2005年10月26日

チャーリーとチョコレート工場

334e7dec.jpg久しぶりの映画の感想。
それも劇場で見てきたやつ。
オオ、ナントメズラシイ。
まぁいいや。

ティム・バートン監督とジョーニー・デップという相性が良い組み合わせ。
というのも、シザーハンズ(これは結構好き)

スリーピーホロー(ヒロインがアダムスファミリーの三つ網の子でかわいい)
もこの二人で組んでて、世間的に結構当たりの映画なんですよね。

でこの映画は
「うーん、まぁまぁ面白いのかなぁ。」
という感じです、ご免なさい、伝えんのへたくそで。

・良かったとこ
まずオープニングの映像。
工場でチョコを作ってる映像なんですが、幻想的かつ近未来的でうまくできてると思います。
それに、工場の中に入るまでのストーリー。主人公の男の子は貧乏なんですよね。
チョコレート1枚買うのも贅沢。でも工場の中に入れるチケットは世界中で5つのチョコにしか入っていない。まぁ工場の中に主人公が入るのはみな分かってることだからなんとかするんだろうな、と創造がつきますが、見てみると引き込まれますよ。

で、今回一番良かったのが音楽。
今までのティムバートン監督のも音楽は良い目だったんですが、今回は抜群。
ミュージカルシーンが何箇所かあって、ウンパルンパ(見ればわかります)の踊り、歌詞、音楽うまくミックスしてます。この映画、ウンパルンパが好きになれるか否かで評価は分かれるはず。

後はキャスト
以前に紹介した映画で「ウェイクアップ!ネッド」のマイケル役(裸でバイク乗るほう)の人が、主人公のおじいちゃん役で出演しています。
はずかしながら私、この人が登場したのを見てうれしさのあまり泣いてしまいました。残念ながら今回は抜群に面白いわけではなかったけれど。

後、5人の子供の中でガムを噛んでる女の子。
この子かなり私のツボです、っていうかティム・バートンは絶対ロリコンです、断言します。

ジョニー・デップはいつものジョニー・デップしてました。
良かったところは以上。結構いっぱいありますね。

・悪かったところ
ストーリーの未消化加減。布石をいっぱい置いてるのに使ってない感じがします。
だったら公開版はその映像抜いとけよ!と思うのは私だけ?
後、前半工場に入る前は文句なしに面白いが、後半の工場に入ってからはいまいちというかなんというか、ウンパルンパしか印象に残っていないというか。
クスクス笑えるシーンは何箇所かあったが、ストーリーに魅力が無かった。

だから全体の感想としてはやっぱり
「うーん、まぁまぁ面白いのかなぁ。」
(面白い部分の方が多いはずなのに、後味がすっきりしないというか、面白くない部分が印象に残る。)
という感じです。

久しぶりに書いたら短くまとめられませんでした。

以上。

2005年10月25日

ベル・サッサ

下校ベル・サッサ = 就業時間終了の合図と同時に帰宅する人の事。

今2人組で仕事をしているのだが、相手がこのベルサッサなのです。
本当はやることいっぱいあって帰れるはずも無いのに。
いや、残業代が出ない、とかいうわけでも無いんですよ。

ほっといて自分だけやればいいじゃん、そんな風に思う方もいるかと思いますが、
人の流れに乗るのがお上手な私といたしましては
「あ、俺も帰りますわ。」
ってゆうのが自然でしょ?ですよね?

...やっぱいけないよね。
どうしよう、ガツンといってやろうか。
まぁ何かうまい方法考えよう。

以上。
nopposann80 at 23:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年10月20日

狙いをつけて・・・

e879b02c.gifこないだ大学時代の友達から

「パチンコ行った事ないねんけど一緒にいかへん?」

といわれた。
実は長期出張中に私もパチンコ初体験したのだ。
いっちょ行ってみるかね、ってことでがんばってみた。

いやー、話には聞いてたけどひどいね。
一応当たった。軽く当たった。
トントン、チョイ負けぐらいかなと思った。

結果、なんだこれ。換金率悪。
ボロ負けやん。

やっぱ大阪ではやらない方が良いみたい。

・・・あっ、友達も負けた。

以上。
nopposann80 at 01:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年10月19日

覚醒のとき

サイババ最近会社に行くのが速い。
速いといっても8:30、でも今までの10:30に比べたら驚異的。
(今までは会社行って、朝飯食って、一服したら昼飯だったからなぁ。)
だって、「ビッグボス」こと事業所長のプレッシャーがきついんだもの。
やはりというか、自分には背水の陣が向いているようです。
でも現在の仕事内容が

 「本を読んで、お勉強。」

な為、眠くなることうけ合い。
特に昼飯食った後なんかはサックリ落ちますね。
(後ろにビッグボスが座っていようとも。)
もちろん本の内容を覚えているはずもなく。
何やってんだか、って感じなのですが、
15:00を超えたあたりから
「俺ってもしかして頭良いんじゃないか?」
と自惚れするほど理解力が極端に上がり(しかも雑談しながら本読んでる。)
一日のノルマをこなす、そんな日々です。

みなさんもそんな時間帯ありません?

以上。
nopposann80 at 00:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年10月07日

そしてその後...

e0242e6f.jpgやっと引越しがひと段落。

まだかなり詰め込み系ですが、なんとか形にはなりました。
(男は呼べるけど女は呼べない感じ?)

この調子なら以前より綺麗になりそうだ。

以上。

※注!
この写真は適当に拾ってきたもので、私本人では当然ありません。
また親戚とか甥っ子とか隠し子とかそういった類のものでもありません。

nopposann80 at 00:12|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)日記 

2005年10月06日

ウマウマ?

1c89db57.jpg休暇中(引越し問題未解決)。

前は自炊をしていたのだが、今は冷蔵庫カラッポ、米無しの為、飯が作れません。
ついでなので減量しようっかな、とか、野菜ジュースだけでしばらく生きていけるんじゃないか、とか思っていたのですが、普通に外で食いましたね。

友達んちに行く途中、天王寺駅の地下街「あべちか」で「えび頼み」なる天丼屋に入った。
えび3本、のりの天ぷら1枚の構成で408円。あ、安いな〜と頼んで食って、色々考え込んでしまった。

うまい、普通にうまい。というか、出張中よく行っていた天屋よりうまい。
出てくる天丼にはタレがかかっておらず、タレは別の容器に結構な量が入って出てくる。そのタレが関西風なんですよね。天屋のタレと関西のうどんつゆを半々で混ぜてみました、って感じ。あんまり濃くないので、多い目にかけてサラサラっと食って下さいって趣向。
「やっぱ大阪の飯は安くてうまいよね〜。」
・・・チャンチャンってな感じでこの記事終わらせたかったんですが、
「えび頼み」をGoogleで検索するとHit20件しかなくて、大体が、
「あんまり満足できないけど、この値段だったらしょうがない。」
的な内容。

あれ?そうなの?あんまりうまくないの、あそこ。それとも大阪人が辛いだけ?
味覚には自信あったのにな〜。関東の濃い味でBrokeしましたか。
凹むわ〜。

以上。

nopposann80 at 15:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)日記 

2005年10月05日

帰ってきたものの

5246fb60.jpg長期出張から帰ってきたのは一日の夜。
やっと帰ってきたぞー、って感じです。
しばらく休みが続くのでのんびりしようと思っていたのですが、
三日に引越しの荷物が届いて愕然。

「この荷物はどうやってこの部屋に収まっていたんだろう・・・。」

片付きません、片付きません。

しかも、4ヶ月以上インターネットができなかったのがやっと開放されたというか、
貪(むさぼ)ってるというか、頭から気持ちいいのが出まくってるというか。
そう、例えるなら「シャブ中の人が必死に解毒したにもかかわらず、またシャブに手を出してしまった。」みたいな。まさにそのまんまです。

なので一向に引越しが進みません。

誰か助けて〜。

以上。

nopposann80 at 12:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年08月31日

そろそろ

大阪帰ります。


nopposann80 at 01:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年07月05日

何故にのっぽさんなのか

のっぽさんと名乗る由来。
みなさん、本物ののっぽさんは知っていますよね?
私と同じぐらいの年代の方にのっぽさんのイメージを聞くと
「しゃべらない人。」
「背が高くてトンガリ帽子。」
「学校休んだときに良く見た。」
などの答えも出ますがやはり共通のイメージとしては
「なんでも器用に工作する人。」
ですよね?(当然ですが。)

話は一時跳んで、大阪に住んでいる人、モノレール文庫って知ってます?
万博公園なんかに行くときに使うモノレールの各駅には、おそらく寄付された古本に
「モノレール文庫」
と印が押されておいてあります。
どうも、
「電車の中は暇だからお好きに読んでね、降りるときに返してね。」
ということらしい。
そこで私は見つけてしまったんです。
「のっぽさんが喋った日」

ガーン。

噂には聞いていたが本当に喋ったんだ。
ってことでさっそく読む。
(あれは多分エキスポにデート行った帰りだったなぁ。エキスポもいろんなドラマがあったなぁ。)
内容としては、もちろん喋った事についても書かれていましたが、基本的にはのっぽさんの中の人の自伝でした。
ここで驚きの事実が判明。
のっぽさんは超の付く不器用な人だったのです。
番組の収録は週に一日。他の六日間はただただ練習の日々。
私達が見ていたスーパーマン的なんでもできる人は、実は負けず嫌いのコツコツ派でした。
そのブキッチョが何年も器用な人に成り済ませた理由は、
「のっぽさんを見てる子供たちの夢を壊したくないから。」だったらしい。

少々臭いですが、私も私自信や私が作った物を見た人が夢を持てればいいなぁと。
また、その気持ちを忘れず、やると決めた事は途中で投げ出すようなことはしたくない、との思いから「のっぽさん」の名を拝借しております。
で、何が言いたいかって言うと、
「すいません、頑張ります。」
ってことです。

以上。

追記
あれ?なんでこの本ここにあるんだろう?

さらに追記
後付けで考えたにしてはまぁまぁの出来でない?

2005年05月22日

映画感想ネタメモメモ

ネタ手元に有るが見てない映画と、見たけど感想を書いていない映画が多くなってきたのでまとめてみる。(随時編集)

ここを見ている数少ない人達、
「この映画見ろよ!」
とか、
「なんでこの映画の感想書かないんだよ!」
とか、
その他私の映画の感想の書き方から何でも意見ありましたらコメントお願いいたします。

あんまりコメントくれる人いないんで寂しいです。
書いて下さいよぉ〜。(映画の感想読んでくれてる人少なさそう・・・)続きを読む
nopposann80 at 23:59|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)日記 

ノッティングヒルの恋人

3d2f8ab9.jpg恋愛映画の王道&秀作。

私は恋愛映画全然駄目なんですけどね、親父が大好きなんですよ、この映画。
でどんなもんかと思って見てみました。

主演はヒューグラントとジュリアロバーツの二人。
ヒューグラントは冴えない本屋の店員。
あるとき超有名女優役のジュリアロバーツがこの本屋を訪れるところから物語は始まる。

外れ無し感のあるこの二人が主演なので安心して見れました。
面白かった部類に入ると思います。
でも見てて途中何度か
「ん?」
ってなるような無理な流れがあるのが気になりました。
(初っ端出会うところと、ひと盛り上がりした後にグズグズするところ。)
しかし脇役の演技がとても良く(特に居候の変態)アットホームな感じ。なので、恋愛映画よりホームドラマ的な部分が私には受けたんだと思います。

終盤からラストにかけての畳み込みもすばらしいの一言。
感動してないのに涙流させられた感じ。(雰囲気で。)

ラスト前のホテルのフロントとヒューグラントとの会話が気に入りました。

親父が好きなのも分かる気がします。

以上。

ルナパパ

8d0c3fe7.LZZZZZZZこの映画、実は以前に触りだけ見てほったらかしにしてしまった映画なのですが、せっかく手元にあるのにもったいないってことで最後まで見てみました。

助演でモーリッツ・ブライプトロイ(ノッキンオンヘブンズドア、エス、ランローララン)が出てるのが切っ掛けで手に入れたこの映画。
キチガイお兄さん役なのですが、お父さん役とつるんで拉致監禁暴行を行うのが結構いかしてました。

主演の女の子はパッと見まぁまぁ可愛いかなって感じなのですが、ガケから滑り落ちるシーンはとてつもなく可愛くとれてます。(てかエロイ。)

撮り方、音楽、撮影場所はそこそこいい線いってるのに面白さは中の下ぐらい。
何でかなと思ったらストーリーの展開が突拍子過ぎて、見ている方が置いて行かれるっぽい。(ストーリーが気になる人は適当に検索して下さい。)
面白くなくは無いけど、買おうと思わないし、2回は見ないかな。

