のら風絵日記リニューアル!

旅行関連記事は個人経営につき、訪れた場所はどこよりも(?)詳しくをコンセプトにしているブログです。
(JTBとは関係ありません。JTBツアーに関してのお問い合わせ頂いてもお答えできないのでお間違えないように。。)

今回の北海道旅行のお気に入りのお供

IMG_1623
北海道限定 伊藤園 北海道とうきび茶
北海道の水と4つの素材で作りました
品名 北海道とうきび茶(清涼飲料水)
原材料名 とうもろこし(北海道)玄米(北海道)黒豆(大豆)(北海道)小豆(北海道)ビタミンC 香料

最初に買ったのは、レンタカー待合室の自販機だったか?
限定ものに弱いので、とりまチャレンジだったんだけど
これがびっくり、はまってしまった。
とうきびってとうもろこしなんだよね、
ほんのりちゃんととうもろこしの味がする。
コンビニで売ってないと、とっても残念で悲しい気持ちになるほどファンになってしまった。
とうもろこしが好きだったら、ぜひお試しあれ♪

500ml 160円

下関の火の山公園のショップ

s-IMG_1332
 ふくの缶太郎 ピリ辛味 
ふくサラダ油辛子味漬 骨まるごと食べられます

品名 フグ油漬
原材料名 フグ 植物油 食塩 カツオブシエキス コンブエキス 唐辛子 トレハロース 調味料(アミノ酸等)
フグ魚種名 (標準和名)シロサバフグ
固形量 80g
内容総量 140g
販売者 蠧高食品 HA
山口県下関市武久町2−8−5

ちゃんとピリ辛なので、おつまみにいい感じ。
現地ではフグのこと”ふく”っていうんだよね、知ってた?
賞味期限 約3年

もう山陰へ行ってから3年・・・・・・・
なのに、ブログへのアップがまだ終わってないというノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

博物館網走監獄のショップ

s-IMG_1671
網走監獄から帰りました。ごまだれきな粉餅 15個600円

名称 餅菓子
原材料名 マルトオリゴ糖 砂糖 胡麻だれ きな粉(遺伝子組換えでない) 米粉 加工デンプン ソルビトール 乳化剤 酵素 増粘多糖類 着色料(二酸化チタン) 保存料(ソルビン酸K) 安定剤(ペクチン)

賞味期限 約2ヶ月

販売者 蠖緻郛ε后H330
北海道網走市南三条東2丁目5番地

真っ黄色と赤のインパクトの強い包装で、ネーミングもそれ以上。
話題性があって、分ける前からなかなか好評ヾ(´ω`=´ω`)ノ

s-IMG_1675

1つずつ包装してあるので、分けて食べるのにもちょうどいい。
ふつーにおまんじゅうじゃなくて、こまだれきな粉餅っていうのも
なんとなく意表をついていい?

霧多布湿原のあたり
s-siretoko_1_0288

お花畑があって

s-siretoko_1_0290

馬が走って、まるで童話の世界のよう。

s-siretoko_1_0294
厚岸(あっけし)道立自然公園 北海道

s-siretoko_1_0293

トイレあり。

s-siretoko_1_0295

遠くに灯台が見える。

s-siretoko_1_0299

お〜、迫力ある断崖。

s-siretoko_1_0302

うっとりするような景色だ。

s-siretoko_i_0072
きりたっぷ岬

s-siretoko_1_0304

階段があるので降りてみる♪

s-siretoko_1_0306

奇岩もいっぱい。

s-siretoko_1_0307

海がとても澄んでいるので海藻がいっぱい見える。

s-siretoko_1_0312

ただこの階段は先端の方が下がってるので歩きにくい。
ころがらないよにね。

s-siretoko_1_0317

見回す限り断崖なんだけど、草が青々と茂っていてこれまたきれい。

s-siretoko_1_0324

展望台?

