オリンパスのプロ用ハイエンドボディ、E-M1Xが発表されました。

E-M1X


縦位置グリップ一体型で、キヤノンやニコンのハイエンド機種と同じ構造です。
見た目はプロっぽいですが、正直な感想としては、「見かけはいいけど中身は?」。
耐候性や高速性がフルサイズに匹敵するのは良しとしても、センサーがたった2000万画素で裏面照射でもなく、複数のネイティブISOを持つような(パナ GH5sなどの)最新技術もない。センサーを自社開発するような体力もなく、数も捌けないからソニー等に特注することもコスト面で不可能、だからこうなるのでしょう。
ファインダーも今どき入門機と同様の236万画素。キヤノンやニコンの20万円台のアマチュア向けミラーレスにも負けています。スピード重視なのでしょうが、これでは「一眼レフ」使用のプロからの乗り換えはほぼ難しいでしょう。
顔認識・瞳認識なんて今までオリンパスが最も下手だった分野で、どの程度改善したのか疑わしい。
つまり、肝心な部分(特にプロに訴求するような)で進化が見られないと感じます。

いったいプロのどのような分野に食い込めるというのでしょう。
プロで人口が多いのは、スポーツ、報道、ポートレート、アート、商業写真とかでしょうか。
単焦点を多用するようなポートレート、アート(芸術写真)や商業写真で、あえてスモールセンサーを使う必要は全く無く、まず食い込めない分野です。
スポーツは、被写体が動くので、センサーの絶対的性能(高感度特性)が良くないといけません。手ぶれ補正が7.5段なんて無関係。これも難しいでしょう。
報道は、画質最優先ではないし、もしかしたら可能性があるのかもしれませんが、800mm以上の超望遠が必要か? かなり疑問です。
結局、超望遠を多用し、過酷な環境で撮影する動物写真家など、ごく一部の分野にしか訴求しないでしょう。

ここでまた、そもそもですが、プロとは保守的な人種。一眼レフからミラーレスへの以降もゆっくりでしょうし、移行するとしても、キヤノン・ニコンのまま乗り換えるか、ソニーに鞍替えするか、のどれかでしょう。そこへ食い込むような能力があるボディとはとても思えません。

事業の継続を訴えるために、上層部にわかりやすくアピールする手段としてプロ用と言っているようなことが勘ぐられます。今までマイクロフォーサーズの大部分を支えてきたアマチュアは蔑ろです。

オリンパスはフォーサーズと同じ道を辿ることが必至のようです。