2016年07月26日

Winter of Melbourne【Day.1】

image




て、昨日は冬物の洋服を引っ張り出したりして、割とバタバタしながら荷造り



夕方に所沢駅(空港行きの夜便があるため)まで出て、羽田空港へ。


image




羽田空港は、僕の知る限り世界でも最も居心地の良い空港の一つだと思いますが、流石に来過ぎですね。


image




ラウンジに麺類を出すコーナーがあるのですが、蕎麦で全部入りとコールすると、こんな感じの裏メニューが出てきます。


image




今回は、直行便のフライト(満席)ではなく、タイ航空のバンコク周りのルート。



という訳で、24時過ぎのフライトでバンコクへ。


image




フライト中は映画も観ず、食事もキャンセルして、ひたすら寝ました。



現地時間の午前4時前にスワンナプーム空港に到着。


image




乗り継ぎのメルボルン行きは8時過ぎの便、当然ながら非常に眠かったので、ラウンジで2時間程寝ました。


image


image




定刻通り、8時過ぎにメルボルンに向けて出発です。


image






noribooooone at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

ノリボンGOだよ。

image




日は、夜からメルボルン出張ということで会社には行かず、自宅で仕事をしつつ過ごしました。



土日は休みでしたが、盆踊り大会の手伝いだったし、なんだかんだ言って疲れが溜まってきてましたね。



トリミングでサマーカットしてもらい、ツンツルテンになって帰ってきたカレンさん。


image


image




毎回そうですが、本人がいまいち納得いってない感じ萌えポイントです。



しかし世の中、ポケモンGOネタが席巻してますね。



元々ゲームは余りやらないし、ポケモン自体全く通ってないので、例によって完全に取り残されている状態なのですが、世界的に流行るということは、やっぱり人を惹きつける要素があるんだろうね。


