呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

カテゴリ: 紅葉情報2012

117

今回京都ではnonkoが住んでいた近辺、「南禅寺」と「永観堂」の夜のライトアップがとってもきれいでした。
こちらは「南禅寺塔頭・天授庵」様です。
京都に住んでいた場所から歩いて約10分程のところですが、近くほど行かないもので、このような素晴らしいお庭が見られるなんてビックリでした。

124

125

書院南庭では、あまりの素晴らしさに皆様うっとり

127

本堂前庭へ向かいます。
屋根も素晴らしい造りでしょう。

130

133

娘も何を思って見てるのでしょう?
きっと「お腹空いたな〜〜〜」でしょうね〜

136

138

137

お庭の全てがライトアップされ、見ごたえのある「天授庵」様でした。

139

天授庵様の土塀のライトアップに見とれながら、10分程歩くと娘がお世話になってました「禅林寺 永観堂」様です。

141

「禅林寺 永観堂」様です。
こちらのライトアップは有名ですよね!
近くに友人が何人かいるのですが、やはり夜間拝観の時には車の渋滞で大変なようです。

144

やはり京都は「もみじ」の紅葉が綺麗でしょう
永観堂幼稚園の園章ももみじだったんです

154

境内の直ぐ横にある幼稚園を懐かしがっていました。
もう20年以上前のことですからね
今から思うと、贅沢な程の環境だったんですよね〜

147

放生池のまわりの紅葉です。

160

163

165

166

168

多宝塔が見えるでしょう

170

言葉にならない程綺麗でした。
多宝塔が紅葉に浮かび上がる雰囲気が最高ですね!

152

どこを散策しても素晴らしい紅葉です。

155

御本尊様「みかえり阿弥陀」がまつられる本堂の前で嬉しそうな娘です。
あ〜幼稚園へ行ってた頃とはえらい違い(笑)

172

174

懐かしい思い出話をしながら、やっぱり「何食べる?」って娘・・・

175

「そらここに決まってるやろ!」
「権太呂・岡崎店」様です。
遅くまでテニスの練習をした時、夕食の準備が間に合わず、よくお世話になってたお店です。

176

「権太呂鍋」をお願いし、昔と変わらない具材に感激です。
車エビが生きてるので、お鍋に入れる時にはお箸で押さえておかないと・・・、これも昔と一緒やね〜

179

あ〜可愛そうなエビさん、美味しく食べてあげるからね!

181

娘が好きな湯葉は、それぞれの具材を楽しんでからしゃぶしゃぶ風にいただきます。

182

この嬉しそうな顔(笑)

183

そうやったね〜、〆は「きつね丼」やったね!
甘ぎつねに卵とじ、そして天かすがチラチラとトッピング、昔と変わらない「きつね丼」です。少々甘辛目になった気もします。

188

直ぐ横にある岡崎のテニスコートです。ここはnonkoが友人達と一緒に遊んでいたコートです。
そうだ!nonkoはまだ京都のテニスクラブの会員だったんだ〜〜〜
大町でもまたラケット持ってみようかな〜

189

190

娘が大阪から京都の実家に引っ越してきたので、nonkoも仕入れのルートも少々大変になりましたが、昨日京都駅で大きなクリスマスツリーを見て大町に戻って来ています。
そろそろウインターギフトが動き出しました!
頑張って素敵なギフトをご提案させていただけるよう頑張りますね

【南禅寺 天授庵】
京都市左京区南禅寺福地町  
TEL:075-771-0744
拝観:通常非公開(特別公開有り)
アクセス:市バス「法勝寺町」下車、徒歩約5分。地下鉄東西線「蹴上」駅下車、徒歩約5分。

【禅林寺 永観堂】
京都府京都市左京区永観堂町48
TEL:075-761-0007
「夜間拝観−ライトアップ」
平成24年11月11日(日)〜同12月5日(水)
午後5時30分〜午後20時30分(受け付け終了)

IMG_2259

JR播但線「竹田駅」です。
今、関西でとっても熱いスポット「竹田城跡」のある場所です。
こちらは兵庫県の北部と思っていただければいいでしょう。

IMG_2260

【竹田城跡】
標高353mの古城山上に築かれた竹田城跡。
別名「虎臥城」とも呼ばれ、四季折々に異なった表情が見られ、国の史跡に指定されています。
特に雲海に浮かびあがる城跡は、カメラマンの方々にも人気のスポットです。
JR竹田駅裏から登山道があるのですが、靴の準備がなかったので、タクシーで途中の駐車場まで送っていただきました。平日なのに一般の車は1時間待ちでしたよ〜

IMG_2261

駐車場からは最初このような道を歩き、10分程で着くよって言われましたが、なんのその・・・

IMG_2262

こちらでも紅葉が始まっているんですね〜

IMG_2264

どんどんと高いところへと登って行きます。
ちょうど向かいの山間の右方向がこの後行った「立雲峡」です。

IMG_2265

けっこうな登りでしょう!これじゃ登山靴でないと危ないですよ〜

IMG_2266

まだ午前中はこのようにまわりの山には雲が残っています。
きっとこの日も雲海に浮かび上がる竹田城跡が見られたことでしょう。

IMG_2268

視界が広がったと思うと、お城の石組が見えてきました。
凄いですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_2270

もちろんクマさん達も一緒です

IMG_2273

IMG_2274

IMG_2275

IMG_2276

IMG_2279

IMG_2280

IMG_2283

IMG_2285

IMG_2286

IMG_2287

言葉はいらないですよね!
こんなに素晴らしい場所があったとは・・・、こちらお世話になってます「魚津観光案内所」の方々にこのあいだ教えてきただき、関西に戻ったら是非行ってみますね〜、なんてお話しさせていただいてた場所なんです。
作られたテーマパークではなく、その地にずっと残っているものが観光地になっていくのっていいですよね〜
観光のお客様が増えると色々な問題もあるようで、地元の方々にご迷惑のかからない様な行動をするのも、訪れたもののマナーだと思います。

IMG_2288

帰りは駅裏へ下りる登山道を歩きましたが、これも相当きつい落差がありました。
もし登山道をご利用なら、是非足首を固定できる登山靴でお出かけ下さいね!

IMG_2289

ちょうど駅の真裏に下りられます。

IMG_2291

IMG_2293

IMG_2295

こんなに素晴らしい紅葉が迎えてくれました。

IMAG0447-1

IMG_2300

駅へ戻り、今度は向かいの山の中腹にある「立雲峡」からの竹田城跡です。
ここに朝なら雲海に浮かび上がるお城跡が望めるのでしょう。
「国史蹟 竹田城跡」は、ただ今紅葉真っ盛りです
是非お出かけ下さいませ!

【竹田城跡】

*nonkoは本日大町へ戻って来ました!

IMAG0457-1

南禅寺の塔頭「天授庵」さんのお庭の紅葉です!大町に来る前に住んでたところから、歩いて10分にこんなに素晴らしいところがあったなんてビックリです。

008

昨日午前中は、娘の運転で大町市の「霊松寺」様の紅葉を見てきました。
「鐘楼」の前から見る北アルプスに感動する娘・・・
今回は大町の紅葉と温泉に大満足してくれたようです。
いつもはシンセサイザーコンサートの時に出かけるのですが、落葉がこんなに素晴らしいとは正直ビックリです。
大町の見どころをまた発見できた嬉しさ

009

境内に降りる坂道を大騒ぎして駐車場まで下り、山門が目に飛び込んできた時の感動
もう言葉はいりませんよね〜〜〜

010

011

013

014

015

021

018

020

012

しっかりと「オハツキイチョウ」のお土産もいただいたようです。
霊松寺様、ほんと感動しました。素晴らしいです

【霊松寺】
JR信濃大町駅より車で約15分

006

早朝に夜行バスで松本に着いたnonkoの娘は、大糸線に乗って大町の駅の「駅そば」を楽しみにしていたようです。「特製そば」の鴨と玉子入りが好みなんてやっぱり親子なのです。

027

午前中はお店のお手伝いをさせ、午後から少し時間をもらいました。
ランチは今nonkoが気に入ってる「はらぺこカフェ」様です。
店頭のカボチャを見てビックリする娘・・・

019

カンパ〜イ
テヘヘヘヘ・・・娘の運転も少しは安心できるようになりました。

020

お昼はもう満席でギリギリセーフ
カウンターでいただくのもいい雰囲気です。

021

4種類のハムがトッピングされたピザは、このあいだ「栗」のインパクトが忘れられずリクエストさせていただきました。前菜感覚でいただけるピザは、アッという間にペロリ

023

魚介類のトマトクリームパスタは、旨味十分で楽しませていただけます。
ほのかな甘味がこちらの特徴でしょうか?大町の方々のお好みに合わせて下さってるのでしょうか、リピートのお客様もとっても多い感じです。

024

チキンとカボチャのクリームスープパスタ
このあいだもよく似たようなメニューをいただいたような気がします。

025

ホウレンソウのフィットチーネが珍しいですよね!
モチモチ感があってこちらも美味しい

026

娘はパンをいただき、残ったソースをも楽しんでる姿は誰かに似てる・・・nonko!

030

ランチを終え、温泉温泉
正面の北アルプスの麓に向うのだ〜〜〜

031

どんどんと近くなってきます。
雪は大丈夫かな〜〜〜

035

高瀬渓谷に入って行っても、道路は着雪もなく、きれいな水の緑色と雪景色が何とも素敵です。

069

071

北葛沢もすっかり雪景色です。ついこのあいだ両親が来ていた時には素晴らしい紅葉だったのです

066

しばらく走ると葛温泉が見えてきます。
橋を渡ってお邪魔させていただいたのは「温宿かじか」様(右端)です。

067

川の水があまりにきれいで娘がビックリです。

037

お玄関に温かみを感じるのは、まわりの景色にとけ込んでるせいなのでしょう。
何だかまったく違う場所に来たような錯覚すらおぼえます。

039

凄い〜〜〜!高野槇の温泉です。そして窓から見える景色はまるで絵の世界のよう・・・
お湯加減も、泉質もいたってやわらかく感じます。

053

059

すぐ横には露天風呂があり、一足先に雪見風呂です

041

こんなのできたらいいですね

055

目の前がこのような景色ですから、まるで旅行雑誌の表紙のようでしょう。
大町にもこのような温泉があったのですね〜
「温宿かじか」様は、ゆっくりとされたいお客様のお宿だと思います。
心配りも、館内の雰囲気も素晴らしいです。特に照明の雰囲気が好きです。
心も身体もとっても温まる温泉でした。ありがとうございました。

082

帰りはまた高瀬渓谷を通り、大町ダム直下あたりの紅葉を楽しみました

076

大町いいやろ〜〜〜
「雪」と「紅葉」がとっても嬉しそうな娘・・・、いつもはビルの中で仕事ですから・・・

079

086

084

080

ダム直下は一部紅葉が残っています。
雪と落ち葉も綺麗なものです。

088

087

町に近づくにつれ、紅葉の色がきれいになってきます。
もう大町は町なかに紅葉が下りてきています。
今週末が最後の見頃でしょうか
是非お出かけ下さいませ。

【温宿かじか】
長野県大町市平高瀬入2106
TEL:0261‐22‐1311

【はらぺこカフェ】
長野県 大町市常盤5822−7
TEL:0261-22-8866
営業時間:11:30 〜 21:30
定休日:月曜日

003

今日は定休日、朝から北上し店主が行きたいと言っていた「奥裾花」方面へ出かけました。
まずは大町を出て仁科三湖の中ほどの「中綱湖」の集落

004

中綱湖は横川商店よりずっと標高が高いので、もう紅葉はピークは少し過ぎたかな?
今年の紅葉はいっきにかけ下りてきたような気がします。

005

008

ここはnonkoの好きなポイントです。春にはオオヤマザクラがとっても素敵な場所なんです。

009

青木湖はもっと紅葉がすすんでいて、もう晩秋の雰囲気です。

011

写真を取ろうと水辺に行ったら鴨さんを驚かせてしまってゴメンチャイ
静かに楽しんでいたのにね・・・
でも水辺から見るとよりきれいな風景です

014

また山の上は雪だったかもしれません。北アルプス山麓は、この時期からは雨が降ると回復が遅くなります。

019

白馬から鬼無里方面へ車を走らせます。本当なら白馬三山が見えるのにね〜

020

鬼無里あたりの民家の雰囲気も素敵でしょう。

021

小谷とはまた違った雰囲気があります。でも2階からの出入り口があるお家もありました。

024

奥裾花はもう自然園が閉園されていて残念!でもこちらの立派な橋の上から見ると、きっと今年の紅葉も見事だったと想像できます。

027

029

来年の下見に来られて良かった〜!
桜の花びらが沢山舞っていて素敵でした

031

店主がこの場所をチェック!
ここは「鬼無里の伝説」をご案内されてる場所です。
この伝説はとっても悲しい内容がご案内されています。よろしかったらこの機会にこちらからどうぞ!
032

複雑な思い・・・

035

奥裾花から長野市内方面へ走ると、紅葉もちょうどいい具合になっています。

036

長野市内へ入る手前では、まだ見頃に近い感じでしょうか・・・
長野では急ぎの販促物の仕入れがあったので、サッサと済ませ、またまた車はとんでもない方向へ・・・

040

19号線を松本方面へ・・・
そして浅間温泉から美ヶ原高原へと車を移動です。
ここはまたブナの木の紅葉が真っ盛りです。

041

039

ブナの紅葉きれいでしょう
夕陽が射し込んでいい雰囲気でした。

043

名も知らぬ湖ですが、神秘的で静かでした。
映り込みも素敵です

044

こんなに素敵な場所を独り占めできるなんて信州ではよくあることです。

046

近くの唐松がこんなに黄色くなって葉っぱを落としてくれています。

047

050

「王ヶ頭」が見えてきました。

051

夕方の高原は寂しそうな雰囲気がありますが、とってもロマンティックです。
木道が見えるので、色々なトレッキングコースがあるのでしょう。

052

はるか向こうに見えるのは上田方面の山かな〜?

054

こんな道をドライブしていました。
あ〜、今年の紅葉は本当にはやく通り過ぎちゃいました。

055

雲海に沈む夕日が最高!

