日米で共同開発している弾道ミサイル防衛用迎撃ミサイル「SM-3ブロック2A」が、初めての迎撃試験「SFTM-01」に成功しました。

U.S., Japan Successfully Conduct First SM-3 Block IIA Intercept Test(2017/2/3 ミサイル防衛局)

試験は、現地時間2月3日午後10時30分、ハワイのカウアイ島ミサイル試験場から準中距離弾道ミサイル標的が発射され、イージス駆逐艦「ジョン・ポール・ジョーンズ」がイージス・ベースライン9.C2ウェポン・システム(BMD5.1)を用いて自身のAN/SPY-1D(V)レーダーにて標的を探知、追跡。SM-3ブロック2Aを発射し、標的を迎撃することに成功しました。



現在、日米のイージス艦に搭載されているSM-3はほとんどがSM-3ブロック1Aです。米海軍はすでにブロック1Bへの移行を始めており、欧州の陸上型イージス「イージス・アショア」へもブロック1Bから配備されて行く予定です。ブロック2Aは日米が共同開発を進めている能力向上型で、日本は迎撃ミサイルのノーズコーン、第二段および第三弾の誘導・制御システム、第三段を担当しています。ブロック2Aは2018年に配備が開始される予定です。

現行のブロック1Aの射程が1,200kmであるのに比べて、ブロック2Aは2,000km。舞鶴や横須賀にいる海上自衛隊のイージス艦が1隻で日本全国をカバーできるようになります。

SM3blk2A_range
(舞鶴を中心に2000kmの範囲)

特筆すべきはブロック2Aの「到達高度」、いわゆる射高です。ブロック1Aの600kmに対し、ブロック2Aは1,000kmを優に超えます。これが意味するところは2つあります。

ひとつは、中国の弾道ミサイルへの対処能力向上です。ご存知のとおり中国は弾道ミサイル戦力を質量ともに増強させており、その一部は対日本であるとみなされています。実際、準中距離弾道ミサイル「DF-21」や中距離弾道ミサイル「DF-3」や「DF-26C(?)」は日本国内の重要インフラや在日米軍基地を射程に収めており、ブロック2Aによってこれらを迎撃する能力が大幅に向上します。

もうひとつは、ロフテッド軌道で発射された北朝鮮の中距離弾道ミサイル「ムスダン」への対処能力向上です。北朝鮮による日本攻撃は主として「ノドン」(射程:1,300km)が用いられます。ノドンへの対処はブロック1Aでも十分可能であることを北朝鮮も認識しているでしょうから、より射程の大きなムスダンを使う可能性が考えられます。しかし、北朝鮮・元山から東京を狙う場合、距離は1,100kmなので、射程4,000kmのムスダンは普通に撃ったのでは日本を飛び越えていってしまいます。そこで、通常の弾道軌道ではなく、高く打ち上げて近くに落とすよう工夫しなければなりません。この場合に描く軌道をロフテッド軌道と言います。

ロフテッド軌道イメージ
(ロフテッド軌道のイメージ)

ロフテッド軌道で発射されると、ムスダンの弾道頂点がSM-3ブロック1Aの到達高度を超えてしまう怖れがあり、その場合は迎撃可能な高度に標的が降りてくるまで待たなければなりません。標準の軌道と比べて落下速度にそれほどの違いは出ませんが、待っている分だけ対処時間が制約されることになり、迎撃作業が難しくなると言われています。ブロック2Aが配備されれば、ロフテッド軌道で発射されたムスダンを弾道頂点で迎撃できるようになるので、日本の弾道ミサイル迎撃能力は飛躍的に高くなることが期待されます。



注※ 射高2,000kmを超えるという資料もあります。参考:ミサイル防衛:SM-3の迎撃高度は?