IRBMが日本上空を通過

北朝鮮が弾道ミサイルを発射しました。

北朝鮮西岸から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達も行われました。平壌市の順安付近から午前06時57分ごろに東に向けて発射され、われわれ国民のもとには午前07時00分に通達されました。午前07時06分ごろ北海道地方から太平洋へ通過、午前07時16分ごろに襟裳岬沖2,200kmの海に落下したようです。Jアラートのタイミングとしては、屋内や遮蔽物への避難等、最低限の行動が可能な時間かと思われます。

北朝鮮の弾道ミサイルが日本の上空を通過するのは、1998年の「テポドン1号」、2009年の「銀河2号」、そして先月29日の「火星12」に続き、4度目です。衛星運搬ロケットが上空を通過した2012年「銀河3号(衛星:光明星3号)」、2016年「光明星(衛星:光明星4号)」を加えると、北朝鮮飛翔体が我が国上空を通過するのは、6度目となります。

水平に約3,700km、約20分飛翔し、最高到達高度は750〜800kmだとされています。発射された弾道ミサイルは、グアム攻撃用の中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」かと思われます。
20170915
「火星12」がグアムを完全に射程に収めていることを示す意図があったのでしょう。

あらためて言うまでありませんが、北朝鮮の弾道ミサイル開発がいかなる理由であれ、さらには特定の国を狙ったものでなかったとしても、許されるものではありません。北朝鮮の弾道ミサイル発射は、国連安全保障理事会決議169517181874への明確な違反です。上空数百kmの大気圏外とはいえ、日本に向けて通告なしに弾道ミサイルを発射したことは、我が国の安全保障を脅かす重大な行為ですし、国際秩序に挑戦するものであると非難されるべきものです。

核開発と弾道ミサイル開発がセットで行われる理由

2006、2009、2013、2016(1月、9月)、2017年と5度の核実験を経て、すでに2度の水爆実験にも着手しています(北朝鮮の発表によるとですが)。 

なぜ北朝鮮は核兵器と弾道ミサイルの開発をセットで進めているのでしょうか?

これは、ミサイルの精度に理由があります。ICBMのような長距離弾道ミサイルは、1つのビルを狙い撃ちするようなピンポイントの誘導能力はありません。米ロ中が保有するICBMでもCEP(半数必中界:ミサイルの命中精度の指標となるようなもの、です)は100〜数百mで、通常弾頭(非核)では戦略目標を攻撃するために用いるには精度が足りません(数を撃てば当たるかもしれませんが、もったいない)。「火星14」のCEPは約10kmと見られています。通常弾頭では効果的な運用はできないのです。長距離弾道ミサイルを戦略兵器とするためには、弾頭に大きな破壊力を持つ核兵器を搭載することで数km圏内をなぎ払わなければなりません。

ここで求められる技術が、核弾頭の小型化です。たとえば「火星14」のようなICBMは核とセットでなければならないのです。水爆実験発表や度重なる核保有宣言が示すとおり、北朝鮮はこのことをよく分かっているのではないでしょうか。

米国防総省などでは、北朝鮮はすでに核弾頭小型化の技術を一定程度まで確保しているとの見方で(立証はできていないようですが)、その前提でミサイル防衛網を構築しています。


ICBMを迎撃するのは日本のミサイル防衛の役目ではない

北朝鮮から発射されたICBMは、平常に飛翔すれば日本を攻撃することはできません。ロフテッド軌道で狙うというようなICBMを無駄遣いする蓋然性も低いでしょう。北朝鮮のICBMは米本土(CONUS)の主要都市を狙って発射されます(ハワイについても後述します)。
平壌_LA
北朝鮮やイランからのICBMを迎撃するために、米国は米本土防衛専用システムとして、GMD(Ground-based Midcourse Defense:地上配備型ミッドコース防衛)を配備しています。GMDで使用される迎撃ミサイルは、GBI(Ground Based Interceptor)といい、米本土に飛来するICBMを迎撃する任務は、我が国のSM-3やPAC-3ではなく、このGBIが担います。現在フォートグリーリー基地(アラスカ)に26基とバンデンバーグ空軍基地(カリフォルニア)へ4基配備されています。
GBIsites
2013年3月、このGBIを14発増やして44発にすると発表されました。なお2017年5月、GMDはICBM迎撃実験に成功したばかりです。 