057

晩秋は陽が沈むといっきに釣る瓶落としのように暗くなります。

058

カラマツの木も寂しそう・・・、でも信州らしい風景でしょう。

076

夜は大町へ戻って久しぶりに大町温泉郷の「居酒屋・志野」様へ・・・
知る人ぞ知る名店です。もちろん当店オリジナルの「グルメMAP」に掲載中で〜す
ご来店のお客様に差し上げてますので、是非ご利用下さいませ。

068

こちらにお邪魔すると地元「白馬錦」の燗酒が美味しい美味しい
女将さんの燗のつけ方が絶妙なのです
それに肴の美味しさは最高です!酒飲みにはたまりません。
きっと店主とnonkoの飲み方をご存知なのか、何も言わなくてもお好みで出していただけます。

064

ミズの実は秋田ではよく郷土食として出されるものですが、信州ではほとんど調理法すら知らない方が多いはずです。美味しいですよ〜〜〜ってこちらは醤油漬けです。

062

わらびの煮もの

065

お豆腐の上にはミョウガの青こしょう漬け。これが美味しいんだ〜〜〜

066

青こしょうの詰め物と紫蘇巻は女将さんオリジナルでしょう。

061

地元のキノコは煮物

070

これは小さな「サンマ」です。
メザシは良くありますが、サンマはnonkoも初めてです。こんなに美味しいんだ〜〜〜

073

焼き鳥は串からご主人様が手作りされています。
もちろん鶏肉の塩焼ですが、美味し過ぎ〜〜〜

074

〆のラーメンは、ご主人様の手打ち縮れ麺です。
ここまでこだわってられるお店も少ないです。
大町温泉郷にご宿泊のお客様には、夜にふらっとお散歩がてらに、是非地元のお酒を肴をどうぞお楽しみいただければ幸いでございます。

【居酒屋 志野】様
長野県大町市平大町温泉郷2884−78
TEL:0261-23-6158


【動画】

048

049

006

大町市「霊松寺」様の紅葉は最高です
今日、明日は11時と13時にシンセサイザー奏者の「影武者」様のコンサートがありました。
大町市内を眼下に北アルプスまで響き渡っていましたよ〜〜〜
素敵なコンサートは明日も開催されますのでどうぞ!

057

こんなに素晴らしい景色を見ながら、シンセサイザーの音色は大町でしか味わいえない素晴らしさです

008

本堂の屋根と紅葉が言葉にならないほど綺麗

010

013

014

016

018

この場所良いでしょう。本堂から鐘楼を見てバックに北アルプスです。
nonkoの1万円のバカチョンではこれが精一杯です。大町らしいお寺様の雰囲気でしょう。

019

境内の方に下りていくと、「庫裏」のお庭の紅葉も綺麗

026

オハツキイチョウは今日はこんな感じです。
子宝に恵まれるといわれる市天然記念物の「オハツキイチョウ」は、銀杏と葉が一つになっている珍しいもので、全体の10%程度と確立が低く、見つけた人はラッキーだそうです。

023

024

ホトトギスとドウダンの紅葉のコントラストも素敵でしょう。

025

飲むと八つの徳(仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌)があるといわれる「八徳水」で、パワースポットとしても有名です。

029

021

022

山門とのコントラストも綺麗

034

この景色を見ながら、境内でお抹茶をいただきました。
美味しかった

045

本堂に入ると長野県東筑摩の月静(げっしょう)により描かれた龍の天井画「鳴き龍」があります。
この真下に立ち、お願い事をしながら手を叩くと、それに対して龍が鳴くという心願成就にご利益があります。

043

庫裏の方へお邪魔すると、素晴らしい大天井が拝見できます。

035

窓からお庭を見るとまたまた素晴らしい紅葉
036

041

ここから山門を見るのもいいものでしょう。
本堂と庫裏は大町のボランティアの方々がご案内していただけるので、とってもわかりやすく見学させていただけます。

030

031

011

015

012

今年の紅葉は言葉になりません。素晴らしいの一言、ゴチャゴチャ言えませんね
明日も11時と13時にシンセサイザーコンサートがございますので、是非お出かけ下さいませ。

029

まだお昼過ぎはお天気良かったんです。
窪田さんに「鹿島槍スポーツガーデン」様まで送ってもらい、ウインターギフトのイメージ写真の雰囲気を見てきました。

030

もうすぐスキーシーズンになるこの場所は、まだ最終の紅葉がきれいです

032

055

033

小高いところから写真を撮ってみたり・・・

046

直置きの方がいいのかな?とか色々と考えたりして雰囲気を見ています。
実際にはこの場所は一面真っ白の素敵な場所になるのです。
以前掲載させていただいた記事がありますので、よろしかったらこちらからどうぞ!あっと言う間に雲行きがあやしくなってきました・・・
どうやら山の上は雪のようですよ

058

帰りはもちろんMyベンツです

056

鹿島あたりは山間なので、陽が当る場所は紅葉がきれいに見られます。

059

いつもはこの時期にこの場所に来ることはほとんどないので、横の渓流を楽しみながら下って行きます。

062

紅葉を見てる時は寒さを感じませんが、やっぱり身体は冷えてるぞ〜〜〜

064

鹿島川の橋まで下りると確実に雨があたってきます。こりゃ本当に冬将軍到来だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

063

067

069

071

070

唐松の落葉も始まり、もういつ里に雪が来てもおかしくない大町です。

072

「鹿島槍ガーデン」様まで下りてきたときには何となくホッとしました。
冬はチョッピリ寂しい気分になりますね・・・

034

京都よりnonkoの両親と弟が初めて大町へ来てくれました。
昨日よりの雨で心配しましたが、今日は朝から虹も出ていて、とってもきれいな紅葉を見ることが出来ました。
昨夜はnonkoも一緒に「黒部観光ホテル」様でお世話になり、温泉と地元のお料理に舌鼓です

026

紅葉を見ながらの温泉は最高の幸せですよね〜
シラカバの木が信州らしい雰囲気でしょう。エッ?誰ですか?今日は徳利と猪口がないって〜〜〜(笑)

003

夜は地元のお酒「白馬錦・純米吟醸ひやおろし」を楽しみながらのバイキングです。
旨味がのって美味しくなってきています。
黒部観光ホテル様のバイキングは、地元食材を使われ、信州牛や天ぷらは熱々でサービスしていただきます。

010

キャハハハハ〜〜〜、こんな大きなカニがあるのはここだけかな(笑)
身もしっかり詰まって美味しいね

006

まずは軽くチョイス
これがどれも美味しいんですよ〜
全て食材のご案内がされているので、いただいていても楽しいのです。

001

お刺身もこういったバイキングでは良しとしましょう。鰆のタタキのようなものが美味しい〜
虹鱒や鮎は焼きたてです。そして手前の「おやき」は、ピザ味とキムチ味、これもひと工夫されていて楽しいです。

005

天ぷらはもちろん揚げたてでサービスしていただきます。

011

やっぱりこちらの目玉は「信州牛」ですよ
こちら3回目に取りに行ったらこの状態でした。父は自分は三切れだったと・・・、取りに行くのは恥ずかしいようでそのあたり京都人(笑) 何度取りに行ってもいいんですよ(笑)
その都度切り分けていただける方が嬉しいですものね!

002

ご飯ものはみんな松茸ご飯をいただいてましたが、nonkoはお寿司です。特にツブ貝とイカが好き〜〜〜
確か以前店主は10個ぐらい食べていました。

016

キャハハハハ〜、「鹿肉バーガー」ですが、興味があってとってきたのに食べる勇気な無いのも両親は年の功?
鹿を食べる感覚がないんですよ〜、ジンギスカンと同じ(笑)
とにかく種類が豊富で、地元の郷土色的なものが多いので嬉しいです。

015

父はしきりに「水が旨い!」の連発で・・・、正直これにはビックリしました。
実は黒部観光ホテル様は、独自で湧水を汲み上げられてるそうです。

007

フルーツも白ぶどうの「ナイヤガラ」に感動していました。
関西ではナイヤガラは手に入らないですからね〜

013

食事の最中に「おはぎ」を食べる面白い父です。
デザートもアイスクリームまでありましたが、そこまでいけずにお腹いっぱいでした。
バイキングを楽しませていただきながら、地元の方の好むものと、観光のお客様の好まれるものが少々違うことに気づきました。母は一番最初にお蕎麦を取ろうとするので、それもビックリです(笑)
時にはこういった場面を体験するのも面白いものですね!

