呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

紅葉情報2017

オハツキイチョウ見〜つけた!「霊松寺」様

IMG_0095

いよいよ霊松寺様もオハツキイチョウの葉っぱが黄色い絨毯のように落ちていて、ドウダンツツジとコラボしています。晴れた日は何とも美しい光景なのです。
紅葉ピーク時も良いのですが、nonkoはチョッと遅めの今の時期もとっても好きです
そしてオハツキイチョウもしっかりとゲットしてきました
IMG_0062

IMG_0051

IMG_0063

IMG_0066

IMG_0082

IMG_0079

IMG_0070

IMG_0052

IMG_0053

IMG_0056

IMG_0057

IMG_0059

IMG_0064

IMG_0067

IMG_0068

IMG_0075

IMG_0076

IMG_0077

IMG_0078

晩秋の仁科三湖

IMG_0012

大阪の帰りは糸魚川経由で小谷村、白馬村を通過し、仁科三湖を見ながら戻って来ました。
小谷村の民家の雰囲気がとっても素敵です。
IMG_0022

白馬三山は見えなくても、晩秋漂う雰囲気が良い感じです。
IMG_0027

IMG_0025

IMG_0026

IMG_0031

青木湖北部はもういつ雪が舞ってもおかしくないぐらいです。
風が無かったら映り込みもキレイだったかと
IMG_0038

IMG_0039

中綱湖も晩秋の季節がやってきています。
IMG_0045

陽射しで紅葉がとってもキレイな木崎湖です。
IMG_0047

IMG_0048

本日シンセサイザーコンサートです!「霊松寺」様


【動画】
080

048

本日大町市「霊松寺」様にて、「影武者」様によります「シンセサイザーコンサート」がございます。
是非晴れわたる本日、大町の紅葉と一緒にお楽しみ下さいませ。
開催時間:11時と13時
開催場所:鐘楼

*昨日現在霊松寺様は紅葉真っ盛り!かなりの混雑が予想されますので、お車のお客様はくれぐれも御注意下さいませ。

錦秋の霊松寺


【動画】
大町・霊松寺様の八徳水です!
今年も素晴らしい紅葉で連日多くのお客様がいらっしゃってます。
079

074

071

065

064

067

061

062

先ずは本堂の見える道路から紅葉を楽しみ、下に降りて行きます
017

018

オハツキイチョウも見頃です!
【オハツキイチョウ】
イチョウは、中国原産の雌雄異株木です。朝鮮半島経由にて日本に渡来しました。葉が厚く、燃えにくいため、火難除けの意味も込めて、社寺庭園木となったと考えられます。
中国では、「鴨脚」(Jacian)と、呼び、ヤーチャオ→イーチャオ→イチャオが、訛って、日本ではイチョウと呼ばれる様になりました。
霊松寺のオハツキイチョウは、厳しい気象条件等により先祖帰りの形を取った珍しいイチョウです。
葉に銀杏様の物を宿すもので、葉の約一割程度がこの形を取ります。
子宝お守りとして持ち帰る方が多勢いらっしゃいます。(霊松寺様HPより)
045

013

010

【山門】
嘉永5年建立。藤森広八政因(まさより)代表作。
明治初年、廃仏毀釈で廃寺となった松川村観勝院より解体移動されました。
明治11年霊松寺境内に移築。地形・伽藍配置により東向きから南向きへ90度回転され再建されました。上層蛙股内の十二支が、90度ずれていることが、その証拠です。
平成5年8月12日長野県指定有形文化財(県宝)に指定。
大正2年屋根ふきかえ、昭和46年トタン葺きに改修。平成16年茅葺に改修。
暖かみのある曲線は日本建築の粋と言えます。(霊松寺様HPより)
046

015

012

005

本堂の中にもでひどうぞ!
【本堂】
霊松寺様は、功徳林大洞山霊松寺と号し、慶永11年(1404年)に信濃国では最初に開かれた曹洞宗寺院です。實峰良秀禅師を開山、仁科郷領主・仁科忠盛公を開基として開かれました。
平成16年に開山600年を迎えた古刹です。
本堂は廃仏直後の建立で、達淳和尚の苦労が偲ばれます。
間口12.5間、奥行13.5間。面積167.8坪。
030

本堂天井には鳴き龍の天井絵があり、もの凄い迫力です!
032

こちら本堂では地元の「松栄屋」様の「生そば」も販売されています。
031

サクッと美味しい「オハツキイチョウ」は、「マルキ立田屋」様のサブレです。
メチャクチャ美味しいんですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
033

本堂から庫裏に向かう途中で、このようなカゴも拝見できます。
【庫裏】
善光寺地震後、嘉永年間の作。
間口10間、奥行20間(200坪)、屋根坪600坪。
600年記念工事にて屋根塗装改修。
たたき土間と、大きな梁が見事です(霊松寺様HPより)
044

ただ今庫裏にて、大町の「高橋貞夫」先生の「木彫と彫彩」を拝見させていただくことができます。
この夏「北アルプス国際芸術祭」にて多くの話題となりました作品です。
大町の身近な自然を題材にされていて、とってもあたたか味を感じます。
ラッキーであれば高橋先生がいらっしゃるかと存じます。
是非お声かけされてみて下さいね!
042

040

041

ドッシリとした土間に、木の作品は本当に趣があるものです。
039

土間の横には素晴らしい天井
043

034

窓から見る紅葉も素晴らしいです
035

036

とっても珍しい隠し扉からは、庫裏の入り口が見えるのです。
038

二階から見る外の景色もいいものでしょう
049

059

053

お庭も素晴らしいですよ〜〜〜!
是非お見過ごしなさらぬようにね!
080

【鐘楼】
600年記念事業として新築。総ケヤキ造り。
梵鐘直径4尺(120cm)、重さ2.5t。
長野県下一の鐘楼です。住職は、世界の平和を祈念する気持ちを込めて建立いたしました。
この梵鐘を作る発願文(ほつがんもん)は、次の通りです。
願わくは、釈尊の御声 普く世に響きわたり
我ら人類 利他 布施行に目覚め
国家・宗教・民族の相違に起因する
全ての争いを思い止め、
一切衆生、相い慈しみ
世界平和・万邦和楽の緑輝く、佛国土たらんことを
*参拝者どなたでも平和を祈って撞いて下さい。
(霊松寺様HPより)
078

077

076


【動画】
048

明日11月3日は「鐘楼」にて「影武者」さまのコンサートがございます。
是非お楽しみに!

