X02NK(N95)

2009年10月03日

あんしん保証パック 電池パック無料サービス

X02NK バッテリ 01既にiPhone 3GSへと機種変更してしまいましたが、機種変更を申し込む直前に、実はX02NKのバッテリをもらうためあんしん保証パックの「電池パック無料サービス」に申し込んでいました。申し込んだのが月曜日夜で、届いたのが金曜日午前中でした。

X02NK バッテリ 02 X02NK バッテリ 03
X02NKは、NOKIAではN95という型番であることは、このBlogを目にしてくださっている皆様には当たり前の事実ですよね。で、そのN95のバッテリの型番が、BL-5Fであることもご存知かと思います。でも、このバッテリのSoftbankでの型番が、NKBAE1であることを知っていた人がどれだけいるでしょう?ほとんどいないんじゃない?ま、知らなくても何も問題無いですけど。

SIMも黒いのになっちゃいましたし、X02NKは完全に保管端末になりました。もう回線に登録されている端末でもないことですし、ぶっちゃけ売っちゃってもいいわけで。でも、これを手放してしまうと日本語が純正で利用できるNOKIA端末というレアな存在が一つも無くなってしまいますんでね。届いた新品のバッテリとともに大事に保管したいと思いますよ。

ああ、赤いSIMも一緒に保管しておこう。これが無いとX02NKは何もできませんから。

nor_cola at 17:00コメント(2)トラックバック(0) 

2009年05月08日

NOKIA端末の再起動状況について簡単な検証(2)

とりあえず、再起動頻発現象を回避するためにSoftbankで修理を施されたX02NKで、NORさんの勤務先事務所内での再起動は発生しなくなりました。

でも、ファームウェアが対策されていないその他の端末ではどうなんでしょうか?もし他の端末でも同様に再起動が発生しなくなっているのであれば、X02NKのファームに対する対策が有効なのか、再起動頻発エリアだった勤務先事務所付近の電波状況が改善されたのか、再起動現象が収まった原因がハッキリしませんよ。ええ、ホントは昨日この検証を行う予定だったんですけどね。X02NKがどんな挙動を示すのかワクワクしすぎたせいで、その他の端末を持っていくの忘れまして。遠足の日の小学生かと。

で、早速ですけど検証結果をば。

検証場所:以前と同じ東京都中央区日本橋某所
----------
検証1.再起動が頻発するかどうか?

結果1.
頻発する→×
再起動するが頻発ではない→△
再起動は発生しない→○

前回→今回
○→○ 702NK2(NOKIA 6680)
△→△ NOKIA E61(JP)
△→× NOKIA N81(8GB)
×→○ X02NK(NOKIA N95)※ファーム改修済
×→△ NOKIA E71
○→○ NOKIA 5800XpressMusic
----------

とりあえず、他の端末では再起動が確認されている中でX02NKの挙動が改善しているため、今回のSoftbankとNOKIAが実施したファームウェア改修は、再起動頻発現象を回避するために有効であると思われます。

ただ。その他の端末の挙動の変化があり、しかもその変化が端末毎にバラバラなため、なんともスッキリしない状態ではあります。日本語版E61は、以前の検証で1時間に1-2回の再起動が確認されていたのですが、今回は2時間経過を見てようやく1回確認できた程度。また、E71も以前は窓から投げ捨てたくなるような再起動頻発状態だったのですが、今回の検証では日本語版E61程度の状態です。どちらも、何もしていないにもかかわらず状況は改善されました。

一方、N81(8GB)は、手持ち端末の中で唯一状況が悪化した端末です。以前は、比較的安定していて「これなら許容範囲」と思える程度の頻度でしか再起動しませんでしたが、今回の検証では数分おきに1度"白地に青のNOKIAロゴ"が見れる始末。酷い時は、端末が再起動してNOKIA Messagingが自動起動する前に再起動を繰り返しています。これは、以前の検証でE71やファーム改修前のX02NKが見せていた挙動そのものです。ホント、使い物になりません。

ただ、気になることもありました。

ファーム改修後のX02NKで、パケット通信が不能になる事態が発生しました。GooSyncで同期を開始してしばらくして、「サーバーが応答しないよ」というメッセージを表示して同期が中断され、その後NOKIA MessagingもOpera miniもMMSも使用不能になってしまったのです。この時の電波受信状況を示すインジケータは、しっかりと7目盛表示されていましたし、パケット通信を示す「3G」の下の双方向矢印マークに、通信不能を示す斜線は表示されておらず、です。その後、手動で再起動することで状況は改善しましたが、不安は残ります。

