February 27, 2017

mixiチェック
2月11日(土)友人と瀧山の氷瀑を見に行ってきた。
一昨年以来なのだが今シーズンは冷え込みがユルくイマイチな予感。

車止めはラッキーな事に1台だけ駐車スペースが空いていた。
スノーシューを持っていない友人にスノーシューを貸し、
オレは以前同様hokスキーで出発。
うがい場まで猛吹雪に見舞われて軟弱にも帰ろうかなっと思えるほどだったが長くは続かずホッとする。
沢沿いに入ると、人がかなり入ったようで雪道がしっかりできてる。
歩きやすいハズなのだがスキーでは逆に困難。
体重の軽い友人はスノーシューズのままでもイケそうだったので、
スキーを背負い体重の重いオレがスノーシューを履く。
前回スキーで来た時は踏み跡もなくラッセルで汗だくだったのだが、
今回は時間も掛からず難なく着いてしまう。

OI000153
やはり氷瀑のデキはイマイチ

OI000158
裏側に入ってみる

OI000159
チョロチョロと水の音が聞こえる

OI000155
真裏から

氷瀑を見に来てたのは他に県外の方々ばっかり。
いつからメジャーになったのだ?(笑)
それにしても、ラッセルしながら氷瀑探してたのが懐かしい。。。


(18:28)

December 31, 2016

mixiチェック
11月5(土)〜6(日) 近場でキャンプしました。
今年釣って冷凍保存してたイワナとヤマメを炭火で食うけど来ない?と友人を誘い、ついでに何か焼いて食いたい物持ってきて、野外で酒飲みながらやりましょ〜というやつです。

今回はGOLITE のSHANGRI-LA 8+MSR のZing
DSC_0486

テントはmossの StarTrack
DSC_0489

みんなが来る前にさくっと設営しひとり飲んでるところへ集まってくる。
飲み始めると極端に写真がない・・・・。
陽があるうちはZingの下で。夕暮れ時からはSHANGRI-LA 8の中。
12インチのPYROMIDを二つ準備し、相変わらずのネタ話での飲み食いです。

泊まりはオレとすーさんだけだったけど楽しい時間でした。
またやりましょ〜



(13:49)
mixiチェック
10月15日(土)中丸山〜熊野へ行ってきた
以前、坊平でキャンプして同じルートを考えてたけど二日酔いで中丸山までが限界だった(笑)
今回はそのリベンジ。
さすがにキャンプ場からのスタートではなく、坊平にあるスキー場ゲレンデ付近の駐車場から。
ゲレンデを横切り御清水の森へ。
登山口から仙人橋へ下る。

PA150884
紅葉は所々。

仙人橋からは急登で一気に標高を稼ぐ。
ニセ中丸まで登ると木道が出て中丸山山頂まではスグ。
PA150892

中丸山山頂
前回はここまで来るのに大変だった(笑)
PA150894
今回は余裕〜
先もあるので小休止で進みます。

熊野岳を目指す
緩やかなアップダウンが心地よく足が前へ運ぶ。
PA150899

灌木帯が終わり登り切ると蔵王熊野岳山頂。
腹が減ったのでまずメシです。
PA150904
カップラーメンとおにぎり

PA150905
風を遮るのに丁度良い山頂の熊野神社

ゆっくりしてから熊野岳避難小屋を目指す。
そこからお釜のビューポイントを探しうろうろ
PA150910
今年の3月に来て撮った場所から同じアングルで撮ろうと思ったんだけど、なかなか・・・。

馬の背からは刈田岳にはよらず、楽して下りリフトで刈田峠大駐車場に(笑)
駐車場奥からは御田の神湿原へ。木道あがる所はまあまあなんだけど、木道がないところで滑って転んだ。
痛い痛いといいながらスキー場トップまで来た。雪のないゲレンデをダラダラとくだり車まで戻りました。




(13:07)
mixiチェック
9月24日(土) 禿岳に行ってきました。

前の週にも登ろうかと来たのですが天気が悪くて断念。
今回はまずまずでスタート。
P9240858
登山口がある花立峠へは最上町側から。
以前ちゃりんこで登った時の記憶がよみがえる。

