のら風絵日記リニューアル!

旅行関連記事は個人経営につき、訪れた場所はどこよりも(?)詳しくをコンセプトにしているブログです。
(JTBとは関係ありません。JTBツアーに関してのお問い合わせ頂いてもお答えできないのでお間違えないように。。)

新潟県新発田市田貝


IMG_4631

なんか入口うっそうとしてるんだけど

IMG_4632

神社境内の一角にあるキャンプ場です。
二王子岳登山道の入り口もかねており、トイレ、水場、炊事場を備えています。

IMG_4638

IMG_4639

な感じで

IMG_4640

参道にもいろいろあるようだけど
いまいち何かでてきそうで怖かったので

IMG_4630
道を下り50m 徒歩2分
妹背滝
修験時代ここで滝に打たれ心身統一と万民の救いを祈願した修行の場所です。

IMG_4663

妹背滝がギリ見えるところまで近づいてここは終了・・・

つづく〜

新潟県新潟市西蒲区角田浜

DSC_8733

角田岬灯台から福助茶屋の反対側へ

DSC_8734

階段上るより下りるほうが当然ずっと楽だけど

DSC_8736

すべらないように注意は必要。

DSC_8738

トンネルの向こう側は駐車場

DSC_8741

海沿いの道を進んでみる

DSC_8745

角田岬灯台がよく見える

DSC_8748

こういう道好きなんだけど
どうやら釣師御用達の道のよう

DSC_8751

対岸は佐渡島

DSC_8754

楽しいお散歩ではあるのだけど

DSC_8759

釣り人のお邪魔をしているようで

DSC_8762

ここらへんで引き返す。

DSC_8766

角田岬灯台の斜め下あたりにあるトンネル

DSC_8765
名勝 判官舟かくし

DSC_8740
文治3年3月(1187年)、源判官義経が兄頼朝に追われ、奥州平泉に海路おちのがれる際、追手を避けて舟とともに身をかくした洞穴と伝えられている。
大小二つの洞穴があり向かって右側が大きく奥行28m、幅4〜5m、天井の高さは海面から6.6m〜2.5m左側の洞穴は奥行14m、幅2m、天井の高さは海面から4〜5 mである。
昭和4 2年3月巻町文化財に指定されている。
DSC_8763

トンネルを通って

DSC_8769
海水浴場入口バス停
角田山登山口(灯台コース)

IMG_4608

振り出しに戻る。

つづく〜



新潟県 新潟市西蒲区

DSC_8679
福助茶屋

車をここの前の駐車場へおいて

DSC_8681

海沿いに灯台への階段が続いてる

DSC_8683
角田浜

DSC_8685

いいお天気で素晴らしい眺望

DSC_8687
角田岬灯台
〜海水浴で賑わう灯台〜

DSC_8690

標高482メートルの角田山の山裾の尾根]に、この灯台が完成したのは昭和34年(1959年) 11月15日です。角田岬から佐渡海峡を隔てて、対岸の佐渡島までの距離は約33キロ メートルで、この灯台の光は海峡を通過する全ての船舶から見ることができるため、佐渡海峡の重要な道しるべとなっています。夏には、近くに海水浴場があることから、海水浴客が訪れ賑わう灯台です。〜〜〜

DSC_8692

下に道と釣り人が見える〜

DSC_8693

佐渡島?

DSC_8696
150th 灯台を知って欲しい。
灯台、なじらね(いかがですか)?

DSC_8713
角田岬灯台

DSC_8715

DSC_8717

DSC_8722

帰りはこっちをめざして降りてみる

DSC_8723

DSC_8724
なかなか急な階段

DSC_8727
← 立岩・角田山山頂

これは無視して

DSC_8728

こけないように

DSC_8730

灯台をたまに見上げながら

DSC_8732

ずんずん降りて〜

つづく〜

新潟県新潟市東区松園2丁目7−3

IMG_4585
じゅんさい池公園 案内図

IMG_4586

住宅地の中に突然あらわれる砂丘湖

IMG_4587

東池

IMG_4589

じゅんさいが生息しているという西池へ移動中〜

IMG_4590

なかなか広い

IMG_4592
じゅんさい池公園ホタルの里

IMG_4591
「ホタルの人工飼育場所」

IMG_4594

西池到着〜
スイレンの色がちがう・・・

IMG_4596

手前の小さい葉がジュンサイ

IMG_4600

IMG_4601

駐車場から東池をまわって西池まで行って園内一周すると距離は約1500mだそうな。。

つづく〜

宮城県刈田郡七ヶ宿町字切通

DSC_8635
ダム管理所

DSC_8636
七ヶ宿ダム管理所 展示スペース →

DSC_8638
七ヶ宿ダム竣功記念碑

DSC_8646

噴水は高さ80m

DSC_8648

七ヶ宿湖はダム湖百選
堤高/堤頂長   90m/565m

DSC_8650

DSC_8651

中央コア型ロックフィルダム

DSC_8658
ダムの洪水吐は延長330m、高低差63mの開水路シュート形式。コンクリート量17万m3を有する大規模構造。施工の合理化を図るため、ベルトコンベヤ工法を採用し、コンクリートの連続運搬とスプレッダーによる連続打設を実施。

DSC_8661
P  一般車駐車場 → 

DSC_8665

DSC_8666
七ヶ宿ダム

DSC_8667

展望公園からみたダム管理所

DSC_8669
七ヶ宿ダムの役割

DSC_8670
七ヶ宿ダムの構造

DSC_8671
展望公園 ダム管理所入口

DSC_8673
七ヶ宿オオクワガタ (流木製)

DSC_8674
七ヶ宿ダム管理所  600m先 駐車場あります
← こちら

ここまでていねいに案内してもらえるとほんとうれしい♪
ダムカードもらえるのは管理所だから。。

IMG_4516

ダムカードとパンフレットももらってきた♪

IMG_4518
羽州街道

七ヶ宿ダムから車で20分突然何やら?

IMG_4519
福島県 国見町

IMG_4520
町指定史跡 旧羽州街道小坂峠軌跡

IMG_4521

IMG_4524

そういわれてみると何か趣あるかも?

山形の旅 完

宮城県刈田郡七ヶ宿町滝の上

IMG_4515
旬の市七ヶ宿 農林産物直売所

ここの一角にある

IMG_4508
滑津大滝入口
ご注意
滑津大滝遊歩道内、夜間の証明・街灯はございません。

IMG_4507

階段をどのぐらい下るんだろうとちょっと不安になりつつ
つまりは帰りの心配なんだけど

IMG_4500

まぁ許容範囲内で遊歩道着。

IMG_4501

滝の近くまで接近できるので楽しい。
高さ約10m、幅約30mの豪快な滝で川幅いっぱいに流れ落ちる水量の豊かなこの滑津大滝は、「二階滝」とも呼ばれ、独特の形で見る人を圧倒します。散策道から眺める滝の轟々という水音と、まるで生き物のような水しぶきは迫力があります。
紅葉の時期にはライトアップもあるとか?

IMG_4510
滑津大滝公園周辺案内図

IMG_4514
隣接する「旬の市七ヶ宿」の駐車場には「滝見台」がつくられており、滝の上から眺めることもできます。

IMG_4511

な〜んだ、上からでも見られるじゃん。。

つづく〜

山形県山形市大字上宝沢字葉の木沢地先

DSC_8618
蔵王ダムへようこそ!
馬見ケ崎川は、町の中を流れていましたが、江戸時代に川の流れを変える工事を行い、現在の流れとなりました。
蔵王ダムは、多目的ダムとして山形県が昭和41年から工事を始め昭和45年に完成しました。内部が空洞になっている“中空重力式コンクリートダム”という全国でも珍しいダムです。

DSC_8620
•堤体高さ66m(県庁の16階で61m)
•堤体長さ278m

DSC_8626

管理事務所の前も工事中で忙しそうだし
ダムカードはもらえないかと思いきや
とってもていねいな対応で
その上50年記念のゴールドなダムカードもいただきました。

DSC_8632

この時期は放流がみられてほんとうれしい。

つづく〜

山形県山形市霞城町1−7

IMG_4472
「山形市郷土館」は国指定重要文化財の「旧済生館本館」を活用した施設です。
開館時間 午前9時〜午後4時30分
休館日 12月29日〜1月3日
入館料 無料

IMG_4474
国指定重要文化財 旧済生館本館(昭和41年12月5日指定)
旧済生館本館は、1878年、初代山形県令三島通庸(みしまみちつね)によって県立病院として建てられました。政府のトップであった三条実美により、「済生館」と命名されます。
明治時代(1868〜1912)初期の擬洋風建築の傑作として、1966年に国の重要文化財に指定されました。擬洋風建築とは、日本人の職人が西洋建築をまねて造った建物で、西洋的な様式と日本的な様式が混在在していることが特徴です。
現在は「山形市郷土館」として、医学資料や郷土資料を展示しています。
IMG_4488

中庭
一部のみが撮影OK

IMG_4475
「霞城本丸・義公桜花之図」中村哲叡 2010年

IMG_4478
山形城の堀・土塁

IMG_4479
二ノ丸東大手門

IMG_4482

なんか気配がする・・・

IMG_4483

ねこちゃんみっけ!