また、最近某巨大掲示板でも囁かれていることですが、Softbank側でも基地局の改修を実施しているのか、海外で販売されたNOKIA端末など対策ファームではない端末でも、再起動頻発現象が収まったという話しもあるようです。この基地局改修が、本当に行われているかどうかもわかりませんし、それが原因なのかどうかはわかりませんが、急に電波状況が変わったと感じるポイントが無いわけでもないです。NORさんの通勤経路にある地下鉄駅ホームで、連休前までは電車に乗ってホームに入った際普通にパケット通信が可能でしたが、連休明けてみたら圏外のまま通信不能になっていました。この現象は、X02NKでもそれ以外の端末でも確認できます。

パケットの件については、TwitterでFollowerさん達から「別問題では?」と指摘を受けたのですが、確かに再起動が頻発することとは切り離した別問題として見た方が良さそうです。それはさておき、とりあえずX02NKやSoftbank N82では、ソフトウェア改修によって状況が改善しています。あとは、Softbankから販売されたその他の端末や、NOKIA Japanから販売された端末、さらには世界で使用されている全ての端末で使い物にならないような今の状況が、1日も早く改善されることを願うばかりです。



nor_cola at 13:49コメント(3)トラックバック(0) 

2009年05月04日

X02NKが修理から返ってきた 【追記アリ】

例の再起動頻発現象を回避するためのSoftbank預かり修理に出していたX02NKが戻ってきました。

X02NK 修理 01
SHOPでプリントアウトしてくれた「リペアレポート」というA4用紙には、まず「ソフトウェア改修」という言葉がしっかり記載されていました。

X02NK 修理 02
修理拠点は、「ノキア・テクニカル・センター」とありましたので、各ソフトバンクショップで預かったものはそのままNOKIAに送られて対応された模様。4月26日(日)にショップに預けて5月2日(土)には受け取り可能と連絡が来ていましたので、事前に情報として流れていた預かり期間目安2週間の半分で返ってきたことになります。意外と早かったか。

X02NK 修理 03
で。メーカー修理コメントという欄があったので何か今回の件に関する真相に近づけるような情報が書いてあるかと期待したんですけどね。見ての通りですよ。しかも、ソフトウェア改修を実施したはずにもかかわらず、コメント欄には「工場出荷時の状態に戻しました」とあるだけです。これではハードリセットしただけみたいに思えますけど。

X02NK 修理 04
因みに、修理に出す前の状態をメモっておくの忘れましたのでまったく比較にもなりませんが、一応返ってきたX02NKのバージョンを「*#0000#」で確認してみました。2行目って日付ですよね。2009年3月18日ってことは、つい最近作成されたファームってことですよね。まず間違いなく、修理前にこのファームだったということはありません。NORさん、X02NKのバージョンアップなんてした覚えありませんから。てことは、今回の不具合回避のためのソフトウェア改修にあたって、既に3月半ばには対策ファームが完成していたって考えていいんですかね。

とりあえず、まだ再起動ポイントと思われる地点で確認をしていないので、肝心の再起動頻発現象がおさまっているかどうかは不明。ただ気付いたんですけど、イヤフォンの抜き差しで再起動する例のアレは、確実に収まっていました。尚、AllFile化やJoikuSpot系については、X02NKで運用する予定が無いので割愛。

X02NK 修理 05
とりあえず、修理のためにライトサンドから純正の白に戻したんですけどね。ついでなんで、先日参加した寄り合いでゲットしていた純正ブルー(X02NKロゴ入り)にしてみました。結構落ち着いた色合いでこれも悪くないです。

再起動テストは、超頻発スポットである勤務先事務所で、5月7日以降に実施予定。

----------
【追記:2009/05/04,18:00】
直メでリクエストを頂戴したので検証。ソフトウェア改修後のX02NKでも、以前と同様にHelloOX 1.02でAllFile化可能です。また、Joikuspot PremiumもVer.2.40で利用可能なことを確認しました。これらの運用が塞がれるのでは?という心配から修理に出すのをためらっている方は参考にしてください。但し、今後の修理でNORさんと同様のファームウェアバージョンに必ずなるという保証はできません。あしからず。

nor_cola at 18:00コメント(2)トラックバック(0) 

2009年05月01日

X02NKを預かり修理に出してきた

というわけで、先日からSoftbankMobileで預かり修理受付を開始したX02NK(NOKIA N95)を修理に出してきました。ファームウェアが書き換えられるのか、修正プログラムが組み込まれるのか、ハード的に何かが置き換えられた端末に交換されるのか知りませんが、とにかく昨秋から報告されていた特定条件下での再起動頻発が解消される修理となるようですよ、ええ。

