のら風絵日記リニューアル!

旅行関連記事は個人経営につき、訪れた場所はどこよりも(?)詳しくをコンセプトにしているブログです。
(JTBとは関係ありません。JTBツアーに関してのお問い合わせ頂いてもお答えできないのでお間違えないように。。)

飯田に住んでいる方がオススメしてくれた大宮通り

DSC_8828

中央公園そばの地下に市営駐車場がある。

DSC_8831

桜並木を大宮神社向かって

DSC_8838
幼稚園

DSC_8844

南信州は全国有数の一本桜のメッカ
南信州地域には樹齢300年以上の老桜や樹形の美しい一本桜が数多く残されている。小説「桜守」の著者水上勉が「ひとつの町にこれほど多くの桜の古木があることは、非常に珍しいことだ」(※)と語ったほど全国でも珍しい名桜の宝庫だ。市内に一本桜が多いのは江戸時代の初代飯田藩主脇坂安元や2代安政が桜の植樹を勧めたことによるといわれる。多くの桜が樹齢400年前後なのはこのためだ。また伊那谷と呼ばれる当地は、天竜川沿いの両岸に山肌が迫り高低差があるため桜が満開となる時期がそれぞれ異なり、飯田市と周辺町村にある100本以上の老木、古木を一ヵ月にわたって楽しむことができる。       協力:森田和市(桜の名所づくリアドバイザー)
※昭和50年代、植物画の大家太田洋愛氏に語ったといわれる。
飯田市の桜は民俗学者柳田國男「信濃桜の話」や佐藤俊樹「桜が創った日本」にも登場する。
それで見事な一本桜が多いんだ。。
DSC_8850

大宮通り桜並木
1947(昭和22)年の「飯田大火」で荒廃した町の復興を願い植樹。現在は大宮神社から市公民館前までの約600mにソメイヨシノ、エドヒガン、コヒガン、シダレザクラなど多種多様な品種155本が植えられている。

DSC_8857

DSC_8864
大宮通櫻並木

DSC_8877

天竜峡行きの電車が来た。

DSC_8885

満開で、とてもきれいな通りだ。

DSC_8919

この先が大宮神社。

つづく〜

天竜峡駅から姑射橋(こやきょう)を渡る。

DSC_8779

対岸が天竜峡駅。

DSC_8785
名勝天龍峡温泉 りんご足湯

DSC_8786
〜〜〜
源泉かけ流し りんご足湯
開湯時間 午前10:00〜午後5:00
開湯期間 4月〜11月(期間限定)
8月〜11月は、地元産のりんごが入ります。
入湯料金 協力金100円
今の時期的なものか?りんごは入ってなかったみたいだ。

DSC_8787

1年に一度天ぷらで食べるのがマイルールなんだけど、
これがたらの芽とは知らなかった。

DSC_8796

駅に電車が接近中。

DSC_8800

DSC_8814

りんご足湯のある広場からの風景もすばらしい。

DSC_8823

りんご足湯と道路をへだてて太田下広場。
トイレあり。

DSC_8824
天龍峡活性化センター 農産物直売所 あざれあ

つづく〜

第1公園からクルマで数分

DSC_8733
JR飯田線 天竜峡駅

DSC_8743

”竜”は”天竜峡駅”、”天竜川”
その他が龍”?。。

DSC_8744

駅前にある天龍峡観光案内所(天龍峡百年再生館)。
スタッフの人はとても親切でいろいろ教えてくれる。

DSC_8778
専用P この駐車場は午後5時半に閉鎖します

DSC_8776

6台ぐらい駐車可能。

DSC_8748

駅前の姑射橋(こやきょう)広場からの景色がすばらしい。

DSC_8751

対岸にあるりんご足湯。
下には舟のりばも見える。

DSC_8759
天 龍 峡

DSC_8773
名勝天龍峡

DSC_8774
姑射橋(こやきょう)

つづく〜 

駐車場に戻る。
DSC_8730

この坂を上っていくと第2公園つつじ橋へ。

DSC_8731

正面にちょっと見えるのはDSC_8696
田尻稲荷神社

DSC_8697
天竜峡遊歩道

DSC_8695
 
この”竜””龍”のゆらぎはどうにも気になるけど・・・

天龍峡の樹木説明
ミツバツツジ (ツツジ科)〈日本固有種〉飯田市の市花に指定
別名、イワツツジ(イワマツツジ)とも言われ、天龍峡の岩場にふさわしい花である。天龍峡には、ミツバツツジとコバノミツバツツジの2種が自生している。共通点は、どちらも葉が3枚輪生する落葉低木で、早春、葉が出るのに先立って枝先に2〜3個の紅紫色の花を咲かせる。花期は3月下旬ん〜4月上旬。
ミツバツツジの特徴は、葉が大きいこと、雄しべが5個。
コバノミツバツツジは、葉が小さいこと、雄しべが10個。など。