image




僕の1つ上のMutohさん(pwbe)が、しっかりハマってるようなんで、あながち世代だけの問題でも無さそうだしなぁ。



もっとも僕の場合、毎日が冒険のようなものなんで、バーチャルの必要性が全くないのですが。



noribooooone at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年07月25日

今夜からは真冬のメルボルンへ。

image




て、先週はパリ出張でしたが、今夜からAUSのメルボルン出張になります。



前回のパリ出張に比べれば、戻ってからの時差ボケはライトでしたが、まだそれなりの影響は残ってます。


image




事前に分かっていたスケジュールですが、やはり連続出張はタフですね。


image




しかも、今のAUSは真冬ということで(最高気温で10℃前後)、気温差に体調を崩されないようにしないとね。


image




2泊3日の割と短期間の滞在ですが、頑張ってきます。



noribooooone at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

汗かいて、服買って。

image




日は朝から、納涼盆踊り大会の撤収作業の手伝い



一度やって慣れたのか、設営よりも手際良くなってましたね。


image




僕でも完全に若手扱いですからね、この地域の高齢化もグングン進んでいます。


image




家に帰り軽く昼寝をして、久々に妻とショッピングに出掛けました。


image


image




今年に入ってから、殆ど洋服関連を買ってなかったので、入間のショッピングモールで買い込みました。


image




その後はアジアン雑貨のお店へ。


image




ここは相変わらずカオスな店内ですが、見ているだけで飽きないですね。


image


image




最後は蔵の湯でしっかり締めて終了です。



noribooooone at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社会 

2016年07月24日

地元の小さな手作りお祭り。

image




いう訳で、夕方からは納涼盆踊り大会本番でした。



私に与えられた役割は、2時間、会場の一角の交通誘導、つまりセキュリティです。


image




今まで参加はおろか、この祭りの存在すら知りませんでしたが、こういうミニマムなお祭りも実に良いものですね。


image




想像していたより沢山の人達が集まり、焼きそばやフランクフルトも売り切れる大盛況振り


image




微力ながら関わったからでしょうか、やはり嬉しい気持ちになります。



途中からGON(GQ06)ファミリーも遊びに来てくれました。


image




とても元気な3人の子供達に、しっかりDNAを感じました。


image




しかし、当時のメンバーとこんなファミリーチックな会話をする日が来るなんてね。



奇しくもこの日、3sykにも元気な男子が誕生したニュースも入り、なんだか良いバイブスで満たされた一日となりました。


image




フジロックも楽しそうでしたが、こちらも平和でとても楽しかったですよ。



noribooooone at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社会 

振り幅の大きい人生。

image




日は、朝イチから町内会の盆踊りの設営に駆り出されました。


image




ギリギリ雨も降らず、肉体労働には涼しくてラッキーでしたが、時差ボケの影響もあって非常に眠かったです。


image




町内会の倉庫にあるテントやテーブルなどの盆踊りグッズをトラックで搬出して、会場の設営。



もう辞めてから随分経ちますが、持ち方などに荷揚げの経験が活きていますね。


image




今までお祭りなんて参加専門でしたが、誰かがガッツリ設営にをかいているのね、当たり前ですが。


image




昼前に設営完了、夕方までひとまず解散になりました。


image




そうそう、ご近所さんと話していて判明したのですが、どうやらウチはミニクーパーの家ということで認知されているようです。



noribooooone at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年07月23日

Bonjour Summer Paris!!!【Day.4-3,5】

image




方6時くらいに、タクシーでCDG空港に到着。


image




チェックインしたら、往路同様、プレミアムエコノミーにアップグレードされて大ラッキー。


image




座席が少し広いのも嬉しいですが、クッションが柔らかくて、腰と尻に負担が少ないのが助かります。


image




翌日15時前に羽田空港に無事到着。


image




タイミング良く、川越行きのリムジンバスに飛び乗りました。


image




夕方には自宅に到着、カレンさんの熱烈歓迎(散歩の催促)に癒されました。


image


image




〆はいつもの蔵の湯、From Paris to Kura-no-yuは旅の醍醐味です。


image




なかなか充実したパリとリヨンの旅をありがとう、次回は9月11月の予定です。



Merci Paris!!!



noribooooone at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

Bonjour Summer Paris!!!【Day.4-2】

image




ンピドゥーセンターは、3〜5階まで、現代アートや古典までかなりバラエティーに富んだ美術館でした。


image


image


image




展示されている作家さんも色々でしたが、ポップであったりアバンギャルドであったりで、見応え十分


image


image


image


image


image




期間限定の目玉の特集は2つあって、一つはPaul Klee氏の展示。


image


image


image


image


image




漫画のような線画の初期から、後期の抽象画まで、時間軸に沿った展示でしたが、一定のポップネスがあってどれも楽しめました。



そしてもう一つは、素晴らしきBEAT GENARATIONの展示。


image




アレンギンズバーグや、ジャックケルアックなど、強烈なアメリカンカルチャー反骨精神に溢れています。


image


image


image


image




耳に当てると、メッセージが聞こえてくる電話機。


image




こちらも刺激的な展示でしたね。


image


image




軽く観て回るつもりが、2時間余りも堪能してしまいました。


image


image




完全に自分好みの展示で、創作意欲やアイディアがドバドバ出てきました。



さて、丁度良い時間になったところで、CDG空港に向かいます。



【Day.4-3に続く】



noribooooone at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2016年07月22日

Bonjour Summer Paris!!!【Day.4-1】

image




Bonjour!!!



パリ出張4日目の朝は、8:00起床、天気は曇り後晴れ



この日は帰国日ということで、ゆっくりと寝れました。


image




チェックアウトして最寄りの駅のクロークに荷物を預けて(レセプションが別の場所なので)、フライトまで時間があったのでノートルダム大聖堂へ。


image




たまたま聖歌隊が賛美歌を歌っていて、その荘厳さが更に際立っていましたね。


image


image




世界各国、古今東西、信仰が持つ力というのは、良くも悪くも物凄いものがありますね。


image




ホーリーな気持ちになった後は、地下鉄に乗ってポンピドゥーセンターへ。


image


image




このパイプや配管などが外にむき出しになった、まるで内と外が裏返しになった奇抜なデザインの建物は、図書館や美術館などが入った複合施設


image


image


image




軽い気持ちで入ったのですが、これがなかなかドープな美術館でした。



【Day.4-2に続く】



noribooooone at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

Bonjour Only Lyon!!!【Day.3-4】

image




ルヴィエールの丘から市内中心部に戻り、オペラの前で顧客からの連絡を待ちながら一息。


image




結局、先方の予定が遅れ、視察とミーティングは短時間で終わりました。


image




でもこんな素敵な街で仕事が出来たら、嬉しいですね。



名残惜しさもありましたが、17時過ぎリヨン発の特急で、パリに戻りました。


image


image




この日は本出張最後の夜ということで、同行スタッフと共に、軽く飲みに行きました。


image




サン・ドニ門の辺りは、去年初めてパリに来た時に泊まったホテルが近く、なんだか懐かしい気分になりましたね。


image




出掛ける前にチェックしていた、生演奏が聴けるNEW MORNINGという老舗クラブへ。


image




誰が演奏してるのか全く知らないで行ったのですが、なんとこの日の出演はMarc Ribot & The Young Philadelphiansでした。


image




Marc Ribotは、ラウンジリザーズのギターで、トムウェイツエルビスコステロ、日本のSION矢野顕子のアルバムなどにも参加しているアメリカの超ベテランギタリストですが、まさか観れるとは、大ラッキーでしたね。


image


image




バンドも超テクニシャン揃いでしたが、とにかくアレンジが変態的でした。



基本はファンクを基調とした曲なんですが、どの曲も敢えて不協和音を入れたり、複雑なメロディーを絡ませたり、お爺さん的な見た目からは想像出来ない程尖っていて、格好良かったです。


image




どうも箱がスペシャル期間なようで、連日、楽しそうなメンツがライブをしているようです。


image




いやー、面白いモノを観たなぁ。




ホテルに戻り、軽く仕事をして就寝、長く刺激的な1日が終わりました。


noribooooone at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)