北朝鮮の核・ミサイル開発の進行に対処するため、ミサイル防衛システムを強化する一環として陸上型イージス・システムの配備を検討するという報道がありました。

イージス艦はその名の通り、海に浮かんだイージス・システムです。それゆえ、艦載イージスBMDを「イージス・アフロート(Aegis Afloat)」と呼んだりもします。このイージス・システムを陸上で使おうという計画が、現在着々と進められています。陸に揚がったイージスBMDのことを「イージス・アショア(Aegis Ashore)」といいます。これまでにもイージス・アショアについて何度か取り上げてきたので、本稿では過去記事をまとめる形でメモしておこうと思います。

欧州ミサイル計画

イージス・アショアは、欧州に配備される計画のもとで開発が進められてきました。弾道ミサイル防衛はNATOにとって集団安全保障上の "核心的要素"とされ(2010 Strategic Concept)、かねてからNATOは将来イランが大陸間弾道ミサイル(ICBM)を保有することになれば大変な脅威になるとみなし、米国の GBI(地上配備型迎撃ミサイル)配備を検討していました。

しかし、ロシアの強い反発とイランのICBM開発がそれほど進んでいないことを受けて計画を変更。イランが現時点で保有する短距離・準中距離弾道ミサイルなどの喫緊の脅威に対応すべく、2009年に「欧州ミサイル防衛構想(European Phased Adaptive Approach:EPAA)」を発表しました。EPAAは28カ国が参加するNATO首脳会議で合意されたもので、NATOの総意としてミサイル防衛を本格的に運用するものです。段階は3つ(当初は4つでした)で、以下の通りです。

  • フェイズ1(〜2011年)
    AN/TPY-2 レーダーを配備し、現行の海上配備型SM-3ブロック1Aで欧州の同盟国に対する短距離・準中距離弾道ミサイルの脅威に対応する。
  • フェイズ2(〜2015年)
    準中距離弾道ミサイル脅威への対処能力向上のために、海上配備型と陸上配備型SM-3ブロック1Bを配備。イージス・アショアをデベセル(ルーマニア)に建設予定。
  • フェイズ3(〜2018年)
    SM-3ブロック2Aを配備予定。短距離、準中距離、中距離弾道ミサイルへの対処として、2つめのイージス・アショアをレジコボ(ポーランド)に建設予定。
EPAA
(テヘランを中心にしたミサイルの射程とEPAA)

地図を見ると、将来、イランがベルリン、パリ、そしてロンドンを攻撃可能な5,000km級弾道ミサイルを保有した場合に備えて、イージス・アショアが配置されていることが分かります。

EPAAのフェイズ1は初期運用能力に達しており、トルコのクレシクにAN/TPY-2レーダーが、そしてドイツのラムシュタインに指揮統制センターが配備されました。2011年にはSM-3ブロック1Aを搭載したUSSモンテレーが地中海に配備され、2014年からは米国やスペインが、イージス艦×4隻(ドナルド・クック、ロス、ポーター、カーニー)をスペインのロタに展開させています。

フェイズ2もすでに着手され、2013年10月に、陸上発射型SM-3ブロック1Bのイージス・アショアの建設がルーマニアで開始(過去記事)。2014年4月23日には海上発射型SM-3ブロック1Bを搭載した米軍艦が配備されています。

フェイズ3の2基目のイージス・アショア建設も、ポーランドのレジコボにて2016年3月から着工しています。


イージス・アショアとは?

イージス・システムは、海上でさんざん実験を重ねた信頼性の高いシステムということもあり、SPY-1レーダーやC4Iシステム、Mk 41ミサイル垂直発射システム(VLS)、ディスプレイ、電源・水冷装置などアーレイ・バーク級イージス艦の設備がそのまま陸上でも使用されます。

Aegis Ashore4
ミサイル防衛局 [PDF]より)

外観もまるで船の艦橋です。
Aegis Ashore1
ミサイル防衛局より)

ルーマニアとポーランドのイージス・アショアには、8セルのMk 41VLSが3基配備されるので、24発のSM-3ブロック1B/ブロック2Aを配備予定ということになります。

