皆さん、こんにちは!!。今日もヒイヒイいわされてきました。(涙)ですが競馬も仕事もバリバリいかせて頂きます。何事も努力ですからね。赤木さんから頂いた一本どっこという名前がある以上手を抜けませんからね。頑張ります!!。

さて今日は新調教Gメンで平安Sを考察したいと思います。が、しかしあまりにも記事をアップするのが早い為まだデーターが入っておりません。(すいません、僕の自己都合の為です。なんせ今夜も夜勤なもんですからお許しを!!)ですが先週の日曜日のデーターを拾ってみました。そこでうっすら見えた事を書いておきます。またモバイルでご覧になっている方も沢山おられると思いますのでリンクを張っても見えない方もいると思います。新調教Gメンを理解して頂く為にデーターの見方を引用して書いておきます。その方がわかりやすいですし皆さんにも活用して頂きたいとの思いです。調教パターンを知る事によって厩舎の名前がわかればその厩舎がどんな時計を追い切りで出すか?、また勝負時はどんな調教パターンがあるかなどがわかりますからね。色々わかった上で馬券を外すのならお金の捨て甲斐があるというもんです。

☆調教の種類は運動の種類と同じ分類

 運動には重量挙げや短距離走のように短時間で全力を出しきる無酸素運動と、ジョギングやマラソンのようにゆっくりと長時間行う有酸素運動があります。

 競馬はというと、かつてはスプリント戦は無酸素で走るとされてきましたが、近年の研究により、そうではないことが明らかになりました。

 競走馬は1ハロン15秒までは完全な有酸素運動で走るようです。では、15秒より速くなると完全な無酸素運動かというとそうでもなく、全力疾走になる前までは有酸素と無酸素を同時に使わなければならないのです。もちろん、スピードが速くなればなるほど、無酸素運動の比率が高くなります。つまり、日本の平均的なレースの形は、道中では有酸素運動の比率が高く、ゴール前では完全な無酸素運動になっているのです。

 『調教Gメン』ではこの2種類の走りの配分が距離、競馬場、レース条件によって違うことに注目してきました。つまり、有酸素運動を中心に行っているゾーンと無酸素運動を行っているゾーンの占める距離、位置によって、レースの適性は大幅に変わるというわけです。そして、各馬の適性能力を決定づけるのが「調教」なのです。

☆無酸素ゾーンが長いレース「秋華賞」

 秋華賞の場合、スタートしてまもなく1コーナーとなりレースはスロー(有酸素運動が中心)で流れます。ただ内回りということもあり、後続は3コーナーすぎから早目に仕掛けます(無酸素運動の比率が高くなる)。結果3角から始まった無酸素運動はゴール前まで要求され、無酸素運動を重点に鍛えられている坂路スパルタ型が結果を残します。
 具体的な例でいうと99年の秋華賞でしょう。1番人気のトゥザヴィクトリーが番手で追走したこともあり、有力馬をこれを目標にして早目の仕掛けとなりました。この結果ゴールまでの無酸素ゾーンが広くなり、坂路スパルタ調教で無酸素運動に長けていたブゼンキャンドルが差し切ったというわけです。2000年も無酸素運動に適した坂路型のテイエムオーシャンとローズバドのワンツーでした。


☆無酸素ゾーンが短いレース「菊花賞」

 長距離という大前提で、騎手が手探りの流れ(有酸素)で始まります。スパートに関しても京都外回りという点から早仕掛けを嫌い(有酸素)、直線を向いてからのGOサイン(無酸素)となるわけで、有酸素運動的な効果が大きいウッド調教馬が活躍します。その傾向は流れがミドルペースより速くなれば、より顕著になります。3強時代だった99年はウッド調教馬のナリタトップロードが快勝。坂路軽目型と菊花賞には適さない調教だったダービー馬アドマイヤベガは惨敗しています。


☆無酸素ゾーンが長くも短くもないレース「天皇賞秋」

 馬場が広くコーナーの少ない天皇賞秋は、距離が同じでも秋華賞とはまったく違った調教が求められます。スタートしてからすぐのコーナーを過ぎると、長いストレッチでは激しい先行争い(無酸素)が展開され、その後は長い直線を考慮に入れて流れが落ち着きます(有酸素)が、直線ではゴール前の坂越え(無酸素)が待っているといったコース形態になっているため、有酸素運動的なウッド調教はもちろんのこと、無酸素運動的な部分をフォローする坂路調教併用馬が結果を残すというわけです。直前予想でアグネスデジタルを◎に推したのは典型的な前記パターンだったからです。2着もウッド調教主体の坂路併用型だったテイエムオペラオーで決まったことで天皇賞の傾向はより明らかになりました。


☆条件に適した調教をみつけよう

 このように施行条件により求められる運動の種類は違います。つまり膨大な調教データベースから検証された事実と競走馬研究者の研究結果からレースに適したトレーニングを課されている馬(=勝ち馬)を明らかにした必勝法が『調教Gメン』というわけです。


コース区分
レース週に追いきった調教コースで区分


調教系区分
 スパルタ
 週平均1本以上の調教でしかも追い状態に「一杯」系の表記が多い馬


 乗込
 週平均1本以上の調教で追い状態に「馬ナリ」系の表記が多い馬


 急仕上げ
 週平均1本未満の調教で追い状態に「一杯」系の表記が多い馬


 軽目
 週平均1本未満の調教でしかも追い状態に「馬ナリ」系の表記が多い馬


 標準
 週平均1本程度の調教で追い状態に「強目」系の表記が多い馬


 標準少め
 週平均1本未満の調教で追い状態が「強目」系の表記が多い馬


 標準多め
 週平均1本以上の調教で追い状態が「強目」系の表記が多い馬


 一杯平均
 週平均1本程度の調教で追い状態が「一杯」系の表記が多い馬


 馬ナリ平均
 週平均1本程度の調教で追い状態に「馬ナリ」系の表記が多い馬


(JRDB 新調教Gメンより引用)

ご覧の皆さんの中で活用される方がおられると思います。是非ご活用下さい。タダで見えますし絶対役に立ちますから。それでは先週日曜のダート1800のレースの調教パターンを考察出来るとこまで考察してみます。

2R
1着 スマートトリック 前回→連闘 今回→ 一杯平均坂路 坂 iii
2着 タイセイユニオン 前回→ スパルタコース 芝 iii 遅れ 今回→一杯平均コース ダ iii
3着 マンテンポイント 前回→ 一杯平均コース W iii 今回→ 馬ナリ平均コース W i

6R
1着 ブレーヴハート 前回→ 標準併用 W ii 先着 今回→標準コース W i 同入
2着 カオリエスペランサ 前回 一杯平均コース W iii 今回→標準コース ダ iii 同入
3着 バンブーワールド 前回→ 標準坂路 坂 i 今回→標準併用 W iii

8R
1着 サンワードラン 前回→ 馬ナリ平均障害 障 i 今回→標準コース W iii 遅れ
2着 ゼンノコーラル 前回→標準坂路 坂 iii 今回→標準多め坂路 坂 iii
3着 エイシンボストン 前回→ 一杯平均コース W iii 先着 今回→一杯平均コース W iii 先着

10R
1着 スナークファルコン 前回→標準多め併用 W iii 今回→馬ナリ平均併用 W i
2着 キクノアロー 前回→標準多めコース ダ iii 先着 今回→標準多めコース ダ ii 同入
3着 タイキヴァンベール 前回→標準多めコース ダ ii 同入 今回→馬ナリ平均コース ダ i

これが先週日曜のダート1800の番組で入着した馬の調教パターンです。これを見るとコース調教馬の方が分がある事がわかりますね。コース調教を今週やった馬とは?。あの馬がいるではないですか!!。 (ニヤリ)
それは土曜にアップしますので!!。それではまたです♪
社員証

 にほんブログ村 競馬ブログへ
いつもご訪問ありがとうございます!!応援クリック是非お願い致します!!皆さんのまたのご訪問を心からお待ちしております!!ありがとうございました!!

↑明日の競馬はHB新聞を活用ですね!!