2018年11月16日

Risotto al Seri セリのリゾット

セリのリゾット2今日は「おいしいイタリア」の日でした。
「おいしいイタリア」は毎月第三金曜日に仙台市福祉プラザの調理室で開いているイタリア家庭料理の会です。

通常3品、参加者のみなさんと作って、一つのテーブルを囲んで試食をするいたってシンプルな会で、来年で10年目に入ります。

今月は下の3品を作りました。

-セリのリゾット
-鶏肉のレバーソース
-柚子風味のサラダ

セリは宮城県では冬になると「セリ鍋」などにして食べます。また仙台雑煮にはなくてはならないものです。

震災前なので10年近く前のことと思いますが、名取市で料理コンテストがありました。名取市の特産を使った料理だということでした。トライするのが好きな私はさっそく申し込みました。

私の住んでいる亘理町と仙台の間にあるのが名取市で、セリは名取の特産品です。

寒くなってくると、仙台へ行く常磐線の車窓からセリの青々と栽培されている様子が見られます。名取で栽培され始めたのは江戸時代からだということです。

セリをペーストにして練りこんだ手打ちパスタ、「ナトリーナ」というレシピを考えて応募しました。これもまた特産の鮭と笹かまぼこを使ったクリームソースで和えた緑色のパスタがまずいわけがありません。

第一審査を通り、第二審査では、実際に作って審査員に味わってもらい優秀賞を決めるという流れでしたが、その日私は仕事でイタリアへ行かなくてはいけないことが発覚しました。しかし棄権するのも残念です。栄養士の勉強を一緒にした友人二人に託すことにしました。二人は料理が得意です。

可哀想なのはこの友人たちでした。すっかり責任を感じて恐々としていました。「大丈夫、大丈夫」と呑気に私は励ましながら、1度レクシャーをし、それから数回にわたって二人は練習をして本番に挑んだのだそうです。

帰国してから、結果を知ってびっくり。

二人のパスタは優秀賞を獲得したからです。審査員に大好評だったのだそうです。私ではなく、二人だからこそ1番になったと思っています。今となってはいい思い出です。

私はよくこんな風に、自分が始めたものをいつの間にか他人に任せて、大騒ぎしている様子を自分は遠巻きに眺めている...ということが多々あります。

セリとイタリア料理との相性は抜群です。リゾットにしてもおいしいので、是非作ってみてください。

シンプルなリゾットなので、スープは市販のスープストックではなく、家庭で手軽にできるスープ...例えば煮干しのだし汁や、鶏胸+昆布で取ったスープなど手作りのものを使ってください。おいしさが違います。


<材料 Ingredienti 4人分> 

セリ              小一束

玉葱                1/2

バタ                20g20g

オリーブ油             大さじ2

米                   240g

白ワイン             100cc

水                  1.5

煮干し                13

塩                小さじ1

パルミジャーノレッジャーノ    大さじ4杯


<作り方 Preparazione>
玉葱はみじん切り。

 

煮干しは分量の水に入れて1530分ほど置いてから火にかけ、沸騰したら、約6分煮出し、煮干しを取り出す。熱いうちに分量のを入れ、お吸い物程度に塩味をつける。

③平鍋にバタオリーブ油を入れ、みじん切りにした玉葱を透き通るまで炒める。を加え全体が熱くなるまで炒め、白ワインを注ぎアルコールを飛ばす。

④③に、お玉2杯分の熱いスープを加え、表面がふつふつ煮立つ程度の火加減で、木べらで混ぜながら煮ていく。


⑤汁気がなくなってきたら、お玉1~2杯スープを加え、木べらで混ぜ続け、この作業を繰り返す。全体で約
17分煮る。仕上がりはアルデンテに。
(スープは余っても良い)


⑥最後にパルメザンチーズと残りのバタを加え、空気を含ませるように鍋底から大きく混ぜ、なめらかなとろみをつける。火を止めてセリを加えて出来上がり。


セリのリゾット

norichetta at 21:08│Comments(0) Incontro di cucina italiana   おいしいイタリア | パスタなど Primi piatti

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