2007年01月10日

のりこの想い!政治家とは・・・。

今日から長女の幼稚園も始まったことで、私の育児と家事に要する時間もかなり軽減され、夫との仕事にも、かなりの力を注げるようになりました。

シガラミや利益誘導の既存の政治をなんとか変えて、政治の本髄であるはずの民の幸せを優先させる為に、行政のムダ使いを無くす為の予算や議案への指摘・改善など、政治家が本来やるべき政を実現させようと日々頑張っている私達ですが、まだまだ政治家の仕事とは飲み会に顔を出してお酌したり、地元の名士宅を訪問して挨拶廻りしたり・・・と、誤解されている事が多く哀しくなります。

もちろん政治家は選挙に通って初めて議員としての仕事が出来るので、選挙に受かる為の顔を売る行為は必要でしょうが、宴会に顔を出してお酌して回ったり、戸別訪問して挨拶したり、地元のお祭りで踊ったり、掃除に参加したり、駅頭でニコニコ手を振り『このまちの為に全力で頑張ります!福祉・教育に力を注ぎ、ガラス張りの政治を目指します!』等と叫ぶことなら、私にだって、もちろん人前に出るのが嫌でない人なら誰にだって出来ます。
・・・残念ながら、この誰にでも出来ることしかしていない政治家が、本当に多いんです・・・(涙)

本来あるべき議会での仕事や、政策立案能力、将来を見据える力、等等、人の為に仕事をするという人間としての良心的な心と能力がなければ、民の為に働くことなんて本当は出来ないのではないかな〜・・・。

この頃あちらこちらで議員が『オカネ』の問題で逮捕されたりしていますが、本来の仕事をきちんとせずに、現在、政治家の仕事が上記の様な誤った事だと勘違いされている風習のせいでもあるんじゃないかしら?

まずは、有権者である私達が政治家の本髄を見て投票することから政治は変わると思っています。

もちろん、このことが理解されるまでには、かなりの年数が要されるでしょう。

支持されずに落選することもあることでしょう・・・。

だけど、誰かが1石を投じなければ、いつまでも変わることはありません。
(戦後61年もの間、政治は本当に良くなっていますか?
それどころか、私は悪くなっている一方だと感じているのですが・・・)

夫と共に、この熱意を持ち続けながら、これからも頑張っていこうと熱く張り切る所存です!







nori_ysry at 15:17│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とーし   2007年01月11日 12:40
政治家という存在がおかしな気もしますね。
議員は本来、一市民であり、市民を代表して行政の監視等を委ねられている立場なのでしょうから、政治家などと物々しく呼ばれてしまう状況が、市民から懸け離れた立場の人という印象を作ってしまっている面もあるかもしれません。

ヨーロッパのどこかの国のように、生業をキチンと持った人が議員になったり市長になったりする社会もいいと思うのですが。

なんて言っても、この日本システム、そう易々と変えられるものじゃないですよね。

今年も、一生懸命考え一生懸命行動されることを、遠くから応援しています。
2. Posted by とーし   2007年01月11日 12:42
政治家という存在がおかしな気もしますね。
議員は本来、一市民であり、市民を代表して行政の監視等を委ねられている立場なのでしょうから、政治家などと物々しく呼ばれてしまう状況が、市民から懸け離れた立場の人という印象を作ってしまっている面もあるかもしれません。

ヨーロッパのどこかの国のように、生業をキチンと持った人が議員になったり市長になったりする社会もいいと思うのですが。

なんて言っても、この日本システム、そう易々と変えられるものじゃないですよね。

今年も、一生懸命考え一生懸命行動されることを、遠くから応援しています。
3. Posted by とーし   2007年01月11日 12:45
政治家という存在がおかしな気もしますね。
議員は本来、一市民であり、市民を代表して行政の監視等を委ねられている立場なのでしょうから、政治家などと物々しく呼ばれてしまう状況が、市民から懸け離れた立場の人という印象を作ってしまっている面もあるかもしれません。

ヨーロッパのどこかの国のように、生業をキチンと持った人が議員になったり市長になったりする社会もいいと思うのですが。

なんて言っても、この日本システム、そう易々と変えられるものじゃないですよね。

今年も、一生懸命考え一生懸命行動されることを、遠くから応援しています。
4. Posted by のりちゃん   2007年01月11日 14:27
とーし 様

心強い応援に、いつも感謝感激しております!

私も、「政治家」などという仰々しい扱いがいけないんだと思っています。
いつかブログにも載せようと常に考えていることなのですが、これから施行される『裁判員制度』などという無資格の人間が人を裁く様なことではなく、直接、市民が関わる条例や予算などをチェックする『議員制度』を取った方が、よっぽど民の為になると考えています。
私のあまりの過激な発言に心配してくれる友人も多数居るのですが、人の為の政治が何よりも必要なんだと、これからも訴え続けたいと思っています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments