2017年06月24日

龍馬の長い手紙公開中です!

こんにちは、かしむです

河原町三条・龍馬通の「酢屋」の大政奉還150年記念イベント其ノ壱、
龍馬が書いた5mにも及ぶ長い手紙を公開中です

大政奉還に向けてあわただしく動き回ってた龍馬が、
ちょうど150年前のこの日(日曜は翌日ですが…)、
酢屋で朝6時頃に書いた手紙です(手紙は複製)

いろんなエピソードがある龍馬ですが、
細かい気遣いや性格が見えて結構興味深いです

明日25日(日)も開催しています。当日受付OKですので
皆さまお気軽にお越しください。
詳細はコチラにてご確認を…。

以上かしむでした

高瀬川


kassim at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月15日

大政奉還百五十年記念【酢屋】イベントのお知らせ

こんにちは、かしむです

大政奉還から百五十年の記念すべき今年、
坂本龍馬が海援隊京都本部を置いた
河原町三条・龍馬通の酢屋にて記念イベントを開催します。

酢屋は今年で創業296年、今も続く材木商です。
六代目酢屋嘉兵衛が龍馬と海援隊を命がけで匿いました…。

当時のまま、酢屋は場所、人、家、商売、全て変わらず今も生き続けています。

この地で当時の雰囲気を感じてください…。

6月24日・25日公開の「5mの長い手紙」は6月24日乙女姉さん宛てに
まさにこの酢屋で書かれたものです。

また10月の記念特別公開では初公開の坂本龍馬肖像画も展示予定。

詳細は酢屋・イベント情報で御確認ください。

それでは皆さま是非ご参加ください

以上、かしむでした

kassim at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月19日

ぎょうざ処 亮昌さん、栓のカウンター&看板

こんにちは、かしむです

京都タワーサンド4月14日(金)、
ついにOPENした
KYOTO TOWER SANDO










その中のお店の一つ、
ぎょうざ処 亮昌さん
「栓(せん)のカウンター」と看板を作らせていただきました
栓は色が白く、杢目がハッキリしていて、
見た目も美しいので
テーブルや家具などに向いております
看板は栓の板に金の文字

カウンター-01

亮昌−お客さんOPEN早々、たくさんのお客さんが

さすが人気店です


亮昌の餃子





素材の一つ一つにこだわった
和ぎょうざで有名なこちらのお店、
お昼にいただいたのですが
ニンニクの匂いも気にならず、
本当に美味しかったです。
ごちそうさまでした。



ぎょうざ処 亮昌
【営業時間】11:00〜23:00
【電話番号】075-746-4561


以上、かしむでした

kassim at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月25日

上賀茂神社 式年遷宮、最後の文化行事です!

こんにちは、かしむです

いよいよ明日2月26日(日)13時半より、
上賀茂神社 式年遷宮 文化行事、いよいよ最後の行事となりました

設営中-01心を込めて、沢山の感謝と共に、
千銘のスタッフ一同は、
AGF 神山湧水珈琲
ドリップパックコーヒー
無料配布のカフェブースを
設営させていただきました。




設営中-02今回でこのブースは最後となります
暑かった日、寒かった日、
怪しい天気の日…。
このブースは文句一つ言わず
よく頑張ってくれました…。





カウンター上賀茂神社ご祭神、
神山のご加護のもと、
良きお仲間に支えられ、
無事に設営が完了しました。






集合写真千銘のスタッフ。
みんなそろっての
珍しいショット






大トリの今回は、横綱 白鵬さんの土俵入りです
白鵬チラシ


上賀茂神社 式年遷宮、最後の文化行事です
皆さまふるってご参加ください

ちなみに明日の降水確率
午前中は0%、12〜18時は10%のようです…

横綱 白鵬さんの土俵入りも是非見てください
こんな貴重な機会は滅多にないと思いますよ

以上、かしむでした

kassim at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月29日

テレビの取材を受けました!

こんにちは、かしむです

本日NHKの取材を受けました

今のところ12月8日(木)の「ニュース 京いちにち」内の「京都EYE」、
12月15日(木)「ニュース おはよう関西」内で放送される予定です

北山杉と私たち千本銘木について放送される予定です

撮影風景-メイン■撮影風景

長澤さん-01■北山杉にカンナ掛けする長澤さん

 緊張感が漂います…

 一定のリズムでシャーッと。

 キレイなカンナくずが宙を舞います…






撮影風景-02■ディレクターの方と打ち合わせ

 この後も撮影が続きました…







皆さま是非ご覧、または録画してください

以上かしむでした

kassim at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月27日

第31回 酢屋龍馬祭開催します!!

