Android

2015年12月16日

BlackBerry Priv ハードウェアキーボードからの日本語入力

タイトル長ぇし。

BlackBerryがAndroidを採用して日本語環境がマシになる、そう誰もが思っていたはず。確かにBlackBerry OS10なQ10と比べてみても、一昔どころか百昔前的変換効率やスペースキーで変換候補を確定できないとか入力キー毎にしか削除できないといったわりかしダッサい不便さもPrivには皆無で、"マシになった"と言わざるを得ない状況ではあります。ただ、BlackBerryブランドかつ初値10万円オーバーのPrivには、私自身も含めユーザーは大きな期待を寄せていたと思います。だからこそ現時点の状況には、若干のひっかかりがあるのではないかと。喉の奥に魚の小骨が刺さっているかのような。

GJI

まず試したのは、Google日本語入力。Androidの作り手Googleが用意した純正といえば純正なIME。ですが、Privのような端末は、あまり経験が無かったせいか日本のユーザーが期待する動作が、まだできていないようです。例えば、日本語と多言語キーボードの切り替え操作。OS10端末であれば、キーボードのFn+Enterでなんなくこなせるこの動作がGoogle日本語入力だとハードウェアキーボードからは切り替えできません。液晶画面上の右下隅に表示されているキーボードアイコンをタッチして、画面中央に表示されるダイアログからキーボードを選択するわけです。なんてダッサい状況でしょうか。

Wnn

その1点だけが嫌で次に試したのが、Wnn Keyboard Lab。事前情報では、↑(Shift)+Spaceキーでキーボードを切り替えられると。ええ、切り替えられます。なんて普通にステキなんでしょう。

WnnG

変換効率については、「Wnn 外部変換モジュール G」を導入することでGoogle日本語入力と同等になりますのでほぼ問題無し。

とりあえずこの環境で使ってますけど、どうもAltキーのトグルにクセがあるようで、トグルが効いたままになって改行や削除ができなくなることがあります。この現象は、Google日本語入力でもWnnでも発生するのでAndroid側の、もしくはPriv側の問題の様な気がします。その度にAltを押して解除してやればいいだけなのですが、画面上ではどうなっているのか全く判断できないので割とイライラの原因になってたりします。

で、SNSぐらいだと結局フリック入力してたり。今後の改善を期待してます。

nor_cola at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月10日

BlackBerry Priv 到着



というわけで、ようやくBlackBerry Privが手元に来ました。11月の頭にB&H (http://www.bhphotovideo.com/)で予約。$699+送料でPayPal決済は、92,536円。DHL配送で関税5,080円を受け取り時に支払い、てな感じ。12月に入って徐々に出荷が増えててきたせいか国内のショップでも少量の販売が始まっていますが、軒並み11-12万円程度とお高い様子。





今回は、北米向けのSTV100−1を購入したためアダプタは見慣れた形状。イヤホンとUSBケーブルが同梱されていますが、microSDカードは別途用意する必要があります。とりあえずAmazonのサイバーマンデーで安売りしてた32GBを確保しておきました。



左からLumia930(5インチ)、BlackBerry Priv(5.4インチ)、Nexus6(5.96インチ)。こうして並べてみるとスライドキーボードを備えているとは思えないすっきりしたサイズに見えます。長さを除けばね。



端末の厚みを見てもやはりスライド機構の割に頑張った厚みになっていると思います。Lumia930が、今時にしては厚ぼったいとも言えますが。重さは、諦めてください。



肝心のキーボードは、ややふにゃふにゃしていてクリック感に乏しく、今までのBlackBerry端末と比較するとがっかりする人もいるかも。感覚的には、NOKIA 5730のキーボードのタッチに近い感じ。っても分かる人いないか。スライドさせた状態で端末の重心が上に行ってしまうため使いづらいような話題が出ているようですが、まったくそんな感じはありませんよ。と個人的には思う。



スライド機構は、ぬるっと滑らか。スプリングのアシストがあって「シャコッ、シャコッ」と気持ち良く動いてくれます。上の画像をクリックするとスライド機構の動画が見られるかもしれません。



とりあえず昨日の夜から触り始めたばかり。中身は、AndroidなのでBlogに書くようなことはほとんどないかもしれませんけど、何かあればまた書きます。

一足早くサンタ来た!

nor_cola at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月28日

BlackBerry Priv

BlacBerry Priv

オンラインでは、予約販売が始まったとか。正式な発売は、11月上旬ね。たぶん日本まで持ってくると10万超える。しばらく我慢。

それよりも実は、今年に入ってリークされていたBlackBerry PassportにAndroidが載ったヤツの方が気になってたりする。Privもいいんだけどスライドキーボードよりは、固定キーボードの方が見た目BlackBerryらしいし、BlackBerryのキーボードショートカット機能も使いやすいと思う。

afbbp

噂では、Privの売れ行き次第でPassportタイプのAndroid端末も2016年中に発売されるとかされないとか。そうか、AndroidなPassportが欲しければまずはPrivを買えと。これは仕方ないね←(あ。

nor_cola at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月04日

XPERIA M4 Aqua 購入

しました。

image

SoftbankからMNP転出してIIJmioと契約したのを機に妻には、ASUS Zenfone5を使わせていましたが、

image

こんなんなりまして。調べてみたら液晶パネルの交換には、16,000円かかるとか。更に調べてみると5-6千円でパネル部品だけ買ってきて自分で修理もできるらしいことはわかったんですけど、自分で使ってる端末じゃないので愛着も無く修理する気力もわかないため諦めて買い換えたわけで。

image

今回は、expansys.jpで購入。本体31,215円、送料1,400円、受け取りの際にクロネコヤマトへ1,300円、合計33,915円でした。10/1の深夜にオーダーして10/4午前中に受け取り完了。相変わらず早い!

手にして初期設定を終えるまでの感想。薄い、軽い、動作快適、背面がすぐ熱くなる、防水羨ましい、日本国内で使う分にはDual Simもったいない、これが3万そこそこで買えるのに7-8万するNexusとか10万するiPhoneとかもーね、でも趣味じゃないので自分では使わないし買わない、てな感じ。

因みにスペックは、GsmArena.comのココを見てください。とりあえず使うのに不自由するようなスペックではないです。また国内未発売ながらAmazon.co.jpでXPERIA M4 Aquaのアクセサリをそこそこ買うことができます。妻には、落としても大丈夫なようにケースを買うよう指示。その前に落とさないでくれ。

T-Mobile G1からAndroidを見て触ってきたけど5.0 LollipopになってからのAndroidは、快適に使うことができる安定したOSになってきたと感じる。急にAndroid褒め出したのは、コイツのせいでもあるけど。

nor_cola at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月27日

UPQ Phone A01はやっぱりダメだった

結局UPQ Phone A01は、メーカー曰く「技適取得前の段階にもかかわらず工場が勝手に出荷を始めてしまい、しかも端末や外箱に記載された技適番号は(取得予定だったもの?と)違っていた」という結構苦しい言い訳で回収となっています。

で。回収されていつ再発送されるか信用ならない怪しいメーカーの製品を正直に待っているのも嫌だったので返品したい気持ちでいっぱいになっていたところだったんですけど、急遽嫁ぎ先が決まりまして、入手から僅か5日の今日、クロネコさんに運ばれて旅立っていきました。

安くて軽くて最新OSの素晴らしい端末を夢見てたんすけどね。残念ながらメーカー含めて「安かろう悪かろう」の典型でした。

さて、次は何を買おう!!

nor_cola at 23:19コメント(0)トラックバック(0)