トム  「安倍政権による森友・加計問題をうやむやにするための”国難突破解散”(おまえらが国難だろ)がされて、衆院選挙があるわけだが」
ベン  「しかし、自公や維新も日本のこころも最悪だが、小池百合子率いる希望の党ってどうしようもねえな(笑)」
トム  「希望の党への入党を希望している民進党議員に対して公認申請料300万円と党への寄付金200万円を振り込むように求めるというのもだけど、小池百合子とツーショットの選挙ポスター用の写真を撮るのに3万円払わないといけないというのには笑ったよ。高いプリクラだな(笑)」
ベン  「ユリッペが入った風呂の湯は一杯20万円になります
トム  「麻原彰晃じゃねえんだから! 先日、希望の党が公約を発表したわけだけど、”ポストアベノミクスにかわる成長戦略(ママ)”である”ユリノミクス”を掲げていた。自分の名前を付けるなんて、どんだけ自己陶酔してんだよ」
ベン  「オシャマンベノミクスだったらよかったのに
トム  「由利徹…って、しょうもないんだよ! ちなみに、urineは尿という意味で、urinomics(ユリノミクス)は”有機体の尿の成分の総体を識別すること”という意味らしい」
ベン  「小池ゆばり子か
トム  「くだらねえよ! ”花粉症ゼロ”というオモシロ公約もあったけど、一体、何を考えてるんだ!?」
ベン  「”信用度ゼロ”は果たせそうだけどな
トム  「確かにそうだけど!…って、別に上手くねえよ! テレビでは連日、安倍政権対小池百合子みたいな切り口で報道していて、すごくうんざりしてたんだけど、そんな中、枝野幸男が立憲民主党を立ち上げたのは救いのように思えたよ」
ベン  「野党共闘の中核になってほしいな」
トム  「そういえば、立憲民主党について、『日本会議の研究』でお馴染みの菅野完はネーミングが悪すぎると怒ってたのだが…」
ベン  「ネオ民主党やスーパー民主党じゃなくて安心したけどな
トム  「さすがにそこまでダサくしないだろ! 立憲民主党という名称には、憲法を蔑ろにする安倍政権に対して、憲法を遵守して政治を行おうという気概が感じられて良かったと思う」
ベン  「しかし、レゴニンジャゴーは立憲民主党を支援するんだろうか?
トム  「連合だよ! しょうもないんだよ! 民進党の時はレゴニンジャゴーが足枷となって、原発ゼロを公約として掲げにくかったり、野党共闘がやりにくかったりしたわけだから、レゴニンジャゴーは距離を置いてほしい気もする…って、こっちまでレゴニンジャゴーって言ってしまったじゃねえか! もういいよ!」