s-siretoko_1_0327

からの景色。

s-siretoko_1_0340

霧多布岬
映画の中で、デートをしていた紗枝(新垣結衣)と康平(生田斗真)か行きつく、物語の中でとても大切な場所となるスポット。沈む夕日に照らされる灯台が幻想的で感動的な美しいシーン。

正式には湯沸岬(とうふつみさき)といいます。またトッカリ(アザラシ)を見かけることからトッカリ岬とも呼ばれています。周辺には展望台、キャンプ場もあり、展望台からはアザラシのいる帆掛岩(ほかけいわ)、浜中湾越しに奔幌戸(ぽんぽろと)、貰人(もうらいと)の絶壁、海岸線を望むことができます。

s-siretoko_1_0332

せっかくだから灯台へ。

s-siretoko_1_0390

ここから車は進入禁止。

s-siretoko_1_0332

徒歩5分ぐらいと聞いたけど?

s-siretoko_1_0334

道はこんな感じのじゃり道。

s-siretoko_1_0337

でも断崖の迫力ある景色はきれいだし

s-siretoko_1_0342

お花もきれいだし

s-siretoko_1_0347

鳥もいるし、歩いていて楽しい。

s-siretoko_1_0357
湯沸岬灯台(とうふつみさきとうだい)

s-siretoko_1_0354

湯沸岬(とうふつみさき)灯台
湯沸岬灯台は、霧多布港に出入りする船舶や、沿岸を航行する船舶の道しるぺとするため、昭和5年(1930年)10月11日に点灯した旧浜中村所管の霧多布港灯柱に替わって、昭和26年(1951年)6月15日に海上保安庁が建設したもので、当時の北海道の灯台では初めて小型で高光度の機器が使われました。
 現在は、これらの機器に変更はありませんが、沖合い約3キロメートルの岩礁(帆掛岩)への乗揚げ海難を防ぐため、危険区域を示す方向の光を赤色にしているほか、岩礁を直接照らすための照射灯を併設する工夫がなされています。
もっと詳しく知りたい人は現地へGO!

s-siretoko_1_0360

灯台へは敷地の中へも入れないので、先端をめざして

s-siretoko_1_0364

ころがりおちないように?柵がある。

s-siretoko_1_0365

海鳥がだんだん増えてきた〜

s-siretoko_1_0368

すごっΣ(=゚ω゚=;)

s-siretoko_1_0372

この先立ち入りを禁止します 
なるほど、鳥たちの領域だから来るな!と・・・(⌒?⌒)