DSC_8700
ミツバツツジ

DSC_8724

天龍峡駅方面へ
この通り沿いのシダレザクラは見事。

DSC_8702
樹齢推定200年 シダレザクラ

DSC_8722

立派すぎて収まらない。。

DSC_8713

第1公園 樹齢300年以上の松林。

DSC_8727
茶房・御食事処 萩 飯田市天竜峡 0265-27-2554

あるきまわって冷たいものがほしくなったのでここでコーヒーフロート。

つづく〜




殿岡温泉湯元 湯〜眠(ゆーみん)の朝食
IMG_5173

日帰り入浴 ビジネス・リゾート&ホテル
長野県飯田市上殿岡628

DSC_8603

天竜川そばに何箇所か駐車場がある。
つつじ橋へ行くにはこの第2公園そばの駐車場で正解か。
手前がトイレ。

DSC_8692

駐車場から坂を上がると第2公園。

DSC_8609

はて、つつじ橋はどこ?

DSC_8613
令和元年度 三遠南信自動車道 天空にそびえる孤高の橋
自動車道の下に出来る歩道「そらさんぽ天龍峡」から眺めるのは地上80mの大パノラマビュー
天龍峡大橋・そらさんぽ天龍峡開通

DSC_8693
名勝 天龍峡
↑天龍峡遊歩道 つつじ橋・竜角峰
天龍峡大橋の大きな看板の手前に遊歩道の矢印があるからここの階段を上がる?

DSC_8615

階段を上ると「ご湯っくり」「よって館天龍峡」の建物と駐車場。

え〜っ、もう電車が橋を通る時間になっちゃう。。。
あわてて階段を戻って

DSC_8692

つつじ橋はこの第2公園を階段を上らずにまっすぐって・・・
標識がほしかった。。

DSC_8616

階段をおりると橋がみえてきた。

DSC_8619

天竜川下りの船が来る。

DSC_8621

舟のりば方向。

DSC_8625
つつじ橋

DSC_8635
〜渓谷を一望〜 龍角峯展望台 ← もう少しがんばって

DSC_8637

つつじ橋にたどり着いたときはすでに電車が行ってしまったので
展望台で次の電車を待つことに。

DSC_8631
良縁スタンプ 龍角峯展望台

天龍峡遊歩道は、天龍峡百年再生館(観光案内所)を起点とし、天龍峡十勝をめぐる約1時間ほどのコース。つり橋や展望台から眺める季節ごとの渓谷美は絶景。また、遊歩道には5箇所のスタンプ台があり、専用の台紙を案内所で手に入れ、スタンプを押しながら歩くのもおすすめ。
スタンプラリーがあったのね、スタンプ台設置場所。

DSC_8628

展望台からみたつつじ橋。

DSC_8630

つつじ橋に来て初めてわかった。
なんとなく電車は上の橋を渡るのかと思いこんでいたのだけど
あれは自動車道で、電車は下のちょっとしか見えない橋

DSC_8626

つまりはこっち!?
これじゃあっという間に通り過ぎちゃう・・・
なので次の電車に合わせて重たい一眼レフ構えてたのに
時間がすぎても電車が来ない!な、なんで??

なんと次はここを通過しない電車だった。
にわか撮り鉄はやっぱなかなかうまくいかない。

DSC_8639

結局電車を撮るにはつつじ橋を渡りきったこのポイントが1番良さそうだ。
ただし、早めに行かないとこの場所は取れないかも

DSC_8651

電車をあきらめてつつじ橋を戻る

DSC_8662
名勝天龍峡の名水 昇龍泉

天竜川に鐘の音をひびかせてしあわせを願ってください
そういえば、時々鐘の音がひびいていた。

DSC_8664
キケンですから橋をゆらしたりとびはねたりしないでまんなかをゆっくりと歩いてください
注意
※この橋を利用する方は次の事項を必ず守って下さい。
一度に二十人以上通行しないこと 手すりから身を乗り出さないこと 飯田市
DSC_8667

この橋はさほどゆれないので吊橋系怖い人もだいじょうぶ。

DSC_8674
天龍峡十勝 芙蓉峒(ふようどう)

DSC_8650

”つつじ橋下に岩の上部が見える”ってこれ?