ただ。一方で預かり修理開始となった4月22日以降、それまでは再起動が頻発していたエリアだったはずが、いつの間にか正常に動作するようになっていた...という報告も入り始めておりますよ。端末側で対応を始めたことは確かとして、それと並行して基地局側でもなんらかの調整が入っているのではないかと予想してみたり。で、さらに妄想を膨らませると、4月19日に発生した大規模障害は、この基地局対応の第一弾としてなにかした結果、もしくは何かしようとして失敗した結果だったのではないかと勘繰ってみたり。ああ、NORさん消されるかも。

で。4月25日に近所のショップで預けた際のお話を少々。

まず、ショップ店員は、NORさんがX02NKを取り出すなりA4用紙のようなものを取り出して確認し、「電源のON/OFFを繰り返す不具合ですね」と言いました。用紙を見せてもらうことはできませんでしたので、Softbankからショップに対してどのような通達の仕方をしているのかはわかりませんが、不具合があって預かり修理対象となっていることは周知徹底されていたようです。

それでも、マニュアルなのかいちいち発生している不具合の状況などについて細かく質問されまして軽くイラっと。で、一通りやりとりが終わったあと、おもむろにバッテリと蓋を取り外して小さなビニール袋に入れてつき返してきましてね。預かり修理の対象は本体のみですから、と。念のため初期化してMicroSDを取り外した状態で持ち込んだNORさんでしたが、まさかバッテリ蓋まで返されるとは思いませんでした。で、端末を店の奥に持っていこうとして何かに気付いて戻ってきたお姉さんがヒトコト。「電源やバッテリの不具合かもしれませんのでバッテリもお預かりしますね」で、手元にはX02NKの蓋1枚。やるなSoftbankShop。

でその後、代替機の貸し出しについてのお話しになったわけですけどね。この代替機は、ショップごとに確保している端末の種類や台数に違いがあるようで、NORさんの預けたショップではX-seriesで代替機を用意してくれるのかと思いきや、「812SH」と「920T」の二択。それもどちらもボロボロのものでした。まあ、別に使わないからいいやと思いまして「812SH」を選んだわけですが、そのまますんなり貸してくれるわけではないのですよ。

再びA4用紙を取り出したかと思うと、それは貸し出し端末の借受契約書。用紙には、万が一破損・紛失した場合、こんなクソボロボロの端末のクセに¥31,500を支払えという内容が記載されていまして。ものすごくイラっときたので、代替機は借りずに無言でその場を後にしました。こちとら自分の過失で修理に出したわけでもなけりゃ、自分が望んで代替機が必要になったわけじゃねーぞと。

そもそも公式に今回の預かり修理開始に関する発表がなされないのも対応としてはおかしいと思うし、NOKIAもSoftbankも互いの主張があって面倒な話になっているのかもしれませんけどね。不誠実な対応で損をするのは顧客で、顧客が逃げれば最後に損をするのはNOKIAでありSoftbankのハズなんです。ま、NOKIAは客が逃げるより先に自分から逃げちゃいましたかorz

修理から返ってきたら、また様子を報告します。一応GW明けぐらいが目安。

nor_cola at 14:10コメント(2)トラックバック(0) 

2008年06月15日

X02NK(N95)の背面カバーを交換

してみました。

カバーの入手先は、当初eBayで山ほど出品されているのを眺めながら、適当に実績のあるセラーさんから買おうかと思っていたんですけどね。先日のN81(8GB)のキーパッド交換の際に、キーパッド調達のお願いがてら師匠に相談してみたところ、「純正品以外のクオリティの低さには、おそらくがっかりしますよ。」という非常にありがたい教えを受けまして。で、結局師匠が仕入れに加担している「電脳中心買物隊」から購入となりました。

交換作業自体は、非常に簡単です。わりと引っ掛かりの少ないツメと粘着テープで固定されているだけですので、親指の爪を端末本体とカバーの隙間にするするとねじ込むだけで、あっさりと外れてくれます。この辺の詳しいやり方は、Youtubeにアップされているコチラの動画が非常に参考になりますよ。

X02NK(N95) ライトサンド


さすがは、純正クオリティにこだわる師匠の御眼鏡にかなった品。Softbank版であることを示す「X02NK」の文字こそありませんが、バッテリカバーの収まりの良さからmicroSDの蓋のはまり具合まで、それまで着けていたX02NK(N95)純正と遜色ありませんよ。もちろん、カバー自体の全体的なフィット感や手触りなんかも見逃せません。因みに、このカバーは塗装品ではなく着色された樹脂の成型品のようですので、702NK2(6680)の時に大量に出回っていた安価品によく見られたような、数日で塗装がはげるといった心配もなさそうです。

しかし。残念なのは、これだけ色々とやってるにもかかわらず、X02NK(N95)の出番が週末の休みの日にしか回ってこないということ。ウィークデーは、N81(8GB)+E61がNORさんにとってベストな組み合わせですから。

nor_cola at 17:30コメント(0)トラックバック(0)