呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

紅葉情報2010

世界遺産・高野山の紅葉(追想)

121-1

この急な坂を登ると「高野山」の駅です。

122-1

大阪に帰ってる間のチョットした休息にと世界遺産であります「高野山」へ行ってきました。
ここまで娘の自宅から南海電車で2時間程で行けるんです。
紅葉が綺麗かな?なんて思いながら初めての高野山です。

124-1

全く初めての高野山なので、どこをどうやって観光すればいいかもわかりません。
とりあえず皆様降りられる方が多い場所で降りたのがここです。
山の上だと言うのに、舗装してる道路があるのにビックリし、あまりの広さに二度ビックリそれに見渡せばお寺ばっかりで、食事をする場所も少なく、どこもいっぱいです。とりあえず歩くか・・・

126-1

こちら「成福院」様の摩尼寳塔です。
摩尼宝塔は日本でも数少ない八角形のお堂です。
ビルマのパゴダは殆どが円形ですが、そのビルマのパゴダを表すものとして
八角形になっているのです。(八角形は、より円に近い形とされています)
そして高野山では八角形のお堂はこの塔ひとつです。
平成12年、塔内の壁にステンドガラスを施し、床にはミャンマーより
取り寄せた大理石を使用するなどの大改修が行われました。

127-1

歩いているとどこともなくカメラを向けたくなる雰囲気ばかりです。
いいですよね、信州とはまた違ったムードがあります。

129-1

「遍常光院」様だったか?とっても格式が高いお寺様で、とっても土塀と紅葉が素敵でした。

130-1

132-1

134-1

いい感じでしょう、ちょっとカメラマンになった気分のnonkoでした。

135-1

こちらは「苅萱堂」様です。
苅萱道心(かるかやどうしん)と石道丸(いしどうまる)の話は、悲話として広く知られています。このお堂は苅萱道心が出家し、実の子である石道丸とともに父子を名乗ることなく仏道修行に明けくれたと伝えられています。

140-1

「あ〜〜〜もうダメお腹空き過ぎ
とにかく観光のお客様に比べて、飲食店が少な過ぎるんです。お昼食べるのに四苦八苦しました。それでとにかくバスの「高野山一日乗車券」と言うのを購入していたので、バスで行ける一番奥の院に近い「中の橋案内所」まで行きました。
道路の案内を見ると、なんだかとっても遠い所まで来た気分になります。

136-1

とにかくあまりパッとしない食堂でしたが、空いているだけでもラッキーと、精進料理の定食をたのみました。これがまたビックリ仰天の美味しさなんです。
真ん中がこのあたりの名物「胡麻豆腐」です。

138-1

少し甘めですが、とっても美味しく煮つけられてました。

139-1

さすが菊をあしらった精進天ぷらでしょ

141-1

さぁ食べたら歩くか〜って凄い人・人・人・・・
やっぱり世界遺産って凄いんですね〜〜〜
中の橋から奥の院方面へ歩き出しました。

142-1

色々な企業様のお墓がいっぱいで、ちょっと脇道を行くとこのような巨大な杉林です。
まるで屋久島に来てるみたいです。

144-1

145-1

146-1

148-1

「親鸞聖人御墓所」

149-1

凄いとしか言いようがありません。
全く下界とは違った空気が流れているようです。

151-1

152-1

150-1

杉の大木に違う木が宿っています。
とっても不思議な光景です。

153-1154-1

155-1

直接御墓にはカメラを向ける事はひかえさせていただきました。
ただただ凄いとしか言いようがありません。今日もまだ余韻が残っています。

158-1

「清浄心院」様の前を通り、また来た道をバスで戻りました。

157-1

159-1

土塀やお庭を見てるときりがないほどで、どこかターゲットをしぼって行く方が良かったかなぁ〜、何だか短時間でまわるのももったいないような・・・

161-1

お土産に是非「濱田屋」様の胡麻豆腐と思い、行ったのが午後3時頃でした。
ギリギリセーフでした
生の胡麻豆腐なので、日持ちがしませんが、こちらのものがnonkoは大好きです

160-1

基本ワサビ醤油なんですが、nonkoは柚子胡椒でいただくのが好きなんです。
絹のような舌触りで、とっても胡麻の風味がいいんです。胡麻は血管を丈夫にするので、最高の「薬膳料理」です。

162-1

あと電車まで1時間あるので、「金剛峯寺表門」を通り、紅葉の綺麗な「蛇腹道」へ・・・

163-1

やっぱり思った通り綺麗だった「蛇腹道」

164-1

そこからすぐの金剛峯寺様の「御影堂」です。
もとは、お大師さまの持仏堂として建立されましたが、後に真如親王直筆の「弘法大師御影像」を奉安し、御影堂と名付けられました。桁行15.1メートル、梁間15.1メートルの向背付宝形(ほうぎょう)造りで、堂内外陣にはお大師さまの十大弟子像が掲げられています。
このお堂は高野山で最重要の聖域であり、限られた方しか堂内に入ることは許されませんでしたが、近年になって旧暦3月21日に執行される「旧正御影供」の前夜、御逮夜法会(おたいやほうえ)の後に外陣への一般参拝が許されるようになりました。

167-1

そして「金堂」です。
高野山御開創当時は講堂と呼ばれていました。平安時代半ばから、高野山の総本堂として重要な役割を果たしてきました。
現在の建物は7度目の再建で、昭和7年(1932年)に完成しました。梁間23.8メートル、桁行30メートル、高さ23.73メートル、入母屋造りですが、関西近代建築の父といわれる武田五一博士の手によって、耐震耐火を考慮した鉄骨鉄筋コンクリート構造で設計、建立されました。

166-1

165-1

ポスターにもなってる「大塔」です。
お大師さま、真然大徳(だいとく)と二代を費やして816年から887年ごろに完成したと伝えられます。お大師さまは、この大塔を真言密教の根本道場におけるシンボルとして建立されたので、根本大塔(こんぽんだいとう)と呼んでいます。多宝塔様式としては日本最初のものといわれ、本尊は胎蔵大日如来、周りには金剛界の四仏(しぶつ)が取り囲み、16本の柱には堂本印象画伯の筆による十六大菩薩(じゅうろくだいぼさつ)、四隅の壁には密教を伝えた八祖(はっそ)像が描かれ、堂内そのものが立体の曼荼羅(まんだら)として構成されています。

168-1

帰りは、またケーブルで極楽橋まで下りて、そこから南海電車です。
あまりに凄すぎた高野山の旅でした。
山の上の狭い個所に何軒かのお寺様があるとばかり思ってました。
また行ってみたい場所ですね〜、でも次回はしっかり下調べをして勉強してからね

