2007年09月29日

東武鉄道、新東京タワーの施工業者を大林組に決定

東武鉄道は28日、地上デジタル放送の拠点となる予定の「新東京タワー」(東京・墨田)の施工業者を大林組に決定したと発表した。契約金額は非公開だが、500億円前後とみられる。

 東武の全額出資子会社で建設主体となる「新東京タワー」が競争入札を実施した。デザインは建築家の安藤忠雄氏らが監修し、設計は日建設計が担当する。

 建設地は東武本社を含む再開発地域。2008年夏に着工し、11年度に開業する予定だ。高さは610メートルと、電波塔として世界一の高さとなる。現行の東京タワーに比べ難視聴地域が減る見通し。

nori6996 at 01:59│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アフィリエイトを始めよう


 

おすすめ


天気予報


-天気予報コム-
本の紹介
ゼンテック (翻訳).



ミルミルさんが書いた本です

オタクは株式投資にむいてる





F
テクノラティ