018

食後にホテル内の売店でお買い物をするのも楽しみの一つです。
この時にスタッフの方々のご案内の勢いに嬉しくなっちゃいました。
頑張ってられますよ〜〜〜〜〜〜〜〜
買う買わないではなく、宿泊のお客様もスタッフの方々との会話を楽しんでられるように見えました。
お土産に困った時には・・・

017

これですって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、さすが
これはとっても面白いご提案だと思います。
結婚式の引き出物用の大きな袋にこれだけ全部入ってるのでビックリでした。

021

雨もしとしと降りで、いつもより早い目の就寝・・・
なぜか父は電気毛布持参で笑ってしまいました。宿泊施設にこのようなものを持ち込むのはビックリ!
来る前に「大町は寒いよ〜!」って言ったけどそこまで・・・(笑)山小屋じゃないんですから・・・

045

雨あがりの朝を迎え、朝食をお腹いっぱいいただき、黒部観光ホテル様を後にしました。
043

040

お水が美味しいからと近くのお水を汲みに行き、高瀬渓谷へと車を走らせました。

076

073

大町ダムあたりの紅葉はあと2.3日ぐらいが最高なのでは

047

少し奥へ行くとトンネルと「北葛沢」があります。ちょうどトンネルの手前の橋の上からの景色です
ここ最高でしょう
053

061

056

059

両親も紅葉が見られて良かったかな〜

064

また少し奥まで行って、葛温泉の手前の橋の上あたりも綺麗です
お車のお客様、できれば駐車されるところだけはお考え下さいね。今日は道路上に縦列でしたので危なかった〜

065

067

ここではカエデの紅葉が素晴らしかったです

110

もう一軒「霊松寺」様の紅葉状況も見てきました。
いつの間にか北アルプスも少し見え始め、両親も喜んでくれたと思います。

109

ちょうど今週末の連休あたりが最高じゃないでしょうか

080

102

098

ラッキーならオハツキイチョウもゲットできるかも?
ボランティアの皆様が、とっても親切にご案内して下さるのでありがたいです。
地元の方々で作られるボランティアの方々だと思いますが、プロの方とは違う「味」があって大町らしくって素敵です。

107

今週末は毎年恒例の「影武者」様のシンセサイザーコンサートがございます。
是非皆様お出かけ下さいませ。

【黒部観光ホテル】様
長野県大町市平2822
TEL:0261-22-1520

【霊松寺】様
長野県大町市山田町6665
TEL:0261-22-0377

021

紅葉が遅れ気味と言われていましたが、今週でいっきに下りて来ました!
いや〜〜〜、今日は八方尾根方面へ状況を見に行きビックリです。
皆様〜〜〜〜〜〜〜〜もう紅葉終わっちゃうからはやくお出かけ下さ〜〜〜〜〜〜〜い
「八方尾根ゴンドラリフト」の乗り場からすぐのところがもうこんなに紅葉しています。

019

今週は大忙しのクマさん達も頑張って来てくれました

022

兎平付近はもう紅葉は終わりかけています。
ここからはリフトに乗り換え黒菱平へ・・・

024

027

兎平から黒菱平までのリフトから白馬三山が見えてきました。
左から「白馬鑓ヶ岳」「杓子岳」「白馬岳」です。

033

黒菱平はもうすっかり冬将軍を待つような景色になっていました。
鎌池湿原の写り込みが綺麗なところです。

036

黒菱平から2回目のリフトに乗ったら「八方池山荘」に着きます。
ここからは歩いて八方池まで行きます。
ここからの三段紅葉が素晴らしかったです。

045

もう山野草は冬眠の準備でしょうか?沢山の登山者の方々の目を楽しませてくれたことでしょう。
ご苦労様、また来年ね!

048

上りは少し遠回りですが、左側の「木道コース」の登山道を上ります。そのほうがラクで、通常の登山道は心臓破りの上りです。

049

雲行きがどんどんあやしくなり、遠見尾根の方からどんどんと雲がかかってきました。
そうかと思えばこのような青空が出てきたり、山の天気は本当に変わりやすいと思います。

052

写真を撮りながら約60分ほどで、「不帰嶮(かえらずのけん)」が見えてきます。あ~怖そう・・・、こんなところ上る人がいるんですから凄いです、nonkoは無理無理・・・

053

054

登山道に雪が残っていて、石の上の雪は滑るので要注意です。
あ〜危なそうなおばちゃんが・・・、運動靴ではきついですよ〜〜〜

056

見えた見えた〜〜〜八方池

059

八方ケルン・2,035mです。

061

062

まずはいつもの場所で
今日は写り込みは難しかったですね〜

082

でもここからの八方池もきれいです。

084

087
088

八方池に氷が張ってるのを見たのは初めてでした。
写り込みを撮りたいなら氷が張る前に来なくちゃダメですね〜
紅葉が遅れてると思っていたのでわざわざ遅らせたのに大失敗(笑)
これじゃお客様にご案内なんてできませんよね〜(nonkoのチョンボ)

060

八方池から少し唐松方面へ上るとダケカンバのきれいなところがあるのです。
落葉はしてるでしょうが、雰囲気がとっても好きな場所があります。

068

そこへ行くまでにはnonko最大の難所があるのです。
きっとこの場所をご存知の方は「エ〜〜〜!」って言われそう・・・
だって深い沢が見えるんですよ〜〜〜、帽子に両脇が見えない様なものを取り付けられないかしら?
とにかく四つん這い状態です。
初めて来た時には、「大丈夫ですか?」って言われる始末です。だから人がいない時に通過するようにしています(笑)

073

今日は積雪があったので、またいつもと違う雰囲気でした。
ダケカンバの木の曲がり具合いをみると、冬の厳しさを感じる場所です。

076

木の奥の奥の方まで雪が吹きこんでいます。
吹雪いている状態を想像しただけでも恐ろしい冬の厳しさですね。

070

そんな冬の厳しさが面白いオブジェを作ってくれたりするものです。

077

さぁ〜、クマさん達そろそろ帰って仕事しなきゃね!

093

帰りは急な登山道の方を下って行きました。

094

見て下さい、中央の赤い場所が現在紅葉が真っ盛りなところです。
今週でいっきに進んでしまったような気がします。あ〜忙しい!

096

097

またまたリフトとゴンドラを乗り継いで戻って来ました。

*明日は午前10時より16時ぐらいまで、大町のワイン「仁科シャルドネ」の試飲販売会をさせていただきます。
醸造の「スイス村ワイナリー」様より醸造担当の小栗様、そして「大町ワインぶどう生産組合」の皆様がご来店です。
スイス村ワイナリー様からは他にも新酒ワイン、また地元果物を使用されたジュースもお持ち下さるそうです。
軽いおつまみもご用意いたしますので、是非遊びにお出かけ下さいね!


