皆さん、こんばんは。昨日の夜ブログのトラックバックが急に不調になりました。原因は何故かわかりませんが僕が送ったトラックバックが重複しておられるサイトがあると思います。非常にご迷惑をお掛けいたしました。お手数ですがその様な場合は削除をお願い致します。たまにこんな事があるのですが本当に困ります。
今日も挑んでみますが送れない場合はお許し下さいね。

さて気分を変えたところで今日は日経新春杯の考察をしたいと思います。
登録馬を見渡したところ正直言ってパッとした馬がおりません。本当に困りました。このレースも資金を少し減らして勝負しないといけませんね。(弱い)
日経新春杯の登録馬の血統図は血統フェステイバルさんが詳しいのでそちらでご覧下さい。こちらです!!
また日経新春杯のラップデーターはズルコビッチ劇場さんが非常にいいデーターを持っておられますのでそちらでご確認をお願いします。こちらから!!
ご覧いただけましたか?。今のとこはあまりピンとこないのが本音ですが競馬ブックのフォトパドックを見て引っ掛かった馬を1頭推奨しておきます。
それはアドマイヤフジです。体に銭菱模様がうっすら見える事が確認出来ると思います。調子がいい証拠ですね。またこの馬3歳時は見事な馬体だったのは皆さんもご存知の筈。ですがフォトパドックを見る限りはこの馬にしては腹袋の当たりが細くなっており若い時は牝系のノーザンダンサーの色が出ておりましたが(ヘイローにノーザンの肌が入ると芝というよりダート適正の方が合う馬が多い。)今の写真を見る限りは芝馬になったんだな。と思えてしょうがないのです。
僕の理論が間違っているかもしれませんがヘイロー×ノーザンテーストの方が中央競馬向きの脚質を持っているんだと思います。事実、テレグノシスはその配合ですが上がり3Fに切れ味は凄まじいものがありました。デュランダルもそうでした。
今、手元に本が無いので言い切れませんが、僕の記憶では亡くなった吉田善哉氏は本当は日本にノーザンダンサーを持って来たかったですが活躍しているノーザンダンサーを譲ってくれる訳など無くしかたなく買ったのはノーザンダンサー産駒の仔馬だったといいます。(記憶が間違っている可能性がありますので間違っていたらお許し下さい。)その産駒が日本の競馬に貢献していって今現在の発展がある訳です。
その血を受け継いだアドマイヤフジは坂のあるコースには弱いんですが京都となると何故か走ります。骨折で長期戦線離脱しましたが復帰初戦の有馬記念では相変わらずの後方からの競馬でしたが上がりは34.6と自力のあるところを見せました。
現時点で狙えるのはこの馬くらいでしょうか?。
オースミグラスワンもこのレースに出るのですが秋の天皇賞の放馬の件もありますし、脚質的にも新潟で適正がある、上がり3Fが速い、この2点が引っ掛かります。
先週の京都の血統バイアス(重賞のみですが)を見れば確かに京都金杯でロベルトの血を持っている馬3頭で決まった訳で、ただ純粋に「ロベルト狙えばいいじゃん。」と言えればいいのですがこの馬のパフォーマンスが野芝の新潟で結果を出したという事が僕が食指を出せない理由であるのです。ヘイローがパフォーマンス出せない今開催の深い洋芝、それを助長するかのような天候とその結果の緩い路盤。先週のファストタテヤマの走りを見てそう思いました。1週目でビビッている訳ですが高速仕様の馬場で無い事は確かで今週の京都の天気は良いと聞いたのですけど、今のところはまだ疑わざるを得ないですね。ただ好天が続き中間、転圧をかけたか、芝の草丈を刈るなどの事をするならば今日書いた事の逆で攻めないといけないんでしょうけどね。
スローな展開になる事は必至だと思います。距離は3F短いのですが先週の万葉Sの調教パターンを材料にして考察してみました。京都の芝2200から2400は固い決着になる事が多いと思いますから。

1着 バイロイト 前回→一杯平均コース W iii 今回→ 標準コース W iii 先着
2着 トウカイトリック 前回→一杯平均坂路 坂 iii 先着 今回→標準坂路 坂 iii 先着
3着 チャクラ  前回→標準坂路 W iii 今回→標準多め坂路 W iii

JRDBの新調教Gメンで考察してみました。各厩舎の調教パターンがわかると思いますので皆さん是非ご活用下さい。為になること間違いなし!!。

これを見る限りでは各馬、調教の強度が前回と同じですね。しかも前回とおなじく強めiiiの調教です。そして3頭の内2頭が坂路調教を行っている事がわかります。
距離の長い京都のレースは坂路調教の方が複勝率が高いと言えますね。明日は各馬の調教の事を書こうと思ってますので関心のある方は記事を見にきて下されば非常に嬉しいですね。お付き合いありがとうございました。それではまた明日お逢いしましょう♪♪
社員証


 にほんブログ村 競馬ブログへ
いつもご訪問ありがとうございます!!応援クリック是非よろしくお願い致します!!皆さんのまたのご訪問を心からお待ちしております!!ありがとうございました!!