170-1

頭パニックで、帰りの電車の中で食べた麩饅頭の味をハッキリおぼえていません。
それぐらい感動していたのだと思います。

【高野山観光協会】

紅葉始まるお寺「等持院」様

IMG_1933-1
実家近くの「等持院」様です。
臨済宗天龍寺派の寺院で、山号は万年山、足利尊氏の墓所としても知られています。
足利尊氏は、1341年(暦応4年)に現在の京都市中京区柳馬場御池付近に等持寺を建立し、その2年後の1343年、現在の京都市北区等持院北町に別院北等持寺を建立されました。尊氏の死後、別院北等持寺は尊氏の墓所となり、その名前を「等持院」と改称され、その後、応仁の乱で柳馬場の本寺が焼失したため、別院だった現在の等持院が本寺になったそうです。
等持院様のある等持院北町は、小学校の学区まで一緒なんですよ〜、こんな近くに素晴らしいお寺様があるとは、この歳になってビックリです。きっと両親も行ったことないはずです。

IMG_1934-1

夕陽に照らされた「庫裡」の素敵なこと、京都だ!って思う瞬間です。
何よりも観光のお客様が少ないのが一番の魅力です

IMG_1936-1

いきなり達磨さんがお出迎えです。ビックリした〜〜〜

IMG_1940-1

IMG_1941-1

方丈庭園が素晴らしいです。
いや〜ほんとビックリビックリ、いつもこの横で友人と遊んでいたのですから・・・

IMG_1950-1
本殿や霊光殿は撮影禁止です。
霊光殿には歴代足利将軍の木像と家康も安置されていました。ちょっと怖かった

IMG_1938-1

IMG_1942-1

お茶室の見えるお庭が素晴らしいのですが、立命館大学の建物がチョイと邪魔かな?
方丈と書院の前に広がる庭園は、夢窓国師の作庭と伝えられています。庭園は回遊式で、茶室「清漣亭(せいれんてい)」と芙蓉池(ふようち)を持つ西庭と、心字池(しんじち)中心の東庭とに分けられていて、特に西庭は、衣笠山を借景に取り入れ石組みの間に草木、花木をあしらいており、書院にすわりお茶をいただきながら眺めると気持ちも安らぐことでしょう。これら庭園は回遊式となっているので、いろいろ散策しながら楽しめます。

IMG_1960-1

IMG_1961-1

茶室「清漣亭(せいれんてい)」の造りも見事でした。

IMG_1957-1

横には「等持院型灯篭」と言われる灯篭があり、六角を支える織部風の棹を直接地に埋め込んだ物です。

IMG_1949-1

東のお庭は紅葉がふんだんにあり、その紅葉が見事になりかけていました。

IMG_1951-1

IMG_1953-1

IMG_1954-1

IMG_1955-1

こんな素晴らしいお庭があるなんて
「灯台もと暗し」とは言ったものです・・・

IMG_1944-1

IMG_1937-1

IMG_1935-1

何分か畳の上に座ってボ〜ッとしてる時間って、いつのもnonkoにはなかった時間です。

IMG_1956-1

なんとなくホワ〜ンとした気分で、帰り道ウロウロしていたら、竜安寺の山門に出ちゃいました。またここが素晴らしい雰囲気でした。時間があったら行きたかった〜〜〜

IMG_1927-1

IMG_1929-1


【等持院】 
拝観時間:8:00〜17:00 大人、高校400・小中学200 団割なし
車椅子拝観可
〒603−8346 京都市北区等持院北町63 TEL075−461−5786
市バス北野白梅町・京福電車等持院

高速バスを楽しんで・・・

IMG_1841-1

11日早朝に大町を出て、朝靄の中を大糸線にゆられていました。
この霧はきっとお天気にしてくれるだろうって・・・
今回は京都に向けて、松本からの高速バスを利用しました。乗客数が少ない時にはとっても快適なんです。どうもJRさんは木曽谷で疲れちゃって、名古屋乗り換えがとってもおっくうなんです。

IMG_1843-1

穂高まで来ると、山は赤く染まっていました。
nonkoがよく言う「赤い山」を今年初めて見ました。感動モノですよ〜〜〜

IMG_1846-1

松本で高速バスの乗り換え、伊那あたりに来ればもう快晴でした。
良かった〜〜〜、「進行方向右・後方窓際指定」は大正解
バスを予約される時には、空席状況、座席指定は全てできるんです。だから考えようによってはバスのほうが楽チンで、安いんですよ〜〜〜
ちょうど見えてるのは高遠方面です。もう少し南下すると、南アルプスが見えてきます。

IMG_1851-1

IMG_1852-1

反対側は、中央アルプスです。中央アルプスの宝剣岳が素晴らしく見えていました。
この辺りは店主とよく来る「本坊酒造」様がある場所です。

IMG_1856-1

少し南下すると果樹栽培が豊富な松川です。りんご、梨、桃、色々な果樹園が豊富です。

IMG_1860-1

ふと見るとこんな景色に遭遇しました。きっと天竜川が流れてる関係でしょうか・・・、信州って色々な景色を楽しませてくれます。毎日毎日が違うんです。

IMG_1861-1IMG_1862-1

初めての休憩タイムは「阿智SA」で約10分です。
最近はSAがコンビニやファーストフードのお店を併設されてるのでとっても便利なんですよ
バス車内ではず〜っと座ってるので、できれば外に出て気分転換&歩くようにしています。

IMG_1864-1

阿智を過ぎるといよいよ長〜い「恵那山トンネル」になります。その手前に大きなカーブがあって、寝ていても起きちゃうぐらいの遠心力を感じる怖い場所です。
そのすぐ手前には「昼神温泉」という温泉があり、京都時代は通いつめてました。
ほとんど毎月のように来ていたと思います。当時は朝市が面白くって、いっぱい農産物を買って帰っていた記憶があります。ただ泉質が良すぎて、いつもnonkoは「湯あたり」をしていたんです。とっても思い入れのある温泉です。

IMG_1870-1

恵那山トンネルを出たらもう気持がドヨ〜ンとしてきます。
いよいよ信州ではなくなり、仕事の計画を組み立てるモードになってきます。
今回は年末年始の仕入れもあるので、ちょいと頭はパニックです。

IMG_1874-1

長野・岐阜・愛知を過ぎ、伊吹山が見えると滋賀県です。
この日は雲がかかって見えなかったです。

IMG_1876-1

滋賀県栗東にある「三上山」です。昔母から大きな大蛇が住んでいたと聞かされてる山です。もう京都はすぐそこです

IMG_1877-1

京都の深草停留所です。
7時30分発で、12時前には着きました。
快適なバスの移動は、とっても楽チンです。空席が多ければ京都へはぜひ高速バスをオススメいたします。

お歳暮写真大作戦!