GBIの射高はどのくらいでしょうか。イランがICBM開発に成功し固形燃料式ICBMを発射した場合、弾道頂点は高度約1,600kmとなります(下図)。
47610195519acb5a377d.png
(米議会予算局(CBO), [PDF] Options for Deploying Missile Defenses in Europe, February 2009, p. 9.)

GBIはミッドコースでこれを迎撃する設計であるため、最大射高は2,000kmほどと推測しています。2015年にNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)のビル・ゴートニー司令官が「KN-08(火星13)」に対してGMDが機能すると明言していました(過去記事)。「火星14」に対してもその評価が大きく変わることはないでしょう。 


ハワイへのICBMは米軍のイージスBMDとTHAADが対応

北朝鮮からハワイまでは約7,500kmですから、ICBM級の弾道ミサイルが用いられます。
平壌_ハワイ
これを迎撃するのは、米海軍のイージス艦から発射されるSM-3または米陸軍のTHAADとなります。補完的に米陸軍のPAC-3も展開するかもしれません。現行のSM-3ブロック1Aで迎撃する場合、イージス艦をハワイからおおよそ500km圏内の海域に配備しておけば迎撃可能です。もうすぐ配備が始まるSM-3ブロック2Aであれば、予想着弾点からより遠い海域で時間に余裕をもって対応できるようになります。

北朝鮮からハワイへの飛翔ルートは日本上空を通過するものですが、自衛隊が射手を務めることはないでしょう。米国の防衛は第一義的には米国自身が担うものですし、日本周辺に展開しているはずの海上自衛隊のイージス艦は射手として最適な位置についていないからです。


グアムへのIRBMは米軍のイージスBMDとTHAADが対応

北朝鮮はグアムへの攻撃意図も示しています。グアムを攻撃する際に用いられるのが、今回発射したとみられる中距離弾道ミサイル(IRBM)です。
平壌_グアム

北朝鮮からのIRBMを現行のSM-3ブロック1Aで迎撃する場合、イージス艦をグアムからおおよそ500km圏内の海域に配備しておけば迎撃可能です。SM-3ブロック2Aであれば、グアムから1,000km以上離れた沖ノ鳥島南方沖あたりからでも迎撃可能です。

グアム防衛の場合も、飛翔ルートは日本上空を通過するものですが、海上自衛隊が射手を担うことはないでしょう。理由はハワイのケースとほぼ同じです。

ハワイ、グアムいずれのケースにおいても、海自のイージス艦が前方展開センサー・ノードとしての役割を果たすことはあります。


日本のSM-3とPAC-3の役割は?

先月「火星12」が発射された際、「日本上空を通過するミサイルを自衛隊が迎撃しないのは、その能力がないから。ミサイル防衛は無意味。」といったような言説を見かけました。今回も破壊措置は行われませんでしたが、やはりミサイル防衛に対する疑念を抱く方もあるやもしれませんが、これは大きな誤解です。

まず、破壊措置命令に基づく武器の使用は、ミサイルや破片の「落下による我が国領域における人命又は財産に対する被害を防止するため必要があると認めるとき」と自衛隊法82条の3に定められています。現在、破壊措置命令は常時発令されており、なんらかの落下物があり、迎撃の必要が認められる場合には即座にイージス艦からのSM-3が発射される運びになっていますが、先月も今回もその必要がなかった、ということです。なお、Jアラート第1報は、日本に向かって発射されたら配信される仕組みですので、「落下による我が国領域における人命又は財産に対する被害を防止するため必要」がない場合には、Jアラート第1報が鳴る+迎撃しないということになります。