晩秋の大町に・・・

DSCN4762

大町に戻りようやく晴れて北アルプスが見えた朝でした。
紅葉情報をお休みしていて申し訳なかったです。
DSCN4765

蓮華岳
DSCN4766

爺ヶ岳
DSCN4767

鹿島槍ヶ岳
DSCN4768

五竜岳
DSCN4769

白馬鑓かな?

【動画】
DSCN4784

高瀬渓谷が気になっていて、午後からチョッと見てきました。
もうね、大町ダムの手前が見頃と言う感じです。
DSCN4779

DSCN4777

そこから奥へ行くと色あせているような感じです。

【動画】
日向山あたりもとってもキレイです
DSCN4786

DSCN4790

DSCN4793

DSCN4794

ちょうど「くろよんロイヤルホテル」様あたりがキレイですね
DSCN4798

DSCN4797

DSCN4804

DSCN4801

大町温泉郷あたりも抜群にキレイです
今まさしく三段紅葉と言った感じですね!
DSCN4829

霊松寺様、今ちょうど見頃のようです
11月3日は恒例の「影武者」様のシンセサイザーコンサートが開催されます。
午前の部・11時から、午後の部・13時からの2回演奏の形で行われますので是非どうぞ!
DSCN4832

DSCN4837

高瀬渓谷見頃です!

DSCN4499-1

今日は雨でしたが「高瀬渓谷」の紅葉がとってもキレイで見頃となっています。
当店のお客様にも今日はこちらをご案内させていただきました。
DSCN4505-1

DSCN4504-1

DSCN4495-1

DSCN4494

葛温泉手前あたりがこれぐらいの紅葉です。週末までは十分にお楽しみいただけるかと思います。
DSCN4492-1

DSCN4493-1

大町ダムから少し奥に行ったところではまだこれぐらいの紅葉ですので、今後ドンドンと進んでくれると思います。
どうぞ素晴らしい大町の奥座敷の紅葉をお楽しみ下さいませ。

温泉入って郷土の味わい

22519236_1499387346818645_6684402600987815450_n
22552554_1499387366818643_5179651764770949855_n

この秋は酷い筋肉痛に悩まされてます。
まぁこの巨体を何とかしないといけないのはわかってます。
週末から出張前なのでマッサージに行き、顔までマッサージされたのは初めて!全身ガチガチだよ〜〜〜!
午後からは松本郊外の扉温泉「桧の湯」様に飛び込み、源泉かけ流しの低温温泉でまったり
定休日は解放感が違いますよ〜〜〜!
DSCN4475

入浴後はお向かいの「かすけ食堂」様へGO
自家製のお漬物が凄いんですよ〜、しかも安い!
DSCN4477

そのあとは地茸「ジコボー」がタップリ入ったお蕎麦で大満足!
DSCN4474

DSCN4472

DSCN4471

店内のディスプレイにビックリ仰天!
さすが近くの山辺のブドウ栽培農家さんが多いので、こういう雰囲気はありがたいですね。

【桧の湯】さま
長野県松本市入山辺8967−4−28
営業時間:10時00分〜19時00分
TEL:0263-31-2025
【かけす食堂】さま
桧の湯さまのお向かいです!
営業時間:11時ぐらい〜17時ぐらい?
TEL:0263-31-2114

錦秋の黒部ダム周辺

064

キラキラ輝く黒部湖を横目に、観光船「ガルベ」の乗り場へ!
066

立山黒部アルペンルートでは、なかなか黒部湖周辺を散策する事って少ないでしょう。
黒部ダムや黒部湖周辺は是非1日とってお楽しみいただきたいと思っています。
nonkoはここから見る黒部湖が好きなんですよね〜、特に紅葉の時期ね!
067

069

観光船乗り場までの紅葉もとってもキレイ
071

072

来た来た〜〜〜、あのガルベに乗るんだ〜〜〜!

【ガルベ船上・動画】
074

もちろんクマさん達も一緒です
080

船上からの立山連峰も素晴らしいですね!
089

湖面がキラキラ光り、工事の方のお船かな?
091

092

093

「平の小屋」と「平の渡し」のある場所です。
黒部ダムの完成により黒部湖によって分断された登山道を連絡するために開設された渡し船です。
船の上の梯子を見てゾッとする〜〜〜、高所恐怖症のnonkoには絶対に無理!!!
095

097

裏銀座の奥の奥、かなりの山好きな方でないとなかなか行けません。
何泊して辿り着くところなのでしょうね〜
098

101

水しぶきをあげながらドンドンとガルベは進みます!
108

ガルベの船内は天井も透明なので、より雄大な景色をお楽しみいただくことができるのです。


【遊歩道・動画】
ガルベを下りたら直ぐ横の「カンパ橋」を渡って遊歩道をトレッキングです。
ここは本当に落葉樹が多く、ブナ、カエデ、ダケカンバなどの紅葉をお楽しみいただくことができます。
115

117

121

124

125

128

136

137

138

139

141

143

119

ブナの葉っぱ、葉脈がとっても好きなんです。
113

ブナの実です。可愛らしいでしょう、今年はそんなに実を付けてくれなかったようです。
このような遊歩道、歩いているだけでとっても気持ち良い時間が流れます。
アルペンルートで時間を追われることなく、ただただゆっくりと迎え入れてくれる森です。
146

帰りはレストハウスでダムカレー!
148

黒部ダム駅の駅員さまに手を振っていただき、扇沢まで戻ってきました。
今週末もまだまだキレイに見られると思いますよ〜〜〜!
【黒部ダム】
【黒場ダム散策コース】

黒部ダムの三段紅葉


【破砕帯・動画】
004

扇沢からトロリーバスに乗って、破砕帯を通り黒部ダム駅へ!
006

今回はまず「展望台」へ行きました。
約240段の階段もゆっくり上がれば大丈夫、水場もありますからね〜
007

ヒャ〜〜〜〜〜〜〜〜、初冠雪!
まわりのお客様も息を切らせて上って来られ大歓声です。「来てよかった〜!」「素晴らしい〜!」所々でこのような会話が飛び交っていましts。
010

008

011

もう少し待てば霧も消えてくれるかと!!!
でも霧も良いものでしょう
018

020

白馬方面は白馬岳が浮かび上がって見えてました。
026

022

立山連峰も見え隠れして、早くお顔を出しておくれ〜〜〜!
035

038

約1時間後にようやく勇壮な立山連峰が顔を出してくれました
044

立山ロープーウェイの大観峰も望めますよ〜〜〜!
034

042

素晴らしい三段紅葉でしょう
043

外階段で黒部ダムの堰堤を歩くことにしましょう。
053

056

055

外階段ではダム工事の時に使用されたコンクリートバケットなどが展示されています。
057

058

気の遠くなるような大工事だったことがうかがわれますよね!
054

このワイヤーも凄いでしょう。ワイヤーと言うより、鉄の塊みたいです。
060

まわりの景色を楽しみながらダムの堰堤に下りてきました。
よし!ここを歩いて観光船「ガルベ」に乗ろう!
061

062

063

【黒部ダム】

雨の鎌池&白池

DSCN4275

今日は娘が公休、お昼前から小谷村の「鎌池」、新潟県側の「白池」の紅葉を見てきました。
ここ何日かの冷え込みで、いっきに紅葉が下りてきているように思います。
先ずは「鎌池」ですが、いつもなら晴れる日に出かけるのですが、雨の時はどうなんだろう?って!
過去に一度来たことがありますが、今日は霧が出てきたのでどうにもならずに断念です。
でも観光のお客様でも、せっかくお出かけいただいても「雨」の時ってありますよね〜、意外と良いものだと思いますよ〜!
DSCN4268

DSCN4267

DSCN4273

DSCN4270

DSCN4278

DSCN4277

いっきに霧が出てきたので撤収しましたが、霧が出てくる瞬間ってとっても幻想的でした。
DSCN4265

さすが駐車場はガラガラでしたが、晴れたら入りきれない程のお客様がいらっしゃいます。
「ブナ林亭」様の営業されていますので、麺類やきのこ汁などお楽しみいただけます。
DSCN4283

DSCN4287

鎌池を出るとこのような風景が広がり、晩秋をも思わせるような光景でした。
そしてもう少し北上し新潟県に入ります。
平岩のあたりから蓮華温泉方面に車を走らせると、途中に「白池」があります。
ここは新潟県なので、長野県ではあまりご案内をされていませんが穴場ですよ〜!
DSCN4290

白池に着くと、横に小さな「五月池」があります。ここもキレイなんですよね〜!
DSCN4291

DSCN4294

DSCN4298

このあたり遊歩道が整備されていますので、とっても歩きやすくなっています。
DSCN4301

紅葉の林を抜けると「白池」に繋がっていきます。
DSCN4303

「白池」です。
DSCN4302

DSCN4304
DSCN4308
DSCN4306

どちらも今週末まではキレイに見られるかと思います。
今日は雨でしたが、晴れた時には素晴らしい風景が広がります。
DSCN0605

DSCN0624

【晴れた時の早朝の鎌池】
7bbc9306

【晴れた時の白池】

錦秋の志賀高原〜万座!

005

昨日の定休日、娘も公休とあって、またまた三人で志賀高原方面の紅葉狩り
毎年のコースで出かけてまいりました。
006

先ずは「一沼」で〜〜〜す!
車は「サンバレー」の駐車場に置きます。
メチャクチャ多くのカメラマンの方がいらっしゃいました。
このあたり昨日が一番良かったように思います。
008

009

018

013

014

一沼を横切って「琵琶池」へ向かいます。
020

016

青空に紅葉が映えてとっても素敵でしょう
028

琵琶池です。
池の形が楽器の琵琶に似ているそうで名付けられたそうです。
024

025

027

023

昨日は快晴ではあったのですが、池の周りには霧がかかっていました。
ここから駐車場に上るまでのあいだも紅葉がキレイです。
032

031

033

034

036

駐車場から一沼、そして琵琶池を周り、駐車場に戻るコースは約30分程です。
さ〜てお昼は目の前の「志賀高原の家・グリーン」様です。
046

可愛らしい建物がグリーン様の目印!
窓からがまわりの山々が見えるのでとっても素敵なレストランです。
037
039
041

先ずは地ビールと白ワインでサラダを頬張ります!
この時間が楽しみで来るようなもの(笑)
アルプス様のワインがサラダのドレッシングにピッタリです
043

グリーン様と言えばやっぱり「自家製カレー」、そしてハンバーグです
042

カレーと言えばやっぱり赤ワイン「コンコード」でしょう。共にアルプス様のワインで、塩尻のブドウを使用されています。
038

炭水化物地獄と思われようとも、やはりグリーン様のパンも外せません。
お腹いっぱいの満足感にて次の場所へGO〜!
048

丸池です!
こじんまりとした池です。
049

050

051

053

054

店主絵になりますよね(笑)
059

蓮池です!
ここはいつも陽当たりが良く、明るい感じの池だと言う印象があります。
060
061
062
064
067

蓮池からはまわりの山も見渡せ、とっても景色の良い場所です。
志賀高原って広いな〜ってつくづく思います。
069

ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、店主の車の上に「サル!」
イチイの実を頬張ってるんですよ〜、むしゃむしゃと!怒っても逃げない逃げない!!!
071

