2018年07月25日

UKKI農園

5月下旬にスタートした、今年のUKKI農園
夏の暑さにも負けず、毎日元気に成長しています。

【 5月28日 】
今年のUKKI農園、種から育てるのはバジルと朝顔。

バジルの芽









朝顔の芽










種をまいてから数日で芽が出始めたので、まずは一安心。
これから、大事に大きく育てていきます。

【 6月1日 】
苗から育てるのは、きゅうり、ミニトマト、ゴーヤの3種類。

きゅうりのツル









ミニトマトの花









ゴーヤ










苗を植えつけて1週間くらい経つと、それぞれツルが伸びたり花が咲き始めましたよ。
花は受粉の手伝いをして大きく育つように、毎日水やりをしていました。
愛情が強いと花を落とすことがあるから、これは気をつけなくてはいけません(笑)

【 6月8日 】
発芽して1週間、モリモリ芽が出て鉢の中が大盛り上がり。
もう少し大きくなったら、間引いて育てようと毎日観察していました。

バジル成長中










【 6月10・12日 】

UKKI農園は花盛り。きゅうりに続いてゴーヤも黄色の花をつけました。

きゅうりの1番花









ゴーヤの1番花










こうやって見ると、どちらも花が似ていますね。
きゅうりの花はしっかり、ゴーヤの花は柔らかい印象でした。
でもゴーヤの花の縦筋が実の模様に似ているのにはびっくりしました。

【 6月22日 】

きゅうりの赤ちゃん、可愛いね。
産毛に包まれた葉がフカフカで、実にかかる雨を優しくよける傘のようにも見えました。

きゅうりの赤ちゃん










【 6月28日 】
UKKI農園は成長盛り、みんなスクスクと成長していて頼もしい限りです。

バジルモリモリ









バジルはこの頃、間引いて残した芽を育てています。
ちなみに間引いた芽をチャーハンに加えたら、いいアクセントになりました。
カイワレのように小さいのに、バジルの味がしっかりしていて驚きました。

朝顔・ゴーヤ









きゅうりも伸びた









朝顔、ゴーヤ、きゅうりのツル3兄弟は順調に伸びています。
きゅうりは最初に思った背丈よりも伸びたので、早急に補強が必要ですね。

トマトも葉を伸ばす










ミニトマトも順調に葉を伸ばして、細い支柱だと心細い感じ。
ここまで大きくなってくれたんだねと、嬉しくて毎朝話かけていました。

一方、失敗もあるのが家庭菜園の難しい所。
赤しその芽










大好きな赤しそ、たくさん収穫して食べたいなと思っていたんですが難しい。
プランターに直播きしたんですが、4つ葉まで育つも水やりの時に芽が倒れてそのまま成長できずにごめんなさいした子が何組もいます。
水が当たらないように工夫して、残りの種も蒔き直して今様子を見ている所です。
育つといいな〜、大事にしよう。

UKKI農園、暑さにも負けず成長する姿に、毎日元気をもらっています。
やっぱり植物と一緒に暮らすのはいいですね。
また成長記録をこまめに残していこうと思います( *´艸`)

のぞみ



nonta2009 at 12:01|PermalinkComments(0)のぞみ | × 暮らし

2018年07月12日

甘酒クッキング

甘酒や塩麴を使って、お菓子が作れる!?

図書館で小紺結花さんのレシピ本を見てから、ずっと作ってみたいと思っていました。

甘酒クッキング












我が家の定番、甘酒ホットケーキを作る時に合わせて挑戦しました。
甘味は甘酒、塩気は塩麴を使って作る甘酒クッキー。
素朴な味わいで、クラッカーに近いかな?
厚みをもって焼くと食べ応えがあり、薄めに焼くとサクサク食感が楽しい。

待ち遠しい












焼き時間も短めで、さらっと作れる感じがイイね。
クッキーってこねたり、型抜きをしたりと手間がかかるイメージがあってさらっと始めにくい印象でしたが、これは本当に手軽に作れるし、何より楽しい!

