今の時期に出回るりんご、「紅玉」。
小ぶりで真っ赤で、そのまま食べると、固くて少しすっぱいのが特徴です。
これが、火を通すと、その締まった実と、キュンとくる甘酸っぱさで本当に美味しくなるんです。
なので毎年、この紅玉で、いろんなお菓子を作ります。

今年はまずこれを作りました。
2015-11-05-13-27-31

左手前が「アップルバター」、右は普通のりんごジャムです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


まずはりんごジャムを作ります

作り方は簡単です。
まずはりんごジャムから。
紅玉2個は皮をむいて芯を取り、8等分して、5ミリくらいの薄いいちょう切りに。
芯と種は、お茶やだしを取るパックに入れて、取っておきます。(一緒に煮るとペクチンが出てとろみがつくため)

重さを計って30~40パーセントの重さのグラニュー糖と、レモン汁1/4個分をしぼってまぶす。
芯の袋も一緒に入れます。
2015-11-04-22-14-07
全体にまぶして、30分ほど置くと、水分が出てくるので、中火にかけます。

10~15分ほど煮て、りんごが透き通って来たら、芯の袋を取り出して、りんごジャムの出来上がり。
へらで軽くつぶしてもいいし、そのままごろっと粒を残しても。


アップルバターにアレンジ

ここから先は、アップルバターへのアレンジです。
出来たりんごジャムの粗熱が取れたら、無塩バター30グラムを入れて混ぜ、ブレンダーやフードプロセッサーでなめらかにします。


↑私はこれを使っています。とっても便利です。

2015-11-05-00-05-28
なめらかなアップルペーストに、バターのコクが加わって、本当に美味しいです。
これはどちらかというと、バター少なめのあっさりレシピです。
バターを多めにして、もっとこっくりした感じのアップルバターもおいしいと思います。
今回は、紅玉4個でりんごジャムを作り、半量にバターを混ぜて、両方作りました。
どちらも、煮沸消毒したビンに詰めます。

煮沸消毒の仕方はこちらの記事にあります。
*関連記事*
季節を閉じ込める~いちごジャム・シロップ・ドライストロベリー~

いちごジャムはもう少し先ですね…。

 sponsored link



あっさりしたパンと合います
2015-11-05-13-30-14
昨日の朝ご飯。低血圧で、朝はあまり食べられないので、これで十分な朝食です(笑)
アップルバターは冷蔵庫に入れると少し締まり、白っぽくなります。

ネコみたいなパンは、最近マイブームのちぎりパンです。
image

耳ははさみで切り込んで、目はレーズンで…。
簡単です。

パン生地は、強力粉320g、牛乳100cc、水100cc、砂糖大さじ2、塩小さじ1/4、バター15g、ドライイースト4gで作ります。あっさり目のパンです。
(この分量だと、この9匹の他にあと5匹くらいできます^^;)
小麦粉は、北海道産の「春よ来い恋」、
イーストはサフ・インスタントドライイースト(赤)です。
小麦の香りが心地よく、こくのあるアップルバターによく合うパンです。

朝食にちょっとした変化がついて、朝が楽しみになりました。

***

お読みくださってありがとうございました。
よろしかったら「読んだよ~」の応援クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ

***
記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください!


ありがとうございました(*^^*)



参考にさせていただいているトラコミュです。
シンプルライフ 
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 
台所・調理・製菓用品・キッチングッズ 
料理&お菓子&パン@手作り  

ツイッターでブログの更新情報や、思いついたこと、お役立ち情報をメモしています。
お気軽にフォローしてくださいね(*^^*) 



 
*最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!*