のら風絵日記リニューアル!

旅行関連記事は個人経営につき、訪れた場所はどこよりも(?)詳しくをコンセプトにしているブログです。
(JTBとは関係ありません。JTBツアーに関してのお問い合わせ頂いてもお答えできないのでお間違えないように。。)

やまびこ遊歩道から
s-DSC_3905

トロッコ電車。
けっこう頻繁にくる。

s-DSC_3908

平日の2時半すぎとあって、欅平行はガラガラのよう。

s-DSC_3913

宇奈月ダム展望台からルンルン気分で坂を下って宇奈月発電所。

s-DSC_3922

宇奈月発電所のこの窓の正面から

s-DSC_3918

中を覗き込んでいると

s-DSC_3921

突然ビデオが始まった。
上映時間約6分の水力発電のしくみ。
ダムカードはここじゃないのね。。

s-DSC_3917

この階段の上?
ルンルン下ってきた分、上らなきゃなわけねorz

s-DSC_3926

かなり上がって

s-DSC_3928

宇奈月ダムが見えてきた。

s-DSC_3930

けど、階段はまだ続く。。

s-DSC_3947

新山彦橋もだんだん遠くになってくる。

s-DSC_3960
山彦トンネル

s-DSC_3962
宇奈月ダム情報資料館大夢来館(だむこんかん)

宇奈月ダムの役割や黒部川を守る仕事などを楽しみながら学べる施設。黒部川源流から河口までを再現した長さ5mのジオラマ、床一面に富山県の衛星写真が広がるコーナーのほか、ミニシアターでは宇奈月ダムの建設のあゆみが学べる。

s-DSC_3953
宇奈月ダム情報資料館大夢来館 入口はこちらから⇒
ダムカードはこの先の資料館入口にあります。

s-DSC_3955

ここの資料館はジオラマなど立体的なものや参加型が多いので楽しい。
帰りの時間がなければもっとゆっくりしていたかったのだけど。

s-DSC_3958
景色もきれいだ。

s-IMG_0451
秘密の監査廊ツアー In 宇奈月ダム
開始時刻 11時 所要時間約60分
実施日 毎月第4日曜日
参加無料 申し込み不要 急階段あり 歩きやすい靴
なんか惹かれるよね。。

s-DSC_3964
黒部川

s-DSC_3978

外へ出てみると四季の写真。

s-DSC_3986

宇奈月ダム
型式 重力式コンクリートダム
堤高 97.0m
堤頂長 190.0m
包体積 約51万㎥

s-DSC_3991

トロッコ電車の最終は、
”お仕事おつかれさまでした。”

s-DSC_3997
EMU(低速電気バス)

うなづき湖畔や温泉街をまわる電気バス(無料)。見つけたら手を挙げると止まってくれる。

s-DSC_3999

遠くに見える橋が山彦橋。

s-DSC_4005

やまびこ遊歩道を通り、冬季歩道のトンネルを抜け

s-DSC_4007

さっき見た山彦橋、宇奈月駅はもうすぐ。

赤倉温泉〜宇奈月の旅 完

宇奈月は去年雨に降られてどこも行けなかったので
s-DSC_3832
遊歩道周辺案内  やまびこ遊歩道←→やまびこ展望台

s-DSC_3833
おすすめ散策コースと所要時間(片道)
やまびこ展望コース 宇奈月駅→やまびこ展望台 片道約3分
宇奈月ダムコース(やまびこ遊歩道コース) 宇奈月駅→山彦橋→冬季歩道→宇奈月ダム展望台→宇奈月発電所→(のぼり階段)→大夢来館→宇奈月ダム 片道約27分(宇奈月発電所を経由しない場合片道約22分)
とちの湯コース 宇奈月駅→山彦橋→冬季歩道→宇奈月ダム展望台→湖面橋→木管事件碑→とちの湯 片道約50分

s-DSC_3838

やまびこ展望台はあまりに近すぎるので

s-DSC_3830
←やまびこ遊歩道

山彦遊歩道は、かつてトロッコ電車が走っていた起動敷と鉄橋・トンネルを遊歩道として開放。
冬季は閉鎖。

s-DSC_3842

まず線路をこえて

s-DSC_3845

山彦橋まで約3分
ここが新山彦橋を渡るトロッコ電車が見られる絶好のスポット

s-DSC_3848
2018年時刻表

これは感激♪

s-DSC_3849

新山彦橋と反対側の黒部川の撮影をしたりして待ってると

s-DSC_3854

橋の向こうの方からトロッコ電車接近中!