次は何にしよう












素朴な味わいだからこそ、自分で味を加えるのも楽しいかも。
今考えているのは、粉チーズ、ドライトマト、ローズマリーを加えても楽しいし、果肉ジャムを加えたり、ナッツやきな粉を和えてもいいんじゃないと想像が膨らみます♪

体にも優しい手作りおやつ、これからも楽しく続けます!

のぞみ


nonta2009 at 11:10|PermalinkComments(0)のぞみ | × 食卓

2018年06月18日

梅仕事 梅干し編

我が家にスタンバイしていた梅が、いい塩梅に熟してきました。

梅仕事2018












追熟する間、甘い梅の香りが部屋中に漂います。
天然のアロマで心地いい気持ちで、台所へ。
今年の梅仕事は(何度も宣言してきましたが笑)梅干し、梅酒、梅味噌を仕込みました。

梅干しに挑戦












今回は、梅干しの工程を記録に残しました。
私、台所仕事の記録写真を撮るのが楽しくて好きなんです。

梅と塩を加える












水通しした梅、ヘタを爪楊枝で取る時間、ふきんで包みこむように優しくふく時、そして瓶に詰めていく瞬間、それぞれが本当に美しくて見惚れます。

雪降る塩












塩を手に取って振りかけると、雪のようにハラハラと舞い落ちてこれも綺麗なの。
瓶の中でゆっくり休んで、美味しく変身してくださいね。

今年の梅仕事は一段落、これからは楽しく保存瓶を眺めて育っていく姿を見るんだ。
美味しく、美味しく育ってね〜!

のぞみ


nonta2009 at 23:43|PermalinkComments(0)のぞみ | × 食卓

2018年06月16日

梅仕事はじめ

今年の梅仕事は、梅ジャムからスタートしました。

梅酒ジャム












これは梅酒用に漬けた梅の実をコトコト煮て作ったものです。
だから、ぷ〜んとお酒の香りが漂う大人仕様(笑)
お肉を煮るのに、お菓子作りに、香りを活かして食べたいな。

他にも完熟梅を使った梅シロップを仕込んでいます。
今まで青梅で作っていたから、完熟だとどうなるのか未知の世界。
それだけに、じっくり観察してみなきゃ。

部屋には美味しく変身させたい梅の実がスタンバイしています。
【 梅干し、梅味噌、梅酒 】を作るぞ〜!
楽しい大人の自由研究、主婦の探究心は尽きない。

のぞみ


nonta2009 at 21:24|PermalinkComments(0)のぞみ | × 食卓

2018年06月12日

季節の手仕事

梅雨入りは、我が家の【 梅仕事 】が始まる合図。

以前は梅酒、梅シロップ、梅干しと梅を活かした保存食を作ってきました。
今年は梅酒を解禁しようと思って空いた瓶に梅シロップを、他の瓶が空いたら梅酒や梅干しにも挑戦したいなと、梅の実を見ては想像を膨らませています。

保存食












これが我が家の保存食。
左から味噌、梅干し、梅シロップ、梅酒です。
味噌は今年初めて、梅干しは昨年初めて作ったからうまく浸かっているかな、美味しくできているかなと見る度にワクワクして、つい話しかけています( ´艸`)

こういう保存食、実家にもたくさんありました。
子どもの頃は、黒や茶色、大小様々な瓶が並ぶ姿が不思議でしたね。
何が入ってるのか分からなかったから、謎の瓶と命名していたりして(笑)
1人暮らしを始めたら、私はこんな謎の瓶を絶対に置かないんだからねと思っていたのに、梅酒を漬けはじめ、今ではご覧の通り、どんどん増えていきました。

今年は新しい梅のレシピを聞いたから、挑戦してみようと思います。
季節を身近に感じる、大切な仕事。
これからも、暮らしを楽しむ手仕事を続けていきたいな。

のぞみ


nonta2009 at 21:51|PermalinkComments(0)のぞみ | × 暮らし
のぞみ

のぞみ