IMG_4489
本丸一文字門

IMG_4490

大手橋

IMG_4492

IMG_4493
本丸内の公開

IMG_4494
山形城跡本丸一文字門石垣復元事業

IMG_4495
三ノ丸の石組井戸

IMG_4497
三ノ丸の発掘調査では、江戸時代の石組井戸が多数検出されました。ここでは、時代が新しいほど深さが深くなる傾向があります。これは、湧き水の源である馬見ケ崎川が、城郭から遠く離れた場所に移されたことや、周囲を堀に囲まれたことなどが原因と考えられます。時代が新しい井戸は、深くなったことに伴い、やや小さい石を用い、より緻密に組まれております。

つづく〜

山形県西村山郡西川町大字間沢309-4
そば処やまろく
IMG_4469
月山山菜そば

月曜定休
駐車場あり

IMG_4467

メニューも豊富

IMG_4468

一番人気の月山山菜そば
月山のめぐみ「きのこ・山菜」たっぷり!
「山ぶどう液」と「季節の小鉢」付
運ばれてきてびっくり!
これでもかというほどのすごい量
おそばもおいしかったけど
きのこと山菜めいっぱい味わいました。
山ぶどう液もおいしかった。

ごちそうさまでしたっ

つづく〜

山形県西村山郡西川町大字砂子関字横手

DSC_8586

月山湖

DSC_8592

展望広場

DSC_8605

112メートルの月山湖大噴水。
東洋一、世界でも4番目に高いという。夜間になるとライトアップ。

DSC_8610

選択取水設備

DSC_8613

DSC_8614

堤高112m、堤頂長510mの大型のロックフィルダム
DSC_8617
寒河江ダム

IMG_4456

IMG_4457

IMG_4458

屋上は展望台

IMG_4459

建物は国土交通省 最上川ダム統合管理事務所

IMG_4460

月山湖はダム湖百選

IMG_4463

ダムファンと出会うことも増えてきた。

IMG_4465
月山湖周辺マップ

合算のキーワードは112
112メートルの大噴水(打上げ時間、平日は10時から1時間ごとに10分間)
堤高112メートル、水没移転戸数112戸、国道数112号線
寒河江ダムの竣工式の日時が11月2日、11時20分

IMG_4466
←寒河江ダム広報展示室  月山湖大噴水 川雑魚水族館 水の文化館 →

つづく〜

山形県西村山郡西川町水沢

IMG_4439
ふるさと水ケ瀞

IMG_4447

IMG_4446

ちょっと遅かったけど
桜満開な頃はとてもきれいだったろうな公園

IMG_4434
水ヶ瀞ダム

IMG_4435

重力式コンクリートダム
堤高/堤頂長    34m/372m

IMG_4442

既設の水ヶ瀞ダムの下流に新しい水ヶ瀞ダムを建設。
旧水ヶ瀞ダムは水没した。

IMG_4449
水ヶ瀞橋

IMG_4453

この季節のダムは勢いある放流が見られて
ダムファンとしてはうれしい限り。

IMG_4451

ダムカードは道の駅にしかわで配布してるらしい?

つづく〜


山形県山形市蔵王温泉725

IMG_4429
蔵王温泉 ウォーキング パーマネントコース MAP

IMG_4430
盃湖
静かできれいな湖
夏にはカヌースクールもあるらしい

IMG_4431

右の道は行き止まり
ワカサギ釣りで有名なんだ?
などパンフを見ていたら
釣り人が二人やってきた。

つづく〜

不動滝展望台から10分弱

DSC_8558
蔵王国定公園滝見台

駐車場がせまくて停めるスペースがなかなかない。

DSC_8555
日本の滝百選 三階の滝

DSC_8560

DSC_8563

DSC_8567

DSC_8569
三階の滝。

DSC_8579

DSC_8570

ここからも不動滝見えるじゃん!
てかこっちのほうがよく見える!!

IMG_4425


DSC_8583

落差181mじゃ写真はむずかしいけど
確かに紅葉の頃はきれいかも?

つづく〜

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉鬼石原1−1

DSC_8554
駐車場・トイレ →

DSC_8538
蔵王国定公園不動滝展望台

DSC_8540
みやぎ蔵王観光エリア

DSC_8544
蔵王不動尊

DSC_8541
← 不動滝展望台

DSC_8550

この階段をおりて

DSC_8545
不動滝
蔵王山中の瀑布の中でも大きな滝で、落差 54m、巾16mあります。
澄川にかかる直下爆で、この滝には、伝説としてカニとウナギとの壮絶な滝壺(住み家)争いが伝えられています。
滝とその周辺は秋ともなると、真っ赤な紅葉が豪快な水の流れに彩を添えます。
説明はあるんだけど
その不動滝、どこにあるんだか???

DSC_8548

あちこちのぞいてみて
これ!?
枝が邪魔してほとんど見えない。。
せっかく駐車場完備なのにこれじゃね。。

次行こ次〜

↑このページのトップヘ