こんにちは、かしむです

坂本龍馬の命日である11月15日(火)10:30〜、河原町三条の酢屋にて、
第31回 酢屋龍馬祭(PDF形式)が開催されます

龍馬の生きた時間、この龍馬祭もおかげさまで開催できました。
これも偏に、皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。

また11月1日(火)〜29日(火)は同酢屋にて龍馬追悼展が開催されており、
普段とは違う展示がされていいます(注:こちらは有料です)。

激動の時代を必死に生き、そして時代を変えた
坂本龍馬という人物が過ごした酢屋を感じてください。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております…。

酢屋 イベント情報

以上かしむでした

kassim at 13:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

たくさんのご来場ありがとうございました!

こんにちは、かしむです

去る10月8日(土)千本銘木商会で開催されました、
「第7回 木の感謝市イベント in 千本銘木」、
たくさんのご来場、誠にありがとうございました

銘木見学会銘木見学会の様子

今年は「格子とナグリ」がテーマです。

立命館大学の学生さんが
たくさんいらっしゃいました。

皆さん熱心にお話を
聞いてくださってます…





即売会即売会会場の美人看板娘(笑)、
数藤さん(左)と
吉川さん(右)のお二人。

今年は職人でもある長澤さん特製、
亀岡さんの新鮮野菜やお米の即売会も…

空芯菜やバターナッツかぼちゃなど
珍しい野菜も並んでいました


木工教室-01「うまく打てるかな〜?」

「まっすぐ打たないと
釘が曲がっちゃうぞ!!」

職人の馬渕さん(左)





木工教室-02■木工教室の様子


以上かしむでした

kassim at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月02日

第7回 木の感謝市 詳細発表!

ご無沙汰しております、かしむです

大変お待たせしてしまい誠に申し訳ございませんでした
「第7回 木の感謝市」ただいま参加者募集中です

今年は銘木見学会・木工教室以外にも
亀岡産のお米と野菜の即売会も開催します
一日だけの開催となりますが、皆さまのご来場を
スタッフ一同心よりお待ちしております

銘木見学会・木工教室はお電話のみでの受付となります
ご注意くださいね

詳細は以下をご覧ください
第7回 木の感謝市
第7回 木の感謝市チラシ(PDF形式)

以上かしむでした

kassim at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月18日

第7回木の感謝市

こんにちは、かしむです
しかし今日は暑いですねだんだんと夏が近づいてきた感じです

今年は1日だけとなりますが、
10月8日(土)、木の感謝市を開催させていただきます


2014木の感謝市-01
今年の「銘木見学会」は
「木の意匠シリーズ〜格子とナグリ〜」がテーマです。

銘木見学会は参加は無料なのですが、
事前予約を行ってくださいね

(写真は2014年度の様子です。
昨年は特別回だったので…)


2014木の感謝市-02
それとまだ募集は
スタートしていませんので
ご注意ください

募集開始は
いずれこのブログでも
お知らせさせていただきますので
もう少々お待ちくださいね


そして今回の木工教室はマガジンラック
銘木を組み合わせて、世界に一つのあなただけのマガジンラックを作りましょう
千本銘木商会の職人たちがお手伝いしますので、
木工が初めての方でも挑戦していただけます
2016木の感謝市-マガジンラック

以上かしむでした

kassim at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月09日

未来の床の間プロジェクト

こんにちは、かしむです

立命館大学・いばらきキャンパスに設置されております、
千本銘木商会で製作させていただきました、
「未来の床の間」についての講演依頼を弊社常務が賜りました

アジアのゲートウエイとして、国際交流だけでなく、
アジアの文化、芸術、技術、経営などを世界に発信する拠点として
いばらぎキャンパスは、地域と連携しながら
『日本の良きもの』を伝える役目を担っています。

未来の床の間PJ-01
立命館大学経営学部デザインラボ、
産学「未来の床の間プロジェクト」。

学生の皆さんと床の間の意匠(デザイン)と、
その製作意図を探る授業です




未来の床の間PJ-02

このブログでも
何度か紹介させていただいておりますが、
材料は国産にこだわり、
𠮷野杉の源平材、両サイドには北山杉の磨き丸太、
棚には欅を使っています


圓窓や太平壁に丸い窓を開けたりと伝統的な室礼ながらも「モダンさ」や
「未来性」、「国際交流」をイメージして製作させていただきました

未来の床の間PJ-03

「格子」は日本を代表する意匠で、実用性も兼ね備えております

以上かしむでした

kassim at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
livedoor プロフィール
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: