2017年12月02日

Cappelletti カッペレッティ

カッペリーニ今月の「おいしいイタリア」は、12月15日(金曜日)です。

「おいしいイタリア」はイタリア家庭料理を作って食べる会で、毎月一回第3金曜日、仙台市福祉プラザの調理室をお借りして開いています。

今月は、イタリア中部のクリスマス料理に欠かせないカッペレッティを作ろうと思っています。


カッペレッティは、「小さな帽子」という意味通り、帽子の形をしたパスタです。

この小さなパスタは、一人前15~20ケなので、具を詰める作業は単純ですが、数をこなすのに結構な作業になります。

なにせクリスマスは家族中が集まってお祝いするのが伝統のイタリアですから、用意するカッペレッティの数もなかなか大変なものです。

この料理はペルージャにいた頃、料理自慢のおばあちゃんたちに教えてもらいました。

日本の昔の餅つきのように、大変な作業は、ご近所さんが集まって、みんなでやればいいのです。

2005-12-26 002ペルージャでは、クリスマス近くになると、近所の仲良しおばさんが声掛け合って、みんなでカッペレッティを作っていました。

一人のおばあさんがパスタを練っておいて、もう一人のおばあさんは具を用意して持参します。

「今日は〇〇さんを手伝って、明後日は▽▽さんのところへ行かなきゃ」と、ペルージャのおばあちゃんたちの師走のスケジュールは一杯です。

奥から手前へ この順番で包む
IMG_4634こうして午前中いっぱい、おしゃべりしながら、何百個というカッペレッティを用意するところに私も仲間に入らせてもらったものです。

イタリア人はほめ上手ですから、「ノリカは手早い」とか「ノリカは手先が器用だ」とか言われながら、いつの間にか調子に乗ってハリキル私でした。

みんなで包みながら、「日本ではクリスマス何を食べるの?」と、日の出ずる国、彼女たちからすると想像もできない異国の食文化への好奇心も見せてくれました。


出来上がったカッペレッティは、こうして冷凍しておきます。
というのも、クリスマス当日は他にもいろいろなご馳走を作る必要があるからです。

2005-12-26 003
はじめ、一個ずつ並べて凍らせ、後は小袋にいれてコンパクトに保存します。




中身は家庭によって違うのでしょうが、私が教えてもらったものは、豚、牛、鶏、生ハムをバタで炒め、塩コショウし、白ワインで蒸し焼きしたものをパルミジャーノレッジャーノとナツメグとともにフードプロセッサーにかけたものです。
IMG_4632IMG_4633











カッペレッティは茹でてから、じっくりとった鶏のスープに浮かべていただきます。クリスマス料理ですから、ちょっと手間がかかっていますが、温かいスープが体にしみわたってとてもほっとする味。

002数年ぶりに作りましたが、ペルージャにいた3年間おばあちゃんたちに鍛えられたお蔭で、フィーリングを詰める作業は変わらずパッパッとできます。

あの時、わいわい言いながら、外国人の私に、自分たちの郷土料理を教えてくれたおばあさんたちは、もうこの世にいなくなってしまったわけですが、こうして料理を通して、はじめて食べたカッペレッティの感激したおいしさを舌で思い出し、「あれを目指して作ろう」と、ペルージャのおばあちゃんたちを思い浮かべながら料理できることは、あらためて私の財産だと気づきます。

036


norichetta at 22:29|PermalinkComments(0)パスタなど Primi piatti 

2017年11月25日

セリと蓮根のサラダ

芹とレンコンのサラダ (2)今年もセリの時期になりました。

街の中では「セリ鍋はじめました」という張り紙を見かけるようになりました。

ここ数年前から、あれよあれよという間に、仙台では「セリ鍋」がブームのようです。

さっと火を通していただくセリもおいしいですが、生でサラダにしてもおいしいものです。


芹のシーズンと重なるのがレンコンと柚子。
全部まとめてサラダにしました。タコは柔らかい頭部を使いました。


Ingredienti  材料 4人分>     

芹               一束

レンコン            150g   

茹でタコ            80100g

 

柚子                   半ヶ(しぼり汁、皮千切り)

オリーブオイル               大さじ2

酢                           大さじ1半

塩               小さじ1/41/3

砂糖              小さじ半

 