001-1

ウ〜〜〜ン・・・、「雪・赤・ワイン・日本酒・味噌・・・」頭の中がズ〜ッとこの状態で、毎年今の時期はお歳暮のイメージを考えるのに四苦八苦です
今年は何かとバタバタし、そんな時にはなかなかイメージがうかばないんです。
明日からしばらく雑用と仕入れで京都と大阪に帰るので、今日しか時間がとれず、タイムオーバーで扇沢方面へ店主と車で走りました
大町温泉郷から扇沢方面へ行くと、紅葉もどんどん終わってきてるようです。

031-

027-1

カエデの紅葉が最も赤がきれいで、ちょっと止まって写真を撮ってました。

029^1

赤・黄・オレンジの微妙な違いがきれいです
でもね・・・

028-1

ここにもあるんです、クマだな
直ぐに引き上げ、撮影場所を探しに扇沢方面へ走らせました。

026-1

ここはどうかな・・・

021-1

019-1

025-1

何枚撮ったことでしょう・・・、50カットぐらいあるでしょうか・・・

013-1

売りたいお酒を真ん中にドドド〜ンとレイアウトしちゃいました。
これからお歳暮のポスターやチラシに加工するんです。業者様にお願いする余裕がないので、素人手作りで申し訳けないのですけどね〜

022-1

監督さんうるさいんですよ〜〜〜
クマ出てきたらどうするの・・・

池田町のオオカエデ「長福寺」様

002-1

今朝、池田町にもオオカエデがあるよ!って店主が言うので、またまた早朝から車を飛ばしました。池田町は大町から車で20分程で行けます。
朝のピンク色に見える北アルプスは、雪が積もった山にしか見えないんです。

004-1

005-1

霧がかかった池田町の山麓がとっても幻想的でした。こんな日は晴れるんですよね

008-1

きれいきれい
池田町の長福寺様です。イチョウとカエデのコントラストがとってもきれいです

024-1

015-1

020-1

017-1

018-1

016-1

住まいの近辺には紅葉の見どころが多くて嬉しいです。
いかがですか、池田町までちょっと足をのばされて、大峰高原のオオカエデと一緒にお楽しみいただけるコースです。

028-1

021-1

長福寺様は池田町の高台にあるので、安曇野と北アルプスが一望できます。
まだ今週はお楽しみいただけるかと思います。


【nonkoの大町まち歩き】境界線って初めて見ました!

077-1

今朝の霊松寺様



今朝早くに「霊松寺」様へ行ってきました。
今が超見頃です

035-1

037-1

046-1

048-1

056-1

041-1

069-1

マッチーまた来てね!

001-1

大町は昨日からとってもきれいに晴れわたっています。各所の観光イベントも大勢のお客様がおみえになったことでしょう。
横川商店でも昨日、今日は県外のお客様が多く、東京からはマッチーこと松村様がご来店でした。
今日は霊松寺様へ行きたかったのですが、車が大変多いと言うことで方向を変更

046-1

他のお客様も交えて店主の車を借り、可哀そうにマッチーが運転手で白馬までドライブに行ってきました。東京に帰るのが遅くなってごめんなさい
青木湖の景色が抜群にきれいでした。
043-1

昨日今日のこのあたりの紅葉は最高でしょうか、でも今年はチョット茶色が多いかな・・・

012-1

白馬に来ると白馬三山がとってもきれいに見えました

015-1

016-1

こんな景色を窓越しに見ながら食事がしたいなぁ〜

017-1

こんな感じでね
皆様で「インディーモモ」様にお邪魔しました。

018-1

サラダ

020-1

とってもジューシーなタンドリーチキン

023-1

「マッチーとり分けて
とっても優しいサービス精神旺盛のマッチーです

021-1

オニオンのフリッターのようなものです。サワークリームの味わいのディップを付けていただきます。

028-1

これが目的とっても美味しいナンです
この他にチーズナンもオススメです

027-1

キーマカレーのような味わい
カレーは三種でお願しました。

026-1

チキンがゴロゴロ入って美味しかったです

024-1

カボチャかな?ヘルシーでほのかな甘味が秋の味わいです

041-1

「マッチー今度はお口直し
いつもお世話になってます「花彩」様のジェラートへ

030-1

037-1

マッチー運転ありがとうございます。
12月のワイン会には来ていただけるそうです。楽しくなりそうですよ〜、皆様是非ご一緒しましょう。

051-1

横川商店では夜に面白いお客様がご来店と、店主が騒いでおりました。
誰だ誰だ・・・・・

053-1

ドヒャ〜〜〜、わざわざ当店まで今日購入されたランニングシューズを見せに来られたようです。似合ってますか???nonkoに頂戴

060-1

もう〜、せっかく走られてるのに店主ったら・・・

059-1

可哀そうな「みっしゃん」コト三上様です

【nonkoの大町まち歩き】こんな扉好き!

062-1

クマだな探検ツアー

007-1

横川商店の店頭もいよいよツルウメとイバラ、そして流木のディスプレイになってきました。今年もツルウメが入手でき良かったです

008-1

009-1

大町は連日「クマ出没メール」がnonkoの携帯に入り、せっかくの「信州デスティネーションキャンペーン」も、いったいどうなってしまったのか・・・、お客様が例年以下で死活問題です
関西の親戚のおばちゃんなんて、「今テレビでやってたんだけど・・・」ってお電話までいただき、なんでクマの出没が「北海道と大町なんだよ〜〜〜」せめて「北海道と信州」ぐらいにしてよ〜〜〜、お客様が怖がって来られないじゃないですか〜
それに増してnonko家の裏にまでクマが出て、連日夜はタクシー帰りの毎日だったんです。でも昨日からMyベンツでクマ鈴付けて、大声で歌を唄いながら帰宅しています。
クマだって人間に会いたくないはずですから、こちらから居るって事を教えてあげればいいんでしょう。
今日は横川商店事務の窪田さんに運転していただき、配達ついでに「クマ探し&クマだな探検ツアー」に行ってきました。
いや〜、これはいいですよメチャクチャ勉強になりますよ
是非観光で駅前からツアーバスを出していただきたいと思いますが

