こんにちは。先週の中山芝1200の3着までに入着した馬の調教パターンを書いてみようと思います。以前パターンを書いた事があったんですがその際「パターンが面倒くさい」とのコメントがありましたので今回は坂路、コースの2択で考えていきたいと思います。尚詳しく考えてみたい方は新調教GメンJRAの先週のレースとレース結果を照らし合せてみられたらそのコースにあった調教は何か?、得意な厩舎は?
、得意なジョッキーは?などが見えてくると思います。

それでは先週のレースを見て分析させて頂きます。先週の土曜日は芝1200のレースは3鞍ありました。(その3レースの中で3着までの馬券圏内に入った馬を坂路、コースで2択してどっちが有利な調教パターンだったか推測します。併用(坂路、コース両方ともやったパターンもコースとしてカウントさせてもらいます。)
コース調教 7頭
坂路調教 2頭

日曜日は2鞍ありました。上記と同じような解釈で考えて下さい。
コース調教 4頭
坂路調教 2頭

この事を見て解かるのは先週の中山1200はコース調教があっていたという事でした。登録馬を見てみるとコース調教を行なってレースに出てた馬の方が圧倒的に多かったです。裏を返して考えてみればコース調教をしてレースに挑んだ厩舎が多数多かったという事は中山芝1200は忙しい流れのスプリント戦の中でも更に難しいコース形態をしてるからこそコースでの折り合いをつけないといけないとの厩舎の考えがそうさせたのではないかと考えております。ですが先週のレースの登録馬は美浦の馬が栗東の馬より圧倒的に出走しておりましたのであまり強く言えない部分もあるので注意して下さい。栗東の馬で関東遠征で結果を残す馬は坂路調教の馬の方は目立ちますしね。ですが僕は遡って去年の調教パターンがそうだったから今年もそうだみたいな事は言いたくないところがあります。何故かと言えば馬場状態が去年とまったく一緒だとは限らないですしね。それよりは先週のパターンを見て推測する方が賢明だと思います。今のとこの結論はコース調教馬に分があるコースと言えますね。
にほんブログ村 競馬ブログへ1日1回クリックお願いします。