こんなにされちゃった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
074

075

蓮池を後に車窓から白樺の紅葉を楽しみます。
084

横手山が正面に見えてくると渋峠はもうすぐです。
085

相当高いところまで上がって来たでしょう。
088

標高2152mの地点に立地する「渋峠ホテル」様です。
面白いでしょう、館内が「長野県」と「群馬県」にわかれちゃってるんです(笑)
089

ここからは青空に向かって走ってるかのようです。
090

白根山方面は景色が一変します。霧が流れてくる様子も凄いです。大自然ですよね〜!
091

日本国道最高地点通過〜〜〜!
097

100

095

092

白根山周辺は所々で噴煙が上がってましたが、霧が無ければもっとキレイに山麓の紅葉が見えたかと!長野県から群馬県に入るとこれほどまで景色が変わるのですね〜
105

107

109

〆はやっぱり温泉ですよね!
「万座温泉」にゆ〜っくりと浸かり、一週間の疲れを癒す
ここに来るといつも秋田の玉川温泉を思い出します。
硫黄の匂いを嗅いでるだけで身体が良くなりそう〜
111

万座温泉からは、そのまんま下に降りる道があり、約1時間で長野県高山村に出るのです。
相当標高差はありますが、このあたりからの景色も素晴らしいのです。

【動画】
113

霧が流れている様子があまりに幻想的で、ず〜っと眺めていました。
116

下って来ると霧が晴れて遥か遠くに「北信五岳」が見渡せます。
118

119

最後には唐松の紅葉も見られ、タップリと充電できた一日でした。

【志賀高原の家 グリーン】

立山黒部アルペンルート(帰り・室堂〜扇沢)

098

立山黒部アルペンルートでは、秋、絶対にどこかで最高の紅葉が見られます。
9月中旬室堂の草紅葉に始まり、10月下旬頃には扇沢から大町温泉郷までの紅葉が見事です。
本来なら「お天気合わせでお出かけ下さ〜い!」と言うのが本音ですが、霧雨や雨の紅葉も意外と幻想的ではないかと思います。
ただ今年は寒い!防寒対策だけはお忘れなく。
昨日は室堂から黒部ダムまでは、陽射しの関係で行きと反対側の山がキレイに見えます。黒部ダムの放水も見ながら扇沢に戻り、そこからはMyベンツ2号にて下りてきました。
毎年室堂では雄山方面「一の越」まで登るのですが、昨日はチョッと膝の具合が不安だったので、弥陀ヶ原に変更、そしてまた室堂に戻ってきました。
101

102

いつかきっと雄山神社まで登ってみたいnonkoです。
室堂ではやはり「みくりが池」が見どころではないかと思います。
122

127

110

106

114

115

池の色がたまらなくキレイでしょう。
112

113

みくりが池の水の色は、すぐ横にあるこの地獄谷の影響もあるのでは?なんて勝手に推測しているnonkoです。
095

094

大日岳方面からは富山平野も見えるのですよ〜
雲がよければ雲海も見えることもあるそうです。
137


【動画】
室堂を後に、また立山トロリーバスにて大観峰へ向かいます。
142

大観峰に着くと、朝と違い陽射しが逆になってるので、黒部湖を眼下に北アルプスがキレイに見えてきます。
143

針ノ木岳もキレイに見えますよ〜、やはり大町にいますと「針ノ木岳慎太郎祭」がある関係で針ノ木岳は特別な山となっています。

【動画】
ここをまた支柱のないロープーウェイで下りて行きます。
このエリアは雪崩が多く、のみこまれれば支柱が流されてしまうため、あえて作られていないそうです。
144

147

上りも下りも進行方向が迫力ですね!
155

またまた黒部平に下りて紅葉を楽しみます。
こちらがこの三連休見頃となるようですので、ゆっくりと散策をお楽しみ下さいませ。
161

黒部平から立山方面を見ています!
この下には遊歩道がございますので散策してみて下さいね。
162

165

針ノ木岳も大観峰からとは違い、見上げるように見えます。
172

168

ケーブルで黒部湖駅に着き、また「黒部ダム」の堰堤を歩きます。
行きは急いでいたので目に入らなかった放水も、下りてくると余裕をもって見学できます。
169

次回は黒部湖の紅葉をお届けできればな〜って思っています。その時には湖上を観光船ガルベに乗って楽しみたいな〜!
170

黒部渓谷もきれいに見えていました。

【動画】
ダム放水も迫力です!
10月15日16時30分までですよ〜
174

176

180

黒部ダム駅から手を振って下さるスタッフの皆様に、いつも熱い思いが込み上げてくるのはnonkoだけではないようです。トロリーバスの皆様もとても感動されていました。nonkoもこんな仕事してみたいな〜〜〜!
182

扇沢に着きました!無事にトレッキング出来て感謝です。
184

扇沢からは「Myベンツ2」にてお店へGO〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
明日からの三連休、信州は紅葉がとってもキレイです。
是非お出かけ下さいませ!
当店では秋の熟成酒、信州のワインをご用意いたしまして皆様のご来店をお待ち申し上げます。
【立山黒部アルペンルート】
【黒部ダム】