003-1

大町温泉郷を過ぎ、鹿島方面へ走らせます。でもこのあたりでもクマの目撃情報はあるんです。

006-1

いつもはMyベンツで来るのに、最近は怖くって無理だったんです。

007-1

クックックッ・・・ありましたありました、クマだなです
【クマだな】
クマが木に登り、ナラ、ミズナラ、クリなどの実を、枝ごと折り取り食べ、枝を尻の下に敷いていった結果、木の上に棚状のものができる、それを言うそうです。

008-1

ほんと見事なクマだながいっぱいあるんですよ
こんなの滅多に見られないですよ〜、これぞ自然界を見た様な気がします。

010-1

ただし、単独で歩いたり自転車は絶対にやめて下さいね。nonkoだって車から降りて写真を撮る前に、窪田さんにこれを叩いてもらいます。

クマって金属製の音は嫌いだそうです。特に北海道のヒグマに入られた方が、灯油缶を叩く音が一番嫌いみたいって言ってられました。ちなみにそこは羅臼町の「民宿・熊の入った家」様です。よくnonkoはチャリダーとしてお世話になってたんです。

011-1

012-1

鹿島の集落の手前でけっこう見つけちゃいました。

016-1

「あ〜〜〜、いるいる
おわかりですか、軒下にカモシカが2頭います。

017-1

2匹は雄雌かな?こちらを見ても怖がる様子はありません。けっこう可愛い顔してるんですよね〜

021-1

022-1

鹿島槍ガーデンを過ぎると、人っけも少なくなります。でも最後の紅葉がとってもきれいです

018-1
多分こんな場所にはきっとまたクマだながありそうです。

019-1

「ほら〜あった
だいたいのクマの通り道のような場所ってわかるようになってきました。

020-1

「ここもあった
しかし今年は例年になくやっぱりクマだなが多いです。以前は飛騨高山の平湯温泉と小谷で見た事があるんです。クマも生きるために必死なのでしょう。
「お願いだから出て来ないで」って言うのが本音です。やっぱり射殺されるのって可哀そうだから・・・

025-1

「サンアルピナ鹿島槍スキー場」まで上って、中綱方面へ下りました。

026-1

今日は中綱湖もきれいに見えていました。

028-1

スキー場あたりにはクマだなは確認できませんでしたが、少し下りるとまたそれらしきものが確認できました。

031-1

「出た〜〜〜」っと思ったらカモシカでした。

032-1

中綱湖を過ぎ、木崎湖が見える場所で、ブルーベリー畑の紅葉がとってもきれいでした。

034-1

木崎湖を見ながら横川商店に戻って来ました。
クマ情報が飛び交っていますが、なかなかクマと会えるものではないですね。
午後からはとっても嬉しい蔵元様がご来店でした。

041-1

「木曽路・湯川酒造店」様の営業古畑様です。まだ入られて間もないそうですが、しっかりとお話しもさせていただきました。
このあいだの日本酒会も無事終わり、すっかり杜氏見習中の湯川尚子様のファンができちゃったような気がします。

035-1

このたび尚子様にわがままなお願をし、「十五代九郎右衛門・純米9号酵母」を小さな300mlで瓶詰めしていただきました。
わがまま言ってごめんなさい。

039-1

いかがでしょう、猪口とセットにしたかったんです。

047

こちらの猪口をセットしたのですが、これにはnonkoの思い入れがあってね

9636102b

昨年の「長野の酒メッセ2009」の時に撮らせていただいた尚子様です。
何となく雰囲気があるでしょう

044-1

いかがでしょう、本日より発売させていただきました。
とっても可愛い300mlの猪口セットは、湯川尚子様のイメージピッタリです
詳しくはこちらからどうぞ

高瀬渓谷の紅葉

034-1

昨日も早朝から大町の「高瀬渓谷」の紅葉を見てきました。
もちろんアルクマくんも一緒です

009-1

012-1

041-1

043-1

044-1

山全体が筆で描いたような紅葉です

035-1

下に旧道があるのおわかりですか?店主がよく自転車で走ったようです。

037-1

高瀬渓谷には小さな滝もあるのご存知ですか、雨や雪だけでも水量が違ってきます。

017-1

020-1

022-1

025-1

013-1

016-1

025-1

032-1

まだ一週間ほどは楽しませてくれるのではないでしょうか。
大町高瀬渓谷はとっても綺麗な紅葉が見頃です

【nonkoの大町まち歩き】昔あったような板壁の色!

001-1

大峰高原のオオカエデ

015-1

今日は朝早くから店主と大峰高原のオオカエデの紅葉状況を見てきました。
八坂方面?信州新町方面かな?雲がかかってとっても幻想的でした

019-1

もちろんアルクマくんも一緒でした

016-1

今日はお天気も良く、オオカエデもちょうどいい感じに紅葉していました

028-1

022-1

025-1

027-1

まわりがロープが張ってありますが、色々な角度からの紅葉は少しづつ色が違うんです。
初めてこんなきれいなオオカエデを見ました。
でもね、ちょっと不愉快な思いをしたんです。
カメラの方々のわがままなのでしょうか、罵声を飛ばされました。別に10分も20分も居たわけでなく、たかが1分程の事で「どけ〜〜〜!」って言われるのはいかがなものでしょう。今日は雲がかかる心配もなく、いったい何なのでしょう・・・
罵声を飛ばして撮られた写真って、いいものが撮れるとは思えませんが・・・
「オジサン、ちょっと常識ないですよ〜、あなたのオオカエデならわかりますが・・・」
カメラマンの方々のほんの一部の方でしょうが、nonkoはけっこうこういった事に遭遇する事があります。
桜の時期のnonko自宅裏付近、また塩の道祭りの「白馬」での出来事。
何だかね〜〜〜
でもオオカエデとっても綺麗でした

031-1

029-1

落ちてるカエデの大きい事、ちょっと拾って連れて帰りました。
加工してディスプレイに使えないかな?

042-1

朝の雲がとれて北アルプスがきれいに見えていました。

037-1

こ・こ・これはクマ

012-1

帰りの霊松寺様近くではカモシカさんに出会いました。

006-1

霊松寺様は「オハツキイチョウ」はまだ少しかかりそうです。今週末ぐらいかな?

004-1

お庭のドウダンツツジはやんわりと赤くなってきています。
あ〜〜〜寒朝は寒いですね〜〜〜

048-1

050-1

帰りに「信濃大町駅」の駅蕎麦で朝食です
アルクマくんはお蕎麦が大好物
店主は明日も紅葉見に行くって・・・

【nonkoの大町まち歩き】これって家紋?じゃないよね・・・

005-1

大峰高原オオカエデも紅葉!