【信州白馬 八方尾根】

048

050

昨日は大町市内から見える北アルプスにも初冠雪がありました。
またまたこの場所で写真を撮り、合成写真でないことを証明しちゃいます。

051

ほ〜らね、nonkoの自宅近くの田んぼの横に置かれていたのです。
これを北アルプスをバックに撮っちゃったのです。FBでは皆様「合成だ〜〜〜!」って思われちゃいました。

002

りんご畑からの写真も信州らしくっていいでしょう。

005

りんごも真っ赤になってるものもあります。
フジではないですけどね!

006

カリンもそろそろ出回っています。いい香りがするんですよ〜

007

「霊松寺」様の方も見て来ました。
今年も影武者様のコンサートがあるんです。
観光期間中(内部拝観)恒例のコンサートです。
『影武者』さんオリジナル曲を中心に自然と融和したシンセサイザーの音色をお楽しみ下さい。
日 時 : 11月3日(土祭)、4日(日) 
午前の部 11時開演・午後の部 13時開演
場 所 : 霊松寺鐘楼前広場


008

本堂の屋根のまわりのカエデはまだまだのようです。

012

ここから本堂の屋根と鐘つき堂を見ると、バックに北アルプスが見えるんですよ〜、これは大発見!って皆様きっとご存知ですよね(笑)

009

011

010

境内はまだこんな感じです。
また情報をお届けいたしますね!

【霊松寺】様
大町市山田町6665
TEL:0261-22-0377

039

昨日は念願の北信・木島平の麓「馬曲温泉・望郷の湯」へ行ってきました。
正面右に見えるのは、中野市からは「高社山」、こちら北斜面では「木島平」と言うのでしょうか。
この左の方から木島平を見下ろす温泉なのです。

022

馬曲温泉に着くと、まずは入場料をお支払し、露天風呂へ直行〜〜〜!
水車小屋のまわりの雰囲気が素敵素敵

023

もちろん男性と女性は別れていますよ
最初水車小屋に目をひかれ、男性露天風呂へ足を向けてしまったnonko

026

わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜素晴らしい
035

目の前に木島平が一望できます。
昨日は平日でしたが、それでも結構なお客様がいらっしゃったのは紅葉が始まってるためでしょうか?
スタッフの方にお聞きすると、確かに土日は多いそうですが、これだけ大きな露天風呂なので、大丈夫だそうです。

029
いいでしょう、お燗酒!ってこれはイメージですから実際には飲んでませんよ〜

036

温泉を満喫するとこのお庭を見ながらのお昼ご飯です。

031

やっぱりまずは信州では冷奴
これが驚くほど美味しいんです
水が美味しい信州では是非お風呂上りにどうぞ!
こちらのお豆腐、見た目かたそうですが、やわらかくって甘味を感じます。独特の食感も最高です。

033

そしてこのトマトジュース、これ大人買いして来ればよかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こちらもトマトの甘味をこんなに感じるなんて・・・

032

冷奴とトマトジュースでさすが冷えてきたので、おでんでチョット(笑)
このおでんは、中野市の「丸世酒造店」様の奥様にご馳走になるおでんと一緒だ〜〜〜
新蕎麦もいただき、いい気分

038

ちょっと食べて呑んだ後には畳のある休憩場があるのでお昼寝までしてきちゃった〜〜〜

【馬曲温泉・望郷の湯】
長野県下高井郡木島平村大字往郷5567-1 
TEL:0269-82-4028

IMAG0060-1

今朝は大町から見える北アルプスの初冠雪がありました。いよいよ冬将軍が到来です。
今日は定休日、大町の紅葉状況を見てから木島平の馬曲温泉に行って来ました。温泉に入り過ぎてヘロヘロです。また明日掲載させていただきますね!

010

007

今日は小谷の鎌池の紅葉状況を見てきました。
小谷からは村営バスに乗り、小谷の民家の雰囲気を楽しみながら終点「雨飾高原」で下車です。

017

このような道を約70分歩きます。
まわりはブナの木などの雑木で、紅葉が素晴らしいのでドンドンと歩けちゃいます。

018

ここはダメですよ〜〜〜!マナーをもってトレッキングして下さいね

024

いつもこのブナの木にご挨拶今年も元気に葉っぱを付けたんだね〜〜〜

028

そして雨飾山の見えるポイントへ・・・
車では意外と通り過ぎちゃいますが、歩いたら色々なものが目に飛び込んでくるのです。
もうピークあたりは紅葉も終わってるのでしょうね〜

038

鎌池の入り口近くで近道のご案内がありました。
これはきっと駐車場の収容の問題で、路上駐車も仕方ないのでしょう。手前からトレッキング道が出来ていました。

040

「ブナの小路」と名付けられたとっても雰囲気のいいブナ林を通って行きます。

049

紅葉の色がもうこんなに真っ赤になっています

042

わぁ〜〜〜
いきなり目の前に鎌池があらわれました。綺麗過ぎで言葉が出ません

043

044

045

046

047

048

055

060

062

073

もうルンルン気分のトレッキングです

064

ホウバの葉っぱご存知でしょう。これは「実」です。

072

栃の実さんも落ちていました。拾われなければ土にかえって行くのです。

074

素晴らしいブナ林でしょう。
078

080

ここはマイナスイオンがいっぱいですよ〜
nonkoもクマさん達もブナの木は大好きです。

070

わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、倒れてる・・・
今までこんなブナは無かったはず・・・

069

根っこもむき出しで・・・、大丈夫なの?

071

でも前方のブナの木と、根っこに近いところにあるブナの木に支えられて、しっかりと葉っぱを付けて生きています。木も助けられながら生きてるのですよ〜〜〜、ある意味人間も同じです。

068

ブナの木のあるところは水が豊富なんです。
この湧水も関係あるのかも?
nonkoはブナの木って手で触れるととっても心地いいのです。

106

木肌が何とも言えず素敵でしょう

092

陽の光が反対向けになると、また景色が変わって見えるものです。
鎌池はまわりを一周できるので、必ずシャッターポイントがあります。

094

099

このように絵を描かれてる方々も沢山いらっしゃいました。

101

そうだね〜、クマさん達も写真撮らなきゃね!

102

またまたカメラマンの方のモデルになるクマさん達jは、最近どこへ行っても人気者です。
このクマさんでnonkoにお声掛け下さった大町のお客様がいらっしゃいます。

084

大町からお越しのお客様で〜す!
nonkoが連れていたクマさん達で、nonkoだって気付いて下さったそうです。
メッチャ嬉しかったです。帰りに露天風呂楽しまれたかな〜?またお店の方にも遊びに来て下さいね。お声かけ下さりありがとうございました。クマさん達もしっかり仕事してくれてるんだ〜

085

お昼は鎌池湖畔近くの「ぶな林亭」様です。
まずはやっぱり日本酒でしょう
キノコ汁で秋の味わいです。

086

天ぷらをつまみながらいい気分

087

最後はお蕎麦をいただき大満足です。
お昼寝〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

105

上を見ればブナの木、素敵でしょう。
もう時間が止まってるような感覚です。

103

しばらく横になり、しばらく読書
元「一澤帆布」様、今は「信三郎帆布」様は、来月長野東急様にお越しなんです。nonkoも買い出しに行かなくちゃ〜。色々大変だったこと、この本に書いてあります。
同じマンションに居たのに、こんなに大変だったんだ〜、益々一澤様御夫妻が好きになりました。

107

108

110

112

また来たブナの小路を通り、いつもの道路に出たらこのようなご案内がありました。
やはり休日には多くの観光のお客様がおみえなのでしょう。このブナの小路はホント素敵な近道です。

114

115

116

来た時と違って、陽のあたり方が随分違い、一段と紅葉が素晴らしくなっています
雨飾山は見る方向によってまた違った雰囲気を感じます。

120

モミジとブナのコラボも素敵でしょう

118

122

125

ここから見る雨飾山が大好きです!