s-siretoko_1_0381

なことでここが先端、行き止まり。
霧多布岬の散策はほんと楽しい.。゚+.(・∀・)゚+.゚





霧多布岬(きりたっぷみさき)をめざして海岸沿いへ
s-siretoko_1_0263
厚岸(あっけし)道立自然公園 琵琶瀬展望台

s-siretoko_1_0264
こんぶの故郷 浜中町

s-siretoko_1_0266
浜中町商工事業組合

隣のレストランは閉店してるっぽいけど、この売店はあいてる。

s-siretoko_1_0271
霧多布岬湿原

s-siretoko_1_0276
霧多布湿原案内図

s-siretoko_1_0277
さわやかトイレ エトピリカ

s-siretoko_1_0282
琵琶瀬展望台から見た景観 霧の日はこれを見てください

霧多布という名前だけに、やっぱり霧が多いのね。。
反対側は霧だらけで海が見えない。

s-siretoko_1_0286

標識のあるところまでは車椅子のスロープもあり。

釧路をあとに
s-siretoko_1_0228
厚岸道立自然公園

s-siretoko_1_0232

下車してみたものの霧で眺望は開けない。

s-siretoko_1_0229

無料駐車場、仮設だけどトイレあり。

s-siretoko_1_0260
道の駅厚岸(あっけし)グルメパーク

s-siretoko_1_0233
厚岸ガイドマップ

s-siretoko_1_0234
厚岸道立自然公園

s-siretoko_1_0251
北海道じゃらん 2017「道の駅」満足度ランキング 
皆様のご声援により7連覇達成です!飲食部門達成

s-siretoko_1_0243
水族館プティ

ほんとに小さいけど、マガレイやクロソイがちゃんと泳いでる無料水族館。

s-siretoko_1_0242

館内は洋食系、和食系もあるけど

s-siretoko_1_0239

食べたい食材を買って持ち込み、みんなでわいわい炭焼バーベキュー!
全天候型屋内炭焼バーベキュー 炭焼あぶりや
お食事のお客様は、受付カウンターにて”食材トレー”を差し上げます
施設使用料(中学生以上)お一人様300円

s-siretoko_1_0240

ここで食材選び。
魚介類はもち、ソーセージなどのお肉類や野菜もある。

s-siretoko_1_0252

バケツ入牡蠣は10こで1500円。
受付カウンターで支払いをすませて・・・

とあとで気がついたんだけど、ここはJAF割が効いたのに(´;ω;`)

s-siretoko_i_0060

店内はこんな感じ。

s-siretoko_i_0061

買ってきた食材を並べて

s-siretoko_i_0059

あとは景色をながめながら待つだけ。

s-siretoko_i_0058

このバケツ牡蠣?もとってもおいしかった.。゚+.(・∀・)゚+.゚

s-IMG_1674
厚岸と牡蠣

読みたい人は現地へGO!

釧路湿原展望台遊歩道では、湿原を眺めたので
今度は釧路湿原を近くに感じてみようと
s-siretoko_1_0148
釧路湿原国立公園 温根内ビジターセンター ←入口 入館無料

s-siretoko_1_0150
温根内・北斗地区案内図 釧路湿原国立公園

s-siretoko_1_0151

まずは木道下り。

s-siretoko_1_0153
釧路湿原温根内へようこそ
釧路湿原全体図 温根内木道周辺案内 ビジターセンター情報

温根内ビジターセンターを最初に行くのが望ましいんだけど9時前だったのでまだ閉まっていた。
ヒグマ目撃情報!?
6月27日に温根内ビジターセンター駐車場付近でヒグマの目撃情報ってΣヾ( ̄0 ̄;ノ

s-siretoko_1_0154

前を行く人発見!
実はスタッフの方で、虫よけスプレーかけてくれたり、釧路湿原の説明をいろいろしてくれた。

s-siretoko_1_0158
温根内木道の花1

木道のあちこちに植物・生物などの説明やクイズ。

s-siretoko_1_0159

ヨシ.スゲ湿原(低層湿原)
温根内木道を進むと、背の高い草が木道にかぷさるように広がっている一帯と1m以下の低い草が広がっている一帯があることがわかります。どちらも下を覗くと水浸しの状態ですが、生育地はあまり重なっていません。水の深さや透明度なども違っています。
  背の高いほうがヨシで低いほうがスゲ類、水の下に堆積する土壌(泥炭等)や地下水位の状況等で優占する植物が違ってきています。
  ヨシ湿原は、河川の氾濫などで供給された土壌や有機物によって、やや富栄養状態の湿原で、もっとも広がりをみせています。
 スゲ湿原は、かつての池塘(ちとう)の中央部や旧河川の渕などに広がる湿原で、水位が高く、日光が通りやすいこともあって、湿原の花にとっても群落を形成しやすい環境にあります。温根内の代表的な花、ミツガシワやハナタネツケバナ、トウヌマゼリ、サワギキョウ、タヌキモなどは、このスゲ湿原を彩る花々です。

s-siretoko_1_0163

カキツバタ

s-siretoko_1_0177

温根内木道
釧路湿原では唯一湿原内を歩ける木道が整備されています。景色を見ながら歩けるだけでなく、季節の花々や湿原植生の変化、野鳥などを間近で観察することができます。

s-siretoko_1_0185
ヒメカイウ サトイモ科 今が見頃。

s-siretoko_1_0194

あの鳥はカラスじゃないよね?

s-siretoko_1_0195

あとで画像みればわかるか・・・
と思ったけど結局わからない 笑

s-siretoko_1_0196

左側が”夏に温根内周辺でよく見られる鳥たち”

s-siretoko_1_0197

温根内木道は、バリアフリー木道を利用すると約40分で1周できる。

s-siretoko_1_0201
温根内木道周辺案内図

s-siretoko_1_0205

釧路湿原探勝歩道(旧鶴居軌道跡)
 温根内から北斗まで湿原に沿ってまっすぐ伸びている歩道は、鶴居軌道を撤去した跡につくられたものです。
鶴居軌道は、簡易軌道(殖民軌道馬力線)として昭和3年(1928)釧路駅の西隣り「新富士」駅から、現在の鶴居村「中雪裡」間に開通しました。開通当初は、動力源として馬や自動車エンジンを改造したガソリン車が、戦後になってからはディーゼル機関車が使用されました。
 当時は、生活物資、農産品の運搬や地域の人々の移動手段として活躍していましたが、その後、道路整備が進むにつれ、パスなどの他の交通機関にその役目を譲りました。そして、昭和43年(1968)に全面廃止となり40年におよぶ歴史に幕を降ろしました。

s-siretoko_1_0215
蛙がいるので、怖い人は注意が必要かも。

s-siretoko_1_0227
釧路湿原国立公園 温根内ビジターセンター
北海道阿寒郡鶴居村温根内  0154-65-2323
休館日 火曜日 年末年始

s-siretoko_1_0226

温根内ビジターセンター内には温根内で見られる主な花・鳥などが地域ごとに展示されている。

s-siretoko_1_0217

花の名前、見られる場所、咲き始め・見ごろ・そろそろ終わりなど詳しくわかりやすい。

s-siretoko_1_0222

温根内自然探勝地区自然伝言板
あなたの見つけた”自然”を教えてください。備え付けのマーカーで記入できます。
花さがし・自然さがしに役立つ情報がいっぱいなので、
できたらまず温根内ビジターセンターを訪れるのがおすすめ。

釧路は3度めだけど、好きな街の1つ。
s-siretoko_1_0118
釧路フィッシャーマンズワーフMOO 釧路市錦町2−4
飲食店や市場、おみやげショップが入る。

s-siretoko_1_0119
幣舞橋(ぬさまいばし)

s-siretoko_1_0120
MOO 岸壁炉ばた

5月中旬から夏期に営業する炉ばたやき。5時からなのでまだちょっと早い。
以前、入りたいと思いつつ勇気が足りなくて通り過ぎてしまった心残りのところ。

s-siretoko_1_0123

中が植物園のような感じのなぞの建物。これがEGG?

s-siretoko_1_0124
魚河岸発祥の地

s-siretoko_1_0129

釧路川

s-siretoko_1_0131
皆様の市場 和商

釧路市黒金町13−25 釧路駅近
約60店舗が並び、魚介、水産加工品他、お寿司屋さん、好みの魚介を好きにのせて食べる勝手丼が味わえる。

s-siretoko_1_0133

夕陽を幣舞橋から見たかったんだけどちょっと遅刻(ノд・。)

s-siretoko_1_0134

釧路川河口にかかる幣舞橋は、四季の名がついた銅像が建っている。

s-siretoko_1_0145

ライトアップ。

s-siretoko_1_0146
釧路へようこそ!!僕がクーちゃんです ここは、僕がよく出現した場所です
s-siretoko_i_0046

心強いサポーターを得て、念願の岸壁炉ばたへ。
1000円ずつのチケットを最初に購入して、お好みのドリンク、食材と交換する。
おつりはなし、追加購入も1000円ずつなので、何をどうかうか悩みどこ。
が、それもたのし。

