米国には、CPGS(Conventional Prompt Global Strike:通常兵器型即時全地球攻撃)構想というものがあります。これは、「地球上のあらゆる場所へ1〜2時間以内に通常兵器による攻撃を行う」というコンセプトです。核抑止力の「一部」の代替、もしくは通常戦力と核戦力の「隙間」を埋めるニッチなシステムとして期待され、研究・開発が手がけられています(CPGS関連記事はこちら)。

再突入体や極超音速機の運搬プラットフォームは、ICBM、SLBM、または戦略爆撃機が用いられ、極超音速巡航ミサイルや、無人機も候補として研究されています。メリットはなんといってもその速度に由来するもので、探知されづらく、迎撃の機会・時間を相手に与えない生残性です。また、終末速度では弾道ミサイルにかなり劣るものの、攻撃の精度は弾道ミサイルよりも優れているとされます。

陸海空軍、国防高等研究計画局(DARPA)、そして国防省全体や米議会、NASAにまでまたがる構想であることから、なかなか総括して見ることは簡単ではありません。米国がCPGSにどのような役割を与えようとしているのか、どのような課題を認識しているのかといった点を体系的に把握する上で役立つのが、2011年に米議会調査局から発行された報告書『[PDF] Conventional Prompt Global Strike and Long-Range Ballistic Missiles: Background and Issues』です。要約したものを記事にしてあります。


そのCPGSに関する新たな議会報告書が公開されました。2015年版と読み比べてみたので、本稿では2015年からの変更点と現状をざっくりとメモしておこうと思います。

◇ ◇ ◇

[PDF] Conventional Prompt Global Strike and Long-Range Ballistic Missiles: Background and IssuesAmy F. Woolf, February 3, 2017

海軍の計画

  • 海軍のCPGS計画は消滅していない。
  • 2017年度会計によると、2017年後半に最初のCPGS飛行試験を実施、2019年に2度目の飛行試験を実施する計画である。

HTV-2

  • 2014〜2016会計年度までの予算が要求されていたが、国防予算の強制削減の結果、計200万ドルという額になっている。今後も研究・開発は継続するが、飛行試験の計画はない。

陸軍先進型極超音速兵器:AHW

  • 2017会計では、1億7,400万ドルが割り当てられている。
  • 2011年11月17日に初飛行試験を行い、成功*1
  • 空軍のCPGS計画のリスク軽減を支援するものと位置付けられていたが、HTV-2計画の頓挫、AHW初試験の成功を経て、現在ではAHWが極超音速ブースト滑空CPGSシステムの最有力候補となっている。
  • 2014年8月25日に2度目の飛行試験を行い、失敗*2
  • 2017年と2019年に“scaled” version(縮尺版?)での試験を計画。
  • 2017会計では試験飛行体(極超音速滑空体とブースター)の製造・試験を総まとめするための予算が計上されている。

◇ ◇ ◇

CPGSの研究・開発は様々な組織によって数種類のものが存在しました。代表的なものとして、空軍とDARPAが進めていたHTV-2やX-51A計画がありましたが、いずれも終了しています。

開発継続中のものは陸軍のAHWです。AHWは空軍のCPGS計画のリスク軽減を支援する位置付けのプロジェクトとして発足していることから、HTV-2などの研究の蓄積が活用されつつ今後も研究・開発が進められるでしょう。

2017会計でPGSの研究・開発のために国防総省が要求した1億8,130万ドルは、国防権限法において議会の承認を受けました。同立法において、国防長官は2020年9月30日までもしくは第2回目の中距離飛行試験(2019年予定)の成功後8か月以内にプログラムの事業計画を画定することが義務付けられています。

同立法において、「CPS(conventional prompt strike)の限定的運用能力に関する戦闘機の要件があるかどうか、また国防総省のCPGS計画がその要件をサポートしているかどうか」についての報告書を国防総省が議会に提出するまでは、予算の利用上限は75%と制限されています。つまり、CPGS構想にF-35をプラットフォームとして活用できるかどうかを研究しろということのようですね。

なお、報告書ではCPGSが担う役割とそこに潜む課題についても詳細に分析されています。2011、2015年版とほぼ同じ内容であったために本稿では取り上げませんでしたが、CPGS及び極超音速ミサイルの持つ「役割」と「課題」の部分も興味深いので是非。



*1 CPGS構想:米陸軍の先進型極超音速兵器(AHW)の初実験は成功 (2011/11/18)
*2 CPGS構想:先進型極超音速兵器(AHW)の2度目の実験は失敗 (2014/8/26)