2009年08月14日

月島はまだ猫町、ビールで乾杯、もんじゃ焼き

11111

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「銀座の裏通りを1時間ほどブラついたのだけど、1匹も出会わなかった。どこへ行っちまったのかニャあ。地下鉄有楽町線で5分、月島に行ってみた。……ハーモニカ横丁を歩いてると、鯉のぼり、かけぬける少女、ふと路地をのぞくと奥にミケちゃん。あーよかった、月島はまだ猫町、ビールで乾杯、もんじゃ焼き。」荒木経惟『東京猫町』より


「さすが荒木さん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 07:51コメント(0) 

2009年03月23日

猫は決して窮屈な組織は受け入れない

9999999999

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「猫の地域社会での地位は、かなり早い時期に確立されてしまうようだ。もらわれて家を得る子猫もいるし、大抵はその地域に属するか、孤独な部外者となるものもいる。猫の社会活動は複雑で、解釈が難しい。一匹一匹が独自の個性を持っている。強い個人主義のせいで、猫は決して窮屈な組織は受け入れないし、群れを作ったりグループに別れたりもしない。」ハンス・シルベスター『Cats in the Sun』より


「さすがハンスさん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 07:15コメント(0) 

2009年02月25日

ネコの余裕はヒトの余裕

aaaaa

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「ネコは車が苦手です。日本でもちょっとまえまでは、車の通らない裏通りで子どもたちが遊んでいました。その横をネコがデカイ顔をして歩いていく、なんて光景にも出会ったものでした。ネコの余裕はヒトの余裕です。」岩合光昭『ブルース・キャット』より


「さすが岩合さん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 08:17コメント(0) 

2009年02月23日

猫は世界の歴史において大切な役割を果たした

wwwww>

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「我々は、……ネズミから病気が発生して広がったことなど、祖先が苦しんだことを早くも忘れてしまっている。……
 船の積荷は特に危険にさらされていた。食料は常に狙われ、それを守るために船乗りたちは船中に猫を飼っていた。猫は錨や帆、コンパスと同じように設備の一部で、猫が乗っていない船を登録したり保険にかけたりすることはできなかった。偉大な船乗りたちが新世界発見の航海に出たときも、いつも猫が一緒だった。麦を守る猫がいなければ馬は飢え死にしただろうし、馬がいなければピサロはインカを征服していなかっただろう。このように猫は世界の歴史において大切な役割を果たしたのだ。英国海軍は1975年になっても戦艦に猫を飼っていた。」ハンス・シルベスター『Cats in the Sun』より


「さすがハンスさん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 23:03コメント(0) 

2009年02月10日

もうネコになってしまう

ggggg

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「ネコを見つけても、ネコはひっそりと隠れているつもりですから、ダァーッとは接近しないようにします。ネコちゃん、あなたはまだだれにも見つかってはいませんよ、といった顔で、からだを斜めにしながらジワジワ忍びよります。もうネコになってしまう、ということです。」岩合光昭『ブルース・キャット』より


「さすが岩合さん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 20:03コメント(0) 

2009年02月03日

猫が歩いてる町はイイ町なのです

12345

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「猫が消えちゃったら東京は廃墟になっちゃうんだろーニャア。
 ……
 豪徳寺はとてもイイ町で、猫がたくさんいます。 ……駅に向かう途中必ず猫と出っくわします。 ……猫が歩いてる町はイイ町なのです。」荒木経惟『東京猫町』より


「さすが荒木さん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 19:39コメント(0) 

2009年02月01日

自らを招き猫として、暮らしを立てているらしい

33333

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「よく買物にいく商店街の薬屋に、……ふてぶてしい老猫がいて、常に、入口の洗剤など安いモノを置く棚に睡っている。
 ……
 店の店主は、要領を得ない表情で、……『うちではゴローって呼んでますが、十歳以上にはなっているでしょう。』……『二、三日置きにやって来て、そこに座ってるんですよ。こいつ、本屋で、店番するようにレジの近くにいることもあるし、表の葬儀屋さんのウインドウに、置物みたいに座ってたり、まあ、どこでも同じ恰好で、じっとしている』。
 ゴローが来ると、はじめ飯の残りなど与えていたが、今は猫缶。本屋、葬儀屋の飼い猫じゃない。どういうつもりか判らないが、いわば自らを招き猫として、暮らしを立てているらしい。」野坂昭如「商店街の招き猫と神戸の猫」『我輩は猫が好き』より


「さすが野坂さん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 19:58コメント(0) 

2009年01月31日

ネコの気持になって町を歩く

0000

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「ネコを見つけるには……何と言ってもネコの好きな場所、居心地の良い場所を探し当てることが大切だ。つまりネコの気持になること。ネコの気持になって町を歩くうちに、ネコが見つかる。」岩合光昭『地中海の猫』より


「さすが岩合さん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 06:38コメント(0) 

2009年01月30日

猫飢餓

2222

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「僕はこの八年ばかり、居をひとつに定めることなくほとんど放浪同然の海外生活を送っているので、ゆっくり落ち着いて自前の猫を飼うことができず、近所の猫をちょくちょく可愛がることでなんとか激しい『猫飢餓』状態を満たしていたような次第である。」村上春樹「コウタローの行方、子猫サーシャの数奇な運命、またまたボストン・マラソン」『うずまき猫のみつけかた』より


「さすが村上さん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 11:37コメント(0) 

2009年01月25日

武田家の玉

0002

















                                      EOS-1DMarkII・EF15mm

「常日頃、猫に贅沢をさせる主義だと言っていた母は、住んでいた赤坂では、料亭に卸している高級鮮魚店のアジやカマスを玉に買っていた。一日一個、ヨード卵も舐めさせた。卵に貼ってある『光』マークのシールを額に貼り付けてやると、なんだか得意気だった玉。
 食べ放題に食べ、一番肥った時で八キログラム。病気もせず、十九年生きた玉。好きなものに生まれ変われるとしたら、何に生まれたいかと聞かれることがある。答えは、『武田家の玉』。」武田花「玉のこと」『作家の猫』より


「さすが武田さん!」と思ったら、クリックをお願いします。
    ↓↓
人気ブログランキングへ

norakko at 03:52コメント(0)