129

帰りは1時間弱で下りて来れました。

131

ブナ林の中の露天風呂で随分楽しませていただきました。
今は写真撮影禁止なので、以前の画像で掲載しています。

133

クマさん達も温泉を楽しんだ後、ブナの木で遊んでいました。
今日もいい一日だったね〜
そして帰りのバス停「雨飾高原」まで下りてきてビックリ

141

東宝の映画監督「河崎義佑様御夫妻」にお会いしました。あまりの偶然でビックリしました。
2009年にもこちら鎌池でお会いしてるんです。
なんと言う偶然なのでしょう。nonkoが今の仕事を始めた頃、穂高の「ひつじ屋」様で大変お世話になった監督様御夫妻です。とってもお元気そうで、奥様にはコーヒーをご馳走になりました。
いただいたマフラーや手袋は貴重過ぎてなかなか使えませんが、松田聖子さんのサイン入り生写真は今でも試飲コーナーの横に飾らせていただいてます。
「カリブ愛のシンフォニー」ご存知ですか?河崎監督様だったんですよ〜
鎌池の御縁は素晴らしいです、いつもnonkoには何かが起こります。
紅葉はこの一週間が見頃だと思います。

【信州小谷村観光】

001

今日もとってもいいお天気でした。
昨日の日本酒会も無事に終了し、「十六代九郎右衛門・湯川尚子ご夫妻」様は、本日木曽の藪原にお帰りになりました。そしてお昼にはもう日本酒造りのための酒米を洗ってられたようです。
今季のお酒造りが始まる大切な時期に、わざわざご来店いただいたことは私共といたしましては嬉しい限りです。
どうぞ今季も素晴らしいお酒を楽しみにしていますね
今朝は朝から大町郊外の「大町ワインぶどう生産組合」様の、赤ワイン用ぶどう品種「メルロー」の収穫状況を見学に行ってきました。

003

いつも通る道祖神様に「おはようございま〜す!」ってご挨拶です。

005

Myベンツで約20分、原田様のぶどう畑に着きます。

007

008

わぁ〜、もうメルローの収穫が終わってました。
きっとお手伝いの皆様でスムーズに作業が終られたのでしょう。
可愛らしいぶどうが残ってました。ご苦労様

009

北アルプスを望みながら少し離れた西山様のぶどう畑へ・・・

010

棚栽培のメルローの畑も収穫作業は終わっていました。

042

西山様はメルローだけ栽培されていますが、棚栽培とこちら「垣根栽培」もされています。

043

やっぱりこちらも収穫作業は終わってました。
見学したかったですが、タイミングというものもあるのでね!

044

こちらも小さな果房が残っていて「ご苦労様」とつぶやいてるnonko・・・
新芽が出る頃から収穫まではあっという間です。でも一日一日手間をかけられて収穫までこぎつけるには、気が抜けないと思います。
「収穫したら寂しくなっちゃうんだよな〜」なんて言ってられたのを思い出します。
収穫されたぶどうは「スイス村ワイナリー」様へ運ばれ、工場長の内方様が醸造していただけ、その後樽熟成されて来年の今頃には発売になると思います。
来週発売される「シャルドネ」は、昨年の収穫のもので、27日(土)には、横川商店店頭で試飲会をさせていただきますので、是非遊びにお出かけ下さいませ。
やはり大町で栽培されたワインぶどうです、地元の方々に試飲していただき、色々なご感想をお聞きしてみたいです。もちろん大町ワインぶどう生産組合の皆様、スイス村ワイナリーの方もご来店ですので、楽しいひと時になればと思っています。

014

ぶどうの収穫が終わっていましたが、近くで「大町アルプスマラソン」を開催されているので、少し応援に行ってきました。

015

大町温泉郷の方面へいく橋を渡り、少しいくとフルマラソンの方々が頑張ってられました。

017

頑張って〜〜〜、頑張って〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
ここはフルマラソンのコースです。
今日のお天気では少し暑かったかな?でもこんな素晴らしい景色が見ながら走れるマラソンってないと思います。

019

せっかくなので北アルプスをバックに写真撮りたいな〜
少し場所を変えてみました。

026

アレレ〜〜〜〜〜〜〜〜?「金蘭黒部・村山杜氏」様です。
シェパードのモモちゃんと一緒
「山ちゃんはやく来ないとモロミ大丈夫?」なんて呟いてられます。いったい山ちゃんって誰?

022

モモちゃんも応援してるんだね!

020

きゃ〜〜〜!「北安大國・山崎杜氏」様だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
カッコいい
そうか〜、「山ちゃん」とは山崎杜氏様の事だったんですね
余裕で走ってられましたよ〜、さすがです

027

その後皆様の走ってられる方向にMyベンツを走らせたのですが、皆様はやいはやい〜〜〜、nonko追いつかないし〜〜〜

029

沿道ではこのような給水所があるんです。ビックリした〜〜〜、地元の皆様ご苦労様です。nonkoも来年旗でも作って応援しに行こうかな〜、いや、行きたいな絶対に一人でも行くぞ
今日もマラソン終了後のお客様が随分お買い物にご来店下さり、「大町はいいところですね〜」って言って下さいました。これは実行委員の皆様のご準備、そして今日の給水所や警備の方々が拍手やお言葉で応援されているお姿にも感動しました。ボランティアの方々だったのでしょうかね?
きっとそのようなことがご参加のお客様に伝わったのもあるでしょう。nonkoだって他の土地でイベントに参加して、地元の方々に応援していただいたらとっても嬉しいですもの!

030

031

035

北アルプスを望む信濃大町で、北アルプスの風を感じていただけたと思います。この「風」の中には、大町の方々のあたたかな気持ちも含んでいるはずです。
また来年もご参加下さいね!

038

040

それにしても今日は素晴らしいお天気でした。
047

爺ヶ岳も鹿島槍ヶ岳もこんなにクッキリ
これで冬将軍がきたら三段紅葉です
でも昨日の今日、ちょっとハードな動きでパワー不足

051

よし!これだ

052

西友の中のパン屋さん、このハンバーガーnonkoも顔も隠れるぐらいです。

208

今日は久しぶりの雨!
肌寒い季節がやって来ました。お燗のお酒が美味しいですね〜〜〜
今日は定休日、あたたかなお酒のイメージ写真を撮りに行ってきました。

163

松本方面へ20日の「十六代九郎右衛門ひやおろしの会」のお買い物を済ませ、乗鞍方面から白骨温泉へ車を走らせました。
乗鞍高原のバスターミナルあたりは紅葉が綺麗

165

164

166

167

168

170

171

乗鞍バスターミナルあたりは白樺の木の雰囲気が素敵です。

174

ここからはひと山越える感じで上って行きます。

177

お天気が良ければこの奥の方に乗鞍岳が見えるはず・・・

180

お〜〜〜谷底に温泉街が見えるでしょう。「白骨温泉」です。
もう20年以上行ってなかったのでどうなってるかな〜?

181

こっちにもお宿が見える〜、こんなに広かったかな〜?

