出張所がありますので、お土産はこちらでどうぞ!昨日は私も呼び込み作戦!「金蘭黒部・市野屋商店」営業北澤様も頑張って試飲販売されていました。やっぱりここでは「氷筍水仕込み」がオススメです。

クルミ

帰り道クルミの木を発見!クルミって殻が実るんではなく、殻は種のような感覚なんです。このように割れて落ちるんです。

クルミ

このように転がってるんですよ〜〜〜
大町っていいでしょう

クルミ

こういうときMyベンツはいいですよ

リスの宿

クルミで思い出すのは、先日北アルプス三蔵呑みあるきでご協力下さいました「藤長菓子店」様の「リスの宿」です。かわいい巾着袋に一粒一粒包まれて入ってるんです。

リスの宿

しっとりホロッとした食感で香ばしく上品なお菓子です。

霊松寺

また大町市内の霊松寺ですが、もう少し時間がかかりそうです。

霊松寺

大イチョウはまだこのような感じです。

便箋

最近紅葉情報が忙しく、発送のお客様の便箋をサボってしまってすみません。今日なんとか版画にしました。今の大町の紅葉の色づきです。

扇沢

紅葉は扇沢の周辺までおりてきました。昨日10月20日の様子です。

黒部ダム

黒部ダム周辺はもう真っ最中で、立山方面はもう目で見る限りでは終わっています。

立山方面

正面の山が立山方面です。チョット望遠鏡で覗いてみましょう!

立山

「怖〜〜〜い!」山が切り立ってますね〜〜〜
もう雪がきてもおかしくないような雰囲気です。

立山方面

この向こうが室堂になるんです。

吊橋

黒部ダムはなぜかいつも通り道になってませんか?ただ堰堤を歩くだけ?展望台へ行くぐらいが関の山!観光船もありますが、とってもいい場所があるんです。今回横川商店店頭でお配りしています「ライブリー信州」というフリーペーパーで知りました遊歩道があるんです。場所は黒部平へ行くケーブルの駅トンネルから、観光船乗り場へ行く先にあります。観光船乗り場の横にあります吊橋を渡りますと、素晴らしいブナの原生林があるんです。先月怖くて渡れなかったんですが、山道を歩いて随分なれちゃいました。今回は大丈夫!(チョット怖かったけど・・・)

黒部ダム

吊橋を渡りますと黒部ダムがこのように見えます。この角度ってなかなか見ないでしょう。

遊歩道

そしてこのような遊歩道が「ロッジくろよん」まで約15分続いてるんです。ゆっくりブナの道を散策して下さいね

ブナの木

ブナの木

ブナの木

ブナの木

「ザワザワ〜、サラサラ〜、森の音が気持ちを和ませてくれます。森と会話しているみたいです。今年は何かと忙しく、いつもはもう森に入ってるんですが、なかなか時間がとれません。「ごめんね!森の皆さん

ブナの木

ロッジ近くにあるひときわお爺さんのような背の高いブナの木は、幹が3本にわかれています。「三本に枝別れた樹は森の民であるマタギの間では「神が降りてきて休む所」と考えられていて、三頭木と呼ばれていました。神聖な樹ということで大切に扱われてきたんです。」秋田の知り合いに教えてもらった事をふと思い出しました。幹に手をやると何となく「ズシ〜ン、ズシ〜ン」くるような気がしました。



カエデ

このあたりのカエデってこんなに大きいんです。

フキノトウ

そしてフキノトウが来年の準備をしています

ロッジ

黒部湖

黒部ダム

空き缶

「バカヤロ〜〜〜〜〜〜!いったい何考えてるんだぁ〜〜〜〜〜
自分の家の前にこんなことしますか!!!
昨日小谷の雨飾荘から鎌池方面に歩く道路沿いでの事でした。無造作に缶ビールの缶が捨てられていました。紅葉を見て缶ビールを飲みこの場所に捨てられる神経を疑います(あ〜スットした!)
ただいま小谷方面は最高の紅葉です
南小谷から村営バスで雨飾荘まで行き、そこから徒歩で1時間強で鎌池に着きます。

