のら風絵日記リニューアル!

旅行関連記事は個人経営につき、訪れた場所はどこよりも(?)詳しくをコンセプトにしているブログです。
(JTBとは関係ありません。JTBツアーに関してのお問い合わせ頂いてもお答えできないのでお間違えないように。。)

栃木県栃木市都賀町富張1402-3
s-IMG_0790

こじんまりとした店舗だったけど
金谷ホテルのパンがおいてあったので、食パン最後の一斤ゲット。
おいしくちょうだいいたしました。

雪見温泉 湯西川・加仁湯の旅 完

栃木県日光市川室10−6 たまり漬本舗つるや今市店 0288-21-7641

s-DSC_6461

店舗の前に広い駐車場がある。そしてこの反対側は

s-DSC_6452

すばらしい景色だ。
そろそろ雪山に別れを告げて帰路につくのでその前に旅のおみやげ〜♪

s-IMG_0805
世界遺産 日光スウィーツつるや チーズたまご

s-IMG_0806
歴史の味 日光名水 つるや サラダゆば
水を切って刺身としてワサビ醤油で、そば・うどん・サラダ・酢の物・お吸い物等の具材としてご利用ください。
国産大豆100%のシンボルマーク
2点お買い上げ、
まだ食べていないので、詳しくはまた別な話で(*^・ェ・)ノ

黒部ダム 日光市日陰596−2
s-DSC_6406

橋から黒部ダムが見える。

s-DSC_6415

水面が凍ってるところもあってかなり寒そう。

s-DSC_6422

来た道。

s-DSC_6428

ここも景色がすばらしい。

s-DSC_6449
黒部ダム改修記念

橋をわたって黒部ダムへ。

s-DSC_6433

黒部ダムのダムカードは栗山ふるさと物産センター(日光市日陰596−2)でもらえる。
その際、ダムを訪問した証明として写真の提示が必要。

s-DSC_6435

s-DSC_6437

寒いけど冬ならではの景色だ。

栃木県日光市川俣、鬼怒川温泉駅から車で1時間ぐらい
大きな吊橋があるというので楽しみに♪
s-DSC_6373
川俣大橋 憩の園

橋の手前に無料駐車場がある。

s-DSC_6403
川俣湖観光ドライブイン

時期的に閉まっているのか永遠に閉まっているのかは?

s-DSC_6401

川俣湖観光ドライブインの隣は不思議な集合。
よく見ると七福神もある。

s-DSC_6397
川俣大橋

吊橋と聞いてスリルを期待したけど、大きすぎてぐらぐら揺れるようなものではなかった。
車が走れるんだもんね。。

s-DSC_6379

しっかし、景色がなんともすばらしい。

s-DSC_6385

橋の上から

s-DSC_6386

川俣湖と遠くに見える山々にしばしうっとり。

s-DSC_6372
湯西川ダムは鬼怒川上流4ダムの中で一番新しい。
s-DSC_6348

湯西川ダムは特定リフトにおいて効率化を進めた巡航RCD工法を採用しており、堤体コンクリート体積約100万m3に対して、実打設期間19ヶ月という短期間での施工を実現した。
s-DSC_6358


型式 重力式コンクリートダム
地質 火山礫凝灰岩
堤高 119.0m
堤長 320m
堤体積 1,060,000m3

s-DSC_6350

湯西川湖

s-DSC_6368
湯西川ダム周辺案内

s-DSC_6361

ただし今は雪だらけ。

鬼怒川付近はダムが集まっていて楽しい。
s-DSC_6319

川治ダムをあとにして

s-DSC_6329

ダム湖の水の色、遠くの雪山なんともステキな景色だ。
ただし、冬期ダム巡りは結構過酷。
寒いし滑るし冬にはダムカードをもらえないところもある。

s-DSC_6335
葛老トンネル

s-DSC_6344
国土交通省 五十里ダム管理支所

s-DSC_6337
鬼怒川上流域にある5つのダムをめぐるルート。

この情報はうれしい。

s-DSC_6338

5箇所のダムの見どころ、おすすめ。

s-DSC_6339
鬼怒ダムスタンプラリー
五十里 川俣 川治 湯西川
・4ダムでは、マップ付きスタンプ台紙を配布中!
・各ダムでスタンプを集めよう♪
・スタンプを全て集めると「ダムカードホルダー」をプレゼント!