183

車を止めて「おやすみ処 球道」様へ


185

デッキで地元のお料理をいただきながら雨の白骨温泉もいいものです。

189

岩魚を焼いていただき、nonkoだけ「真澄」さんのお燗酒
やっぱりこの時期はお燗のお酒が心地いいですね!

188

一品一品のお料理がとっても美味しく、全てが酒の肴(笑)

187

こちらは日帰り入浴もできるので、ゆっくりと楽しませていただけます。
また向かいにも温泉があり、「湯めぐり」を楽しめるところです。
先に店主は球道様の温泉へ・・・、nonkoは写真撮りをしたいので、向かいの「白骨温泉公共野天風呂」へ・・・

195

雨は結構な降りになってきましたが、こんな景色もいいものでしょう。

198

199

紅葉を楽しみながら、少し下りたところに野天風呂があります。

201

この屋根凄いでしょう!野草がしっかりと生えてるでしょう、面白過ぎ〜〜〜

202

こんなに綺麗で清潔感のある公共野天風呂だとは思ってもみませんでした。

218

203

219

素敵でしょう
目の前に渓流が流れています。
白骨温泉ってまわりの景色が見えないところが多いのですが、ここは穴場かも?

207

もちろん貸切状態だったので、ちょっと失礼して写真を撮らせていただきました。
これからはお燗のお酒が美味しいですよ〜〜〜
お燗のお酒を「お爺ちゃんのお酒」ってイメージ持たれてませんか?お燗はとっても心地いいですし、nonkoはこの仕事をするようになってからは一番好きな楽しみ方のできる時期です。

220

番台?のようなところにはもう係の方も不在で、代わりに栃の実さんがお留守番していました。
何だかとっても温かみを感じる温泉です。

221

222

シトシトと雨の中、灯りがつく時間までゆっくりさせていただきました。

20日の日本酒会、是非皆様ご一緒にいかがでしょう。
「十六代九郎右衛門・湯川尚子社長御夫妻」と楽しいひと時をと思っています。
お申し込みは横川商店までどうぞ!
TEL:0261−22−0133

【白骨温泉】

003

昨日は「立山黒部アルペンルート」へ行ってきました。
来年は「くろよん50周年記念」と言うことで、ぜひお出かけのご予定に入れていただけると嬉しいです。
まずはnonkoがアルペンルートをご紹介いたしますね!
店主に扇沢まで送ってもらう道中の紅葉はまだ少し早いようです。

006

昨日は月曜日と言うことと、朝一番と言うことでまだスムーズにトロリーバスに乗り込むことができました。

007

破砕帯を通過し、富山県へ入ります。

023

ジャ〜〜〜ン!「黒部ダム」です

026

迫力の放水でしょう
今年は昨日で終了しちゃいましたが、来年また6月ぐらいから放水されるようです。

030

黒部ダムの堰堤を歩きながらまわりの紅葉を楽しみます。

022

立山方面の紅葉が素晴らしい

029

nonkoがいつも歩く遊歩道あたりのブナの紅葉はまだ少し早いかな〜

035

ダム堰堤を歩いて「黒部湖」からはケーブルカーで「黒部平」まで向かいます。
ちょうど中間で上からのケーブルカーが交差します。先頭に立ってるとよくわかるんです

036

黒部平は今ちょうど見頃です

041

043

立山方面を望むと素晴らしい

047

こちらは白馬の峰々です。

054

黒部平からは支柱が一本もないロープウェイで「大観峰」まで行きます。
ロープウェイは順番なので、いち早く整理券をいただくのがポイントです。ツアーのお客様はその必要はございません。

053

支柱がないと写真もこんなにきれいに撮れるのです。
車内は結構混雑してるので、できるだけ係りの方もお客様が譲り合って写真が撮れるようにご案内されてもいいのかな?これはどこのロープウェイも同じことが言えるような気がします。
nonkoは〜って、「すみませ〜ん、一枚だけ写真撮らせて下さい!」と言って場所を空けていただきました。
そのあとに皆様どんどんと譲り合われていましたからね〜、皆様紅葉の写真を撮りたいのは同じですからね

058

大観峰に近づくにつれて山肌も鋭く見えてきます。

061

大観峰から下を見下ろせば「黒部ダム」が見えます。正面右手奥には針ノ木岳かな〜

063

ここからトロリーバスに乗ったら「室堂」に着くのです。

064

目の前に立山が見事にそびえています。右奥が雄山でしょう。

071

わぁ〜〜〜綺麗でしょう、「みくりが池」です。
コバルトブルーの色がたまりません。

100

097

091

クマさん達は2回目の室堂だね!以前はただ通過して京都まで帰ったからね〜

087

その横にある「みどりが池」も綺麗でしょう。

075

玉殿の岩屋の方を散策していたら・・・

078

アッ、誰か・・・

079

尺八を演奏されてる〜、それがとっても素敵に聞こえました。nonkoも何かしたい〜〜〜
後ろ姿をきき入っていました。

080

【立山室堂】
江戸時代中期に建てられた日本最古の山小屋は、国の重要文化財に指定されているそうです。

090

【血の池】
なだらかな湿地に血のように赤い水たまりが点在しています。 その赤い色は、水分中に多くの酸化鉄が含まれることに起因しているものです。かつては血の池地獄と呼ばれ、立山地獄のひとつに数えられていました。

093

【えんま台】
えんま台はみくりが池温泉の北部、高台に建つ展望台です。
足元には地獄谷を見下ろし、その荒涼とした風景を一望することができます。
まるで小さな玉川温泉のようです。硫黄の匂いもブンブンしていました。

102

しかし昨日はお客様が多かった〜〜〜
ダムの放水が最後と言うこともあったのでしょうね〜

109

室堂からは直通で「立山」まで高原バスで下りるのですが、途中下車する方々とはバスが違うのでご注意です。
nonkoは「弥陀ヶ原(みだがはら)」で途中下車したかったので、直行ではないバスに乗りました。
標高1,900mの亜高山帯で、弥陀ヶ原高原やカルデラ展望台を観光するにはこの駅が起点となります。
このあたりの紅葉も綺麗でしたね

117

心地良い風に吹かれてトレッキングです。
まさに「高原」といった感じです。
118

木道がとっても綺麗に整備されていて歩きやすかったです。

121

128

132

バス停のすぐ前にある「弥陀ヶ原ホテル」様でちょっとお昼休憩です。

130

クマさん達とケーキセットのお昼です。
限定のチョコレートケーキ美味しいね
せっかく沢山歩いても、これでいっきに挽回だ

141

ここからはまた高原バスに乗ってどんどんと下りていきます。
途中のブナ林がとっても素敵でした。

140

また樹齢数百年もあるかのような巨大な「立山杉」を見ることが出来ます。
このあたりきっと原生林で残ってるのだと思います。
ブナの木もそんな感じがしましたから。

146

立山黒部アルペンルートの最後はこちら「美女平」からのケーブルカーです。

147

立山駅に着いた時には黒部ダムへ向かわれるお客様がいっぱいでした。
う〜ん、個人で来るのも自分のペースで楽しめるのでいいものです。
前回来た時は、まだnonkoが観光客で横川商店へ来ていた時です。
大町から京都への帰り道で通って以来です。
来年は「くろよん50周年記念」と言うことですので、ぜひ御旅行の予定にいかがでしょう。
京都にいた頃はとっても大層な「立山黒部アルペンルート」の感覚でしたが、個人でまわるのもいいものですよ