立山黒部アルペンルート(行き・扇沢〜弥陀ヶ原)


【動画】
001

三連休前に紅葉情報をと、「立山黒部アルペンルート」の状況を見てまいりました。
まずは室堂から弥陀ヶ原へ向かいます。
立山黒部アルペンルート、長野県側は我が大町市の「扇沢」が起点となります。きっと皆様どんな乗り物を乗り継いで行くのだろう?そう思われている方も少なくありませんよね。
ではご一緒に「黒部ダム」「大観峰」「室堂」「弥陀ヶ原」まで行ってみましょう。
そして機会がございましたら是非お出かけしてみて下さいね。
今日行ったルートにそって、2度にわけて掲載させていただきますね。
扇沢では名物駅員中里様の名物トークをお聞きし元気をいただき出発です。
002

004

扇沢から「トロリーバス」にて「黒部ダム駅」へ!
ここから徒歩で5分程で黒部ダム堰堤に出れます。展望台へ行かれるルートもありますが、今朝は急いでいたので直ぐにダムへ向かいました。
005

006

ダム湖駅から5分程歩けば「黒部ダム」の堰堤に着きます。ここでは湧水で喉を潤します。
009

011

朝は立山連峰がキレイに見えますが、午後からは逆光になるのです。
この堰堤を歩いてケーブルのある「黒部湖駅」へ向かいます。
ダム堰堤はやっぱり大き過ぎる〜〜〜!
015

黒部湖駅からケーブルで「黒部平」へ向かいます。
017

黒部平に着くといよいよロープーウェイにて大観峰へ向かいます。
ちょうどこの三連休、このあたりが見頃だと思います。
023


【動画】
030

032

034

キレイな紅葉にロープーウェイの中ではお客様方の歓声があがっていました。
036

大観峰に着くと直ぐに「立山トロリーバス」にていよいよ室堂へ!
039

室堂では多くのお客様が富山側から入ってこられていました。
042

室堂から高原バスに乗って「弥陀ヶ原」へ!
車窓から見える富山平野も素晴らしいです。
048

また剣岳も見えるんですよ〜!山好きの憧れの山、聳える姿はやはり凄いですね〜
043

事故も多発しているようですので、気を付けていただきたいものです。
080

弥陀ヶ原のトレッキングは60分でサッと周遊できるコースがございます。
今この三連休はこちらも見頃となります。
062

061

064

042

065

067

068

073

075

076

078

083

077

このあたりから見えるのが「大日岳」です。
広〜〜〜い高原をいっぱい感じることができます。
もう水たまりには氷が張っていました。
約60分トレッキングして、また室堂へ戻りますが、この時必ず帰りのバスを予約して下さいね!
088

室堂へ戻るとまずはランチ!
「ホテル立山」様のラウンジにてシーフードのシチューです。
いつもこれなんですよ〜、メッチャ美味しいのです
090

そして秋はやっぱり「モンブラン」でしょう。
久しぶりのスイーツを楽しみましたよ〜
そしていよいよ室堂でのトレッキングです。
【立山黒部アルペンルート】
【黒部ダム】

錦秋の栂池自然園

001

天候は終日晴れマークだったのに、朝一番に着いたら雨!どういうこと?
山のお天気は本当に変わりやすいものです。
4日は「栂池自然園」に向かったのですが、雨に降られどうしようかと思っていたら9時頃からいっきに晴れてくるではありませんか!ゴンドラに乗っていっきに標高1582メートルの栂の森駅へ
005
157

ここの森はもうこんなに色付いていました。
少し歩いて「栂池ロープーウェイ」に乗り換えて「栂池自然園」に向かいます。
009

このような舗装の道を歩いて10分程で入り口です。
146

お天気も大丈夫そうで、いつも歩くミズバショウ湿原へと入ります。
012

あれれ、工事中なんだ〜、でもこの時期は特に見られるものもないので近道で進みます。
019

ワタスゲ湿原の方へ向かいます。
何だかこの日はもの凄く身体が軽く、朝飲んだパワードリンクのせいかな?これが後々大変なことになるとは・・・(笑)
ほんとピョンピョンと登り坂も歩けるのですよ〜
016

015

020

沼に映り込む枝が何とも幻想的です。
022

023

024

026

山の紅葉を見ながらあっという間にワタスゲ湿原です。
ここまでで20分ほど、もう少しで自然園内唯一のお手洗いがあるのです。
032

033

ワタスゲ湿原過ぎたら直ぐに「楠川」です。
ここにお手洗いがありますが、10月下旬には使用できなくなります。春は7月ぐらいにならなと無理かな?
030

イワカガミやミツバオウレンの葉っぱがまだ青々しています。もうすぐ冬眠になるのにね〜
036

マイヅルソウの赤い実!
077

ゴゼンタチバナの赤い実、秋は「赤い実」が多いですね!
041

043

044

このあたりは紅葉の色も「赤」「黄」「橙」のコントラストがとってもキレイです。
053
057

視界がひらけると「浮島湿原」です。
054

もちろんこの子たちも同伴ですよ〜〜〜!
058

061

今年の栂池は「赤」がとってもキレイ!
062

065

トコトコと木道を歩いていると標高が上がっているのが良くわかります。
068

横にはリンドウの枯れたものが目に入ってきます。
069

ウォ〜〜〜〜〜〜〜〜青空に向かって登ってる感じ!
070

やっと来た〜〜〜、水場の「銀命水」です。

【動画】
北アルプスの天然水「銀命水」は、浮島湿原と展望湿原の間にあり、冷たい川の水を汲むことができます。
085

080

083

銀命水からしばらく色付きを楽しみながら15分程歩くと小さな池があります。
086

映り込みがとってもキレイなモウセン池、7月にはミズバショウが映り込むのです。
092

このあたり「アカモノ」の赤い実がとっても可愛らしいです。
088

ここまで来ると展望室源の稜線が見えてきます。
098

展望室源前の最後の沢筋です。
実はこの沢筋をなぜ覚えているか・・・、それはこの手前にnonkoには最大の難所があるのです。
それを越えたらこの沢筋なもので・・・
096

