米国防総省が中国の軍事動向に関する年次報告書を発表しました。

[PDF] Annual Report to Congress: Military and Security Developments Involving the People's Republic of China 2015 (米国防総省)

2014年版もそうでしたが、今年も海軍に関する記述が多くを占める内容です。個人的に関心のある箇所と2014年版では触れられていなかったところをメモ代わりにまとめておこうと思います。

◇ ◇ ◇


領海問題


  • スカボロー礁やセカンド・トーマス礁以外にも、南シナ海で新たに紛争が激化しそうな場所として、南康暗沙 (Luconia Shoals:マレーシアと対立)、リード礁 (Reed Bank:フィリピンと対立)がある。
  • 中国はオイルリグを領有権の印(標識)として代わりに使う。
  • 南シナ海におけるベトナムとの係争中、炭化水素掘削装置「HD-981」を海南島からベトナム沿岸から約220kmのパラセル諸島へ移設。
  • このような建造物は、半径500mの範囲で安全水域を設けることを国連海洋法条約は認めているが(筆者注:UNCLOS第60条)、中国は半径5.5km(3海里)を安全水域とするよう宣言した。
  • リグの周囲は3つの非常線で防護する;沿岸警備隊、漁船、商用船。これらを中国海軍の戦闘機、ヘリ、偵察機が支援する。
  • ベトナム国内では反対運動で中国人2人が死亡、100人がけが、3,000人が国外脱出という騒動にまで発展したが、中国はHD-981の初期探査活動を最後まで完了させている。


第二砲兵


  • 約1,200発の短距離弾道ミサイル(SRBM)を保有(筆者注:2014年版では「1,000発以上」という表現であったところから増加している)。
  • 射程800〜1,000kmのDF-16がある(年次報告書には初めて記載)。
  • 在日米軍基地は準中距離弾道ミサイル(MRBM)と対地巡航ミサイルの射程内にある。
  • グアムもまた空対地巡航ミサイルの射程内にある。
  • グアムを攻撃するための射程4,000km級の新型中距離弾道ミサイル(IRBM)を開発中との情報もある。
     
  • 新しい空中発射型、地上発射型対地巡航ミサイルの配備を進めている。
  • 空中発射型は、YJ-63、KD-88、そしてCJ-20 (CJ-10の空中発射バージョン。第二砲兵に配備されたまま)。
  • KD-88は射程100+kmとされ、さらに射程を延ばしたものも試験中。

【ミサイル防衛 (BMD)】
  • 航空機や巡航ミサイル迎撃以上の能力、つまりBMD能力獲得を追及。
  • 国産レーダー「JL-1A」や「JY-27A」は、弾道ミサイルを対処可能な設計である。
  • ロシア製SA-20 PMU2は、射程1,000km級弾道ミサイルに対処可能とされる。
  • 国産HQ-9長距離地対空ミサイルは、射程500km級弾道ミサイルに対して限定的な対処能力があるかもしれない。
  • HQ-9の射程を200kmまで伸ばすための研究・開発を継続するとみられる。
  • 2014年、ロシア製S-400システム(400km)の購入契約を結ぶ。
  • 現在、高度80kmの大気圏内で弾道ミサイルを迎撃する運動エネルギー迎撃弾(KEI)を研究・開発中。
  • 中国は、2010年1月と2013年1月に、ミッドコース迎撃を成功させている。

【統合対空・ミサイル防衛 (IAMD)】
  • 中国沿岸から555km(300海里)内において、信頼性の高いIAMDシステムを有している。
  • 固定翼、UAV、ヘリ、巡航ミサイルに加え、中国のレーダーはステルス機を探知できる能力があると主張している。
  • KJ-2000やKJ-500によって中国の探知距離は延伸している。


海軍


  • アジアで最大数の艦船を保有する。
  • 主要任務は「近海」の防衛だが、第一列島線を超えた「遠海」での任務へとシフトしつつある。
  • 潜水艦の近代化も主要課題のひとつであり、攻撃原潜×5、弾道ミサイル原潜×4、通常潜×53を持つ。
  • 2020年までに、69〜78隻の潜水艦を配備する。
  • 2015年のうちにSSBNによる初の核抑止パトロールが実施されるだろう(筆者注:2014年版には2014年中に開始すると記載してあった)。
     
  • 052C、052D駆逐艦の増勢に加え、2015年に055型駆逐艦の建造を開始するだろう。055型は駆逐艦よりもミサイル巡洋艦とみなした方が良いかもしれない。
  • 南シナ海の沿岸戦闘用に056型コルベットを増勢中。20隻以上を運用中で、2013年に9隻、2014年には11隻が新たに進水。この艦は60隻以上配備される予定。旧型の哨戒艇と入れ替わる。
     