【立山黒部アルペンルート】
【黒部ダム】

009-1

行ってきましたよ〜〜〜〜〜〜「栂池自然園」
ご一緒に周遊いたしましょう。

151-1

栂池のゴンドラリフトを降りたらもうこんなに紅葉が始まっていました。

014-1

でも観光のお客様も多い多い〜〜〜、nonkoが毎年栂池に行くのは11月になってからなので、この時期に行くのは初めてです。

019-1

「栂池自然園」に入ると、直ぐにクマさん達がいつもの場所で記念写真を撮ります
020-1

ムフフ・・・、カメラマンのオジサマも撮らせてって〜〜〜、真剣に撮っていただいたのでビックリです。
「このぐらいの余裕を持って来るのはいいね〜」って言われたのですが、余裕はないのですが家族だから・・・
意外とこの場所は面白くって、昨年は「去年もここで撮ってたよね!」と言われる始末(笑)

021-1

ミズバショウ湿原ではもうミズバショウの葉っぱもペシャンコになっていました。
これは「ヤチトリカブト」です。

023-1

024-1

この二つはなんでしょう?この時期に来ないので・・・

026-1

木道を歩き「ワタスゲ湿原」を経て「浮島湿原」へ向かいます。

030-1

所々で湿原のうつり込みが見られます。

034-1

こんな可愛らしい秋を見せてくれたり、一つ一つの山野草に「今年も楽しませてくれてありがとう!」と言う気持ちで、今年最後姿を見送ります。

040-1

浮島湿原へ来ると、ものすごいカメラマンの方々がいらっしゃいました。

045-1

時々陽がさしますが、白馬三山は見えそうにもありません。
でもこの景色で十分です

050-1

リンドウもこのまま冬眠を迎えるのでしょう。来年の秋にはまたお花を見せてね!

051-1

銀命水でお水をくんで少し休憩です。
冷た〜いお水です。

059-1

モウセン池でも沢山の方々がご休憩!
皆様ファッショナブルです。nonkoは普段着、しかも食べるもの買っていたのに持って来るの忘れるし〜〜〜

061-1

ナナカマドの葉っぱも綺麗

062-1

イワカガミの葉っぱはこれから紅葉するのかな?しないでこのまんまかな?

066-1

きっと7月に来た時にはここにはまだ雪がいっぱいあった場所です。

068-1

チングルマがこんなふうに群生していました。
白いお花が咲くのが7月初旬、直ぐにこのような状態になってしまうお花です。

071-1

ツルリンドウの実が可愛い!

072-1

ただ照った葉っぱですが、秋を感じますよね

074-1

「展望湿原」に着きましたが、やっぱり白馬三山は雲の中でした。
腰を下ろす場所がほとんどなく、こんなに多い栂池は初めてです。

079-1

ここからは来た登山道ではなく、一周まわる「ヤセ尾根」経由です。
nonko最大の難所です
このようにガスってくれる方が下が見えなくていいのですが・・・

078-1

オオカメノキの実が綺麗でしょう。

081-1

ヤセ尾根からはまわりの景色がよく見え、こちらは栂池自然園が見渡せます。

089-1

095-1

このあたりお天気が良かったらもっと鮮やかに紅葉が楽しめると思います。

090-1

091-1

092-1

104-1

107-1

nonkoはこのダケカンバの雰囲気がとっても好きなんです。
冬の厳しさを樹が表現してくれているような気がします。

106-1

結構きつい場所でしょう。最初の頃はここを歩くことができないほどの高所恐怖症でした。

-1

今回一番の見頃はこちらの「サラサドウダン」の紅葉です

100-1

101-1

目がさめるような鮮やかさでしょう

110-1

ゴゼンタチバナもこのあたりのものは葉っぱも紅葉が始まっていました。もっと標高が低い場所はまだ緑色の葉っぱです。

114-1

タケシマランの実です。

113-1

ヤセ尾根が終わると、栂の木が続きます。

112-1

この裂け目は寒さによる「凍裂(とうれつ)」と言われるものです。
冬の厳しさを感じますね!

116-1

またまた浮島湿原へ戻って来ました。

1041-

先程までのカメラの方々が少なくなり、皆様お弁当を広げてお楽しみです。
ここからはまた来た登山道に戻ります。

133-1

楠川ではお手洗いもあるのでありがたいことです。
ここでは水辺で遊んでられるご家族が多かったです。

125-1

雪どけの頃にも見た滝?と思ってましたが、沢筋なのでしょう。
まわりの紅葉がとっても綺麗でした。

135-1

ワタスゲ湿原を経て・・・

140-1

ミズバショウ湿原へ向かいます。

144-1

遠くに「栂池ヒュッテ記念館」を見ると、「お腹が空いた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」
ここまでが写真を撮りながら休憩もして約4時間ちょっとです。
浮島湿原往復なら2時間ぐらいでしょう。

149-1

栂池山荘で食べたおそばがとっても美味しかった

*よろしかったら初夏の栂池自然園もどうぞ!

030--1

今朝は早起きして店主と北アルプス山麓の森へ・・・

031-

お〜〜〜蓮華岳の頂上あたりが紅葉してる

039-1

043-1

いつもの森に来ました!
このあたりはまだ紅葉の気配はないけど、車外へ出ると寒い寒い・・・

034-1
035-1

今日も栃の実さん、沢山ありがとう!お客様にお持ち帰りいただきますからね

051-1

扇沢方面へ行くと、爺ヶ岳の登山口はもう車が満車状態です。
この沢から登っていくのです。

052-1

凄い車でしょう。全て県外のナンバーです。

045-1

上の方はもう紅葉しています

047-1

爺ヶ岳の種池山荘あたりはもう紅葉がピークを過ぎたそうです。
本当に短いグリーンシーズンですね!

056-1

高瀬渓谷方面へまわりましたが、こちらの方はまだまだのようです。
今年は水量が少ないのかな〜?

057-1

こちらいつもきれいに紅葉する場所ですがまだまだです。

061-1

帰りには野口にある「大町ワインぶどう生産組合」の原田様のぶどう畑に立ち寄らせていただきました。
063-1

赤ワイン用ぶどう品種「メルロー」は素晴らしい出来です
糖度も凄いですが、酸味が残るのが大町の特徴でしょう。これが凄いんですよ〜〜〜、熟成には酸味が必要ですからね

066-1

白ワイン用ぶどう品種「シャルドネ」も素晴らしい出来です
こちらは来週ぐらいには収穫されるようです。楽しみですね

079-1

今日は大町の原木舞茸をゲット
「大北農協まごころ市場」様で、山の中で原木栽培されている舞茸を分けていただきました。

080-1

香りも味わいも申し分ありません。
大町も凄いでしょう

092-1

昨日の雑茸と一緒に「とうじそば」です。
店主はどうやら冷えてるようで、ちょうどいいか

093-1

096-1

やっぱり冷えてたんだ〜、温かいものが美味しいって
皆さんお腹に温かいものを入れて下さいね。夏バテしてる方はお腹が冷えてると思いますので、温かな汁ものをお楽しみ下さいね。大町はこれからどんどんと紅葉が始まって来ます。
是非素晴らしい錦秋の大町へ

*明日は「上諏訪街道呑みあるき」で、nonkoは「酒ぬのや本金酒造」様のレジにいます。
実は・・・「本金・秋あがり」はもうお蔵様でも完売で明日は試飲のご提供がありません。その代わり明日のみ「限定太一」が出るそうです!nonkoもゲットしなくちゃ

このページのトップヘ