ブナの木

雨飾荘に着くとブナの木がお出迎えです。先週近くに脱穀のお手伝いに来てからはずいぶん紅葉がすすみました。

山ぶどう

山ぶどうの葉っぱは特に赤くきれいに紅葉しています。

オオカメノキ

初夏には白い花をつけるオオカメノキも色が変わり始めました。

バードコール

私はよくコメントをいただく「かえるくん」の御主人様からいただきましたバードコールを持参です。小鳥さんも良くお返事してくれるんです
まわりのハイカーさん達は本物の小鳥さんだと思ってられるようです。

山ぶどう

「実ってる実ってる〜〜〜!」
山ぶどうの実がたわわに実ってます。小谷の自然は本当に素晴らしいです。まさに手つかずのものがいっぱいです。どうぞ皆様、そっとしてあげて下さいね!むやみキノコを採ったり、春の山菜を採ったりするのはやめましょう。小谷の方達はこういうもので生活されてるんです。


蜂の巣

「お〜〜〜蜂の巣が・・・」
大きな蜂の巣です。

ブナの木

このブナの木にできてるんです。
見事な大きさでしょう。
ブナの木

私は木の中で一番好きなのはブナなんです。
ブナの木は漢字で「橅」と書きます。木(き)へんに無と書くのです。ブナの木は水分が多く木材に適さないことから、昔の人は役に立たない用の無い木と思っていたのです。ですから日本の森ではブナの木は無残に伐採され、代わりに木材に適した杉や檜が盛んに植林されてきました。
ところが、森の中でブナの木が果たす大きな役割が見直されるようになりました。ブナの木は、大地にしっかりと張った根や太い幹や枝にたくさんの水を含んでおり、森の生態系の中では森を守る大切な存在だったのです。
なぜかブナの木に手を当てるとグングン何か伝わるものがあります。

雨飾山

40分ほど歩くと右手に雨飾山が見えてきます。このお天気ですと沢山の方が登ってられるでしょう

雨飾山

キャンプ場のあたりに来るともう車がいっぱいです。ここからの眺めも素晴らしいでしょう。

もみじ・ブナ

いつもカメラの方が多いブナとモミジの木がある場所です。「黄色」の世界ですね!

紅葉

鎌池周辺に来ると紅葉はより進んでいます。今度は「赤色」の世界ですね!

紅葉

鎌池の周りはもう今一番でしょう

鎌池

小谷村・鎌池です!いかがでしょう

鎌池

鎌池

鎌池

一番いい日だったように思います。

鎌池

鎌池でも緑色のイメージがある景色です。太陽の関係でこのように見えるんでしょうね!一日中で色々色が変わるので写真には面白いでしょう。

ブナ原生林

池の周りもまたブナの原生林です。

林道入口

帰りには初めての林道に挑戦です。この池の周りから1.5キロで小谷温泉に抜けられるようです。

獣道?

「ヒェ〜〜〜
クマが出てもおかしくないような獣道です。怖いですし、道が急坂なんです。ビビりました〜〜〜

小谷温泉方面

時折このような景色が広がるのですが、やっぱり怖い

山田旅館様

約40分で小谷温泉・山田旅館様に到着です。多分来た道の半分の時間で着いたと思いますが、この怖さと緊張感はたまりません(私はビビりです)
レトロな建物でしょう。一昨年まで北安醸造様の杜氏・山田和男様の御本家だそうです。
温泉の歴史は弘治元年(1555年)、武田信玄の家臣によって発見され、以来450余年の間、わが国屈指の温泉として知られてきた。明治時代ドイツで開かれた温泉博覧会で、日本を代表する四大温泉(別府・登別・草津・小谷)の一つとして内務省特選選出されたほどだ。打ち身、骨折、神経痛、火傷などに特に特効があり、万病に効く温泉として名声を高められています。

