風にのって

自分らしく過ごすこと

つづきPART3

PEI3日目は西の最先端までやってきました。クランベリー畑のケリーさんとてもシャイでやさしい人です。大きなワン君と笑顔のおじいちゃんがお出迎え、まだ9月だというのに気温は冬の、ど真ん中。寒さのあまり作業着をお借りました。土の香りが染み込んだ作業着はとても重みがあり船のマストのようです。トラックに乗って森を抜けたところの海岸沿いにクランベリー畑があります。これから森に向かいます。森を抜けるとそこは見てください!PEIの端っこです。海岸沿いの風に作業着がマストのようになびき足取りを遮ります。PEIの島は平地なので森の中では小動物に会うことができます。うさぎやリス、たくさんのリスがあちこちで尻尾を膨らませて威嚇していました。小さな穴から出たり入ったり、巣がそばにあったのです。”なにもしないから安心してね”と小さい声でご挨拶。森には神秘的なフィトンチットの香りが漂い、頭は浄化されて真っ白になりました。何になりたい?そう聞かれたら迷わず”空気”といってしまいそうです。

初めて出会った森の住人は人の心に深呼吸を与えてくれる空気なのかもしれません。

こんな空気を毎日吸い込んでいるケリーさん。とても素敵な方でした。花嫁さん募集中です。

荷台でクランベリー畑クランベリー

PEIのつづき

さて、カレンさんのご主人ロバートさんは漁師で、今シーズン牡蠣が最高だということで、四駆に乗って海に出かけました。

採れたて!早速引き上げていただき味見しました。

”美味しい!”ほど良い塩味でミルクのように濃くがあってかなりいただきました。PEIに来て2日目それぞれの農家の方々にご挨拶に来ておりますが、長い時間の車の移動に終わりなき食事、やめておけばいいのにというくらい遠慮なくお腹いっぱい食べております。こちらへ来るときに履いていたジーンズは合えなく履けなくなり、ジャージでご挨拶周りをすることになりました。ここまでくればウエストはゴム!

どんどん食べてます。

 海に行く(バッタ編)牡蠣車牡蠣の水揚げ牡蠣の試食

カナダプリンスエドワード島にて

 

ロブ夫妻 上空から見たプリンスエドワード島(以下PEIと略)はお好み焼きのようにぐるっと横から見たら平べったくてキャベツがたくさんのったように平地には緑がいっぱいの島です。 今回から昨年9月に出かけたPEIでのエピソードを何回かに分けて皆様にお話していきたいと思います。さてPEI到着からほっと行き着く暇もお茶を飲む間もなく、あきゅの優すくらぶに配合されているハーブを栽培していただいております農家の方々にご挨拶めぐりにに出かけました。ロブさん夫妻はビタミンCたっぷりのストロベリーを作ってくれています。奥さんのメリッサさんはとても働き者で朝から晩まで羊や馬、広大な畑を管理しています。 

いちご畑早速、味見です。小ぶりなストロベリーはしっかりとした味で薫りがとてもいいんです。ビタミンたっぷりでミネラルを豊富に含んだ赤土はPEIならではのもの。

 

 

カレンファミリーと食事ローズヒップこの方はローズヒップを作っていただいているカレンさん。沼地のように凹んだ場所にローズヒップがバサバサとなっています。これをひとつひとつ手で摘み取ります。  ローズヒップには長くて太いとげがあり、布団針のようです。これが刺さるととっても痛いんですよ。  早速、ローズヒップティーをいただきました。とても甘酸っぱくて美味しかったです。

2005年1月の迎い風

いよいよ新しい年が始まりました。ただ月が替わっただけのことなのに新たな気持ちになるのは季節の芽吹きを感じるからなのでしょうか?
黄色い足の長い花びらをたくさん付けた満作の花がここ一番に咲き始めます。
今年も満腹な時間を過ごせますようにと願いながら。
皆様はどのようにお過ごしですか?

あきゅらいずを始めてから早3年を迎えようとしております。
ここまでの道のりは、かなり短いようでかなり長かった気がします。私の人生においてこれほどの出会いや経験をさせていただいたことはあきゅらいずに出会わなければきっとなかったんだろうなと、本当にありがたいの感謝の一言に尽きます。
風にのっていろいろな方々との出会いや経験がありました。そこで常に想う事は前向きに生きなきゃ何事も始まらないってことです。頭と身体と気がバラバラになりそうなときもありますが、ここ一番”トリャー”と気合を入れます。
そんなとき想う事。「やった!自分に勝った!」です。
これからも常に自分に気合を入れながら、「自分との勝ち」を得ていきたいと思っております。

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile

ノンノ

いただいたコメント
  • ライブドアブログ

777円から絵が買える!絵の”測り売り”ショップART-Meter
【アートメーター】なら、お部屋インテリアコーディネートにはもちろん 引越祝いやウエルカムボードにお手ごろ価格で1点モノアートをお届けします!
Powered by ART-Meter