幻想的な世界観は独特なのでそうゆうの好きな人はいいかもね。

以上。

from 神奈川

9ee7de84.jpg久々に更新してます。
長期出張に来たのはいいのですがネット環境が無いので更新しようにもできなかったんですよ。
で、同僚の部屋に無理やり転がりこんで更新しているとこです。
前回パソコンを借りたときに可愛い悪戯をしたせいで監視が厳しく肩身が狭いですが。(光環境でwinnyインストールしてキーワード"無修正"で無制限に落とした。)

なんかこっちは大阪に比べて寒いですねぇ。
田舎だし。
めっちゃバス走ってるし。(バスの運転手は何言ってっかわかんねーし。)
大阪の住み易さを実感してます。
やっぱさっさと帰りたいかな。

不定期ですがにちょろちょろ更新していきます。
以上。
nopposann80 at 17:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年05月08日

ピンポン

89fdb8b7.jpg言わずと知れたスポコン物。
私的には
「ジャパーニーズスポコン物の最高峰じゃない?」
なんて思っております。

卓球でてっぺん目指すペコと、スマイルを筆頭にペコを取り巻く濃い面々の熱い物語。
原作は松本太洋で、松本太洋好きに言わせると
「原作の方が断然面白いよ。」
だそうです。(原作読んでないが気持ちは分からんでもない。)
でも映画としてここまで良くできてんだからいいじゃん、ってね。

卓球って基本的に地味ですよね?(そのほんわかさを撮った卓球温泉も良かったですが。)この映画、結構派手です。
いやほんと、撮り方うまいんすよ。
試合のシーンなんか球の軌道まで撮れてて。
脈動感あるっちゅうかなんちゅうか。
で、2回目見て気づいたんですが、
「卓球シーンってほとんどCGでないの?」
マジすげーわ。気づかなかった。かなりやられた感有り。
当方CGバリバリの映画ってあんまり好きくないんですが、この映画は完全にCGを使いこなしてますね。(初っ端の飛ぶシーンはちょっと恥ずかしいけど。)

キャストですが、ペコ役の窪塚はまぁまぁいつもながらのたるーいしゃべり方が合ってたのかな?
抜群だったのがオババの夏木マリ。
ペコとオババの絡みが多かったのですが、オババのおかげでペコがめちゃめちゃ引き立ってました。後オババのタバコ吸う姿はかっこよすぎです。
オババは原作超えてるんでない?(原作見てませんが。)

他にキャストで良かったのはスマイル役のARATAとドラゴン役の中村獅童。
スマイルの鼻歌はやたら頭に残るし、ドラゴンの力強さはラケットの一振り毎に伝わります。

後、音楽がいい。テクノちっくなポップスがスピード感を倍増させてます。

脚本はクドカンです。当方はクドカン大嫌いですが(ドラックストアガールは見終わると同時にゴミバコ投げ捨てました。)、この映画は良かったです。(クドカンらしさが出てない気はしますが。)

いちゃもんつけるとすると、私的にはラストが今一だったです。

すっきりした映画を見たいときにはいいんでないでしょうか?

以上。

2005年05月05日

折れたら負け、耐久麻雀

0e407055.jpgゴールデンウィークということで、高校の友達と定例である麻雀をしていた。
そんとき私が、
「俺、SEXした後にどんだけ辛くても「もう一回する?」って聞くんだよね〜。相手が「もう無理。」って折れるまでやんの。俺からぜってー折れねー。」
なんて酔っても無いのに言ってしまったのが事の始まり。

誰かが根を上げようと弱音を吐きかけた瞬間、
「へぇ〜、折れるんだ。あっそう。俺はまだまだいけるけどね。みんなもまだいけるだろ?辛いのお前だけみたいだぜ。」
と、誰かが言い出す。
麻雀を始めたのが20時なのですが、結局終わったのが次の日の17時。
まじ辛かったすよ。
みんな目血走りながら強気発言。
結局俺が折れた。
「俺は辛いからもう辞めたいけど、みんなやる気バリバリだからとことんまで付き合うよ!さぁ次やろう!もっかいだけ聞くけど本当に辛いやつ俺だけなんだよね?」
ってとこでみんな折れた。
で最後の半チャンやって終了。

終了時、俺の言った言葉
「え?もう終わり?なんだ〜、俺まだまだできんのに。みんなだっせー。」
言うだけ言っといた。

以上。
nopposann80 at 00:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年05月02日

伝説のシミズ

3e9bcce0.jpgみなさんは松田優作にどんな印象をお持ちでしょうか?
手足長くて威圧感があって、でもコミカルでカッコイイ!
松田優作出演の映画を見た人の多くはあのなんとも言えぬ雰囲気に呑まれたはずです。
本当に惜しい人を早く亡くしました。
しかし、数々の伝説は今も多く語りつがれています。
(車を素手で壊したとか、映画の為に奥歯を抜いたとか、背が高すぎるから足首から下を切り落とそうとしたとか、死ぬ直前は血尿を出しながら平然と演技していたとか。)

なんと大学時代の友達にいるんですよ、クリソツのが。
その名はシミズ。
顔とスタイルもちょい似なんですけど、あの雰囲気が似すぎなんですよね。
数々の伝説を残し中の彼(またの機会に追々)とゴールデンウィーク中久々に会いました。
もちろん大学を現役で卒業することは無く、1年遅れで卒業(ギリギリ)したのですが、その就職先が

大阪府警

「勉強したの?」
って聞くと
「したよ、するにきまってるやん。」
「へぇ〜、学校とか行ったの?それとも本とか?」
「ううん、独学で。」

こいつ絶対勉強してねぇ!

・・・何考えてんだ大阪府警は。
一番採用してはならない部類に入るだろ。

飲み屋から出て夜中にラーメンを食いに行ったのですが帰り道、彼は車道の真ん中を悠々歩いて帰っていました。(もちろん車はすべて彼を避けてました。)
相変わらずのようです。

以上。
nopposann80 at 22:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年05月01日

デート de 動物園

cb233d64.jpg誰かとデートで動物園に行ってまいりました。
待ち合わせ場所に予定通り遅れて到着&当然のごとく謝りながら入園。

動物園へデートとか中学or高校生みたいでない?(当方初体験です。)
てかみなさん、動物園を馬鹿にしてません?
まじやばいっすよ、動物園。
健康的だし、心が和むし、なにより臭い!最高っすよ。

俺ってば物心ついてから動物園とか行ったことあったのかなぁ。
思ってたよりも動物がでかいんですけど。
特にカバ。
大阪でウロウロしてる黒塗りのベンツより、大きさ、威圧感、共に勝ってる気がするんですけど。
その癖、草ばっか食ってるし。
なんか効率悪って。

って事で思ったより楽しめました。(相手はどうだったんでしょうか?)

以上。

追記
なにもおきませんでした。
nopposann80 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年04月29日

転勤

c5508c31.jpgまじかよ・・・
せっかく大阪戻ってきたのに1年で神奈川逆戻りとは・・・

半年で帰ってくる予定だが、本当かどうか・・・

以上。

nopposann80 at 14:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年04月26日

先週末

dd4bbd01.gifすいません、更新怠けてました。

だって週末めちゃくちゃいそがしかったんですよ!
寝ずですよ、寝ず。


全てロマサガが悪いんだ・・・
nopposann80 at 00:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年04月21日

es[エス]

85407271.jpgサスペンス?
大好きなドイツ映画。

ある大学で心理実験が始まります。
その内容とは、一般ピープルを集めて看守側と囚人側に別れ刑務所内での極限状態をシュミレーションしよう、というもの。
7日間の予定だったが、人々は瞬く間に壊れ出し・・・

この映画、実際にあった実験を元に撮影したらしいです。
・・・ってどうでもいくない?
そんな事付け加えなくてもこの映画面白いってば。
人間の内面に潜む怖さ、汚さ、差別描写バリバリ有りで引き込まれるこの映画ですが、ところどころに笑えるシーンがあります。(終盤女性のキックとか。)
こういうのってドイツ映画特有に思います。

主演はモーリッツ・ブライプトロイ。
はい、ほとんどの人が
「誰やねん!!」
と思いましたね?(けっけっけ。)
この人、「ラン・ローラ・ラン」で主人公のダメ恋人のマニ役で出演。
他には私の大好きな「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」でおバカなマフィアの一人としても出演。
ドイツでは結構名の知れた役者さんみたいです。

梅雨時の週末、シトシトと外は雨。
特にやること無いな〜って時にでも見てください。
途中で、映画見るのに真剣になりすぎてる自分にびっくりしますから。

以上。
カウンター
je-pu-pu 無料カウンタ
QRコード
QRコード