遊覧船ガルベからの絶景

IMG_1029-1

目の前に迫る北アルプスを見あげながら、雄大に広がる黒部の大自然を気軽に満喫できるのが黒部湖遊覧船「ガルベ」です。平均標高1,448mの黒部湖を30分かけて一周するガルベは、日本で最も高所を航行する遊覧船でもあります。
黒部湖を奥へ進むにつれ、右舷には屏風のように連なる立山連峰が、左舷には天を衝くスバリ岳や針ノ木岳の雄姿が、また正面から赤牛岳が迫り寄り、深く大きい黒部峡谷のまん中にいる自分を実感できるはずです。初夏から秋まで美しく移ろう湖畔の原生林を眺めながらの遊覧船体験は、まさに心地よいアルペンクルーズです。

【ガルベとは・・・】
ガルベとは「黒部」の語源といわれるアイヌ語を元にした名前です。黒部湖での安全航行を願って、平成12年新造船のお目見えにあたり命名されました。

全長 16m
定員 80名(椅子席46、立席34)
航路 カンパ谷船着場から針ノ木谷までの往復11.5km
所要時間 30分(速度13.5ノット)
運行期間 6月1日〜11月10日


IMG_0991-1

IMG_1019-1

レッツゴ〜〜〜
何度か黒部ダムに来ていますが、ガルベに乗ったのは初めてです。
ダム湖から見る景色がこれほどまで素晴らしいとは思ってもみませんでした。

IMG_1026-1

IMG_1024-1

このあたりはnonkoが歩く西側の遊歩道の奥あたりかな?広葉樹林帯なのでブナの木も多いんです。クマさんも生息してると思いますよ〜

IMG_1020-1

ここまで来るとダム湖上にいるんだな〜っていう感じがします。

IMG_1021-1

反対の東側の山は絶壁が迫っていて、針葉樹が多くみられます。コメツガなんかもあることでしょう。
IMG_1018-1

沢筋の堆積物を見ると自然の力の大きさを感じます。

IMG_1011-1

またまた西側のほうを見ると、「平ノ小屋」が見えます。
ここは渡し船があるそうで、登山のお客様がほとんどだそうです。
ご存知でしたか?nonkoはもうビックリ仰天でした。そんな場所があったんですね〜、機会があれば平ノ小屋まで行ってみたいと思います。

IMG_1017-1

アルクマくん、ガルベのデッキからまわりの紅葉を楽しんでいます。

IMG_1005-1

右見たり左見たりして帰ってきたら、どれがどこかわかんなくなっちゃいました。
でもガルベの船上から見た景色には変わりありません。
メチャクチャ綺麗でしょう。

IMG_1006-1

IMG_1012-1

IMG_1013-1

IMG_1015-1

IMG_1014-1

ここが黒部湖の一番南になる部分です。

IMG_1000-1

IMG_1003-1

この山はスバリ岳?でしょうか・・・、針ノ木岳でしょうか?わかんな〜い

IMG_0994-1

30分のクルーズをたっぷり楽しんで、またダム堰堤近くの乗船場に戻ってきました。
いつもは黒部ダムは通過点になっていますが、ゆっくりと一日とられて遊歩道を散策され、ガルベに乗船されるのもいいものでしょう。紅葉はまだ一週間ほどは綺麗な感じです。

IMG_1002-1

湖面上がキラキラ光ってとっても綺麗でした
アルクマくん、クマさん達、お疲れ様〜〜〜

アルクマくん「錦秋の黒部ダム」へ行く!

IMG_0904

昨日朝起きたらこのお天気!店主と大町市内「霊松寺」様の紅葉状況を見に行くつもりが、急遽黒部ダムへMyベンツと共に扇沢まで送ってもらいました。

IMG_0907-1

IMG_0909-2

日向山まで行くと雪景色です。でも日のあたってる場所では紅葉がくっきりと顔を出してくれています。

IMG_0912-1

黒部ダムの起点、扇沢駅あたりの紅葉は今が最高の見頃です

IMG_0913-2

扇沢の駅でトロリーバスを待ってるあいだに、駅員様がお弁当やチョロQを販売されるんですが、これがメチャクチャ上手に売り込まれるんですよ〜〜〜!
さすが関西人!って思いきや、今はnonkoと同じ大町在住だそうです。

IMG_1060-1

駅長様かと思うぐらいの愛想良しさんで、「ヒラ社員」様だそうです。
いや〜〜〜、時間待ちのお客様方にも大好評で、朝から笑いの渦でした
頑張って下さいね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_0918-1

IMG_0921-1

黒部ダムに着くとお天気は曇り、そして立山方面が全く見えません、帰りに見ることにしましょう。

IMG_0930-1

黒部湖から黒部平に行くケーブルの乗り場には、晴天の室堂の画像が映されています。
山は一つ超えると全くお天気が違うのが不思議ですね〜

IMG_0979-1

ケーブルに乗って黒部平駅へ・・・
アルクマくん後部に乗ったみたいで、迫力の線路をジッと眺めていました。
4月の「立山黒部アルペンルートオープンカーニバル」以来です。

IMG_0942-1

寒い寒い
やはりお天気はあまりよくないですが少し待機しちゃいました。

IMG_0943-1

カラマツもまだ黄色くならないうちに雪がきちゃいました。
綺麗でしょう

IMG_0956-1

ハハコグサも可愛らしく冬支度です。

IMG_0961-1

ナナカマドの実も鮮やかに実っています。

IMG_0955-1

今年は里のナナカマドは実りが悪かったので、ようやく見させてもらいました。
おや???