s-siretoko_i_0042

ディナーは食べたあとだったので、1人1000円。
お店の人が焼き具合とかも点検にきてくれる。
この炭火ってかなりあっつい。
釧路の夏ならでは(⌒?⌒)

s-siretoko_i_0047

こんな感じに釧路川の風景と空気を感じながら・・・
かねてからのユメを1つ達成.。゚+.(・∀・)゚+.゚


釧路市湿原展望台
s-siretoko_1_0059

年末年始定休 0154-56-2424
入館料 470円
無料駐車場あり

s-siretoko_1_0062

湿原展望遊歩道へ行く前にトイレ行きたいと思って
釧路市湿原展望台をチラっとのぞいたけど、トイレも有料エリアヽ(TдT)ノ
あんまりじゃ・・・と思ったけど、遊歩道入口のそばにあった、あった(・∀・)

s-siretoko_1_0060
湿原探勝歩道マップ

距離も書いてある。

s-siretoko_1_0067

1周約60分な感じで、ではでは(。・ω・)ノ゙

s-siretoko_1_0068
はばたき広場へ700m

標識もあちこちにあるのでわかりやすい。

s-siretoko_1_0071
はばたき広場

s-siretoko_1_0073
あおさぎ広場

s-siretoko_1_0075

湿原展望遊歩道(北斗展望台園地) 
この遊歩道は一周約2.5キロメートルあり、だれでも軽装で気軽に釧路湿原を展望・観察できるように大部分が木道になっています。いざない広場からサテライト展望台までの時計回り約1キロメートルは、車椅子でも行くことができます。
 遊歩道途中の各広場には。釧路湿原に関する様々な解説があり、一周することによって湿原の特徴を理解できるようになっています。あおさぎ広場・サテライト展望台・タンチョウ広場からは、雄大な釧路湿原の四季折々の変化をみることができます。

s-siretoko_1_0084

たまにつまずく要素はあるけど、ほぼほぼ歩きやすい木道。

s-siretoko_1_0085
釧路湿原国立公園 北斗展望台園地

s-siretoko_1_0088

展望はすばらしいんだけど、湿原感が肌につたわってこない?

s-siretoko_1_0095

遠くに見える沼が赤沼。

s-siretoko_1_0102

木道の階段とベンチ。

s-siretoko_1_0105
つり橋

s-siretoko_1_0109

つり橋の手前から探勝歩道へ続く道がある。

s-siretoko_1_0110

このつり橋はいたって安定のつり橋。
この先の階段のほうがよっぽどこわい(゚∇゚ ;)エッ!?

s-siretoko_1_0112

ここも歩きやすい。

s-siretoko_1_0116

こもれびの階段をのぼってゴール。
森林浴も十分味わえる。

おつかれさまでした♪

福住って結果的にはあちこちで見かけたから大手チェーン店?
s-siretoko_i_0041
そば処福住弟子屈店
川上郡弟子屈町摩周通り 015-482-1165
s-siretoko_i_0040

P50台収容

s-siretoko_i_0035

メニューのラインナップ豊富だけど
ここは当然北海道らしいものを選択なことで・・・

s-siretoko_i_0037

サケちらし・・・1250円
ご飯じゃなく冷たい色白のおそばね(。・ω・)ノ゙

ごちそうさまでしたっ♪

摩周湖でもらったのが硫黄山駐車場との共通券だったので硫黄山へ。
近くなってくると、硫黄の匂いがしてくる。
s-siretoko_1_0055

硫黄山 阿寒国立公園 川湯

s-siretoko_1_0029
注意
この付近一帯は火山活動による熱蒸気噴出口及び100度近い熱湯が湧き出ておりますので、足もとなどに十分注意して下さい。

s-siretoko_1_0035

足もとは岩?石がごろごろしているのでこけないように。。

s-siretoko_1_0037

上にいくほど歩きにくく、風向きによっては煙がおしよせてくる。

s-siretoko_1_0039

ここへ来るときは、なぜかいつも晴れ(*^・ェ・)ノ

s-siretoko_1_0041

やけど注意!
ロープ付近ではほんと熱い!