s-DSC_3863

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

s-DSC_3872

去年はトロッコ電車にのって手を振ってもらうほうだったので

s-DSC_3876

カメラを片手で構えて、
立ち上がるようにして手を振る人たちへ去年のお礼に思い切り手を振った。

s-DSC_3882

トロッコ電車は宇奈月駅へ到着。

s-DSC_3885
大夢来館→
← 
この先、宇奈月ダムが見える展望台まで徒歩5分、宇奈月ダムまで徒歩15分⇒
ダムには情報資料館、大夢来館があり、ダムの情報のほか、ダムカードがあります!

s-DSC_3887
冬季歩道(冬季メンテナンスのための歩道)

s-DSC_3889

思ったより長いトンネルを抜けると突き当りの階段を上って宇奈月ダム展望台はもうすぐ。

s-DSC_3890
宇奈月ダムの仕組み

s-DSC_3894

宇奈月ダム展望台より

s-DSC_3896
宇奈月発電所見学コーナー 見学自由・無料
開館時期:4月1日〜11月30日
開館時間:午前7時〜午後5時
〜〜〜
s-DSC_3899

橋をうしろに

s-DSC_3898

ダムカードめざして(*^・ェ・)ノ

つづく〜

2時近くになってしまったけど
まだどこかで名物が食べられるようなランチはある・・・?
s-DSC_3821
食事処うなづき屋

s-DSC_3824

富山県産白えびに惹かれて

s-IMG_0371
富山県産白えびたっぷり天丼 1200円

白えびはほんとにたっぷり、他いろいろデザートまでついててお腹いっぱい。
ごちそうさまでしたっ♪

まだ出かけるにはちょっと早かったので駅前付近散策。

s-IMG_0354
市役所前公園

よく見るとこの木すごっ!
これは木の方が先だったんだよね?

s-IMG_0355
魚津市民バス

s-IMG_0357
魚津の”オイシイ”を続々☆・・・・・ミラマルシェ

魚津駅の並びにあり、一休みできるカフェスペースもある。

s-IMG_0358
とやまの名水 うまい水

s-IMG_0359
魚津駅前観光案内所 0765-22-2244 9:00〜18:00
魚津市イメージキャラクター ミラたん

レンタサイクルあり。

魚津から車で約40分
s-DSC_3808
黒部渓谷鉄道宇奈月駅

いわゆるトロッコ電車の発着駅。

s-IMG_0372

黒部渓谷鉄道宇奈月駅、駅前には大きな有料駐車場。

s-DSC_3809

トロッコ電車

s-DSC_3811

ぼちぼち満員。

s-DSC_3813
無料電気バスEMU(エミュー)
冬期間除いて2コース毎日運行(温泉街周回コースは1周約20分、宇奈月ダム&とちの湯コースは1往復約1時間10分)

s-DSC_3826
宇奈月温泉 駅の足湯くろなぎ

s-DSC_3814
富山地方鉄道宇奈月温泉駅

s-IMG_0369
宇奈月温泉湯の街散策MAP

宇奈月温泉観光案内所でもらえるこのMAPは撮影スポットが明記されていて、
見どころ・お店もわかりやすい。

s-DSC_3820
宇奈月温泉 温泉噴水

s-DSC_3818

宇奈月温泉の源泉は、現在地より黒部川沿い約七匸緡の黒耶峡谷黒薙にあり、江戸時代初期の正保二年一六四五年)に発見されたといわれています。
アドレナリンの発見で有名な高峰譲吉博士(富山県出身)が、黒部川水系電源開発とともに温泉開発を計画し、その後逓信省より招かれた土木技師山田(ゆたか)氏が大正十二年十一月(一九二三年)に黒部峡谷の急斜面を縫って木管を敷設する難工事の末に引湯を成功させ、宇奈月温泉が開湯しました。 
昭和四十四年八月(一九六九年)黒部川の氾濫により、源泉や引湯管路も甚大な被害を受け宇奈月への送湯が絶たれたことから、昭和五十四年四月(一九七九年)の宇奈月ダム建設工事着工にあわせ引湯管は合成樹脂管に代わり、函渠(かんきょ)の内部に敷設されました。
泉質は、神経痛・筋肉痛・冷え性等に効能があるとされている弱アルカリ性単純温泉で、以来、湧出温度約九十八度、湯量一日二,六00tを誇る豊富なお湯を安定して送り続けています。黒部観光開発株式会社

s-DSC_3828
中部山岳国立公園黒部渓谷 2018年10月15日14番

トロッコ広場の記念撮影スポット?