何の変哲もない登山道に見えるでしょう、でもここは雪どけの頃に来ると、nonkoにはとんでもなく怖いトラバースになるのです。登山道って四季を通じて全く違う顔を見せてくれますからね〜、また天候によってもね!
116

苦手な場所を通り過ぎたら直ぐに展望室源です。
やっぱりお客様多いな〜〜〜!
100

101

真正面に白馬三山の「杓子岳」が見えるはず、山肌が見えそうで見えない・・・、その右側に「白馬岳」が見えるはずなのですが・・・
それでも迫力の景色にウットリです
102

104

108

110

114

115

約1時間粘りましたが、この日のお山は恥ずかしかったようです。
ここからは「やせ尾根」を通り一周コースでまわれるのですが、この日は木道が濡れていて滑るのが怖かったnonkoですので、同じ道を引き返しました。
陽射しの加減で景色も変わるので、それも楽しみの一つでもあります。
133

自然園入口を見下ろしながらの下りです。
145

123

木道に小さな紅葉を見つけて何とも可愛らしい!

【動画】
寒い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、この霧の流れが凄いでしょう!
149

お昼のランチは地ビールとおそば、地ビールにそばの実が入っているので、温かなおそばがバッチリです!
154

155

帰りにゴンドラ横で見送ってくれたトリカブトとアザミのお花です。
【栂池自然園】

三連休の紅葉情報!

昨日今日と二日間紅葉情報をとドタバタしていました。
昨日は「栂池自然園」、今日は待ってましたとばかりに「立山黒部アルペンルート」へ出かけておりました。どちらもこの三連休見頃ですよ〜〜〜!

【動画】
052

086

昨日は「栂池自然園」、朝一番に晴れマークを確認して行ったのに雨!しかも2℃、どうしようか迷いに迷ったのですが、9時前に急にお天気が急変、青空!!!
山の天気は恐ろしや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
今ちょうど見頃となっています。自然園の「展望湿原」一周コース、ゆ〜っくり歩かれて4時間弱です。

【動画】
174

098

今日は「立山黒部アルペンルート」の弥陀ヶ原往復してきました。
ちょうどこの連休は「弥陀ヶ原」と、「黒部平」あたりが見頃だと思います。
どちらも防寒対策をお忘れなく!
個々のご案内は明日に掲載させていただきますね。
是非この三連休は秋の信州の紅葉をお楽しみ下さいませ。
当店は秋の熟成酒をご用意したしまして、皆様のご来店をお待ち申し上げます。
【栂池自然園】
【立山黒部アルペンルート】

紅葉真っ盛りの中央アルプス

012

昨日は駒ケ根の「中央アルプス千畳敷」まで架けられた、高低差日本最高の駒ヶ岳ロープウェイに乗って娘とトレッキング!
いっきに紅葉が始まりましたよ〜〜〜!
016

標高2,611メートルの千畳敷からは紅葉真っ盛りの風景が目に飛び込んできます。
左奥の尖がった山が「宝剣岳」で、写真中央に登山道があります。
017

千畳敷はよく整備されていて歩きやすいので、スニーカーでOKですが、ここから急登である「八丁坂」からはきちんとした装備が必要です。

【動画】
014

反対側の方は南アルプスもキレイに見え、富士山も頭を出してくれていました。
031

033

036

039

038

紅葉見ながら八丁坂を登りますが、こんな急なところがあると景色を見るどころではないnonkoです。足元だけ見ようと思うのですが、やっぱり見てしまう、登って来たところを・・・
クラクラする〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
044

宝剣岳が真横に見えてきたら「乗越浄土」です。
045

ここはとっても平らな場所なんですよ〜、ビックリしました!
054

055

乗越浄土からは直ぐ横に「宝剣岳」が望め、皆様ザックを置いて頂上を目指されます。
しかしながら怖そう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!nonkoには無理そう!!!
053

まさか木曽谷?
048

こちらはず〜っと向こうに町が見えるのですが、塩尻・松本方面かな?
049

山小屋が二軒あり、この土日は超満員のようです。
050

あの山「中岳」の向こうに「木曽駒ヶ岳」があるようで、そこまで行ってみよう!
051

20分ぐらいで中岳頂上に着きます!
065

中岳頂上!

【動画】
073

本当だ〜、「木曽駒ヶ岳」が見えます。もっと尖がっていると思っていましたが、意外と穏やかな山なんですね!でもきっと頂上近くは凄いんだろうと・・・
057

ここからも富士山が望め、360℃のパノラマです。
078

きっと娘もこのような山に来たのは初めてかと!
今回は木曽駒ヶ岳は断念です。もっと体力付かないとね!山では下山のことを考えて登らなきゃです。さ〜てと下山下山!
085

080

帰りは陽の光のあたり方が違うので、山の景色も違って見えるのが不思議です。
何度見ても怖そうな宝剣岳です。
088

またまた八丁坂です。やはり下りの方が怖いんですよ〜
096

097

今こうやって画像を見ていても怖いです(笑)
099

イルカの形をした「オットセイ岩」です。
100

104

登る時と違い山肌がまた違って見えるのです。
105

109

113

114

116

117

120

122

126

128

131

134

139

140

147


【動画】

【駒ケ岳ロープーウェイ】

いっきに紅葉!

