メモ代わりの更新です。

北朝鮮、4回目の核実験「初の水爆実験」と発表(2016/1/6 産経新聞)

2006、2009、2013年に続き、4度目の核実験です。

いうまでもなく、安保理決議1718187420872094に対する違反となります。今後、新たな措置がとられることと思われますが、すでに何度も安保理決議を無視した行動を取り、NPT加盟国でもない北朝鮮にとって、さらなる制裁にどれほどの意味があるのでしょうね。


初の水爆実験か


北朝鮮発表では「初の水爆実験」とのことですが、今のところ国内外の専門機関や専門家は総じて懐疑的なようです。


ブースト型核分裂弾か


水爆にしては爆発規模が小さ過ぎることから、ブースト型核分裂弾の実験ではないか、という見方があります。

ブースト型核分裂弾時事通信
重水素と三重水素を中心部に詰め、爆縮によって小規模な核融合を起こして中性子を発生させ、効率的な核分裂を起こさせる構造の原子爆弾。同量の核物質で、より大きな威力を得られ、核弾頭の小型化を進められる。
核融合技術を使った水素爆弾製造のための前段階といわれ、プルトニウム型、ウラン型の双方で開発可能とされる。1950年代に米国などで核実験が行われた。

2013年の実験の際にもブースト型の使用が疑われていました。

今回の実験の爆発規模は約6キロトン(11.3キロトン±4.2キロトンという報道もあります)と伝えられています。(なお、2006年は1キロトン、2009年は2〜7キロトン、2013年は7.9キロトン)。韓国国防省などは今回の実験を「ブースト型であっても失敗」(時事通信)としています。実際に6キロトンという数字が本当なら、水爆もしくはブースト型原爆を用いたものの、フィズル(核爆発は起こしたのだが、所定の爆発威力を発揮せずに小規模の核分裂で終わること)を起こしたのかもしれませんし、現時点ではなんとも言えないですね。

ちなみに、ブースト型原爆は重水素と三重水素を使っているところから、「これも水爆の一種であ〜る」というのが北朝鮮の主張かもしれません。

なお、米空軍のWC-135Wコンスタントフェニックスや航空自衛隊のT-4が大気収集活動に当たっており、放射性核種を採取できれば実験の詳細な分析が進むかもしれません。水爆実験であるかどうかという点については数週間以内に結論が出るとのことです(Defense News)。


核の小型化が問題


水爆でなかったから安心というわけではありません。たとえ失敗であっても核実験を重ねてデータを蓄積していることは事実で、北朝鮮の科学技術力を低く見積もるわけにはいかないのです。なにより、日本を射程に収めた「ノドン」や「ムスダン」、さらに米国本土へ到達可能な「KN-08(ファソン13)」といった核兵器を投射する手段はすでに保有しており、これら弾頭に搭載可能な核弾頭の小型化技術を確立すれば、大きな脅威となります。この点について、NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)などによると、北朝鮮は「KN-08」に搭載可能な小型化された核弾頭を獲得している、と評価しているようです(ムスダン、KN-08はまだ発射実験を行っていませんが)。


核戦力の整備を追及する北朝鮮



北朝鮮は2006年の核実験後、安保理決議や国際社会の非難にもかかわらず、核戦力の整備を続けてきました。大陸間弾道ミサイル「KN-08」の開発だけでなく、潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)の開発にも着手し、先日も射出試験を成功させたとの報道があったばかりです。

すでに4度の核実験を経て、気がつけば北朝鮮が核保有国であるということを疑う人はいなくなりました。そして、彼らはそれを投射する手段―弾道ミサイル―も持っています。後は核弾頭の小型化技術の確立です。今はまだ未熟であっても、独裁体制が続く限り、いずれ達成されるでしょう。北朝鮮の核戦力は着実に整備されつつあるという現実から目を背けることはできません。

かりに北朝鮮が「国際関係改善に向けて進み出た」(毎日新聞)ように見えたとしても、意図は一晩でくつがえりますし、その意図を誤って認識している恐れもあります。「北朝鮮にリアルの危険はない」(産経新聞)と断言してしまい、わずか二ヵ月後にその認識が間違っていたという事実を突きつけられている事例もあります。だからこそ、意図ではなく能力に備えよ、ということなのだと思います。


今後のポイントは?


今後について、個人的に気になる点をいくつか。
  • 弾道ミサイル発射実験などのさらなるカードを切ってくるか。
  • 中国のコントロールは期待できないが、中国は中国で苛立ちがある模様。金王朝三代目体制と北京との溝は修復されるのか深まるのか。
  • 米韓では、THAADの問題に決着がつくのかどうか。日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に韓国が乗り気でないことも合わせ、韓国はどちらの陣営につくのか、という米国からの突き上げにどう答えるのか、という点。



【オススメ本】
水爆やブースト型核分裂弾についてもっと知りたければ、こちらがオススメ!

素人にもわかりやすく、大変勉強になります。
ここで私が下手に説明するよりは是非こちらを参考に。