また、イージス・アショア施設の特徴のひとつが、移設可能("removable")な設計であるという点です。実際にイージス・アショアの設備は、まず初めにニュージャージー州・ムーアズタウンのロッキード・マーチン社敷地内でテストされ、その後にモジュール化されたコンポーネントを分解してハワイのカウアイ島に送り、試験施設(Aegis Ashore Missile Defense Test Complex(AAMDTC))として運用されています。

AAMDTCはカウアイ島の西部にあります。

より大きな地図で イージス・アショア試験施設(ハワイ) を表示

Aegis Ashore3
(カウアイ島の試験施設。ミサイル防衛局(MDA)より)

Aegis Ashore5
(地上に配備されたMk 41VLS。ミサイル防衛局(MDA)より)


イージス・アショアの価格は?

ポーランドのイージス・アショアのために2017会計年度で米議会が計上した予算は6億2,140万ドルです。この額は施設建設、ウェポン・システムのアップグレード、SM-3ブロック2Aを含めたものです。これに加えて、2016会計では装備調達費(Aegis Ashore Equipment)として約3千万ドル、施設建設費(Construction of Aegis Ashore)として1億6千900万ドルが計上されているので、1基当たり計8億2千万ドルほどかかっています。

システムの維持管理や人件費などの差もあるので、一概にコストを試算するのは適切ではありませんが、日本が有償援助調達(FMS)でイージス・アショアを調達するとなると、このあたりが目安になると思われます。

【2018/1/12 追記】
1基当たりの取得費は現在「1000億円弱」と発表されています。



すでに迎撃実験にも成功済

2015年12月9日、イージス・アショアによる標的ミサイルを用いた初の迎撃実験「FTO-02イベント1a」が実施され、成功を収めました。
Standard Missile Completes First Intercept Test from Aegis Ashore Test Site(2015/12/10 ミサイル防衛局)
実験の概要は、以下の通りです。

ハワイ・カウアイ島沖にて、空軍のC-17から準中距離弾道ミサイル標的が発射され、AN/TPY-2レーダー(前方配備モード)がこれを探知、追跡データをC2BMCシステムへ送信。イージス・アショアのイージス・ウェポン・システムがデータを受信し、AN/SPY-1レーダーを用いて標的を追跡、交戦のための火器管制を行い、イージス・ウェポン・システムがSM-3ブロック1Bを発射、標的を直撃し、運動エネルギーによって破壊に成功。


日本に配備すると迎撃範囲はどうなる?

現行のブロック1Aの射程が1,200kmであるのに比べて、ブロック2Aは2,000km。海上自衛隊のイージス艦が1隻でほぼ日本全国をカバーできるようになります。全米アカデミー出版局(National Academies Press)の資料を参考にしてみます(従来の概念図はあまりにいい加減でしたので2018/1/31にNAP資料を基に修正しました)。
SM3Block2A_EOR_MET
(日本海にイージスBMD艦1隻が展開した場合のフットプリント・イメージ。山口県・萩にFBX(前方展開Xバンドレーダー)を配備し、最小エネルギー軌道のノドンをEOR(エンゲージ・オン・リモート)する場合。LOR(ローンチ・オン・リモート)する場合やロフテッド/ディプレスド軌道、SLS射撃の場合なども同資料に図解されています。)

もちろんここに海上自衛隊のイージス艦も射手として待ち構えることになります。ブロック2Aの射程を最大化するためには、早期警戒監視レーダーや前方配備レーダーなどのリモートセンシング・ノードがネットワーク化されてローンチ・オン・リモートおよびエンゲージ・オン・リモートが可能になっていること前提ではありますけども。
 
(※仮に設定した発射地である佐渡からだと迎撃できないとの指摘があったようなので以下追記します)。

シミュレーションの一つとしてノドンが北朝鮮・元山から東京に向けて発射されたとします。
元山から東京までは約1,150kmです。ノドンのバーンアウト速度を秒速3,234m(マッハ9.5)とします。佐渡分屯基地の山地から発射されるSM-3ブロック2Aのバーンアウト速度を秒速4,410m(マッハ13)とします。SM-3ブロック2Aのブースターの加速度やノドンの加速度など他の要素もだいたい伝えられる諸元のとおりとしておきます。

