・踏切を切る男
トム  「この前の『報道特集』の冒頭、踏切で遮断機のバーをノコギリで切った男が発見されたと報じられて、一体何かと思ったよ。千葉県船橋市の踏切で男がノコギリで遮断機のバーを切断したという。犯行当時、人身事故の影響で電車の運転が見合わせられており、遮断機のバーが長らく下りていた。男は踏切が塞がっていることに腹を立てて犯行に至ったという。仕事上、ちょうど車の中にノコギリがあったのか」
ベン  「肥後守で必死にバーを切っていたら応援したくなるがな
トム  「単なるバカだろ!」

・ケーシー高峰死す
トム  「今月8日、ケーシー高峰の訃報があった。あの医療漫談は好きだったのにな…。あれがもう観られなくなるのは淋しい」
ベン  「新千円札の顔は北里柴三郎じゃなくてケーシー高峰にしてほしいよな。現代日本医学の父として
トム  「そもそも医者じゃねえよ!」

・漫画『桜田よしたか物語』
トム  「今月10日、桜田義孝五輪相が辞任。同日夜、桜田氏は都内で開かれた自民党の高橋比奈子衆院議員のパーティーで挨拶をした際、同議員が東日本大震災の被災地出身ということに触れ、”おもてなしの心を持って復興を協力していただければありがたい、そして復興以上に大事なのは高橋さんだ”と語ったという。この発言にアホ官邸もさすがにまずいと思ってか、発言の2時間後に桜田氏の事実上の更迭をするのであった。桜田氏は以前から問題の宝庫みたいな人であったから、何の不思議もない。こういう不適任者を閣僚にしているというのは本当にどうかしているよ(そもそも安倍が総理大臣になっている時点でおかしいが)。それにしても、桜田氏の公式ページに載っている自伝漫画『桜田よしたか物語』には笑ってしまった。進研ゼミの勧誘漫画以下の内容だと評判のようだ。”遠距離自転車通学の疲れのせいか はたまた勉強熱心でなかったせいか”ということで、桜田氏が大学受験に失敗したというくだりがあるけれど、”遠距離”といっても4km程度らしい(笑)」
ベン  「とすると、遠距離恋愛は2mくらいだな
トム  「家が隣同士だろ!

・走行税
トム  「政府・与党は自動車の走行距離に応じて課税する走行税を導入しようと企んでいる。本当にロクでもないことを考えやがって。地方に住む者は怒るべきだろう。あいつら、そのうちに歩行税も導入するつもりなのでは」
ベン  「ハイハイや匍匐前進をする人で溢れかえるわけだな
トム  「ご安心ください、ハイハイ税導入も検討しておりますので…って、ディストピア極まれりだな!」

・桜を見る会
トム  「今年も官邸はタレントなどを招いて”桜を見る会”を開催。本当に醜悪としか言いようがない。こんなことに税金使うな、アホ。タレントの言動に一喜一憂しても仕方がないとは思うけれど、千原ジュニアが断ったというのは賢明だと思う。しかし、さかなクンも参加しているのね…。”安倍さんは魚で言うと鯛でぎょざいます!”みたいなオベンチャラを使ってたのかしらん。この汚染魚も含めて、安倍晋三を囲んでイエーイって記念撮影をするわけだが、このクソみたいなイメージは…」
ベン  「”あつまれ!せいじりょくむら”と呼ぶべきだな
トム  「確かにね!」