峠に駐車し出発。
標高が上がると宮城県側がキレイに見下ろせてナカナカ。

P9240859

いつの間にか白っぽくなって遠くまで見渡せなくなるが山頂付近までは何とか見える。
P9240869
時折聞こえるヘリか何かの轟音が気になるが姿は見えず。

難なく山頂到着

P9240876
もう少し晴れてれば気持ちイイ稜線歩きだっただろーなー。


(11:33)
mixiチェック
7月31日(日)村山葉山へ行ってきた。
コースは以前も登った畑コース。
葉山市民荘に車を止めてスタート。

林道を通り登山口へ。「こんなに狭かったか?」と不安にもなったが、しばらく登ると道幅もしっかりしてくる。
ブナ林に入ると何故かテンションも揚がってくる。
P7310815

稜線に飛び出すと岩野コースとの分岐
お花畑(咲いてないけど)で短い木道先に見えるのが小僧森

P7310818
その先に大僧森と小さなピークをアップダウン


大ツボ石で、ちょうど雲の切れ間に月山が見えた。
P7310829
眺めも良いので小休止

程なくして村山葉山の頂上
P7310833
展望がイマイチなのでUターン奥の院を目指す


15分くらいで到着
P7310837
ノンアルビール飲んでメシ食ってから同じルートを下りました。

次回は別ルートも行ってみたいナ


(11:06)
mixiチェック
テント・タープの修理、改造でおなじみの、きたじょう工房のグレさんから「柏崎でキャンプするけど来ない?」とお誘いがあり7月16日(土)〜18(月)の二泊三日で新潟柏崎へ向かった。

久しぶりに会う仲間やグレさんのお客さん。連泊もいれば顔出しだけもありそれぞれだ。特に何かをするわけでもなく、新しい道具の話や遊びの話を呑みながら過ごす。腹が減れば何か作ってみんなでつっつき、夜が更ければシュラフに潜る繰り返しなのだが、世話人のグレさんが頼れる男だからなのか安心してくつろげる空間なのだ。

P7170806
特にすることないが呑んで情報交換は大事(笑)

P7160804

特ににすることがないまま呑んで喰って3日間で太りました。











(10:00)

July 26, 2016

mixiチェック
6月11日(土)
友人と黒伏山へ行ってきた。
最初は村山葉山へと思ってたのだが、当日はツール・ド・さくらんぼが開催されており、待ち合わせのチェリーランドは関係者、参加者それにさくらんぼ狩りの人達でコミコミ。
ツール・ド・さくらんぼのコースには村山葉山登山口への道と被るので、賑やかさ回避で、急遽 黒伏山へ変更する事になった。
ルートは前回も通った遅沢コース側からのピストン。
ところが林道が荒れてて大変な事に。4駆だから良かったけど、
なんちゃって4駆ではマズ無理だろう。
コレはコレで楽しいンだけどネ。
OI000029a
超たのしぃ〜

OI000028a
普通車なら下側コスってアウトだな。


最近、左足の膝と股関節がどーにも調子悪く不安だったのだが、
「ダメなら戻る」でまずは登る事に。
遅沢分岐に出る前から関節に違和感。先が思いやられる・・・。
前回は楽勝に思えた山頂までのルートが今回はちょっと難儀。
(ちなみに前回の周回はこんな感じ)
んでも稜線に出ると気持ち良くて痛みを忘れる。
まずは南壁側へ。

一番端っこで折り返し戻り、見晴らしの良い所で小休止
OI000009

風が気持ち良くずーとこうしていたい。。。
そー言うワケにもいかず、今度は山頂へ。
OI000005
こんもりした所が山頂

時間の掛からず山頂着。
相変わらず見晴らしが良くない。
白森まで行って山頂ランチをしたかったのだが、
関節が無理はしないでくれ〜と言っているようで、
オトナしく来た道を戻る。

OI000020
途中のブナ林に癒やされながら無事下山。


昼飯は白水川ダムまで移動し木陰でまったり。
次はどこを登ろうかと話題になるのだが、その前に関節を何とかしなくっちゃ。


(16:03)