この場合、ノドン発射から298.5秒後、SM-3ブロック2A発射から175.4秒後に元山から水平に542km、高度358kmの日本海上空・大気圏外で迎撃に成功します。SM-3ブロック2Aはマッハ15を超えるともされているので、実際にはもっと余裕をもって迎撃できるでしょう。ノドンの条件を変えずにSM-3ブロック2Aを青森の車力から発射しても、やはり337秒後に迎撃できました。

これらは文字通り机上の計算ではありますが、イージスBMDはすでに実際の迎撃試験でこれらを成功させてきているので、否定するにはよほどの裏付けが必要となります。

EPAAにおいてイージス・アショアがイランから数千km離れたところに配置してあるのは、それくらい離れた所でしか迎撃できないからではなく、そもそもEPAAは米本土に向かうイランのICBMを迎撃することを最終的な目的(SM-3ブロック2Bによる「フェイズ4」、現在は凍結)として発足したからであり、SM-3ブロック2Aの技術的理由からではありません。

【2018/1/12 追記】
2017年12月19日の閣議により、イージス・アショアが2基配備される方針が決定しました。配備候補地として秋田県・新屋演習場と山口県・むつみ演習場が挙げられており、選定に向けて調査が開始されています。



【2018/1/31 追記】
上記NAP資料をもとに、新屋演習場とむつみ演習場にフットプリントをプロットしてみます。

AAfootprint01
日本海にイージスBMD艦1隻が展開し、山口県・萩にFBX(前方展開Xバンドレーダー)を配備し、最小エネルギー軌道のノドンをEOR(エンゲージ・オン・リモート)する場合のフットプリントを新屋とむつみにプロットすると、おおよそ上図のようなイメージとなります。

SM-3ブロック2Aのバーンアウト速度(秒速3.0〜4.5km)が上がるにつれて、フットプリントも大きくなります。FBXを1つ配置したEORのフットプリント・モデルである点は留意しなければなりませんが、バーンアウト速度が秒速3kmを超えていれば、LORであってもフットプリントの範囲に大きな差はないようです。

繰り返しになりますが、このイージス・アショア2基に海自のイージス艦も射手(前方展開センサー・ノードとしても)として待ち構えるので、カバー範囲はさらに拡がるものと考えられます。

なお、SM-3は標的弾の軌道に対して鉛直方向に待ち構えなければ迎撃できないというような技術的制約はありません。平壌から東京に向かうノドンを、新屋やむつみのイージス・アショアから発射されたSM-3ブロック2Aが迎撃することは十分可能です。ランド研究所のシミュレーション(2015年)によると、タブリーズ(イラン)からインジルリク、イズミル(トルコ)への準中距離弾道ミサイル「シャハブ3」に対し、
地中海やルーマニアから発射されたSM-3ブロック1B(バーンアウト速度・秒速3.5km)がこれを迎撃しています。当該シミュレーションにおいては、迎撃ミサイルの発射プラットフォームはいずれも標的の弾道軌道上から逸れた場所からSM-3を発射し、ケースによっては標的を追いかけてターミナルフェイズで迎撃しているものもあります。
SM3Blk1B_EPAA
(Rand Corporation, The United States' European Phased Adaptive Approach Missile Defense System, 2015.より画像転載。)

常に迎撃可能な発射プラットフォームが維持できる

イージス艦(イージス・アフロート)は、船であることから定期的な整備のためにローテーションを組んでいます。現在海自のBMD対応イージス艦は4隻ですが、有事に必ずしも4隻がオンステージ体制をとれるとは限りませんし、整備以外でも帰港のために迎撃に適した位置にいられないことがあります。イージス・アショアも整備は必要ですが、設置されれば常に迎撃可能な状態になりますから(破壊措置命令の常時発令が解かれなければ)、イージス艦を数の上で補完することになります。言うまでもなく迎撃ミサイルの絶対数も増えるので、対処できる弾道ミサイルの数も増えます。