これはほしい〜
冬が終わったらまた来ないと? 笑

s-DSC_6343

五十里湖

s-DSC_6346

五十里ダムは大々的に工事中。

栃木県日光市瀬尾44−7  TEL0288258111
玄蕎麦河童
11:00〜15:00 定休日 毎週木曜/第1・3・5水曜日

s-IMG_0787

十割そば?ニ八そば?由緒正しいおそばやさんみたいね。

s-IMG_0788
天せいろ(海老・野菜)
玄蕎麦からの自家製粉 石臼碾き手打ち蕎麦
ということで、おいしくちょうだいいたしました。

会津鬼怒川線 龍王峡駅
s-IMG_0693

駅前は広い無料駐車場。

s-IMG_0692
滝見茶屋

s-IMG_0687
龍王峡⇔川治温泉 ハイキングマップ

 このハイキングコースは、深い渓谷の奇岩や巨岩、岸壁を流れ落ちる迫力のある滝の見事さ・この地を愛した文人たちの文学碑・新緑や紅葉の美しさ・季節の草花や野鳥たちのさえずり・ハイキングの後での露天風呂など楽しさいっぱいのコースです。
〜〜〜

s-IMG_0689
日光市指定文化財 龍王峡
種別 天然記念物
総面積 約284000平方メートル
遊歩道全長 4.2キロメートル
〜〜〜   
s-IMG_0686
竜王峡 シンボルモニュメント
自然の造形の力が生み出した竜王峡の力強い景観と竜の姿を合わせて表現したモニュメントです。
塔の2つの柱は、重なり合い、せめぎ合って深い谷に連なる奇岩の様(さま)を力強く表現しています。
塔の上部は、竜の角(つの)を抽象的に造形したもので竜の姿をシンボリックに表現しています。2つの柱の中央に空に向かって高くのびてゆく形が深い谷から空へ登る竜の姿を連想させています。
付近にトイレ、レストランあり。

加仁湯の玄関前から
s-IMG_0762
橋を望んで一枚、その付近に
s-IMG_0764
今は雪に埋もれているけど足湯がある。

s-IMG_0760

この足湯、ジムになってるw(*゚o゚*)w
レイドバトルがあったので、ひょっとすると誰か・・・と思ったけど
他に参加者がまったくいなくてボロボロ 笑

加仁湯へ入るとなんとなく山小屋のような匂い?雰囲気だった。
山をやらないから、山小屋とはほぼなじみがないのだけど
みくりが池温泉のような?雪もいっぱいでとても楽しかった。
温泉探検もおもしろかったし、ここはもう一度行きたい宿だ。

お風呂をめいっぱい堪能したあとは
s-IMG_0754

6時からディナー。

s-IMG_0756

お皿のカニかわいー♪

s-IMG_0755
おしながき

これよりも品数が多く、地場産たっぷり、どれもおいしかった。

s-IMG_0758

朝食。

s-IMG_0759
おしながき

お食事、たいへんおいしく頂戴いたしました。

つづく〜

加仁湯の売りはもちお風呂。
チェックインを済ませると初めて泊まる人たちには施設の説明をしてくれる。

s-IMG_0716
含硫黄 ナトリウム 塩化物炭酸水素塩温泉

内湯と露天風呂は場所が離れている。
s-IMG_0713

ここ第三露天は混浴、脱衣所が別、出入口のあたりは見えないようになっている、しかもお湯は白く濁っているので、誰かの気配を感じてから逃げれば?十分だいじょぶそう。

s-IMG_0717
御婦人専用野天風呂

s-IMG_0718

こっちも誰もいなくて貸切状態(o^∇^o)ノ

s-IMG_0724

けがした足がしみるのはちょっとせつなくつらかったけど、テンションアゲアゲ↑

s-IMG_0730
奥鬼怒温泉郷加仁湯 利き湯ロマンの湯 5本の源泉の違いをお楽しみください。

s-IMG_0728

たけの湯、ガケの湯、岩の湯、黄金の湯、奥鬼怒4号の5つの小さい温泉は混浴。

s-IMG_0729
たけの湯

s-IMG_0750

貸切露天風呂は着後予約で無料、50分間というのはすばらしい。
この階段を降りて来るまで凍って滑らないように水がながしっぱなしになっているので
足元びしょびしょ。長靴や替サンダルのも用意してあった。
s-IMG_0744

左右に分かれててどっち?

s-IMG_0751

右側・・・じゃなさそうということで左へ。

s-IMG_0746

中はとても狭いので、着替えなどが結構たいへん。
途中にあった脱衣所みたいなとこで着替えすませればよかった??
お湯に潜り込むまでかなり寒い。
雪が降ってきたら、服の上に雪が積もる。。
初めての経験だったので、それはもう大騒ぎ、
おもしろく、かつすごい体験だった。
つづく〜