IMG_0961-3

鳥さんが実を食べに来ています。
秋田の八幡平で湯治をしていた頃、部屋の窓越しに同じような光景を見たのをふと思い出しました。「鳥さんは食べられない実は食べないんだよ!」って教えていただいたんです。

IMG_0972-1

10時過ぎると団体さんがドッと来られ、黒部平らはいっきに国際化します。
日本人を探すのが大変大変

IMG_0976-1

長野県側が晴れてきて、針ノ木岳方面が見えてきました(山の名前がわからなくてすみません)
下のほうに黒部ダムが見えています。

IMG_0969-1

こちらが穂高岳方面です。

IMG_0966-1

こちらが白馬方面です。
いっきに晴れてきて、北アルプスのパノラマが見えてきました。

IMG_0978-1

ここでは我が家のクマさん達も一緒に記念写真です

IMG_0988-1

立山方面は晴れそうにないので引き帰りました。
「そうだ!ガルベに乗ろう
まだ今まで一回も乗ったことがない観光船「ガルベ」に乗ることに・・・

IMG_0989-1

先程まで曇っていたダム湖周辺が、こんなに綺麗に紅葉を見せてくれています

IMG_1029-1

これが凄かったんですよ〜〜〜

IMG_0992-1

みんな大はしゃぎです

IMG_0998-1

IMG_1016-1

アルクマくん大感激でした
詳しくは後程掲載させていただきますね

IMG_0984-1

ガルベに乗った後は、いつも歩く遊歩道を散策しました。今年は来る時期が少し遅かったかな〜、でもここから見る黒部ダム方面が大好きなんです。

IMG_1033-1

IMG_1041-1

IMG_1040-1

手が切れそうなぐらいの湧き水も雪がかぶっていい感じです。思わずカメラを取り出しちゃいました。

IMG_1047-1

nonkoが大好きなブナの原生林です。
今年は実を付けてくれなかったようです。
でもブナの木は水をいっぱい持ってくれてるので、とっても癒しになるんですよ

IMG_1048-2

IMG_1043-1

IMG_1052-1

ブナの木の中に居ると不思議と心が落ちつくんです。

IMG_1046-1

あなた達もそうだよね

IMG_1055-1

晴れた黒部ダムの堰堤を歩きながら、扇沢まで戻りました。

IMG_1058-1

元祖黒部ダムカレーです
もちろんカツは冷凍ですが、これがまた美味しい美味しい
冷凍なのにこんなに豚肉がやわらかいんですよ〜、ルゥは普通
でもお昼食べるにはこれで満足満足
それにこの先に待ってる試練を踏破するには香辛料が必需品
カレーを食べていっきに身体を温めました。

IMG_1062-1

IMG_1063-1

「行くぞ!Myベンツクマ鈴もOK
上から撮った順に掲載いたしますね。

IMG_1065-1

IMG_1067-1

ここは爺ヶ岳の登山道入り口です。

IMG_1066-1

IMG_1069-1

IMG_1072-1

IMG_1073-1

IMG_1074-

IMG_1077-1

IMG_1078-1

IMG_1082-1

IMG_1083-1

IMG_1084-1

素晴らしかったですでも身体が硬直状態でした

【黒部ダム公式サイトはこちらからどうぞ

【nonkoの大町まち歩き】この扉も好き!

IMG_0804^1

アルクマくん「紅葉の高瀬ダム」へ行く!

009-1

寒いですね〜〜〜!昨日からいっきに紅葉が進んだような気がします。
里山も黄色や赤のスケッチを見せてくれています。
午後からMyベンツにクマ鈴を付けて「高瀬川テプコ館」様の、「高瀬ダム見学バス」にお邪魔してきました。

005-1

大町郊外をMyベンツで走るのは久しぶりで、クマさん情報が頻繁だったため自粛していたつもりです。
フジリンゴもいつの間にかこんなに赤くなっちゃった。

011-1

高瀬川テプコ館様に近づくと、西の山がせまって来ます。紅葉がどんどん綺麗になってきます。どうも今年はあまり良くないように聞いていましたが、とんでもないです。
大町は素晴らしい紅葉です特に「赤」の色がとっても鮮やかなんです。

013-1

「高瀬川テプコ館」様に着くと、アルクマくんは記念撮影デス

012-1

バスが出るまでの時間で、ダムの説明ビデオを食い入るように見ているアルクマくん

016-1

予約した見学バスに乗って大町ダム方面へ・・・
いやはや、本当にクマ棚ができてるのを見てビックリです
大町ダムも、このあいだよりいっきに紅葉が進みました。

017-1

葛温泉までの車窓風景も素晴らしかったです

041-1

はーい!一年ぶりの高瀬ダムですやっぱり今日は最高でした

040-1

お客様方も感動感動のようです

028-1

アルクマくん、初めての高瀬ダムだね

024-1

034-1

036-1

綺麗でしょう
では今登ってきた、葛温泉方面です。

030-1

026-1

錦絵と言うのはこういう景色なのでしょうね
来る時は曇っていたのに、ダム堰堤に着いた時に晴れてきたんです
ではダムの下から見てみましょう。

046-1

051-1

048-1
0491

052-1

アルクマくん、ず〜〜〜っと見いってました。
この後、高瀬川発電所へ見学に行きました。(撮影禁止です)

074-1

帰りには北アルプスに冬将軍がやってきたようです。
もしかしたら明日は三段紅葉が見えるかも?
*高瀬川テプコ館様より、御予約で高瀬川ダム&発電所を見学させていただけます。
キャンセルとかもあればご乗車いただけますので、ぜひこの機会にどうぞ
御予約状況はこちらからどうぞ




【アルクマくん】
JR東日本の信州DCイメージキャラクター

信州だけに出没する、大変珍しいクマ。
クマなのに寒がりで、いつも頭にかぶりもの。
クマなのに旅好きで、いつも背中にリュックサック。
信州をクマなく歩きまくり。
信州の魅力を世の中にクマなく広めるのが生きがい。

【プロフィール】
出身:信州・日本アルプスのどこか
性別:?
年齢:?
身長:リンゴの木の半分くらい
体重:リンゴ70個くらい
長所:行動的なこと
短所:寒がり
趣味:信州旅行。かぶりもの収集
特技:信州のお国自慢
好き:山、そば、りんご
苦手:海、もずく
座右の銘:未知を歩こう。信州

【nonkoの大町まち歩き】この看板好き!

001-1

大町ダム周辺の紅葉始まる!