Preparazione作り方>
① 調味料を合わせてドレッシングを作っておく。

② 芹はざく切り。レンコンは薄切りにして酢の入った湯でサッと茹で、冷水に取る。

  タコは薄切り。

 

③ ②の材料を①のドレッシングで和える。

 






norichetta at 20:49|PermalinkComments(0)前菜 Antipasti | 野菜料理 Contorni

2017年11月18日

Tagliatelle ai funghi 茸の手打ちパスタ

茸のパスタ今日は「おいしいイタリア」の日でした。

「おいしいイタリア」は毎月第三金曜日に仙台福祉プラザの調理室をお借りして開いているイタリア家庭料理の会です。

参加者の方々と3品目作り、テーブルを囲んで試食するというシンプルな会です。

私はイタリア語を教えていますが、イタリア語にはあまり興味ないけれども、「イタリア」自体に興味ある方々と「イタリア」を楽しめる方法はないかなぁと思ったことがきっかけです。

イタリアは小さな国ですが、料理、芸術、歌曲、サッカーなど、色々引き出しの多い国です。

その中で、食いしん坊で映画好きな私は、帰国と同時に、料理の会「おいしいイタリア」と、映画の会「ツキイチ-イタリア映画会」を始め、8年が経ちました。

20人分のパスタを打ち終わってポーズをとるフェルナンダさん。
0007_IMGP0047イタリア留学中は、ペルージャの料理自慢のおばあさんたちに囲まれていたので、今回の手打ちパスタもフェルナンダさんという一緒に住んでいたおばあさんから教えてもらいました。

今月は以下のメニューで行いました。

・茸の手打ちパスタ
・鰆のカルトッチョ(包み焼)
・芹とレンコンのサラダ 柚子風味


茸のソースは簡単で、乾麺よりもやはり幅広のパスタ、タリアテッレが合うと思います。手を使って麺棒でのばすと、パスタマシーンの平均な厚みでない分、その不均等さに温かみがあって、より一層ソースが絡みやすいです。

今日も参加者の皆さんが麺棒を使って手早くのばしてくれました。

ソースはサワークリームと牛乳で作るので、ちょっとクリーム系ですが、酸味があって、生クリームとは違って食べやすく、皆さんに好評でした。是非、作ってみて下さい!



<材料 Ingredienti 4人分> 

●卵パスタ生地

薄力粉           100

強力粉              100g

塩            小さじ半弱
オリーブオイル       大さじ1

卵              2ケ


ソース

豚ひき肉        150g

にんにく         半片(すりおろし)

塩           小さじ半強

粗挽き胡椒       適宜

茸(23種類)      数種300g

牛乳              200g

サワークリーム          小カップ1

パセリ(みじん切り)     適宜

塩コショウ 


 
<作り方 Preparazione>

打ち台、または、大きめのボールに粉類を合わせ、粉を山型にして、真ん中にくぼみをつくり、そこへ卵、オリーブ油、塩を入れ、フォークで掻き混ぜながら、少しずつまわりの粉を崩し入れていく。

全体を混ぜ合わせ、卵と粉が大体交じり合ったら、台の上で510分程度練り、その後、ラップに包み寝かす。(30分~) 

*生地が柔らかすぎてベタベタするようだったら、粉を適宜足し、水分が足りないようだったら、水を小さじ1杯程度ずつ加えて練る。


打ち粉をしながら麺棒で厚みが平均になるように伸ばす。最終的に厚さ1~2mmに。大きめの布巾に置いて、30分ほど放置し少し乾燥させると切りやすくなる。

 

コンロでは、鍋にたっぷりのお湯を沸し、塩を加える


④ひき肉とニンニク(半片すりおろし)、塩(小さじ半)、粗挽き胡椒をよく混ぜ、

オリーブ油を熱したフライパンに入れて炒める。食べやすく切った茸を加え、よく炒め、塩コショウする。牛乳とサワークリームを加え、沸騰したら味を調え火を止める。

 

⑤③の鍋にタリアテッレを入れて、浮き上がってから約3分茹でる。食べてみて固さが丁度よかったら笊にあげ、④のソースで和える。


皿に盛り付け、パルミジャーノレッジャーノ、パセリを散らす。

 




norichetta at 14:13|PermalinkComments(0)パスタなど Primi piatti