DSC_8838

DSC_8853

昨夜はアルプスに初冠雪があるのでは?と思うぐらい寒く、いっきに紅葉が始まりました。
朝から娘公休、いつも北アルプスは見てるので、中央アルプスの「千畳敷」に行きたいと!
しっかりと紅葉していましたよ〜、まだ駒ヶ根からの帰る途中です。
実は今日、登山道にて初めて遭難者に遭遇しました。多分足を骨折されたかと!容姿とお顔を見るとビックリ、お昼過ぎに中岳のつき出した大きな岩の上に馬乗りになっていた若い男の子でした。
娘と危ないよな〜って話をしていた矢先でした。
遭難現場は極々普通の場所でした。今日は何人かの方が転ばれる現場も見たし、若い男性や女性がスニーカーやデッキシューズで普通に登山道を歩かれます。ダメですよ〜、ダメですよ〜〜〜!
明日、明後日も天候が良く、紅葉も良くなってきました。くれぐれも無理な、無謀な登山はやめて下さいね!
遭難者が現場で応急処置をされたのが14時前、担架にて急な坂を下ろされ救急車で運ばれたのは18時前、山の事故は大変です。くれぐれもご安全にお願い致します。

森の恵をありがとう!

DSCN2726

今朝実はいつもの森へ行ってきました。
今年も栃の実さん恵んでくれるかな〜ってね!
DSCN2723

DSCN2724

まだ名残りの野草も咲いていました。
DSCN2728

台風の風雨の後なので、草木がはっきりと見えてキレイ!
草紅葉が何とも言えず可愛らしいです
DSCN2722

DSCN2719

まだまだ樹にくっついているので、まだまだだな〜〜〜!
DSCN2780

DSCN2779

DSCN2781

今朝森から恵んでもらったものは干してから構築します!
今日は昨年のものを構築し袋詰めです。
連れて帰ってやって下さいね。
都会のお客様は喜んでいただくのですが、意外と驚いたのは、地元のオバアチャンが喜んでいただけます。いつも見られているはずなんだけどなぁ〜
【メッセージシール】
北アルプス山麓の栃の実です。
お部屋の片隅にでも置いてやっていただければ幸いでございます。何もない大町ですが、自然の宝庫です。どうぞまた御機会がございましたらお出かけ下さいませ。

八方尾根で出会った花々!

035

046

019

今回の八方尾根トレッキング、八方池は見えなくても「下のカンバ」の幻想的な風景にウットリ・・・
そして多くのお花たちが迎えてくれました。
小さな可愛らしいお花を見つけると、こんなに厳しい気候の中でも、ほんの一時小さくて可愛らしい花とめぐり会えます。
今回ず〜っと咲き乱れていたのがこちら「ウメバチソウ」でした。
始め「チングルマ」がまさか?って思うと、葉っぱが全く違い、案内板を見て分かった次第です。山の楽しみ方は其々で、nonkoはやっぱりお花を見るのが好きです。

037
027

霧の中に咲いてくれていたのが「タムラソウ」です。
アザミと間違いやすいですが、こちらは「トゲ」が無いのです。
鬼アザミはもうすでにお花は終わっていました。

058

056

057

きっとほとんどの登山者の方は気付いてられないかと!
「オヤマリンドウ」です。そろそろ終わりかな?お花が乾燥してきているように見えました。

040

049

「ミヤマアキノキリンソウ」

014

「カライトソウ」

018

「ハクサンシャジン」

024

023

「イワショウブ」

031

030

「タテヤマウツボグサ」

055

032

「ヤマハハコグサ」

036

「オヤマソバ」

039

「ミヤマコゴメグサ」

044

041

「クガイソウ」

050

「ヤマホタルブクロ」

052

「?」

053

「ニッコウキスゲの咲いた後」

060

066

063

「ヤマブキショウマ」

064

「ワレモコウ」

065

067

「シモツケソウ」

105

「マツムシソウ」

109

この葉っぱが紅葉し出すと山が萌え初冠雪を待つ季節となります。

霧の中の八方尾根


【動画】
昨日娘と一緒に「八方尾根」の紅葉状況を見てきました。
まだまだ八方池付近は草紅葉が始まりかけている感じでした。
今回の八方尾根は、初めて娘の車で「黒菱平」まで行き、そこからリフト二回乗り八方山荘へ!
白馬の天候は終日「晴れ」と言うことで出かけたのですが、リフトを下りるころにはまわりが真っ白〜〜〜(笑)
「丸山ケルン」を目指したかったのですが、お天気を見ながら慎重に行動したつもりです。
でも2人の方が目の前で転ばれたのを見て、より慎重に進んだつもりでも、nonko自身スッテンコロリン、やはり気温がいつもよりかなり寒かったのと、歳のせい!下半身の老化を痛いほど感じた昨日でした。
011

010

リフトを下りたころは「もしかしたら晴れてくれるかな?」って感じだったのですが・・・
005

この日、白馬の山肌を見るのはこれが最後でした。
016

八方山荘から木道を歩くと既にドンドンとガスって来て、もう下界はほとんど見ることができませんでした。
069

八方ケルンではもうまわりが真っ白け〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
074

081

なので八方池もこの状態〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
076

こんな画像中々ないと思いますよ〜〜〜!
それに霧雨までが・・・、様子をみながら「丸山ケルン」は断念しようと・・・
でもね、こんな時こそ期待したい場所があるのです。
082

トコトコと唐松方面へ向かいます。
目の前の小高い岩、ここ実はnonkoがかつて泣きが入った場所なのです。
今では慣れて大丈夫になりましたが、娘はやっぱり怖い〜って叫んでました。
戻る時にこの場所で、nonkoの目の前でオジサンが転ばれて、岩があったためホッとしました。
いや〜、参りました!チョッとした「浮石」だったんですよね〜
083