浴場入口

とりあえずお風呂!疲れた〜〜〜

温泉

44.8℃のラドンを含むナトリウム・炭酸水素塩泉の湯は、無色透明で炭酸味、鉄味がする。コップが置かれていて、飲用での効能も強調されているようです。

館内

館内は風格のある感じの木造建築。なんでも江戸の昔の建築だそうです。

古い看板

明治末のドイツ万国霊泉博覧会に、登別・草津・別府とともに出品された時の看板

北安醸造・飯村様御夫妻

温泉に入ってやれやれとバス停のベンチで横になってたんです。
「気持ちイイナァ〜〜〜」なんてCD聞きながらいい気分になって・・・
「ギャ〜〜〜
通行する車から誰が声をかけたんだと思っていたら、北安醸造様のスーパー営業マン「飯村様御夫妻」なんですよ〜、何でまたこんなところで・・・
何でまたは私が思われたでしょう。ほんとベンチで寝ていたんですから
せっかくのお休みすみません。鎌池に行かれるところだったのに・・・、北小谷の道の駅まで送っていただきました。今日・明日は道の駅「小谷」で井筒ワインの小田っちコト、営業の小田様が宣伝販売されてるんです。

道の駅・小谷

ここの道の駅は凄いですよ
無駄のない売り場作り、そしてスタッフの方達の機微な行動です。

井筒ワイン・小田様

井筒ワイン・小田様です。このたび横川商店では小田様の「井筒ワインとお料理の提案」を「小田っちのワイン生活」で取り組ませていただいてます。どんどん小田っちにメールしてあげて下さいね!

ワイン生活

紅葉

紅葉の小谷・鎌池に行ってきました。とっても面白いドラマがありました。
でも今日はとんでもない登山道を歩き、ヘロヘロです。また後日掲載いたします。鎌池とってもきれいでした

木崎湖

昨日お天気のいい中、八方尾根に行ってきました。
朝6時の木崎湖はとっても神秘的です。こんなガスが出てる日はいいお天気になること間違いなし!

ゴンドラ乗り場八方ゴンドラ

八方尾根まではゴンドラとリフトを乗り継いで行きます。始発の7時30分前にはこんなに人がいっぱいです。そして紅葉の中ゴンドラは上がっていきます。

ゴンドラ付近

ゴンドラから兎平までが一番紅葉が綺麗でした。

黒菱平・鏡池

兎平から黒菱平に上がると鏡池があります。北アルプスが水鏡になって綺麗に映っています。しかし紅葉はもう遅い感じです。先月末の初雪で葉っぱが茶色くなったようです。そして10日前後の雨で葉っぱが落ちたような感じです。(残念)

ヘリ

ゴンドラ・リフト・リフトを乗り継いで終点の八方池山荘に着くとヘリコプターが物資を運んでいました。近づくとものすごい風です。ドラム缶で運んでられるのはなんでしょうね???あまりに近くまで降りるのでビックリしました。

八方池山荘

ここからは登山道です。ここまではサンダル履きでも大丈夫ですが、ここから八方池方面はやはり登山靴か履きなれた運動靴にして下さいね!ピンヒールのオネエサン、酔っぱらったオジサン、駄目ですよ〜〜〜〜〜

おばあちゃん

「おばあちゃ〜〜〜ん気をつけて〜〜〜」
ふらっとよろけられて驚きました。でもお話していたら、このおばあちゃん75歳で、先月は唐松山荘で1泊されたそうです。頭が下がりますでも無理なさらないで気をつけて下さいね!

鹿島槍ヶ岳・五竜岳

遠くに相似峰の鹿島槍ヶ岳と五竜岳が見えます。

白馬三山

第二ケルンあたりに来ると白馬三山が見えてきます。ナナカマドはやはり葉っぱがみんな落ちているか、茶色く丸まったような感じです。

八方池

「わぁ〜きれい!」
八方池の水鏡です。
左端に難所「不帰の剣」が見えています。見ていても怖いぐらいです。

八方池

八方池

白馬三山が綺麗ですね

nonko の難所

八方池より少しだけ足をのばしてみられませんか!
ここからは唐松岳の登山道があるんです。実はここは私には最大の難所なんです。山登られる方、決して笑わないで下さいね!私は高所恐怖症なんですもの!
昨年この場所を四つん這いになって登っていたら、上から下りて来られた方に笑われてしまいました。でも今年はけっこうしっかり登れたんです。ここを過ぎると私の大好きなダケカンバの原生林があるんです。