魚津マンテンホテル駅前をチェックアウトして
s-DSC_3800
魚津市観光案内図

s-DSC_3804
魚津港展望広場案内図

魚津港展望広場は無料駐車場あり。
s-DSC_3771
「風の地平線ー蜃気楼」

s-DSC_3775

このモニュメント、去年は気が付かなかったんだけど、魚津はモニュメントがいっぱいあるらしい?

s-DSC_3784
富山湾の蜃気楼

s-DSC_3786

今年も本物は残念。。

s-DSC_3802
海の駅蜃気楼

s-DSC_3805

通りの向かい側には魚津埋没林博物館がある。
今回は行かなかったけど、なかなかおもしろい。

s-DSC_3797
パノラマ富山発見ルート ぐるっと見渡す富山湾の眺め

s-DSC_3798
富山湾岸サイクリングコースマップ

確かに海沿いのしんきろうロード、気持ちよさそう。

s-DSC_3794

ゴールはここかな?

妙高エリアといえば、いもり池と笹ヶ峰、それに苗名滝らしいので
s-DSC_3678
苗名滝駐車場。

ナビを苗名滝にしたら、カーナビにもグーグルにもとんでもない山道へ案内された。
なので、駐車場そばのレストランに設定したほうがいいかも。

s-DSC_3679
お食事処苗名滝苑 0255-86-6536

きのこそば、きのこ汁、にじますの塩焼き、高原野菜の天ぷら
食べてみたい気もしたけれど、あんまり時間もない。

s-DSC_3681

こっちのお店の濃厚なソフトクリームもそそるけど。。

s-DSC_3682
苗名滝まで徒歩15分
日本の滝百選 苗名滝 500m
日本の滝百選にも選ばれた「苗名滝」は、上流の「二の滝」から「四の滝」まで続く中で最も規模が大きい勇壮な滝で、落差55メートルで、柱状節理をもつ玄武岩の断層でできています。
その昔、滝から落ちる水音があまりにも激しく、轟音が周囲の森に響きわたり、まるで地震のようだったことから地震滝と呼ばれていました。この地震滝という名称が、古語辞典によると「地震」と書いて「なゑ」と読ませており、音が通ずるところから苗名滝に変化したと言われています。

s-DSC_3687

ではいざ♪

s-DSC_3689
最初の吊橋。

s-DSC_3697
ほとんど揺れない。

s-DSC_3694
苗名滝はこの奥ね。。

s-DSC_3699
あとにしたレストラン。

s-DSC_3704
この階段を上って

s-DSC_3706
渡ってきた吊橋。

s-DSC_3718
さほど歩きにくい道ではないけど

s-DSC_3720
枯れ葉がすべったり、根や石につまずくかもなので歩きやすいくつのほうがベター。

s-DSC_3723
だんだん山深くなってきた。

s-DSC_3725
お〜、あれね?

s-DSC_3731
滝の前に2本めの吊橋も見える。

s-DSC_3736
紅葉もきれいだ。

s-DSC_3737
苗名滝

s-DSC_3743
中部北陸自然歩道 苗名滝
新潟県と長野県の県境、関川の本流にかかる滝で、この上流に続く四の滝までの中で一番規模も大きい。
現在二の滝、三ノ滝及び四の滝への歩道は通行できない。

s-DSC_3751

確かに落差は大きく豪快ではある、

s-DSC_3761

が、この右下あたりから眺めることになるので、滝との距離が結構あって迫力感はイマイチかも。

香嶽楼のスタッフの方のおすすめ
s-DSC_3604
赤倉観光リゾート&スパ 妙高高原スカイケーブル

ホテルの入口かと思って素通りして戻ってきた。広い無料駐車場。

s-DSC_3609
ホテル第1リフト

s-DSC_3610
乗車券は、ショップ内のカウンターでお買い求めください。

ペットも無料で乗車できる。

s-DSC_3615

待ち時間は全くなし。
スカイケーブル乗車料金は往復1800円、ホテルでもらった割引チケットで300円引。

s-DSC_3617

ゆったりと貸切乗車
s-DSC_3618
11分間で1300mへ。

s-DSC_3621
眺めもすばらしい♪

s-DSC_3624
妙高高原スカイケーブル山頂駅 標高1256m

s-DSC_3627
オヤマリンドウ

s-DSC_3642
展望レストランエートル

s-DSC_3653
野尻湖

s-DSC_3657
チャンピオンゲレンデ経由 赤倉観光ホテル(約40分)スカイケーブル山麓駅(約60分)

徒歩コース。

s-DSC_3660

ゆったりハイキングも楽しそうなんだけど、
ジャケットをもってくるのを忘れてなんていったって寒い。

s-DSC_3662

ここまで来たんだから、がんばって赤倉清水までは行こうと。。。

s-DSC_3664
山頂駅から5分?ここらへんのはずなんだけど、どこ??

s-DSC_3666
赤倉清水(復活の泉) (妙高山からの湧水です)

お〜、これね。。

s-DSC_3668
秋を感じられて、いい道なんだけど。

s-DSC_3672
下が寒くなくても上はかなり寒かったりするので、ジャケットをお忘れなく。

山頂駅周辺でも、ブナ林散策コース(約20分)展望コース(約30分)が楽しめる。



富山県魚津市村木2500-2 TEL:0765-24-4301
s-DSC_3803
海の駅蜃気楼

魚津港展望広場の一角にある。

s-s-IMG_0404
魚津銘菓蜃気楼伝説 110円(税込み)
貝のかたちの和生菓子。

s-s-IMG_0406
おいしい地元の味 きんつば 130円
製造者 雪渓本舗(有)宝屋

s-s-IMG_0396
のどぐろ天入り 海のルビーとも呼ばれる赤色の高級魚
最近人気の「のどぐろ」という魚は「アカムツ」の別名です。
名称 魚肉練製品(揚げかまぼこ)
原材料名 魚肉(イトヨリダイ アカムツ5%) 〜〜〜
販売者 有限会社イシダ
賞味期限 約1ヶ月半 648円
おでんのように煮るとなんか不思議、ふっくらとふくらんでくる。
おいしかった。

s-s-IMG_0397
姿煮のどぐろ 
姿そのままの煮付です。そのままお召し上がり頂けます。また熱湯で袋ごと2〜3分温めていただくと、より一層おいしくお召し上がりいただけます。
3つ入で1296円。
1つで400円ちょっと、小さいのでそれほど食べるところはないし、
煮てあるから?ふつーの煮魚の感じで
通でない私にとってはこれぞのどぐろ!がわからないのでコスパイマイチな?

s-s-IMG_0398
4年連続モンドセレクション金賞受賞 富山名産ほたるいか沖漬

何種類かあって、全部味見させてくれたんだけど、これが一番好きだった。
1080円。

s-s-IMG_0399
ほたるいかの素干
社長のひとり言 ライターであぶったらんまいちゃ! 浜浦水産
添加物は一切使用しておりません。

赤穂の天塩使用
名称 ほたるいかス干し
原材料名 ほたるいか(日本海産)食塩
内容量 20
保存方法 要冷蔵
製造者 詆猶鎖綮
あぶらずに食べたんだけど、これはおいしい!!
口の中にいれるとじわ〜とワタのおいしさが広がってなんともいえない。
スルメのように固くはないし、お酒のおつまみにしてもさいこ〜かも。
570円 賞味期限約3ヶ月