イージス艦をセンサー・ノードとして活用できる

弾道ミサイルを迎撃する際にネックとなるのが、地球の丸さです。イージスBMDに搭載されたSPY-1レーダーだけでは、物理的に地平線の向こうの弾道ミサイルを捉えることができません。SM-3ブロック2Aがいくら大きな迎撃範囲を誇っていても、探知が遅れてしまえばその性能を十分に活かすことができないのです。
自己レーダーの探知距離を上回る射程を持つ迎撃ミサイルの性能をフルに発揮する事が可能になります。射程が非常に長いSM-3ブロック2Aからこの方式が前提となるので、最新のイージス・システムにはこの能力が与えられる事になります。

JSF、『前方展開レーダーの役割が重要な弾道ミサイル防衛システム』、Yahoo!ニュース 個人、2016/7/9. 
そこで、衛星や前線配備TPY-2レーダーなどが早期警戒ノードとして探知・追跡・識別といった迎撃シーケンスを支援し、BMDシステムの交戦能力の精度・範囲を向上させることが求められます。イージス・アショアを設置し、射手の数を増やせば、これまで射手として専念せざるを得なかったイージスBMD艦をセンサー・ノードとして前方展開させるという選択が増えます。

 

ローンチ・オン・リモートおよびエンゲージ・オン・リモートが可能になって初めてミサイル防衛システムの本領が発揮されるといっても過言ではありません。その意味では、前方展開センサー群のひとつとして海自のイージスBMD艦を活用できるようになるだけでなく、日米韓のBMDシステムをネットワーク化することが重要なのです。


イージス・アショアの対地攻撃能力は?

イージス・アショアのランチャーはタイコンデロガ級やアーレイ・バーク級イージス艦と同じMk 41VLSですので、対地巡航ミサイル「トマホーク」が収まります。イラクやシリアを攻撃したあのトマホークです。北朝鮮に対する敵基地攻撃論が沸き起こっている中でのイージス・アショア導入となれば、当然敵も味方も第三者も日本が対地攻撃能力を保有することに踏み切った、と考えるかもしれません。

しかし、同じイージスBMDでもソフトウェアにさまざまなバージョンがあり、"イージス・アショアのベースライン9Eは巡洋艦・駆逐艦とはソフトウェア、火器管制ハードウェアなどが異なり、対地攻撃はできない"(大西洋評議会におけるブライアン・マケオン筆頭国防副次官代行(政策)のインタビュー)とのことです。これは、米国がINF条約を順守する姿勢をロシアに示し、EPAAに反発するロシアを説得するために必要な措置であるようです。

ベースラインの書き換えによって対地攻撃は可能になるでしょうが、日本の場合もルーマニア、ポーランドと同じ仕様で対地攻撃できないイージス・アショアを導入すると思われます。とはいえ騒ぐ勢力はどのサイドにも現れそうです。

迎撃面での拡張性としては、SM-6が発射でき、NIFC-CAが運用できるようになると面白いかな、と思いますが、、、。

【2018/1/12 追記】
防衛省は平成30年度予算案でSM-6の試験用弾薬調達費を盛り込んでいますし、小野寺防衛大臣はハワイのイージス・アショア視察時に、日本のイージス・アショアを巡航ミサイル迎撃にも対応させたいとの考えを表明(朝日新聞)しています。SM-6の取得並びにイージス・アショアによる運用はほぼ決定しているのかなという印象です。一足飛びにNIFC-CA運用は無理ですが、対中国を考えれば巡航ミサイル迎撃能力強化は歓迎したいところです。


◇ ◇ ◇

EPAAのフェイズ3が計画通りに進むと、2018年には海上発射型ブロック2AがイージスBMD5.1システム搭載艦に、陸上発射型がポーランドのイージス・アショアに配備される計画です。海上自衛隊のブロック1Aも2021年にはブロック2Aに更新予定です。

イージス・アショアを含めたEPAA全体の今後の課題としては、レーダーの能力向上、費用問題、大気圏外迎撃体(EKV)の開発ペースといった点がGAO(会計検査院)やDSB(国防科学委員会)などから指摘されています。また、ミサイル防衛局は、ミサイル弾頭とデコイ(おとり)の識別能力が将来の技術的なハードルになるという認識を持っています。ただ、「将来の」と表現したとおり、現在の "ならずもの国家" による弾道ミサイル脅威に対しては十分な能力があるというのが、MDAやGAOの大筋で一致している見解です。



【参考資料】