尾根より

尾根の上からは今通ってきた八方池が見えています。

ダケカンバ

ダケカンバの原生林です。とっても神秘的なんです。雪の凄さと自然の厳しさを感じられる場所です。やっぱりもう葉っぱは落ちています。でもダケカンバの木の雰囲気もいいでしょう。

ダケカンバ

ダケカンバ

ダケカンバ

ダケカンバ

登山道

いかがでしょう、ちょっと登山された気分になりましたでしょうか?
ホントはお越しいただきたいところですが、山はお天気が確約されませんものね!曇ってたり、雨の日にお客様がおみえになると、とっても申し訳ない気分になります。店頭の写真と私がいる時はお話だけでもと思っています。山は絶対に無理をされてはいけません。御自分のペースでお楽しみ下さいね

ケルン

息(やすむ)ケルンです。
ケルンとは、登山道等で見かける石を積み上げて造った道標のようなもののことで、厳冬期など雪や霧に包まれた時に登山者の遭難を防ぐ重要な目印になるようです。ケルンには遭難者への慰霊や何かの記念碑としての意味もあるんです。例えば第二ケルン=息ケルンは昭和十二年十二月に遭難した西阪息氏の供養のためにその父君が建設されたものだそうです。

大糸線車内

この一週間で紅葉がいっきに深まったと思います。大町は北アルプスに雲がかかる日が多かったので、紅葉の進み具合も良くわからなかったのですが、今日は晴れて朝から大糸線に飛び乗りました

白池

めざすは小谷の北の平岩からバスに乗っていく蓮華温泉に行ってきました。平岩から22キロの林道です。行く道の白池あたりからは紅葉が綺麗になってきました。ここは午前のシャッターチャンスです

白池

いきなり目の覚めるような紅葉が飛び込んできました

雪倉山

ここはもう新潟県です。左手に雪倉山、その奥には朝日岳が見えてきました。山はもう真っ赤なんです

遊歩道

終点のバス停から蓮華温泉ロッジまでは直ぐです。ここで入浴券を買って4つの野天風呂に入ります。遊歩道で一周まわれるようになってますから迷うこともありません。
紅葉は見事ですよ
赤・黄・緑のバランスがよく、原生林が多いためかモコモコとした雰囲気のボリュームたっぷりの紅葉です。大町の紅葉とはまた違った良さがあります。山も雄大で、広く感じます。絶対におすすめですよ〜〜〜

蓮華温泉

看板に沿って温泉巡りです。混浴ですのでお楽しみ下さいね
いえいえ変な事はありませんよ〜〜〜、こういう場合は集団の女性のほうが強いですからね〜〜〜!

仙気ノ湯

仙気ノ湯です!空中散歩しながらお風呂に入ってるみたいです。今日はやや熱めのお湯でした。大きさは蓮華温泉の露天風呂の中では一番大きく、5-6人は浸かれます。泉質は単純酸性泉。お湯は微濁し、無臭ですが薄い酸味がしました。

クマさん

クマさん達もご機嫌さん

薬師ノ湯

その上にあるのが薬師ノ湯です。
蓮華温泉の中でも最も高所にある風呂です。浴槽は小さくて2人位入れる程度です。景色は雄大で、開放感は最高ですよ〜〜〜!
泉質は酸性石膏泉。湯は微緑白色、微硫黄臭、硫黄味、酸味がありました。お湯の温度も少しぬるめで景色がいいから一番気に入りました

薬師ノ湯

お湯の色もこんなにきれいなんです。

源泉

横からはボコボコと蒸気が上がっています。

黄金湯

黄金湯

あとは入りませんでしたが、黄金ノ湯です。
泉質は重炭酸土類泉。湯は無色透明無臭でほとんど無味でした。他のお湯とは泉質が違う柔らかな湯です。 木々が取り囲んでるので山は見えないですが、森林浴にはバッチリです!

三国一ノ湯

そして三国一ノ湯です。
1人入るのがやっとの小さな浴槽です。回りは木々が生い茂り、景色は見えないです。泉質は単純酸性泉。湯は微白濁し、微硫黄臭、硫黄味があり、かなり酸っぱかったです。ちょっと躊躇してしまいました。
このような野天風呂を楽しみながらのトレッキングは最高ですよ〜〜〜
お車なら10月20日まで営業されています。

蓮華温泉

蓮華温泉

蓮華温泉

蓮華温泉

kaede

「山萌える・・・」まさしくその言葉がピッタリの蓮華温泉です。

ダケカンバ

ダケカンバ

ダケカンバの木も凄いでしょう。手つかずの原生林なんでしょう!

