2017年09月10日

思い出の旅 大分編3日目

東京の家族を、大分にご案内ツアー🚙

県内をジェットコースターのように巡る今回の旅。
後半戦は、別府市からスタート!
定番の観光スポット” 地獄めぐり ” から回りましょう( *´艸`)
血の池地獄
−血の池地獄−
別府はおんせん県の名の通り、たくさんの温泉が湧いています。
昔は勢いよく吹き上げる湯気や、熱い泥を怖がって、近寄らなかったそうです。
そんなところから、温泉のことを地獄と呼ぶようになったようです。
赤色が素敵でしょ
小学生の頃は遠足の定番コースで、あちこち巡りました。
お客さんが来た時の観光スポットとしてもお馴染みでした。
竜巻地獄
−竜巻地獄−
温泉資源の豊富な町別府は、温泉、地獄だけでなく、こんな楽しみ方もあるんです♪
それが、” 地獄蒸し ” 🍴
柳屋
−柳屋−
鉄輪にある湯治柳屋内のレストラン” Otto e Sette Oita(オット エ セッテ大分)” で、地獄蒸しランチを頂きました。
地獄蒸し
地獄蒸しは、温泉の地熱と蒸気を使う調理法。
昔から利用されている伝統の調理法で、肉や魚、野菜もふっくら蒸しあがります。
丁寧に作られた料理はどれも絶品で、とっても美味しくいただきました!
鉄輪には他にもいろんな地獄蒸しを扱うお店があるので、自分たちで調理する体験施設もあります。
前に体験工房で地獄蒸しを満喫した時は、より温泉の豊かな恵みを満喫できました。
(少々、忙しかったですがね( ´艸`)笑)
一遍上人
お腹がいっぱいになった後は、鉄輪の足蒸しで蒸し風呂体験。
足元を温めると、全身がぽっかぽかになるから旅の疲れも吹き飛びました。
この日はあいにくの雨模様だったから、より体が温まってちょうどよかったです。
東京の家族を大分に案内ツアー🚙
本当にジェットコースターのような展開で、とっても忙しかったですが楽しかった〜!
3泊4日で県内を縦断する大忙しの旅でしたが、大分を満喫してもらえたようで嬉しかったです。
今年は、他にもいろんな旅に出かけました。
せっかく写真を撮ってもそのまま・・・なんて寂しいから、また思い出の旅シリーズとして紹介しますね。
思い出の旅 大分編、お付き合いいただいて、ありがとうございました。
のぞみ


nonta2009 at 15:28|PermalinkComments(0)のぞみ | × 別府

2017年09月09日

思い出の旅 大分編2日目

今日は大分県南エリアの豊後大野市へ🚙

20170523(7)












東洋のナイアガラとも称される、緒方町の ” 原尻の滝 ” へご案内。
市の名勝で、日本の滝百選にも選定されています。

ゆるやかなアーチから勢いよく流れる水は、力強く、迫力があります。

私の絶景












吊り橋を渡って、真正面から見る滝も美しいんですが高い所が苦手な私はここ。
水が流れ落ちる場所に繋がる、この場所。
川の上を通る橋のような、道路のような場所があるんですが、ここに腰掛けて見る景色がお気に入りです。

水が綺麗












春は辺りの畑に色とりどりのチューリップが咲き誇り、とっても美しいんです。
初夏は水辺の散策、滝を間近に体感するアウトドアもいいですね。

水車のある景色












静かに流れる川の水を受けて、ゆっくり時を刻む水車。
なんとも穏やかな時間が流れていて、リラックスできました( *´艸`)

荒城の月












原尻の滝を堪能したら、竹田市へ。
ここでは我が家のお土産の定番の” 但馬屋 ” さんへ。

荒城の月と三笠野、お抹茶のセットで一服。
そうそう!タイミングよくお店に行けたので、ちょうど焼き立ての三笠野を食べることができました。

茶色のパリッとした皮に、優しい甘さの餡子が絶妙な三笠野。
淡雪のようなしっとり食感の皮に、黄色の餡が美しい工場の月。
どちらもお抹茶によく合う、大人の味でした♪

美しい景色を見て、美味しいものを食べて、旅は続きます🚙

のぞみ


nonta2009 at 17:38|PermalinkComments(0)のぞみ | × 豊後大野

2017年09月06日

思い出の旅 大分編1日目(後編)

豊後高田市を出て、次に向かうは宇佐神宮

神々しい雰囲気












大分県内でも人気の観光スポットである、宇佐神宮。
ここは、全国に4万社あまりある八幡さまの総本宮なんですって。

神秘の道












鳥居をくぐると広大な境内には、たくさんの木々が植えられ、肌に触れる温度が涼やかになる気がします。

本殿に向かうこの道は特に木々が深く、神秘的な心持ちがします。
遠足に向かう子どものようなワクワク感と、秘密基地の中で過ごすようなドキドキ感。
木漏れ日がキラキラと輝く宝石のように見えて、とても素敵でした。

宇佐神宮












ご神木












力強いご神木にみんなの健康と、旅の無事をしっかりと願ってきました。

おみくじ












おみくじは、大吉。
どうか最後まで楽しい旅になりますように、見守っていてくださいね♪

のぞみ



nonta2009 at 09:54|PermalinkComments(0)のぞみ | × 宇佐

2017年09月05日

思い出の旅 大分編1日目(前編)

旅に出る時のマイルール。

その1、その土地ならではの、景色を愛でる。
その2、その土地ならではの、美味しいものを食べる。
その3、できたら、その土地の人と触れ合う。

小さなルールですが、思う存分楽しむためのお約束。

今回はそんな小さな約束を秘めて出かけた、春の旅をプレイバック✈
単純に、写真整理が遅くなってタイミングを逃した・・・っていうのは内緒( ´艸`)笑

5月末、大分に出けました!