021-1

いよいよ大町ダム周辺の紅葉が始まりました。
今朝は横川商店の期待の助っ人で、事務をお願している窪田さんに運転をお願して行ってきました。
窪田さんはまた後日御紹介致しますね
今朝も早朝よりクマ情報が入ってきました。クマさんどこにいるんだろう・・・
nonkoは今までに、知床で船上からヒグマを見た事があります。番屋で作業されてる方々と共存されているのにはビックリ仰天でした。
大町はどうなんでしょう・・・、京都の親戚からテレビで放送してたってTELがありましたが、何も「北海道と大町」って言わなくてもいいのにね〜、せっかくアルクマくんも頑張って「信州デステネーションキャンペーン」を開催中なのに・・・

019-1

でもこれってクマさんかな?
コンクリートの上にドングリの食べかすが・・・

020-1

でも車なら大丈夫ですよ
大町ダム周辺は紅葉が始まっています。
お天気のいい日は是非お出かけされたらいかがでしょう。

032-1

022-1

023-1

024-1

025-1

027-1

029-1

大町ダム周辺です、きっと葛温泉あたりから七倉ダム周辺は見頃ではないでしょうか。
今後一週間が一番いい頃だと思います。
クマさんどこにもいな〜い

038-1

帰りに窪田さんに、源汲まわりで車をまわしてもらいましたが、クマさん見つからず・・・

039-1

Myベンツも今年はちょっと躊躇しています。

042-1

お店に帰るとお客様やお取引先様が今日もおいででした。
「大雪渓酒造」様、時々おみえになる方です。営業様ではないですよね?蔵人様?
メチャクチャ面白い方です

044-1

是非一度夜に遊びにいらして下さいね
社交場と化していますので

048-1

また東京から「旅行読売出版」のお客様です。
せっかくですから、急遽味噌蔵見学をしていただきました。意外と横川商店が味噌の醸造元だって知られていないんですよ〜

046-1

もちろんお酒の試飲もどうぞ
もう少し居て下されば面白いコトしてたんです、またいらして下さいね
面白い事って・・・

040-1

実は横川商店の畑で葱がとんでもないぐらいできてるんです。
この葱を何とかしなくちゃ!と言うことでやっちゃいました〜

053-1

葱味噌を作っちゃいました。
もしかしたら期間限定で販売させていただくかもしれません。
メチャクチャ美味しく仕上がったのですが、合わせた分量をおぼえていないnonkoです

054-1

ホットプレートを試飲コーナーに持って行って、蕎麦粉のうす焼きを作ってみたんです。
店主に言わすと、小さなホットケーキのように焼くよう言われましたが、nonkoはこの焼き方が好きです。

051-1

だってこうやって食べられるでしょう。県外者の感覚なのでしょうね〜、次回からは店主流に焼いてみます。こうやって葱味噌の試食をさせていただき、近日中にも販売できるよう頑張ってみますね。

063-1

またまた今夜も始まっちゃいました。
お客様がどんどん広がり、うす焼きを焼くのも楽しいですよね

060-1

あらあら聡子ちゃんはワイングラスに落書きかな?

059-1

今朝届いたいただきもののお酒も半分以上無くなっちゃった
店主が絶賛した福島県会津のお酒「豊国」です。

066-1

なになに〜、ガレット食べたいって・・・
リクエストにお答えして、あるもので即席ガレットです。
いつの間にかお客様同士がお友達になられて、なんやらワイワイガヤガヤ今日も楽しい夜になりました。そして月末の「秋の日本酒会」が迫って来ました。
とっても楽しい会になりそうです。
まだほんの少しならお席が空いてますのでどうぞ
「酒ぬのや本金酒造・宮坂恒太朗専務」様、「湯川酒造店・湯川尚子」様とのトーキングをお楽しみ下さいませ。ただいまお二人は長野県や関東では大変人気の造り手様です。
若いお二人の熱いトークはきっと皆様のいい思い出になるかと存じます。

【nonkoの大町まちなか歩き】これも窓?
002-1

アルクマくん北信濃へ行く!

002-1

昨日は定休日とあって、アルクマくんと我が家のクマさんを連れ、今回は「北信濃の旅」に行ってきました。
大町を出て、中野市を経由して、志賀高原、奥志賀高原、秋山郷へ紅葉状況を見てきました。
まずば中野市の「JA中野市農産物産館オランチェ」で、お買い物デス!

001-1

そば粉を使ったおやき「信月ちゃん」はnonko超お気に入りです。特にたけのこ&きのこは、そのシャキシャキ感がたまりません。きのこのぬめりを利用されているので皮がかたくならないんです。これから行く秋山郷方面は、飲食店がないので、とりあえずなにか持って行かないとね

015-1

中野から山ノ内を経由して「志賀高原」へ入りました。
「一沼」あたりの紅葉は今見頃です。

025-1

丸池あたりは今週末がいい感じかな〜
アルクマくん少し寒いのかな?やっぱり信州はもう寒くなってきています。

024-1

丸池周辺もカメラのお客様が大勢いらっしゃいました。

027-1

026-2

少し走るとこんなきれいな場所があります。

031-1

店主の車は奥志賀高原方面へ・・・
こんな林道はクマさんが出そう・・・

030-1

ところどころでの紅葉は色々で、2週間ほどはどこかで最高の紅葉が見られると思います。

036-1

「止まって〜〜〜!」って言わないと店主はなかなか止まってくれないので、写真どころではありません。
きれいな川を見つけちょっと休憩です。

037-1

写真ってやっぱり足で稼がないとなかなかいいものは撮れないような気がします。
店主には休憩してもらって、nonkoは河原をウロウロ

【nonkoの写真館】

038-1

042-1

044-1

045-1

046-1

048-1

051-1

とにかく綺麗でした

052-1

しばらく走ると栄村です。ここも新潟に近い長野県なんです。

054-1

一番上で紅葉が始まってるのはnonkoが大好きなブナの木です。今年は実を付けてくれませんでした。
小さな滝を見つけたり、2007年に来た時は時間が遅かったのでヒヤヒヤして余裕がなかったんですが、昨日はゆっくりと時間がとれました。

058-1

060-1

けっこう標高があるのか、秋山郷方面が見えます。
逆光でなければ素晴らしい景色をお伝えできるんですけどね。

061-1

ここも素晴らしい沢なんです。きっと今後2週間ぐらいはいいんじゃないでしょうか

065-1

066-1

067^1

色々な沢を横目に、雑魚川と支流の合流点に出ました。
このあたりが「切明温泉」です。
河原を掘ると温泉が出るんですよ〜〜〜
nonkoは無理無理、でも温泉はいりた〜い