ナナカマド

ナナカマドの紅葉も鮮やかです。

お昼

お昼はバスでご一緒した方とお酒のお話で盛り上がりました。そしてせっかくのお弁当まで横取りしちゃってすみません。上越の方で、長野県のお酒の事がとっても詳しい方でした。楽しいお昼時間をありがとうございました。

お客様

「あ〜〜〜〜〜!お客様〜〜〜
横川商店のお客様にバッタリ出会いました。八方尾根から縦走してこられたそうです。帰りはご一緒していただき、またまた楽しい時間でした。ありがとうございます。

渓谷

渓谷

渓谷

帰りのバス停で気になってた渓谷を見に行くと、こんなに素晴らしい紅葉をプレゼントしてくれました。いよいよ大町も紅葉真っ盛りになってくるでしょう。
明日からの連休は是非大町にお越し下さいませ。
そして大町からは車で約90分で蓮華温泉に行けます。自家用車のお客様は20日まで、大糸線平岩駅から路線バスご利用のお客様は14日まで運行されてます。この連休が紅葉のピークでしょう

白馬村内

今週初めの晴れた日に、白馬村の「青鬼集落」の稲刈りを見てきました。
もちろん白馬駅からレンタサイクルです。今年はクマさんがウロウロしているので、クマ鈴鳴らしながらヒヤヒヤです。白馬村も稲穂が垂れて、稲刈りを今か今かと待ってるようです。

白馬三山

白馬森上から姫川を渡り、いよいよ山道です。このあたりは白馬三山が迫ってくるように見えます。


青鬼

「ワァ〜〜〜!素晴らしい景色
最近はテレビによく出るようで、カメラの方達がいっぱいでした。稲刈りも一部で始まっています。

青鬼

棚田は山の谷間を利用してありますが、昔はこの谷で農作物を作って生活されていたのでしょうね!今だから車があるのでしょうが・・・

青鬼

ここからの景色は素晴らしいです(写真にレンタサイクルが入ってしまった
青鬼

この栗の木にクマさんが遊びに来るようです。稲刈りをしている方にお聞きすると、クマさんの事はとりたてて驚くことでもなさそうで、本当に「共存」という言葉がぴったりのようです。私も怖かったのですが、「間違って出てきちゃだめだよ!」って言う気持ちが次第に大きくなり、出てきちゃうとやはり可愛そうなことになりかねないですからね!

紫米

白馬紫米は私の知ってる丹後の赤米とは違い、稲穂はそんなに色が付いていません。

紫米

でもお米はこのように真っ黒に見えるほど紫です。そしてけっこう水分を含んでいるような気がします。まるでもち米のような感じです。

はぜかけ

ここでもはぜかけ(はざかけとも言います)がされています。

はぜかけ

はぜかけってホント重労働なんです。
でも絵になる風景ですよね〜〜〜

白馬紫雲・北安醸造

撮りましたよ〜〜〜〜〜
最近は片手でお酒の瓶を支えて写真を撮る事をおぼえちゃいました!
いかがでしょう、ワインのような甘酸っぱいピンクの「白馬紫雲・北安醸造」です。
北アルプス三蔵呑みあるきでは、女性に大人気のお酒でした。

黒部ダム

黒部ダムはただいま放水中です!紅葉はまだ少し早いです。
いま県民感謝デーで、黒部ダム往復が割引中です(そう1月から私も長野県民ですから・・・)

ダム放水

黒部ダムの放水はいつ見ても迫力です。

黒部ダム

昨日午前中は雨だったのですが、晴れ女の私は見事にお天気回復です。大観峰のロープーウェーも見え隠れしています。

赤沢方面

赤沢岳方面は東側になるので、はっきり見えてきました。

コンクリートバケット

ダムを造る時のコンクリートの運搬に使ったコンクリートバケットです。
ダム建設には約160万立方mという量のコンクリートが使われ、このバケットで約17万8000回、約3年の歳月を要したそうです。