女夫渕(めおとぶち)から加仁湯送迎バスで約25分。
s-IMG_0765

雪てんこ盛りの加仁湯へ到着。

今市ICから鬼怒川温泉〜川治ダムコース(国道121号線利用) → 女夫渕
女夫渕より先(スーパー林道)は一般車両は通行できませんので、 それより先は遊歩道ハイキングコース又は加仁湯送迎バスをご利用ください。
(女夫渕には駐車場がございます)
チェックイン 12:30 ごろ / チェックアウト 10:00
※お帰りの送迎バスは、9:00又は11:20以降になり、
  10時台はございませんのでご了承ください。
※女夫渕から一般車は入れません。
※混雑を避ける為、日帰りの送迎は行っておりません。
DOCOMOは部屋でも繋がる。

s-IMG_0735

チェックインは12:30頃ということだけど、
11:50発の送迎バスで行くとすぐにチェックインができる。

s-IMG_0733

フロントの向かいの部屋は

s-IMG_0734

剥製がてんこ盛り。囲炉裏がある。

s-IMG_0711

部屋には自炊ができそうな???

s-IMG_0706

つららもすごいっ!と感動していると

s-IMG_0710

お昼が運ばれてきた。
送迎バスがちょうどお昼頃なのでランチは抜きかと覚悟していたけど
チェックインのときに注文を聞いてくれる。
ということであったかいおそば、ごちそうさまでしたっ♪
続く〜

雪見風呂入りに奥鬼怒温泉郷加仁湯へ
s-IMG_0773
女夫渕(めおとぶち)

ここから先のスーパー林道は一般車両通行禁止。
広い駐車場になっている。

s-IMG_0777

除雪車も仕事しているけど、やっぱちょっとすべるよね。。

s-IMG_0775
女夫渕休憩舎 

トイレあり、でもあったかくはない。

s-IMG_0780

とまっているのは日光市営バス。
車で来た人もバスで来た人もここで加仁湯の送迎バスに乗り換える。

s-IMG_0779
お知らせ
2013年2月25日栃木県北部地震の復旧作業によりご迷惑をおかけしております。
これより先に八丁の湯、加仁湯、日光沢温泉、手白沢温泉の4件の宿があります。女夫渕より先は一般車の通行はできません。奥鬼怒湿原はさらに約2時間30分ほどかかります。
〜〜〜
加仁湯
加仁湯は宿泊者のみの送迎があります。(約25分)
温泉はにごり湯がメインです。
含硫黄ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉など
徒歩(歩道)約一時間30分およそ4.5km
徒歩(車道)約二時間およそ8km
日帰り入浴は9時から15時
日帰り入浴の送迎はありません。
〜〜〜

s-IMG_0781

ちなみにこれがポケストップ。

s-IMG_0705

加仁湯送迎バスきた〜〜〜♪

平家ゆかりの里湯西川温泉
s-IMG_0704
栃木県/湯西川温泉 ホテル湯西川

栃木県日光市湯西川597  TEL:0288980370
新宿、さいたま副都心駅、上野など主要駅から往復バス運行中(3000円)。

源泉100%のアルカリ性温泉。美肌の湯といわれているそうだ。
本来ならば、なめらかなお湯にゆったりとつかって至福のときを味わうはずだったのだけど
ホテルに着く前に思い切りこけて、想定外の流血事件。
しみないようにいろいろ工夫したけど、やっぱりしみるじゃんorz
温泉行く前はくれぐれも切り傷には気をつけましょう(´;ω;`)

s-IMG_0696

夕食は日曜〜金曜はバイキングプラン
アルコール90分飲み放題、カニ食べ放題。
開始時間には、レストランの前に行列ができる。
種類はたくさんあるけど、お寿司やお刺身、ローストビーフなど人気なものはあっという間になくなり、追加はなかなか来なかったりする。
カニはなくなることはないけど、とるのが大変で食べるのに時間がかかる。
追加が来る頃にはおなかいっぱいになっちゃうかもしれないので、
人気のものにありつく必勝法としては
時間前に並んで、カニよりもまずはひとだかりのしているところへ根性をもって突っ込む?

何より、時間に遅れないようにレストランへ行くことを強くおすすめする。

s-IMG_0697

朝食もバイキング。
カニのお味噌汁はカニの出汁がいっぱいでてておいしかった。

心残りといえば、せっかく卓球台があったのにやる相手がいない。
ま、ケガしてたのでしかたないか。。

あの黒部ダムではなく日光市の黒部ダム
s-DSC_6449
日光市日陰596ー2

ダムカードは栗山ふるさと物産センターでダムの写真を提示するともらえるらしい。
しっかし、冬のダムはさむい〜〜〜っ

龍王峡駅ロータリーにある旬菜蔵せんや

s-IMG_0685

手打ちそば 田舎ゆば膳 旬菜蔵せんや
栃木県日光市藤原1357  TEL:0288770759
10:30〜16:00 定休日 木曜日 
今市I.Cより車で25分
真ん前の龍王峡市営駐車場を無料で利用できる。

s-IMG_0684

正式名称忘れちゃったけど、ゆばづくしの冷たいお蕎麦。
煮たり揚げたりなゆばが味わえる。

s-IMG_0683

天ぷらそば。
おそばも天ぷらもおいしく頂戴いたしました。

店内、ちょっとしたおみやげを揃えたショップもある。

初詣へ行く習慣はないのだけど、
今年は神様にぜひともお願いしたいことがあって

5日ともなればそろそろ空いてる?
s-IMG_0667(1)