s-siretoko_1_0049

川湯温泉から約3キロに位置する硫黄山は、アイヌ語でアトサ(裸)ヌプリ(山)と呼ばれ、現在でも硫黄の噴煙がゴウゴウと音を立ててあちこちから立ち上っており、〜〜〜〜〜
 また、硫黄山は現在、落石の危険性があることから登山者の安全を考慮して立ち入り禁止となっていますが、山の中腹には「熊落とし」と呼ばれている深さ約50メートルにもなる火口跡があり、アイヌ人がこの崖に熊を追い落としたことからこの名前がついたと言われています。

s-siretoko_1_0054
硫黄山ネイチャーホール

売店・トイレあり。
駐車場は硫黄山駐車場との共通券500円

「霧の摩周湖」と呼ばれている摩周湖
s-siretoko_1_0008

摩周湖の湖面は海抜351m、周囲約20km、面積19.2平方キロメートル、最深211.4mの世界一級の透明度を誇るカルデラ湖。湖の周囲は300〜400mの絶壁に囲まれ、その斜度は平均45度〜〜
島がぽつんと見える。

s-siretoko_1_0009

摩周湖にえくぼのように唯一浮かぶ島がカムイシュ島。カムイシュとはアイヌ語で「神となった老婆」を意味します。見えている部分の大きさは約110m×40mで、水面からの高さは30mほど〜〜〜
s-siretoko_1_0011

駐車場は硫黄山駐車場との共通券で普通車は500円。
売店があるのに有料なのね。。 

s-siretoko_1_0019

駐車場側の風景。

s-siretoko_1_0023
・トイレ・展示ホール・売店・駐車場 ※売店を通り駐車場に出られます。

s-siretoko_1_0024

階段を降りて

s-siretoko_1_0026
阿寒国立公園 神秘の湖 摩周湖
注ぎ込む川も流れ出る川もないのに水位はいつも変わらない不思議な不思議な湖は、多くの時間を霧が包み込みなかなか姿を見せてくれませんが、ふと千変万化のごとく美しく神秘的な姿を現します。不純物をほとんど含まない聖なる水が作り出す、まるで藍を流したかのような独特の深い青は「摩周ブルー」といわれています。

s-siretoko_1_0025

こっちも絶景.。゚+.(・∀・)゚+.゚

s-siretoko_1_0027

摩周湖オリジナルソフトクリームのラインナップ。

s-siretoko_i_0031

”摩周ブルーは”摩周湖のような「さわやかな味」に仕上げました”なことで
摩周ブルー&バニラのミックスソフトをお買い上げ〜♪

美瑛のお花畑を見たあと近くの
s-siretoko_i_0285

白金青い池。
ここは観光客でいっぱい( -д-)ノ

s-siretoko_i_0308

ふらのワインハウス
富良野市清水山0167-23-4155

s-siretoko_i_0296

Aセット フォンデュと

s-siretoko_i_0298

ハンバーグと最後にコーヒー?紅茶つきで2052円。
フォンデュもチーズがおいしいし、全て美味でございました。
ただ、ご飯まではたどりつかない?

s-siretoko_i_0304

ふらのワインハウスは高台にあるので、景色もすばらしい。

s-siretoko_i_0301

窓際はカップルに最高かも(* ̄∇ ̄*)?