宇奈月温泉へ向かう途中
s-IMG_0361
道の駅直売所うなづき食彩館

の隣りにある宇奈月麦酒館
s-IMG_0367
富山県黒部市宇奈月町下立687 TEL:0765-65-2277

車だから飲むわけにもいかないので・・・
s-IMG_0368
宇奈月ビールカレーパン 250円
宇奈月ビールカレー使用 アルコール分0% 黒部産米粉入り

オーダーしてから揚げてくれるので、渡されるのはあっつあつ。
ビールカレーなるものがわからないけど、普通においしいカレーパン。

s-IMG_0363

お隣の歴史民俗資料館、うなづき友学館はお休み。

赤倉温泉から車で10分くらい

s-DSC_3603
いもり池入口

s-DSC_3546
妙高市森林セラピーロード 妙高高原自然歩道

s-DSC_3549
妙高戸隠連山国立公園
妙高山は、山頂をつくる中央火口丘とそれをとりかこむ五つの外輪山(赤倉山、三田原山、大倉山、神奈山、前山)からなる美しい二重式火山です。東から北東の斜面には、雄大な裾野が続きます。また外輪山を破って白田切川(南地獄谷)と大田切川(北地獄谷)の二つの川が東に流れています。〜〜〜

s-DSC_3551

いもり池の周りは584mの遊歩道がある。
いいお天気なので、私も一周してみる。

s-DSC_3556
手打ちそば芭蕉苑
おそば天ぷら食べ放題が名物のようだ。

s-DSC_3571

妙高山が水面に映る姿を見に来たんだけど

s-DSC_3580

残念なことに頂上が雲の中。

s-DSC_3582
中部北陸自然歩道 いもり池
標高750mの高さにあるいもり池一帯は、かっては池はなく約20haに及ぶ広大な湿原帯と沼地であったが、昭和2年湖底を浚渫して池の面積12,295屬帽げ、今のいもり池の姿になった。
その後、池の廻りに584mの遊歩道を設置し、小さいながらも妙高山の美しい姿を水面に映すさまは、池の平温泉並びに妙高高原町を代表する景観として.多くの人から親しまれている。
又、春は近接の湿地帯にミズバショウやミツガシワなどの湿性植物が群生し、モリアオガエルの生息地としても知られ、学術的にも注目されている。
なお、いもり池の由来は、イモリが多くすんでいたので、この名が付いたという。環境省・新潟県

s-DSC_3583
ようこそ!妙高高原へ!観光案内所 ご自由にお入りください。
市営食堂 ホンドリス(本土りす)

s-DSC_3584
いもり池案内図

s-DSC_3586
水芭蕉群生地 開花時期は4月下旬〜5月上旬

s-DSC_3590

向こうに見える妙高高原ビジターセンターのところに大きな駐車場とトイレがある。

s-DSC_3593
妙高高原自然歩道

s-DSC_3598

頭見えないけど、日本百名山妙高山(別名:越後富士)標高2454m

s-DSC_3600

ここらへんも撮影スポットらしい。

ちなみに、いもり池はPokemon GOのジムもあり、なかなか楽しかった 笑


赤倉温泉散策9時半出発。
s-DSC_3455
香嶽楼を出てすぐのところにペットホっとの湯

s-DSC_3457
赤倉ホテル

s-DSC_3461
赤倉温泉足湯公園 開放時間:午前9時〜午後5時(清掃作業のため、月水金は午後4時まで)

トイレあり。

s-DSC_3465
自分に合った温度の温泉をお楽しみください。

s-DSC_3468
足湯公園は、「源泉かけ流し」
噴水のところはマイナスイオンを発生させ、リラックス効果を高め
手前は清水の「冷泉」、「温冷交互浴」にど〜ぞとのこと。

s-DSC_3469
温泉ソムリエが教える!足湯を利用した健康入浴法

詳しく知りたい人は現地へGo!

s-DSC_3471
江戸時代文化13年(1816年)開場の赤倉温泉

s-DSC_3475
適温の温泉

s-DSC_3476
ペットの足湯

s-DSC_3480

ほんとだ、まだアジサイがある。。
これでリースを作るんだ?

s-DSC_3492
さらにまっすぐあがってくると

s-DSC_3485

赤倉温泉野天風呂滝の湯

s-DSC_3493
鳥居をくぐると

s-DSC_3494
三社権現神社

s-DSC_3499
友愛の碑

s-DSC_3501
市指定文化財

s-DSC_3503
岡倉天心六角堂 近道⇒

ちょっと見落としそうだけど・・・

s-DSC_3515
岡倉天心六角堂(天心公園)

s-DSC_3519
岡倉天心終焉の地 赤倉温泉

赤倉インフォメーションセンターがある。

s-DSC_3525
看板の下。残念ながら漢字が読めません。。笑

s-DSC_3530
こっちは”熊のねころび湯”