DSC_8678

来た道を戻って

DSC_8679
ここから龍角峯がよく見えます
対岸の垂直の岩が龍角峯

DSC_8684
龍角峯

つづく〜

秘境の旅といわれる飯田線
一度は乗ってみたいけど、今回はクルマ。

IMG_5142
釈迦堂PA(パーキングエリア)下り

IMG_5138
縄文博物館 山梨県笛吹市一宮町千米寺764  入館200円

IMG_5137

景色もすばらしい。
次は〜

IMG_5145
諏訪湖

IMG_5153
霧ヶ峰高原  八ヶ岳連峰

IMG_5154
美ヶ原高原

IMG_5155

諏訪湖SA 

IMG_5160
小黒川PA

IMG_5168
JR 飯田駅

駅前ロータリーに観光案内所がある。
やってるはずはないよねと思いつつ
動物園はお休みですよね?と尋ねたらなんと開演!

DSC_8584

飯田市動物園 9:00〜16:30
休園日毎週月曜・祝日の翌日・年末年始
入園無料

長野県の動物園で、ここだけずっと来れなかった。
これで制覇!
動物園の詳しくは別ブログでそのうちにΣ(=゚ω゚=;)

IMG_5169

中央自動車道 八ヶ岳PA(下り線)
八ヶ岳高原生シュークリーム 162円
八ヶ岳チーズタルト 賞味期限迫っているので?各150円

おいしかった、ごちそうさまでした。

つづく〜

株式会社 青木松風庵

IMG_5117

大阪のおみやげにキオスクでバラ売り1個購入 129円(税込)。
モンドセレクション6年連続最高金賞受賞
3秒に1個売れてるらしい?

北海道産の大手亡と白金時をブレンドした白餡に上質のバターとミルクの風味豊かな練乳をたっぷり入れて炊き上げております。
しっとりやわらかな皮と優しい味わいの餡がひとつになり、とろけるようなお味に仕上がっています。
〜〜〜
青木松風庵は月化粧の売上の一部を環境保全活動に寄付しています。

賞味期限は製造日より40日。
甘すぎずにしとっりとしてる。
包装もかわいいのでおみやげにいいかも?

しまった

4月7日から8日にかけての満月は、今年見える満月のうちで最も大きな「スーパームーン」となる。

で、結構楽しみにしていたのに肝心なときにすっかり忘れて寝てしまった。。

IMG_5291

慌ててスマホ探してベランダに出てみたけど遅すぎ。

地球規模で大変なことになってきた。
あちこちの移動を喜びにしてきた私にとっては一大事。
国外はいうまでもなく国内の移動はおろか
不要不急な外出を控えてって???
こんなことが起こるなんて夢にも思わなかった。

私は政治的なことはブログには書かない主義だからあえていわないけど
流行しているのがわかっていたはずなのに
春節にウエルカムしたのはすごい。。。

早く収束することを祈りつつ
倉庫が必要なほどたまってしまってるブログネタを
少しずつ消化していこう。

順序時系列がかなりグチャグチャですが
そこんとこ大目にみてくださいませ。

水戸銘菓 梅ものがたり
自然を愛し、歴史と文化に思いを馳せるーーー

IMG_4976

梅餡饅頭
12個入  1080円
賞味期限は約4ヶ月

販売者 あさ川製菓株式会社
茨城県水戸市元石川町富士山325−19
製造者 株式会社フジセイカ
石川県加賀市黒瀬町370−1

寒天の中に梅バーションの餡がはいっていてさわやかな風味。
冷やして食べるとまたいっそうおいしい!

ということで色のかわいらしさと個数に惹かれて購入。
配るために買ったからみんなが喜んでくれればよかったのだけど
残った一つを帰ってから一口・・・
あちゃ〜〜、梅干しじゃん!
梅干し苦手な人は控えたほうがいいかと。。

そして素朴な疑問、これ石川県で作ってるの?

八柱霊園 千葉県松戸市田中新田48−2
 
IMG_5111

桜の名所で渋滞でも有名なところなのだけど
八柱霊園にはさほど桜が密集しているわけでもなく

IMG_5101
手打ち蕎麦 鴨料理 おば田

IMG_5097

ここはやっぱ鴨だよね。。

IMG_5098

おそばたっぷり、鴨もたっぷり、
鴨汁もおいしかった。
ごちそうさまでしたっ♪

IMG_5106

駅までの道は十分桜を鑑賞できる。

IMG_5110

やっぱ桜よりお蕎麦だったかな。





↑このページのトップヘ