のら流動物園・水族館ブログ

回想を含めた動物園・水族館ブログです♪ 水族館・動物園HP別館板。 (あわしまマリンパーク ロビンくん)

長野市戸隠3694

s-DSC_2169
戸隠キャンプ場エリアマップ

s-DSC_2176

戸隠キャンプ場はとてつもなく広い
その広大な敷地の端にあるのだけど、まずは戸隠牧場をめざして

s-DSC_2177
ふれあい広場
うさぎ6羽 やぎ3頭
もるもっと9匹 ひつじ4頭
うま12頭 うし110頭
動物園のみは無料。

s-DSC_2186
チビッコ乗馬
大人の乗馬もできます(75キロまでの方)

s-DSC_2187
ふれあい広場 9:00~16:45

s-DSC_2192
戸隠牧場 標高1200m

s-DSC_2196

s-DSC_2198
山羊 ひつじ

s-DSC_2209
モルモット

s-DSC_2205
黒毛和種の仔牛「ふくちゃん」
7月25日生まれ・男の子
~ミルクタイム~ 8:45ごろ 13:00ごろ 16:45ごろ

s-DSC_2214

動物園と思っていくとあまりに小さいけど
牧場でゆったりと暮らしている動物たちをのんびり眺めるのも癒やされるかも。

mixiチェック

元淵江公園内特設テントでホタル解説コーナーが設けられている。

s-DSC_9102
ホタルの一生/ホタルの仲間

スタッフがやさしくていねいに解説してくれる。

s-DSC_9105
足立区とホタル

s-DSC_9108

7時すぎて、行列も伸びてきた。
開演時間をすぎると思ったよりも早く進む。

s-IMG_2279

行列の真ん前なのでさっき写真がとれなかった金魚大水槽。

s-IMG_2280
シマリスの生態展示

s-IMG_2285

コモンリスザルの前をすぎるといよいよ洞窟のようなところを通ってホタルのドームへ。

ホタルの夕べでは、写真・動画全て禁止。
真っ暗な中、これはすごい、想定以上のゲンジボタル、光。
ドームの中をまっすぐ歩いていく間で十分堪能できる。
回転が早いのも納得。

ホタル以外も見たい場合は昼の部と夜間の部2回入園が必要だ。
入れ替え待ちの1時間、公園は広くてきれいだけど。。。
夏になると冷房するのかわからないけど、園内も結構蒸し暑かった。
mixiチェック

観察展示室の続き~
s-DSC_9081
深海の世界
深海とは水深200m以上の光が届かない深い海のことです。深海は地球上の海水の容積の90%以上を締めます。暗いだけではなく、深くなればなるほど水圧が高まり水温も低い過酷な環境です。

s-DSC_9085
オオグソクムシ

s-DSC_9086
乾燥地のリクガメ
水辺の少ない乾燥地にもカメの仲間は棲んでいます。陸上を歩き回り、植物を食べて生活します。

リクガメのごはんの時間
モリモリ野菜を食べる!
リクガメのごはんは植物。生物園では、私たち人間も食べる野菜で作った生野菜サラダを与えています。
毎日13:45~

s-DSC_9088
多様な熱帯の世界

s-IMG_2276
メキシコサラマンダー

s-DSC_9096
あだちの生きもの観察室

他へ行けないことがわかって、しかも建物内はムシムシ熱い。
”ホタルの夕べ”に向けて行列もできているけど、
まだ1時間もあるので、再入園のスタンプを押してもらって一度外へでた。

s-DSC_9098

涼しくてほっとする。
ヤギとかおっきなケージは外から気配をみるだけ~笑

つづく~
mixiチェック

ホタルが見られるというので、まだ行ったことのない足立区生物園へ行ってみた。
s-DSC_9101
足立区生物園って?
生物園のテーマ
ふれあい 生き物に「ふれあい」、愛情を育み
いのち 様々な「いのち」に興味を持つことで、その尊さやすばらしさを感じ
共生 自然との「共生」について考えてもらうことを目標としています。
生物園は動物だけでなく、魚や昆虫、爬虫類などさまざまな生き物が見られる施設です。~~~

s-DSC_9055
受付前のホール

ホタルの夕べの開演時間は19:30から。
昼の部は17:00で終了し、夜間開園は18:00からなので
ホタルの前に里山のいきものやオーストラリアドームをみようと思ったら
なんと夜間開園時は外へは出られない。
残念。

s-DSC_9059

チンチラのエサやり
可愛らしい食事シーン
夜行性で昼間は眠っているチンチラですが、夕方には活発に動き出します。
ごはんの時間では、前脚でエサをつかんで食べる姿が見られます。
毎日 16:00~

s-DSC_9062
マングローブの世界
海と川の間に広がるジャングル。水中にも根が立ち並び、生物が見え隠れ。

s-DSC_9063
磯の世界

s-DSC_9068
ミズクラゲ

s-DSC_9069
チンアナゴ

s-DSC_9071

とっても元気なアメリカカブトガニ。ひっくり返りそうなぐらい足を動かしている。

s-DSC_9073

アメリカカブトガニ 北アメリカ東海岸
「生きている化石」といわれ、二億年前から同じ姿をしている。遠浅の海岸に生息し、ゴカイなどを食べる。
生きている化石だから ⇑ な感じで動かないよねと今まで納得してみてきたけど、
ここのカブトガニは化石なんていっては失礼にあたりそうだ。

s-DSC_9076
タカアシガニ
冷たい海の世界
南北に長い日本列島。北の海には南に比べ大型の魚類も多く見られます。

つづく~
mixiチェック

足立区生物園
足立区保木間2-17-1 TEL:03-3884-5577

s-IMG_2265

竹ノ塚駅の東口から徒歩約20分。
s-IMG_2273

区立元淵江公園の中にある。

s-IMG_2274

開演時間
9:30~17:00(2月~10月)
9:30~16:30(11月~1月)

※閉園時間の30分前までにご入場ください。
※足立区が定める夏休み期間中は、17:30まで開園いたします。

休園日

月曜日※休日及び都民の日(10月1日)は開園し、翌平日に休園。年末年始(12月29日~1月1日)

※足立区が定める夏休み期間中は、休まず開園いたします。

料金
一日券(カッコ内は団体料金)
大人(高校生以上)300円(200円)小人(小中学生)150円(100円)
※未就学児は無料です。70歳以上・障害者(+介助1名)の方は証明書提示で無料。
※1日券は当日に限り再入園できます。受付にお申し出ください。

s-IMG_2275
ホタルの夕べ 19:30~21:00 (入園開始→18:00 終入園→20:30)
~~~6月9日(日)まで開催
一度17時で閉園されるので、ホタルの夕べが始まるまでの間他を見学しようと思ったのだけど、18時からは外の展示は見られないので注意が必要。
mixiチェック

↑このページのトップヘ