July 23, 2016

mixiチェック
6月5日(日)午後から妻が、
「1時間くらい打ちっ放し行って来るから、その間勝手に遊びに行っていいよ。」
と言うのだが、1時間で何して遊ぶ???
が、ふっと気になってた沢を思い出し、ちょいと行ってみる事にした。
自宅から車で15分。ひと気のない沢へ入り早速竿を振る。
...全く反応無し。
この沢には居ないのか?と思いながら少し上流へ移動。
DSC_0451

大岩の下に居そう。ここでダメなら諦めるか...と隠れてポイントに流し込む。
何となく反応あり。もう一度同じ場所へ振ると、ぐんっと手応え。
すぐに合わせて釣り上げたら25cmの綺麗なヤマメだった。
DSC_0449

こんな所にもヤマメがいるのにびっくり。イワナのテリトリーと思ったんだけど。。。
時間はウチを出てから45分。今から車まで戻って家に帰れば1時間だなぁと、
もう少し遊びたかったが1尾で満足して帰る。
自宅に戻ったのはちょうど1時間でした(笑)




(14:04)

July 15, 2016

mixiチェック
5月15日(日)
友人と面白山へ行ってきた。
ルートは天童高原口から三沢山〜面白山〜カモシカコースから
長左エ門道〜天童高原口の周回。

久しぶりの天童高原。
キャンプ場もすっかり変わってしまい昔のイメージがない。。。
登山口からのルートに入ってしまえば前と変わらずだ。
OI000718
猿2匹が目の前に現れたので写真撮ろうとしたがじっとしてるワケないので撮れなかった。


しばらく歩いてら股関節が痛くなった。最近膝と股関節が調子悪い。
さらに登山靴の中敷きを入れてくるのを忘れてしまい、
何とも気持ち悪い・・・。
マジでダメな時は引き返そうと思ったのだが、
何とかなるかナ?と少々無理して先に進む。
三沢山に着くと結構人が入ってたのがわかる。
休憩もソコソコにして目の前に見える面白山へ向かった。
OI000726
股関節を庇いながらなので、かなりゆっくりなスピード。
痛みに耐えながらようやく山頂です。
OI000733
足を引き摺りながら到着。

山頂から南側を眺める。
OI000735
蔵王も見えるが大東岳が目立つ。縦走したいなぁ

昼にはまだ早かったので、休憩してから下山に掛かった。
振り返り見る面白山はこんな感じ。
OI000737

下りはあまり痛くならないので意外に快調。
長左エ門道はフラットだけど単調で飽きる。。。
長名水までくるとあと少し。
で、天童高原で昼飯食って解散となりました。
OI000739
お疲れーっす。


(21:07)

July 12, 2016

mixiチェック
5月3日(火)〜5日(木)
飯豊町のいつものキャンプ場へゆみちんと行ってきた。
OI000712
当日ギリギリまでケンカをやらかしてたんですが(笑)、
まぁ何とか仲直りして出発です。
現地入りして竿を振ってみたものの、
風が強くて鯉のぼり状態。。。
OI000703
釣りにならず早々にキャンプ場へ戻る。
夕飯には早いけどすることないし呑み始める。
OI000708
来る途中の道の駅で買った山菜を天麩羅にし揚げたてを喰う。
強風でColemanのラウンドスクリーンもバタバタと落ち着かない。
見廻りして酒をくぃっと呑んで天麩羅を食い、くぃと呑んで見廻り。。。
天麩羅に満足し酔っ払ってきたし早めに寝る。
二日目は朝から雨、風強く遊べない。
朝からラウンドスクリーンの中で炭をおこしアヒージョつまみに赤ワイン。
それからビール呑んで日本酒。
この日はずーっと呑んで1日が終わった・・・。
OI000707
三日目。まだ地面がびちゃびちゃ。
また炭をおこし、なすとトマトのミートソースにチーズ乗っけたヤツを喰う。
(アルコール無しは残念)
OI000713

風は強いけど天気はまずまずなので沢へ行ってみた。
相変わらず竿降るには厳しい風だったが、
ココだと思う所で粘りようやくヤマメをあげて一安心。
OI000715

ゆみちんは釣れずに残念そう。機嫌が悪くならなければ良いのだが。。。
雨風が激しかったけど、何とかケンカも再燃せず楽しいキャンプでした。


(15:55)