  • 海軍は水上艦戦(ASUW)に重きを置いており、対艦巡航ミサイルと超水平線ターゲッティング(OTH-T)システムの近代化を継続中である。
  • 旧型水上艦はYJ-8A(120km)搭載だが、052C型はYJ-62(220km)、052D型と055型はYJ-18(537km)を搭載する。
  • YJ-18/派生型は、現在8隻の636M型キロ級に搭載されているSS-N-27シズラーより劇的に能力が高い。636M型キロ級に搭載済で、宋級、元級、商級に搭載される予定。
  • YJ-12を海軍用に開発した。
     
  • 空母「遼寧」の航空団が展開するのは2015年以降と見られる。
  • 国産空母建造計画が進行中で、今後15年のうちに複数の空母を建造予定。
  • 遼寧は完全に運用されるようになっても、米ニミッツ級空母のような長距離への戦力投射能力はない。地上からのエアカバーが届かない場所での艦隊防空任務に適した空母である。


空軍と海軍航空隊


  • 中国は現在、米国以外では世界で唯一2種類のステルス戦闘機計画(J-20、J-31)を持っている国である。
  • 空軍はステルス技術を無人機にも導入しようとしている。
  • 長距離UAVは、中国の長距離偵察・攻撃任務能力を向上させるだろう。
  • 2014〜2023年で、中国は41,800機を超える陸上、海上配備無人機システムを製造するという見積もりもある。
  • 2013年、中国はUAVを軍事演習に参加させ始め、東シナ海ではBZK-005がISR任務を実施している。
  • 2013年に、「翔龍」、「翼竜」、「スカイセイバー」、「利剣」を開発中であることを公開。「翔龍」以外は精密攻撃兵器を搭載するUAVである。


平和維持活動


  • 国連の平和維持活動(PKO)に継続的に参加している。
  • 約2,200名(2013年の1,800名から増加)の人員と9つのオペレーションに従事中。多くはサブサハラ地域と中東。
  • 常任理事国の中では最大の人的貢献をしている。
  • 財政的貢献においてもPKO予算負担において6.64%を占め、世界第6位 (P5では第4位)である。
  • PKOへの参加目的は、中国の国際イメージ向上、軍の作戦経験獲得、インテリジェンス収集である。


対海賊任務


  • アデン湾での対海賊任務にも2008年12月以来継続して支援中である。
  • 2014年、インド洋に初めて潜水艦を展開。商級原潜が2013年12月〜2014年2月の間配備され、宋級通常潜が2014年9月〜10月までパトロールした。
  • 宋級は、中国の潜水艦としては初めて外国に寄港。スリランカのコロンボへ寄港した。
  • 中国国防部は、潜水艦の展開について表面上は対海賊任務の一環としているが、実際にはインド洋海域への慣れやシーレーン防衛や戦力投射能力の確認を目的としたものだろう。


進化する外交アプローチ


  • 中国指導層は公式上、小平の「韜光養晦」を引き継いでいる。
  • しかし、いくつかの分野において韜光養晦は次第に反映されなくなってきている。アジアインフラ投資銀行(AIIB)や新アジア安全保障観の提示がその例である。
  • 小平の政策アプローチが中国の現状に相応しいかどうか疑問を持つ中国人研究者もいる。中国の安全保障環境を取り巻く環境や国益はの時代からは変わっており、海上交易の拡大と海軍力の増強によって中国の果たす役割が10年前と同じではいられない。
  • 2014年11月、習近平国家主席は党委員会のスピーチにおいて、地域や世界における中国の指導的役割を強調し、「韜光養晦」の解釈が進化していることを示した。
  • また、習主席は中国の周辺地域に対してソフトパワーとハードパワー両者を用いた外交目標の達成を説いた。


エネルギー戦略


  • エネルギー供給地と輸送オプションの多様化を求めている。
  • 2014年、石油の約60%を輸入に依存。2035年までに80%へ達すると見込まれている。
  • シーレーン(SLOCs)への依存、とりわけ南シナ海とマラッカ海峡への依存を緩和させることを目指している。
  • 2014年、中国の石油輸入のうち85%が南シナ海とマラッカ海峡を経由。
  • ロシアやカザフスタンからのパイプラインによって陸上供給を高めようとしているが、マラッカやホルムズ海峡の依存度はあまり変わらないだろう。
  • 中国の努力にもかかわらず、中東やアフリカからのシーレーンの重要性は増すばかりだろう。