s-DSC_3537
ショッピングストリートにある赤倉中央広場
あじさいのリースづくりが進行中。

s-DSC_3540
香嶽楼へ戻って

s-DSC_3543
尾崎紅葉山人碑

s-DSC_3544

ここでちょうど1時間の散策。
次は車でいもり池へ。



”ご当地パン祭り優勝”が飛び込んできたので3
s-IMG_0410
右が”第3回全国ご当地パン祭り優勝みしまコロッケぱん”
ちなみにみしまコロッケはB級グルメで有名?で三島馬鈴薯、ベーコンが入っている。
パンというよりは、肉まんの皮に近い感じ。
モチモチ系がちょっと苦手な私としてはふつーにパンな方がよかったけど。

左”第4回日本全国ご当地パン祭り優勝みしまフルーティキャロット”
三島人参入り。
割ってみると生クリームたっぷり。
失敗したかなと思いきや、ふわふわで甘さぜんぜん控えめで人参味もしないし
とにかくとてもおいしかった。

正確な値段は忘れちゃったけど、ここのお店は値段も安い。(100〜150円ぐらいだったかな?)
お試しあれ!

スタンプラリーではないんだけど
s-IMG_0450
この季節、いちばんの見どころスポットへ! 隠れハートを探せ!
立山黒部シーズンウォーク
7つの見どころをハートを探しながら、楽しくウォーキング。

参加無料、オリジナル缶バッチや素敵なノベルティがもらえるらしい。
開催場所によって実施日が異なる。
楽しそうだけど、イベント期日が1日〜長くても5日ぐらいなのでスケジュール調整が結構大変?

黒部市宇奈月町浦山806  TEL:0765659100

魚津から宇奈月へ向かう途中立ち寄ってみた。
s-IMG_0418
黒部まこもたけ まこもたけ3大パワー!
/物繊維たっぷり、栄養満点!
まこもたけは食物繊維が豊富なイネ科の野菜で、更にタンパク質、ビタミンやミネラルを多く含んだ食材です。食物繊維は消化を促進し、腸内の善玉菌を増やすことで、腸内環境をスムーズにします。また、善玉菌が増えることにより、慢性疾患の予防、血圧や血糖値の低下、そして免疫力の強化などにも働きかけてくれます。
長期保存が可能、下茹で無しで冷凍も!
常温の場合→日の当たらない涼しい場所で5日間はOK!
冷蔵庫の場合→3℃以下なら約2週間、鮮度を維持します。
冷凍保存の仕方→スライスしてポリ袋に入れ、空気を抜いて冷凍庫へ。※調理の際は自然解凍無しで冷凍のままお使いください。
生茹炒揚焼全部OK!

見たことなかったものだけど、どうやら売出し中のようで気合が入ってる?
でもこれどこを食べるんだろう???

s-IMG_0419

正解は皮をむいて中を食べるそうだ。
一本80円なとこも魅力的〜♪
で、2本買ってみた。
どうやって食べるか迷ったけど、めんどうなので天ぷらにしてみた。
と!想定外にやわらかくてあたるところがなく、なんともおいしい。
私的にはエリンギよりまこもたけのがお好み。
もっと買ってくればよかった 笑

富山県魚津市釈迦堂1-14-8
s-DSC_3769
部屋からのながめ

車で黒部ダムまで60分、魚津水族館15分、宇奈月温泉40分。
魚津マンテンホテル駅前は魚津駅から1〜2分。無料駐車場と無料コーヒーと無料利用可能なパソコン、露天ぽい大浴場がある。