ここもガスってるから良いものの、横の沢が見えたら怖いんですよ〜
084

ここが「下のカンバ」の入り口です。
下(しも)のカンバと呼ばれる「ダケカンバの大木」の森、紅葉の時期には、白い木肌と黄色くなった葉っぱ、そしてナナカマドの「赤」が印象的な場所なのです。
厳しい気候のため、大木が変形しているので、こういった日はとっても幻想的かと!
085

086

090

091

092

093

100

101

雪のため木に動きが出ているのがおわかりいただけるかと!
102

下のカンバで引き返し、また来た道を下山です。
110

117

119

帰りは急な坂を下って行きました。
以前こちらは荒れた登山道でしたが、今ではキレイな木道に整備されています。
逆にキレイすぎてnonkoは高所恐怖症が出そうです(笑)
120

122

雲の切れ間から白馬の街が見え隠れしてきました。
132

136

129

標高が下がると、どこまでがガスってるのか良くわかります。
少しは晴れてきたのかな?
台風も来ているので、いつ状態が変わるかも不安なもので・・・
沢伝いにキレイな貯水池?池?が見えます。
133

135

ここはどこだろうか・・・?行ってみたいな〜〜〜!
144

黒菱平の駐車場に向かってのリフトも良いものですね〜
147

148

「白馬八方尾根 北尾根高原」のリフト乗り場には沢山の牛さんもいましたよ
ここも一度登ってみたいな〜〜〜!

阿寺ブルーを楽しむ「木曽谷・阿寺渓谷」


【動画】
昨日の定休日、以前大町のバスガイドさんをされているお友達よりご紹介いただいた木曽谷の「阿寺渓谷」です。
エメラルドグリーンの清流、ヒノキ美林、切り立った岩が折りなす自然の造形美が見どころです。
「狸ヶ淵」「犬帰りの淵」「六段の滝」などの名勝が随所にあります。
上流部では、顔を洗うと色白美人になれるという言い伝えのある「美顔水」が湧き出ています。
これから紅葉の季節には是非オススメの場所となります。
003

008

国道から直ぐに渓谷に入り、直ぐに阿寺ブルーがお迎えしてくれます。
釣りオジサン「ヤマメ」をいっぱい釣ってご機嫌さんでした。
006

あっ、橋?いやいや鉄橋みたい・・・
018

(クリックしてみて下さい)
015

017

024

昔は木材を運び出すための森林鉄道だったのでしょう。
●阿寺線はその昔、JR中央西線野尻駅から分岐していたようです。木曽の森林鉄道でも最も歴史が古く1901(明治34)年阿寺御料林(皇室所有の森林、戦後国有林に)に敷かれた軽便軌道が前身です。 1920(大正9)年には森林鉄道としては初のガソリン機関車を導入、翌1921(大正10)年には木曽川に鉄橋を架橋し直接野尻駅に乗り入れるようになりました。
長らく木材の搬出や人員、資材の輸送に活躍されましたが林道が整備されるとトラックに取って代わられ1965(昭和40)年に廃止になりました。木曽にこのような場所があると言うことを改めて驚きました。いつもは松本=名古屋を特急電車で通り過ぎるだけの木曽谷でしたから・・・
019

022

自然が作る造形美!
水の流れに小石が回転して作ったといわれる甌穴(おうけつ)が見られる田石です!
025

028

027

わかりますか〜〜〜?雨の後だけに現れる名前の通りの滝です(笑)

【動画】
何じゃこりゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、ほんまもんの「イヌカキ」だよ〜〜〜!
034

043

042

036

030

038

041


【動画】
の渓谷にはいろいろな動物が住んでおり、狐や狸はよく人を化かした。狸や狐が「化身」の出来栄えを鏡の変わりに淵に映したことから「狸ヶ淵」「狐ヶ淵」という名前が付けられたようです。
それにしても「ワンコのイヌカキ」初めて見ましたよ〜、水冷たくないのかな?
かなりの水深があるようですが、キレイな阿寺ブルーです
044

樹の間からチラッと・・・、わかりますか?
045

「亀石」です。
亀さんチョコンと首を出しているでしょう。
このあたり紅葉のポイントだそうですよ〜〜〜!
046

048

050

049

釣りのポイントでもある「犬帰りの淵」です。
橋の上から見る川底の石までクッキリと見えます。
052
055
054

島木赤彦の歌碑のある駐車場を過ぎると「六段の滝」です。
こちらに車を置いてウロウロされるのも宜しいかと!
対岸の林の中に六段つづきの滝「六段の滝」がありますが、道路からは3段ほどしか見ることができません(笑)
でもこのあたりを散策すると、吊橋もあったりで素敵なコースです。
064

058

065

067

水の流れが穏やかな場所が多い「六段の滝」周辺です。
060

来た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜「美顔水!」
車で入れるのはこちらまでです。
こちらでは森林奥の岩間から湧き出た水、谷の中でも一番冷たくきれいな水で、木をくりぬいた水受けに導水されており、渓谷を訪れる者ののどを潤しています。
かつて、山を管理していた尾張藩の役人の奥方がこの冷水で洗顔したところ、皆、色白の美人になって帰ったことから名前が付いたと言われています。ホントかいな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
059

061

nonkoもしっかりと水を汲んできましたよ〜!
明日から顔を擦ってみよう(笑)
062

これからの季節、紅葉も始まり、とっても素晴らしい渓谷美を満喫できること間違いなしですね!
【阿寺渓谷】
●自家用車利用の場合
 中央道 中津川ICから約45分
 中央道 伊那ICから約60分
 ★国道19号「阿寺渓谷入口」信号から車で約3分
●鉄道利用の場合
 JR野尻駅下車 徒歩約20分、タクシー約7分
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