神社へ来ると思い出す。
古いお守りとか持ってくるの忘れた。。

s-IMG_0670(1)
大鳥居
我が国で最も大きい木造の「明神鳥居」。昭和50年12月23日建替竣功、篤志家により奉献。形式寸法共に大正9年創建の鳥居に同じ。原木は台湾丹大山(たんだいさん)の樹齢1500年に及ぶ扁柏(ひのき)。
高さ 12メートル 柱と柱の間 9.1メートル 島木の長さ 15.5メートル
柱の径 1.2メートル 笠木の長さ17メートル

このぐらいならま、いっかなと・・・

s-IMG_0672(1)
謹賀新年

s-IMG_0674(1)

やっぱ甘かったか。。

s-IMG_0676(1)

南神門に近づいてからさらに20分。

s-IMG_0677(1)

初詣バージョン。
ベールの手前でお賽銭をいれて(−人−)

約2時間の行程でありました。

年はすっかり明けていつもならここで富士山あたりの写真だけど
今年は〜〜〜ジャ〜ン!!
s-DSC_1688

オーストラリアのエアーズロック。
今年の10月26日以降登山禁止になるというので去年の9月あわてていってみた。
詳細はまた別な話で〜って
更新がひっちゃかめっちゃか遅れておりますが
すこしずつ取り戻していく所存でありますゆえ、
なにとぞよろしくお願いしますφ(.. )

やまびこ遊歩道から
s-DSC_3905

トロッコ電車。
けっこう頻繁にくる。

s-DSC_3908

平日の2時半すぎとあって、欅平行はガラガラのよう。

s-DSC_3913

宇奈月ダム展望台からルンルン気分で坂を下って宇奈月発電所。

s-DSC_3922

宇奈月発電所のこの窓の正面から

s-DSC_3918

中を覗き込んでいると

s-DSC_3921

突然ビデオが始まった。
上映時間約6分の水力発電のしくみ。
ダムカードはここじゃないのね。。

s-DSC_3917

この階段の上?
ルンルン下ってきた分、上らなきゃなわけねorz

s-DSC_3926

かなり上がって

s-DSC_3928

宇奈月ダムが見えてきた。

s-DSC_3930

けど、階段はまだ続く。。

s-DSC_3947

新山彦橋もだんだん遠くになってくる。

s-DSC_3960
山彦トンネル

s-DSC_3962
宇奈月ダム情報資料館大夢来館(だむこんかん)

宇奈月ダムの役割や黒部川を守る仕事などを楽しみながら学べる施設。黒部川源流から河口までを再現した長さ5mのジオラマ、床一面に富山県の衛星写真が広がるコーナーのほか、ミニシアターでは宇奈月ダムの建設のあゆみが学べる。

s-DSC_3953
宇奈月ダム情報資料館大夢来館 入口はこちらから⇒
ダムカードはこの先の資料館入口にあります。

s-DSC_3955

ここの資料館はジオラマなど立体的なものや参加型が多いので楽しい。
帰りの時間がなければもっとゆっくりしていたかったのだけど。

s-DSC_3958
景色もきれいだ。

s-IMG_0451
秘密の監査廊ツアー In 宇奈月ダム
開始時刻 11時 所要時間約60分
実施日 毎月第4日曜日
参加無料 申し込み不要 急階段あり 歩きやすい靴
なんか惹かれるよね。。

s-DSC_3964
黒部川

s-DSC_3978

外へ出てみると四季の写真。

s-DSC_3986

宇奈月ダム
型式 重力式コンクリートダム
堤高 97.0m
堤頂長 190.0m
包体積 約51万㎥

s-DSC_3991

トロッコ電車の最終は、
”お仕事おつかれさまでした。”

s-DSC_3997
EMU(低速電気バス)

うなづき湖畔や温泉街をまわる電気バス(無料)。見つけたら手を挙げると止まってくれる。

s-DSC_3999

遠くに見える橋が山彦橋。

s-DSC_4005

やまびこ遊歩道を通り、冬季歩道のトンネルを抜け

s-DSC_4007

さっき見た山彦橋、宇奈月駅はもうすぐ。

赤倉温泉〜宇奈月の旅 完

↑このページのトップヘ