s-IMG_0350
お風呂へいくときのかごバッグ、女の人にはアメニティ。

s-IMG_0352

魚津マンテンホテル駅前に泊まるのは2度め。
ほたるいかの沖漬け、いかの黒作り、いかのおさしみ、今回も朝食のラインナップはすばらしい。

2年続けて黒部あたりへ来たけれど新黒部の駅は初めて。
s-IMG_0383
北陸新幹線の時間まで30分弱。
新黒部の駅前広場。

s-IMG_0384

駅の向かいにある建物に入ってみる。

s-IMG_0387
2Fはきれいな景色をみながらくつろげるようなコーナー

s-IMG_0385
観光案内・パンフもおいてある。

1Fはショップ、のわまーと9時〜19時。0765-57-2853
地方発送もやってるようだ。

s-IMG_0394

おいしそうなお弁当も並んでいる。
ちょっと悩んだけど、ずっと気になってて食べられなかったバイ貝にした。
バイ貝ぎっしり炊き込み弁当 富山名物 1200円
日本海のバイ貝は、幸せが倍々になると縁起がいいことから、郷土のお節料理には欠かせない高級食材です。この珍しい海の幸をたっぷり味わっていただこうと、炊き込みご飯に独自の味付けで煮込んだバイ貝をぎっしり盛りつけました。口に含むと磯の香りが漂い、噛めば噛むほど貝の深い旨みが広がる弁当です。
噛めば噛むほどと書いてあるけど、味がしみわたっててやわらかい。
たいへんおいしくちょうだいいたしました。

s-IMG_0392
新黒部駅のホームからも山がきれい。
またいつの日か。。

姨捨SA下り「月の里おばすて」でランチ。

s-IMG_0307

”のり”に場所名が書いてあるとわかりやすくていい 笑

欅平によってから、一路赤倉温泉香嶽楼へ。

s-DSC_3454

香嶽楼前の通り。

s-DSC_3452
尾崎紅葉ゆかりの宿 香嶽楼

新潟県妙高市大字赤倉115 TEL:0255-87-2036
妙高高原IC〜香嶽楼 約5分 無料駐車場あり
当館は明治19年、鹿島建設によって創業いたしました。当時5件しかなかった宿のひとつで、多くの文豪がご宿泊されました。
尾崎紅葉 田山花袋 与謝野鉄幹・晶子もお泊りになりました。
フロント前のお休み処に些少ですが展示をしておりますので、ご覧ください。
いかにも歴史・由緒正しさを感じる門構え。

s-IMG_0316

フロント前で靴をぬいでスリッパに履き替える。
チェックインすると、部屋までていねいな案内があり

s-IMG_0314

プラン:一人旅限定夕食がお部屋食確約!一人だから癒やされる大人の休日

空の冷蔵庫・FREE Wi-Fi
自販機は地下1F
チェックイン時にもらった”香嶽楼のご案内”には役立つ情報が簡単にまとめてある。
”明日の天気”もあるのがすごい♪
実は雨の予想がはずれて、青空みえるいいお天気になったんだけど、
これはこれでうれしいものね。

s-IMG_0312

お〜、窓から見える景色は?

s-IMG_0308

到着が4時半ごろだったので、中庭・遠くに山も。

温泉は源泉かけ流しの100%天然温泉。
夜中も入れるけど、夜7時に男女の入れ替えがあるので、
両方入りたい場合は、7時前にぜひ一度!

s-IMG_0325

夕食は部屋とレストランの選択ができたので、部屋食にしてみた。

前菜 地場産のお酒に合うものいろいろ盛り合わせ
お造り 季節のもの
酢の物 もずく 胡瓜 海老 
吸い物 信州きのこの土瓶蒸し

s-IMG_0327
煮物 炊き合わせ 車麸 茄子 蒟蒻 オクラ
焼き物 茄子のグラタン モッツアレラチーズ トマトソース
蒸し物 玉子豆腐そばの実あんかけ

s-IMG_0331

その他 新潟もち豚の煮込みドミグラスソース季節の高原野菜添え
お食事

s-IMG_0333
山栗のマロンシャンテリー

地場産にこだわった数々のお料理、たいへんおいしくちょうだいいたしました♪

香嶽楼のスタッフはみんなとっても親切。
翌日持て余しそうに見えたのか、そのとおりだったのだけど
近隣の観光マップをもってきてくれて、おすすめの場所を教えてくれた。


s-IMG_0334

朝食はレストラン。
寒くありませんでしたか?のお声がけがあり、
近くにある滝の話を聞いたら、チェックアウトの時
わざわざおすすめの場所の割引券つきチラシを渡してくれた。

s-IMG_0337

この一品はごはんに混ぜるのもおすすめとか。

s-IMG_0338

朝食が終わるととなりの暖炉のあるロビーで珈琲のサービスがある。

s-IMG_0344
あじさいで作ったリース

一年に6日しか開催されないあじさいリースづくりのイベントがちょうど翌日。
参加費は1500円、大きくて立派♪

チェックアウト後、車を置かせてもらって赤倉温泉散策。
これはまた別な話で。


↑このページのトップヘ