068-1

「切明温泉・雄川閣」様です。
栄村が頑張ってられる温泉です。機会があったら泊まってみたいものです。

070-1

いよいよ鳥甲山が見えてきました。秋山郷はもうすぐです。

072-1

あ〜〜〜〜〜カモシカ
可愛い子供カモシカです。

076-1

秋山郷では飲食店はほんの数件、そして木工の展示即売をされてるところがあるぐらいです。こちらでは栃の実の大福とお団子を販売されています。

075-1074-1

ほのかに栃の実の香りがします。
nonkoは餡無しが好きなんだけどなぁ〜

085-1

木工製品と共に、原木なめこも販売されていました。他のきのこ類はあまり採れないようです。大町のほうが色々なきのこが採れるんですね〜、不思議不思議・・・

082-1

アルクマくんはお蕎麦が大好物、しかしながら偶々入ったお店のお蕎麦は乾麺でした。店主が不満げ・・・

104-1

少し走るととっても大きな建物が見えてきました。
どうやら日帰り入浴が出来そうです

087-1

露天風呂と内湯がある「秋山郷 萌木の里」様です。ここはもう新潟なんですよ〜
秋山郷は長野県と新潟県にまたがる集落だったと初めて知りました。

098-1

096-1

貸切状態の露天風呂は最高ですよ〜〜〜
クマさん一同も大喜びです

099-1

店主に男性用も撮ってもらいました。
まるで空中散歩ですよね

101-1

こんな感じでお風呂を楽しめます。
時間が止まって欲しいような気分

103-1

休憩室のテーブルは一枚板です。この迫力は凄いですよ〜〜〜

107-1

小さな集落を通りながら秋山郷を満喫しました。

108-1

お家の軒下でお話されてる地元のおばあちゃん、「高橋真由美」様の世界を見たような気がします。いいなぁ〜、秋山郷

109-1

どんどんと山が広がっていくと、いよいよ津南の町なかに入ってきました。
この日の北信へのドライブは、横川商店起点に一日でゆっくりとまわれるドライブコースです。
これからの時期11月初旬ぐらいまでは、どこかの紅葉が綺麗に見ていただけると思います。詳しくはぜひお店の店主にお声かけ下さいませ。

●志賀高原観光協会
●秋山郷観光協会(長野県)
●秋山郷(新潟県)

【nonkoの大町まち歩き】
蔵の窓かな?

001-1

アルクマくん八方尾根へ行く!

135-1

「信州デスティネーションキャンペーン」のマスコット「アルクマくん」は自然が大好き今日は我が家のクマさん達と八方尾根へ紅葉情報収集に行ってきました。JR大糸線白馬駅で下車、そこから八方バスターミナルまで路線バスです。
歩いて10分ほどでゴンドラ乗り場です。

134-1

まずはゴンドラリフトに乗って兎平駅へ行きます。
アルクマくんとっても嬉しそう

001-1

う〜〜〜ガスがまいています今日は一日穏やかな天気になるでしょうって言ってたじゃんはやく晴れてよ〜〜〜〜〜〜〜〜

002-1

兎平駅から黒菱平駅まで、黒菱平駅から八方池山荘駅(第一ケルン)までは二回リフトに乗るんです。黒菱平駅では嫌な予感・・・、いつも秋に紅葉情報を元に来るので、ここが素晴らしい錦絵なんですが、今日は・・・

こんな葉っぱになってました。それに黒菱平が茶色っぽいんです。もしかしたら紅葉が終わってるのかも?

004-1

八方池山荘駅ではどうにか晴れてくれて、急いで八方池方面へなだらかな方の登山道を進みました。

006-1

山ガールさんと、山ボーイさんの「山カップル」がとっても可愛く見えたのですが、追いついてお顔を見たら、オジサンとオバサンでした(笑)
でもカラフルな登山服っていいですよね〜、nonkoはいつも普段着で行っちゃいます。

013-1

一部では随分きれいに整備されてきました。登りは距離が長くてもこちらの方が登りやすいです。もう一方の方は、元々の登山道らしいのですが、急で大きな石がゴロゴロしているので、下山に通るようにしています。

012-1

初夏に見るお花です。まだ咲いているんですね〜

014-1

低木はこのような状態で、紅葉せずに葉っぱが落ちていくようです。

011-1

良く探してみると、こんな草紅葉も見つけられます。

015-1

何の葉っぱかわからなくてごめんなさい。ご存知の方宜しくお願い致します。

016-11

ワレモコウは皆様よくご存知ですよね

019-1

nonkoの大好きなコメツガの松ぼっくりです

023-1

八方池見えた一年ぶりの八方池です。

025-1

少しはお天気良くなってきたのですが、青空になってくれないと、池の水鏡が見えないよ〜、先に少し上まで行ってみよう

027-1

お天気が回復するまで、八方池を横切り、上の「ダケカンバ」まで行きました。

030-1

八方池から上は、登山者の方々ばかりで、このような立て札もありました。
山に入ると山のルールがあるんですね。


032-1

クマさん家のチビは本当にいたずらっ子です。でもダケカンバの幹に良く似合うでしょう。

042-1

アルクマくんと我が家のクマさんと集合写真です。
ここまで運ぶnonkoもバカ?「ヌイグルミおたく」と間違えられました・・・

034^1

ダケカンバの林です。もうすっかり紅葉は終わってしまいました。
結局今年の紅葉は遅いと言われながらも、9月からいっきに冬みたいになっちゃって、木も慌てて紅葉を始めたそうです。そして一週間ほどの見頃の末、葉っぱも落ちちゃったようです。情報もけっこういい加減ですよね〜

048-1

050-1

053-1

ガスがかかってる方が、ここは雰囲気が出る場所だと思います。

054-1

でも緑の葉っぱを付けた木もありました。

056-1

またまた八方池の定位置に戻ってくるとひどいでしょう。でもこの場所で待機する事にしました。

071^1

少しずつお天気が回復してきました。

085-1

076-1

雲がとれませんでしたが、なかなかいい感じで撮れました。本当は午前中の方がいいのですが、午後になると逆光になるんです。
そしてとっても面白い事が起こりました。
アルクマくんとクマさん達が人気者になっちゃった

074-1

062-1

078-1

077-1

087-1

088-1

090-1

人が人を呼び、nonkoはこの場所からなかなか離れられなくなりました。
皆様がこんなお楽しみいただけるなんて・・・

097-1

092-1

nonkoもどれぐらい撮ったことでしょう。
そしてまたまたビックリ仰天

103-1

ほらほら、山ガールさん達がこんなパフォーマンスを

102-1

メッチャ綺麗でしょう
素敵素敵〜〜〜

104-1

帰りには少しだけ唐松方面の登山道が見えたり・・・

113-1

紅葉してる沢が見えたり・・・

115^1

神城から仁科三湖方面が見えたりと、ようやくガスがとれたのですが、今年はチョットnonko的には不満な紅葉です。

131-1

来る時にはガスってた兎平方面の紅葉がとっても綺麗でした。

129-1

白馬はただいま1400メートルぐらいまで紅葉前線が南下中です。
大町はどんな感じかまたMyベンツ走らせますね
*昨年の紅葉情報はこちらからどうぞ!


【nonkoの大町まちなか歩き】これもうだつですよね!

004-1
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