黒部ダム

今回は以前いただいたフリーペーパー「ライブリー信州」に掲載されてましたトレッキングコースに行きたくていつもと違うコースを取りました。
黒部湖の観光船乗り場より奥の吊橋を渡って散策するコースです。黒部湖をこのような角度で見ることは初めてでした。

観光船

最終の15時発の観光船は満員です。ここを通り過ぎるとすぐに吊橋です。

吊橋

「ギャ〜〜〜〜〜〜〜ダメ・・・・・」
やっぱりこの高さは私には絶対に無理
高所恐怖症が少しは良くなったと思ったんですが、まだまだ駄目です。

大観峰方面

仕方なく引き返し黒部平まで行くことにしました。ちょうど山も見えてきたことですし

ロープーウェー

ここもまだ紅葉には早いようです。ロープーウェーも整理券出してないようです。
この山の上の大観峰まで行けば紅葉が始まってるようです。黒部平からは何となく確認できます。

オオカエデ

オオカエデはまだこんな感じです。

オオカメノキ

初夏に白い花を咲かしてくれたオオカメノキも少し葉っぱが赤くなってます。

ヤナギランの紅葉

ヤナギランの葉っぱはきれいですね

リンドウ

山のリンドウです。

ヤマハハコ

ヤマハハコはしおりになってよくお土産にされてますね!

アカモノ

アカモノの真っ赤な実です。

ナナカマド

ナナカマドもようやく紅葉です。

室堂

「ワァ〜〜〜きれい
テレビカメラで富山側の「室堂」を映されてました。今は草紅葉が最高のようです。まるで絵葉書みたいにきれいですよね!昨日の午後2時頃の室堂状況です。

黒部湖

黒部平からは黒部湖が見えます。でも春に比べて見えにくいのは雪がないからです。春にはきっと3m以上の積雪があると思います。

Myベンツ

帰りは扇沢からMyベンツです。クマさん達はクマ避けです(クマ寄せではありません)
今年はクマの出没が多いようで、皆様気をつけて下さいね

爺ヶ岳へ

この沢を登っていくと、爺ヶ岳へ行くそうです。昨日は多かったですよ〜

雪崩のあと

ここは昨年雪崩があった場所です。これでまた地形が変わるんでしょうね!

篭川

篭川の清流がきれいです

日向山

こんな道路をMyベンツで降りていきます。観光バスのお客様から「気をつけや〜〜〜!」ってお声が!
「関西人だ!」

栃の実

目的はこれです!収穫あり
今年も始まりました「山からの恵み」です。10月頃より皆様にお届けできると思います。

紅葉

大町の郊外の紅葉はこんなに色付きました

伐採

一部の道路脇の木が伐採されだしてるのはクマさんのせい?今年はよく遊びに来てるみたいです。我が家のクマさんとはチョット違いますからね〜〜〜

栃の実

実っています実っています
今年も始まりました!栃の実拾いです。今日初めて山に入りました。

栃の実

秋ですね〜〜〜
これからどんどん山の恵みを落としてくれます。栃の実細工のお客様〜!今しばらくお待ち下さいね。今年もたくさん作ってお待ちしています。
そして秋本番の志賀高原経由で草津温泉に入浴していた頃・・・

赤ちゃん

「今頃呑ん子さんは温泉に入ってるんだぁ〜、私がこんなに苦しんでるのに〜!」
なんて思われながら元気な赤ちゃんをお産みになった「かえるくん」です。
かえるくんはいつもコメントをいただく横川商店のお客様です。
かえるくんおめでとうございます
これからご家族が4人になって賑やかですね!