台の茶屋












この旅は東京の家族に、実家のある大分を紹介するツアーです👣
3泊4日の旅で、みんなが行きたいところを巡る計画を立てて、レッツゴー!

まずは一服












朝一番のフライトで大分に着いたので、まずは杵築市で一服。
武家屋敷が印象的な” 台の茶屋 ” で、お茶休憩。
初夏を思わせる、とてもいい天気だったので和パフェもお抹茶も染みわたりました。

蚊取り線香












武家屋敷周辺をぷら〜っと案内した後は、旅の目的地” 県北方面 ”へ 🚙

豊後高田市












今回の目的地は、東京の家族のリクエストです。
まずは、昭和の町で有名な豊後高田市を巡ります。

そば処 響












豊後高田市はそばが美味しいところ。
そば好きな家族に美味しい蕎麦屋をと探して、そば処 響(ひびき)へ行ってきました。


そばランチ












そば












店員さんがとても親切で、そばの種類も多くとっても美味しい。
手入れされた中庭がとても美しく、ゆっくりそばを堪能できました。

お腹いっぱいになった後は、昭和の町へ。

ロマン蔵












ここは昭和のテーマパーク「ロマン蔵」。

ロマン蔵












懐かしいお宝












懐かしいお宝がいっぱいで、1日ゆっくり遊べる場所です。
私たちよりも、親世代には青春ど真ん中なアイテムがたくさんあって、目をキラキラさせて楽しんでいました。

現役ボンネットバス












現役のボンネットバスを前に、たくさん昭和の思い出話も聞かせてもらいました。
気分はすっかり朝ドラひよっこの世界( ´艸`)
テレビで見たものが目の前にある。
そんな不思議な感覚と、楽しそうな昭和の時代に想いを馳せながら豊後高田とお別れしました。

今回の旅は、まさにジェットコースター。
めったに出かけることができないからこそ、行きたい場所を全部巡ろうと計画を練りに練っていきました。

数日で、大分のいいところをたくさん巡って、楽しい思い出をたくさん作りました。
たくさん写真も撮ったし、大分旅を振り返りつつ、旅レポを続けていこうと思います。
旅気分を味わいながら、お付き合いいただけたら嬉しいです♪

のぞみ








nonta2009 at 18:36|PermalinkComments(0)のぞみ | × 大分

2017年09月03日

麹のある暮らし

麹を暮らしに













主婦になって3年目。
台所で家族の健康を預かるようになって、美味しく食べるにはどうしたらいいものかと頭を悩ませてきました。

美味しいって何だろう。
毎日のご飯、マンネリしないためには何が必要か。
作って楽しい、食べて美味しい、そんなご飯がないものか。

図書館でレシピ本や料理に携わる人の話を借りては、我が家で実践できるものはないかと頭をひねります。
そんな時、調味料の話に興味を持って、調べるうちに【 麹 】に出会いました。

私のバイブル











― 麹の参考書、私のバイブル ―

日本の調味料には、いろんな形で菌が関わっています。
菌は菌でも、体にいい麹菌。
あまり気にしてこなかったけれど、いつも口にしている食べ物と関りがあるんですよね。

この菌が体にいい、美味しく手間いらず、自分で育てる楽しみのある!
春にこの本を借りて、ず〜っと頭の片隅に麹がいて、いつ挑戦しようかと考えていました。
(はよ動きなよって話ですが笑)

というわけで、秋にようやく動きはじめました( *´艸`)

麹はじめました












不思議なもので、麹に興味を持ってからは、よく見かけるようになりました!
それまでも同じ場所を見ていたはずなのに、気にもしていなかったのに。
この熱が続くうちにはじめたいなと思って、夏には麹を買って、更に温めていました(笑)

塩麹












【 伊勢惚のみやここうじ 】
を使って、まずは【 塩麴 】を仕込み。

醤油麹












もうひとつ、【 醤油麹 】を仕込みました。

麹を扱う前は、とにかく難しそうだなと思っていました。
そもそも麹には馴染みがないし、板状にまとまった板麹って扱いやすいの?
と、いろんな疑問が頭の中をぐるぐると巡っていました。

でも、勇気をもって袋を開けてみたら、も〜うびっくり!
ふっかふっかの板麹は手で簡単に砕けるし、両手で包みすり合わせると、面白いくらいにパラパラになるんです。
麹効果で、すり合わせた手もサラサラになる美容効果付き( ´艸`)笑
キッチンカウンターで2つの麹が発酵待ちな光景も、何だか嬉しい!

自分で作る調味料って、面白い!
仕上がったら、どうやって食べるのか想像するのも楽しい!
このワクワクを原動力に、新しい料理の世界を満喫していきたいと思いました。

毎日、しっかり混ぜて育てていきましょう♪

のぞみ


nonta2009 at 11:54|PermalinkComments(0)のぞみ | × 暮らし
のぞみ