オホーツク流氷館
s-siretoko_2_0844
流氷ソフトクリーム 300円

青い粒が流氷?塩キャラメル味・・・
なんだけど、私的にはびみょ〜な味だった。

s-siretoko_2_0952

博物館網走監獄からの

s-siretoko_i_0263

お食事処 秋乃家 北見市並木町141−7

豚丼セット 880円
厚い豚肉3枚にしっかりした味付け、
お蕎麦とセットでボリュームたっぷり。

しかもレジで1人1個ずつアイスのサプライズプレゼント♪

強力なサポーターがいたからこその
s-siretoko_i_0186
知床世界自然遺産 知床国立公園 羅臼湖

からの

s-siretoko_i_0231
しれとこ里見
地そばと海鮮丼 こだわりの定食 海鮮炭火焼き TEL 0152-23-2220
北海道斜里郡斜里町新光町64 国道沿い

s-siretoko_i_0233

知床産つぶのかき揚げ冷しかけそば 1000円

上から撮ったからわからないけど、このかき揚げ、実はすごいボリューム。
高さ7〜8cmぐらい?
しっかりとつぶ貝を感じられる。
おそばもおいしかった。

s-siretoko_i_0234
HTB いちおしテレビ番組
「斜里町編」で町民アンケートから見事町内で栄えあるトップに選ばれました
「知床産つぶのかき揚げ冷しかけそば」
世界でひとつだけの味 お一人様1000円
そばは「斜里岳田舎そば」
清里町と斜里町の生産者から直接購入して当店でうっております

だって(*゚∀゚)っ

知床国立公園 知床五湖
s-siretoko_i_0125

知床世界自然遺産を一部訪問からの

s-siretoko_i_0126

自然・豊・味覚
知床へ来たら一度はよってみたい店!!
Since1976荒磯料理くまのや
世界自然遺産登録地 知床 0152-24-2917

s-siretoko_i_0128

人気店らしく、待ち時間が発生するお店。
一度はあきらめたんだけど、又舞い戻ってランチギリギリにすべりこみ。
熊の家特製丼(ウニ・イクラ)2650円。
ウニもイクラもたっぷり、美味でございました♪

道の駅 うとろ・シリエトク TEL 0152-22-5000
北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-8

s-siretoko_i_0102
←道の駅うとろ・シリエトク  知床世界遺産センター→

s-siretoko_i_0101

知床世界遺産センターは、ヒグマやエゾシカなどの知床に住む動物の実物大の写真や、ヒグマの爪痕など動物の痕跡の模型を展示〜〜〜また、知床世界遺産の見どころや自然のリアルタイムの情報についてお知らせ〜〜
エゾシカのかぶりものもある・・・かなり重かったらしいけど 笑

s-siretoko_i_0107

オリジナルファーストフードの店 Cowberry
スタンプブック持参で道の駅サービスあり!
残念ながらスタンプブックもってないけど

s-siretoko_i_0106

ボリュームはちょっと少なめかも?

道の駅 おだいとう
尾岱沼5-27(国道244号線沿い) TEL 0153-86-2449
営業時間/9:00〜17:00(5〜10月)・9:00〜16:00(11〜4月)
(レストラン 5〜10月L.O.16:00 11〜4月L.O.14:30)
※年末年始休(12/30〜1/3)・月曜休(11〜4月) (月曜祝日の場合は翌日休)

s-siretoko_1_0593
別海北方展望塔 道の駅おだいとう

s-siretoko_1_0600

現在地はここらへん。

s-siretoko_1_0594
四島への道 叫び

s-siretoko_1_0595

ステキな風景だ。

s-siretoko_1_0597

2Fは北方領土関係の展示室

s-siretoko_1_0598

3Fは展望室。
道北を旅行して思ったのは、ほとんどのところが望遠鏡が無料、
これは地味にすごい。

s-siretoko_1_0603

1Fにはコンパクトだけど、レストランがある。

(*゚ω゚*)ん?
JAF優待について
精算前のご提示に限り割引させていただきます。
ソフトクリーム300えん→200えん!!
アイスクリーム250えん→200えん!!

s-siretoko_1_0607

これはいくっきゃないでしょ(・◇・)ゞ
ここは超おトク♪
ごちそうさまでしたっ♪

↑このページのトップヘ