横手山

志賀高原の横手山です。昨日は小布施ワイナリー様を後にして志賀高原へ足をのばしました。ちょうど須坂から上ることになります。こんなに近いと思いませんでした。どうですか?ぶどう畑を見たあと山田温泉、山田牧場を通り志賀高原の紅葉をいかがでしょう。関東方面のお客様は逆のルートもいいかもしれません。

草紅葉

草紅葉はもう真っ盛りです。長野県の県花「リンドウ」がいたるところに咲いています。

横手付近

横手山が見える付近はもうこんなに紅葉が進んでいます。

長野県側

「怖〜〜〜〜〜!」またこの季節だぁ〜、どうも私の高所恐怖症は夏がピークのようです。秋には鍛えますので・・・

志賀高原

志賀高原

白根山方面

白根山はお釜が見たかったんですが、無理なようで残念です。ガスがあっと言う間にかかっちゃいます。

溶岩?

草津温泉のほうへ降りていくと、溶岩がごろごろしています。

源泉

何年ぶりでしょう、草津温泉の湯畑です。ものすごい観光のお客様です。(大町にも来て下さ〜い!)

湯畑

湯畑

やっぱり日本の三大温泉ですね、迫力が違います。臭いも・・・

西の河原付近

駐車場から少し歩いて「西の河原露天風呂」へ・・・
紅葉がとってもきれいです

西の河原露天風呂

酸っぱい炭酸泉です。これだけ大きいとまるでプール状態です

西の河原露天風呂

「ポッカポッカ〜〜〜!」
身体が芯から温まるってこういうことだったんだ〜!って久しぶりに感じました。
またこれで明日から頑張りま〜す

草津温泉

今日は小布施ワイナリー様の新酒の状況をお聞きしに行った帰りに、草津温泉まで足をのばしました。やっぱり疲れがド〜〜〜ッと出ちゃいました。今日はお休みさせて下さ〜い!

りんどう

志賀高原は紅葉も始まっています。明日掲載しますね〜
今日はもうおやすみなさ〜い!
お店も私も定休日です

三日町

今日から紅葉情報を掲載しますね!
今日も大町はいいお天気でした。お店は定休日だったのですが、秋の「ひやおろし」のイメージ写真がすべて撮れていないので、小谷方面へ紅葉の状況見がてら鎌池まで足をのばしました。

棚田

南小谷から棚田を横目に小谷温泉方面へ車を走らせました。

小谷温泉・山田旅館様

老舗の「山田旅館」様が山の中腹に見えてきました。ここを過ぎればもうすぐ鎌池です。南小谷からバスをご利用の時には、終点雨飾荘で下車して90分ほど歩きます。(道路は舗装しています)

雨飾山

横に雨飾荘が見えてきたらもうすぐです。お車ならすぐ近くまで入れます。今日はお休みでしたが、「ブナ亭」様のお蕎麦は美味しいですよ
昨年の掲載分に載せていますので、こちらからどうぞ!

鎌池

鎌池です、きれいでしょう
少し紅葉が始まっています。ここが紅葉真っ盛りになるとものすごい観光のお客様が来られます。カメラマンの方が多いですけどね!
では何枚か写真をお楽しみ下さいね

鎌池・水鏡

鎌池

鎌池

鎌池

鎌池・水鏡

鎌池

いかがでしょう、湖面に映る水鏡がきれいでしょう。

ブナ林

池の周りは山野草やキノコがいっぱい生えています。またブナの原生林にもなってますので、マイナスイオンたっぷりです。

湧き水

湧き水も出ていますので、お水の心配もいりません。このお水は軟水だと思っていましたが、大町の男清水よりずっと硬いです。

オオカメノキ

オオカメノキは真っ赤な実をつけてくれています。

ユキザサの実

ユキザサの実も可愛いですね

きのこ

また私はキノコが気になって・・・
でも食用かどうかわからないんです。どなたか御存知ないですか・・・?

きのこ

このキノコ面白いですよね!

きのこ

きのこ

店主に言わすと、ほとんど食べられないものばかりだそうです。ホントかなぁ〜

夜明け前

今日のイメージ写真は辰野のお酒「夜明け前・小野酒造店」様のひやおろしの写真です。夜明け前様に行けば最高にいいんですが、今回は時間がなくて・・・
小谷で撮ったような景色じゃないでしょう。このような古民家を探すのが大変でした。ここは小谷ですものね!
秋のひやおろしのご案内はこちらからどうぞ!

店頭

昨日生け込んだツルウメモドキがもう開いてくれました。当店もいよいよ紅葉が始まりました

このページのトップヘ