2010年08月20日

Risotto con le verdure estive夏野菜のリゾット③

イタリアで、米を買いに行くと、その種類の多さにびっくりしてどれを買っていいのか困ってしまいます。通常500gや1kgの箱や小袋詰めにされて店頭に並んでますが、そこには品種、何の料理に適しているか、加熱時間など表示されてます。また、国の規定で、以下のように分類されています。


特徴

クラス名/

適する調理法

主な品種名/

加熱時間

小粒で丸い

乳白色

Originarioオリジナーリオ

Balila, Bali, Elico, Selenio, Ticineseなど

1213

長時間加熱不可。デザート、サラダに。

長さ中

乳白色

Semifinoセミフィーノ

Italico, Maratelli, Padano, Romeo,など

1415

長時間煮ても良いスープ料理、ライスコロッケ

大粒で長め

透明感ある

Finoフィーノ

Europa, P.Marchetti, Ribe, R.b., Rizzottoなど

1516

米を詰めたオーブン料理

長く、とても大きく、透明感ある

Superfinoスーペルフィーノ

Arborio, Carnaroli, Baldo, Roma,Redi

17ー~20

リゾット



norichetta at 12:46│Comments(0)TrackBack(0) イタリアの食材と歴史 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