では、日本の弾道ミサイル防衛(BMD)は一体なんのために配備されているのでしょうか。至極当たり前の答えなのですが、日本のBMDは日本を防衛するためのシステムですので、我が国のSM-3とPAC-3の迎撃標的は「ノドン」もしくは「北極星2号」です。「ノドン」も「北極星2号」もいわゆる準中距離弾道ミサイル(MRBM)と分類されます。北朝鮮のもつ弾道ミサイルのうち、我が国にとってはこれらのMRBMが主脅威なのです(スカッドERも西日本を攻撃可能)。

日本上空を"問題なく"通過するICBMやIRBMといった中〜大陸間弾道ミサイルを迎撃しないのは、こうした理由からです。


ノドンvs日本のBMD

今回のIRBM発射とは話がそれますが、いい機会なのでまとめておこうと思います。

我が国の脅威となる「ノドン」を北朝鮮は何発持っているのでしょうか? 各種報告書によると、ミサイル保有数は200発。かなりな脅威ですね。発射は移動式発射車両(TEL)を用います。衛星などに見つかりづらいような場所へ移動し、発射するわけです。

一方、「ノドン」を発射する肝心のTELは50基ほどと見積もられています。この評価は2013年のものですが、弾道ミサイルの専門家であるモントレー国際大学院/Arms Control Wonkのジェフリー・ルイス氏に直接質問したところ、2017年時点においてもやはり50基より少ない数字であるとの見立てでした。


つまり、一斉発射できる「ノドン」は最大でも50発程度でしょう。もっとも、実際に50発すべてを無事に発射するというのはなかなか難しいものだ、ということは北朝鮮自身がよく分かっているはずです。そして、ここに固体燃料式の「北極星2号」が加わります。

これに対して我が国の迎撃ミサイル態勢はどのようなものでしょうか?

我が国のミサイル防衛の主役は、イージス艦とSM-3によるイージスBMDです。海上自衛隊がそろえるSM-3は32発(こんごう型護衛艦4隻に8発ずつ)。さらに、あたご型イージス護衛艦2隻もSM-3を搭載するべく改修が決定されています。あたご型のBMD改修が終了すると、48発となります。陸上配備型イージス・システムである「イージス・アショア」の導入も決まったので、迎撃ミサイルの総数はさらに増勢予定です。

SM-3が万一撃ちもらした場合は、PAC-3が対応します。航空自衛隊の全24高射隊(各高射隊に発射機5基)で384発のPAC-3が発射可能です(高射教導群および術科学校の配備分を除く。予備弾数は不明)。もちろん、PAC-3は防護範囲が限定的ですので、ランチャーが国内の最適地に展開している必要があります。在日米軍との数を合わせた数字だけを見れば以下の通りとなります。
  • SM-3:日本×32(48+に増加予定)+米海軍×45(63発に増加予定)
  • PAC-3:日本×384+米陸軍×約400

繰り返しになりますが、迎撃に際してこれらのBMD部隊がどの程度迎撃に適切な場所に展開できているかがキモです。急に撃たれたら対応できないとする意見もありますが、北朝鮮が日米韓にまったく発射の兆候を悟られずに数十発の弾道ミサイル発射という大規模な奇襲に成功する可能性がそれほど高いのか?とも言えます。


「ピストルの弾をピストルの弾で撃ち落とす」という表現が招く誤解

BMDを評して「ピストルの弾をピストルの弾で撃ち落とす」という言い方で「だから不可能」と結論付ける向きがあります。一般的にもBMDに対してこうした印象を持つ方は多いと思いますが、次のような条件を付ければどうでしょうか? 

ピストルの弾(A)をピストルの弾(B)を撃ち落とすとします。(弾B)の射手の帽子に赤外線センサーやミリ波レーダーを取り付け、(弾A)の発射を探知し、発射後は追跡してその情報を拳銃と(弾B)にリアルタイムで送信します。さらに拳銃が(弾A)の軌道を計算し、速度や角度を割り出し、そのデータを受信した(弾B)は誘導シーカーと機動制御スラスタによってコースを微調整し、(弾A)の予想飛翔経路で待ち受け、直撃寸前に胴径を増加させる――。 少なくとも闇雲に撃つよりはヒットする「確率」が上がりますよね?BMDはこうした技術によって実現されています。敵ミサイルがドーンと撃たれて、なんとなくポーンと迎撃弾を撃っているわけではありません。「ピストルの弾をピストルの弾で撃ち落とす」というのは、BMDの仕組みを理解していない表現なのです。

終末速度マッハ9のノドンにBMDは無力?

PAC-3は射程20km、射高15km、速度は秒速1,700m(マッハ数5+)です。「ノドン」の終末速度秒速3km(マッハ数8.8)よりも遅いですが、だから迎撃できないと思うのは大間違いです。PAC-3はヘッドオンで自分にまっしぐらに向かってくるミサイルを待ち受けて撃ち落とすものです。防護すべき拠点からそれたり、上空を通過する標的を追いかけて撃墜するものではありません。

野球でたとえるとキャッチャー。サッカーだとゴールキーパーのイメージです。捕手やキーパーの動く速度は投手やキッカーから放たれるボールに比べてずいぶんと遅いものですが、真正面に向かってくるボールを受け止めるのは簡単です。「ダルビッシュ投手のボールの50倍の速度のミサイルを迎撃できるわけない」とトンチンカンな話を聞きましたが、構えたキャッチャーミット付近に向かってくるボールにキャッチャーミットを当てることは難しいことではありません。だいたい、ダルビッシュのボール50倍の速度というと、秒速約2km(マッハ6)です。「ノドン」の速度にも達していない「スカッド」程度の話なら、PAC-3単独で迎撃可能です。

なお、「ノドン」迎撃の主役であるSM-3ブロック1Aは秒速3〜4km(マッハ数8.8〜11.7)ですが、すでに「ノドン」の射程を超える中距離弾道ミサイル(秒速4+km、マッハ数11.7)の迎撃実験にも成功しています。SM-3ブロック2Aにいたっては、秒速4.5〜5.5km(マッハ数13〜16)と、「ノドン」の終末速度を上回っています。

どのように迎撃する?

大変に大雑把な迎撃の流れですが、以下のようなイメージです。

平壌から1,276km離れた東京に「ノドン」を発射されたとします。発射後、弾道軌道は早期警戒衛星や早期警戒機をはじめ日本海や東シナ海に展開した日米韓のイージス艦、AN/TPY-2レーダーやFPS-5などの前方展開センサーで追跡され、約1分で迎撃に最適な地点(針路や高度)が割り出されます。BMDにとって重要なのは、迎撃ミサイルよりも目・耳・鼻の役割を果たすこれらセンサー群である、という専門家もいます。

ちなみに、BMDセンサー群は夜間に発射された弾道ミサイルを探知できないとする記事を見かけましたが、それはデマです。米国の早期警戒衛星は赤外線による熱源探知で、弾道ミサイルのブースターからの排気ガスが発する赤外線を監視するものですから、夜間に運用できないわけがありません。そもそも、迎撃実験においても夜間に行われることは頻繁で、SM-3ブロック2Aの初めての迎撃実験である「SFTM-01」も現地時間午後10時30分に実施され、迎撃に成功しています。

迎撃シナリオの続きですが、「ノドン」発射から約114秒後、射点から800kmの日本海上にあるイージス艦からSM-3ブロック1Aを発射します。「ノドン」発射から約276秒後、高度約289.8km(大気圏外)のほぼ弾道頂点にて迎撃することができます(※迎撃高度や時間は、弾道ミサイルの発射角度や射手の配置などによって変わるので、ここでの数字はこういうタイミングで迎撃できるというサンプルとしてとらえておいてください)。ちなみにこのシナリオでは迎撃時の「ノドン」の速度は秒速2.5km(マッハ数7.39)、SM-3の速度は秒速2.1km(マッハ数6.1)でした。

カタログスペックによると、現行のSM-3ブロック1Aの射程は1,200kmで、到達高度は500km(600kmという資料も)、速度は秒速3〜4kmですので、性能を割り引いても「ノドン」対処には余裕があります。

もしもSM-3の網をすり抜けてしまった場合は、PAC-3が補完します。先ほど発射された「ノドン」をSM-3ブロック1Aがロストしたシナリオにおいて、PAC-3は「ノドン」発射から約499秒後に発射され、約528秒後に高度26.87kmにおいて秒速3.35km(マッハ数9.85)の「ノドン」を迎撃することができます。

現在日米で共同開発中(すでに迎撃実験にも成功済)のSM-3ブロック2Aは、射程2,000km、迎撃高度が1,000km(2,350kmという資料も)、速度は秒速4.5〜5.5km。「ノドン」にはかなり余裕を持って対応できるようになります。海上自衛隊のブロック1Aは2021年にブロック2Aに 更新予定です

◇ ◇ ◇

日米のミサイル防衛は北朝鮮のMRBM迎撃を主眼に開発されてきた経緯があり、迎撃実験においてもMRBMを標的とし、すでに多くの成功を収めています。

【参照記事】ミサイル防衛:イージスBMD(SM-3)の迎撃試験成績まとめ

SM-3を用いたイージスBMDの迎撃試験はこれまで34回実施され、そのうち27回の迎撃に成功(2017/6/22更新)しています(2006年12月のFTM-11(迎撃ミサイル発射されず)はカウントしていません。また、2008年11月のPacific Blitzは1発成功・1発失敗でMDAは失敗扱いとしています。)。

迎撃率は約79.4%(2017/6/22更新)です。

試験の成功率はあくまでも試験だけのもの、という見方も否定はしませんが、過去記事の通り、イージスBMD試験の多くは発射時刻などを伏せた実戦に近い条件で行われています。それに、コンバット・プルーフ(実戦での能力証明)がない点は北朝鮮のノドン、北極星2号、火星12、そして火星14なども同じです。

ちなみに、PAC-3とTHAADについてはさらに成績は優秀です。PAC-3は2009年以降、失敗がありません。現行のPAC-3MSEも同時多目標迎撃試験などを何度も成功させています。THAADは2006年に現在のコンフィギュレーションになって以降、迎撃実験はこれまで15回実施され、すべて成功。実験における迎撃率は100%(2017/7/30時点)と申し分のない実績を持っています。

我が国のBMDの相手は北朝鮮の準中距離弾道ミサイル(MRBM)であり、迎撃の主役はSM-3です。ICBMやIRBMが上空を"問題なく"通過し、ミサイルやその破片等の「落下による我が国領域における人命又は財産に対する被害を防止するため必要」がない場合、海上自衛隊のSM-3と航空自衛隊のPAC-3を無駄撃ちするすることはないのです。

◇ ◇ ◇

100%の兵器なんて存在しません。ただ、1%でも被害が出る可能性のあるものは役立たず、というのは、シートベルトもヘルメットもエアバッグも否定する意見ですから、さすがに同意しかねます。BMDには「安全保障のジレンマ」という問題が潜んでいますからそれを指摘したり、政府の政治的決断を危惧するのなら議論の余地もありますが、BMDの批判・否定には極論やデマが多く、事実に反した例証を挙げたり、確率や物理法則を無視した意見が多いために、建設的な議論にならないのが残念です。

決してBMD万能論を説くつもりはありません。他の兵器システムと同じように不備のあるシステムだと思います。しかしながら、弾道ミサイルは極めて対処の難しい兵器であり、専守防衛を掲げる日本はより一層限定された手段しか採用できません。確かに、99%の迎撃率を誇っていても、1%の撃ち漏らしによって甚大な被害が出るかもしれませんし、そこに自分や大切な人たちが巻き込まれることも十分考えられます。そうした観点から言えば、限りなく100%に近いシステムを希求する気持ちは私にもあります。それでいてなお、よほど効果的な代替システムが開発されない限り、BMDは日本にとって現時点で最も適切な対弾道ミサイル・システムであると言わざるを得ません。