March 20, 2018

mixiチェック
3月17日(土)友人と大頭森山(984m)へ行ってきた。
根子集落の外れまで車で入れるが先は除雪されていないのでここに駐車して準備。
以前、冬期に地蔵峠でテント泊したのを思い出す。2002年1月だった(笑)
今回は地図とGPSを頼りにスノーシューを履き出発。
DSC_0817
ルートは地図見てこの辺かな?と、とってもアバウト。
地図では読めないアップダウンや沢もGPSでクリアして行く。
DSC_0819
もともとルートなんてないし、雪のおかげでどこでも行ける。
DSC_0824
直下に飛び出す
DSC_0826
2時間ちょいで山頂到着。
大昔の夏場に一度来たことがあったのだが、こんなのだったかな?
DSC_0827
眺めは最高。
朝日連峰の稜線に雲が被ってハッキリしないが満足です。

DSC_0828
とりあえずノンアルビールを。
DSC_0829
カップラーメンとおにぎりが昼食です・・・。

DSC_0833
また来るぞー!と心に決めて大頭森山を後にする。

下りは尻ソリ。直下まで一気に滑る〜
ハーフパイプみたいになった沢も尻ソリで滑っちゃいます。

中腹くらいまで降りると雪が腐ってて滑らなくなる。ちーん。
でも天気に恵まれて楽しい山でした。




(21:23)

March 06, 2018

mixiチェック
3月3日(土)〜4日(日)
仙人沢のアイスガーデンを見てスノーシューで遊んだあとは
雪中ソロキャンプです。
今年はいろいろと予定があって雪中キャンプも今年初。
ちなみに昨年は仲間とこんな感じでした。

DSC_0806
冬の定番GOLITE UTOPIA 4
この日は暑いくらい。ロンT1枚で設営

OI000328
陽が沈むとさすがに寒くなる。

DSC_0808
今回自作してみたヒーター

TrangiaのMultifuel X2にQuietStoveを乗っけて使っているが
これにPRIMUSのP-541のメタルメッシュホヤがぴったり。
なので自作と言っても中にステンワイヤーをぐるぐる巻きに2段仕込み、
持ち手とズレ防止を付けただけなんだけどイイ感じでした。

DSC_0811
メシはミルフィール鍋(のつもりですが、何か?)

DSC_0810
設営時にビール1本いってから、夜のお供は魔斬

OI000329
画像ではわかりにくいが星がすごかった〜

OI000330
東から月が昇ると星が消え辺りが明るくなる

久しぶりにナイトハイクしようと思ったのだが、
お腹いっぱいだし酔っ払いだし
ちょっと横になったら爆睡。。。

翌朝
DSC_0814
もう、キリッとくる冬の朝は感じられず
春が近づいてるのがわかる。

DSC_0813
朝食はコーヒーと冷凍ピラフ
このピラフがマズくて、鶏がらのダシとブラックペッパーでごまかす。

しばらくのんびりしてから撤収。
DSC_0815
撤収作業とパッキングは面倒だが、
終わるとここから離れるのが惜しい気持ちなる。
次はいつ来るのかな。。。



(21:30)

March 05, 2018

mixiチェック
3月3日(土)
友人とアイスガーデンへ。
リフトトップからスノーシューを履いて準備。
昨年に続き天気に恵まれ、本日は雲ひとつない日本晴れ。

仙人沢への降り口から徐々に激坂の下りになると、
はじめて来た友人は口を閉じるのを忘れている。
尻セードを交え沢床へ降りると声が聞こえた。
アイスクライミングの団体さんががんばってる。
OI000325
氷瀑は去年よりもでっかく成長してた

OI000326
クライミングの様子眺める

DSC_0792
こっちの氷瀑も盛り上がってました。

DSC_0793
やってみたいけど怖そうだし、装備も大変そう。。。

友人も満足そうだったので戻ることに。
OI000327
帰りのこの景色がとっても好き

激坂を3分の2くらい登ってから進路を西へ
ルートは適当
DSC_0802
スノーシューで歩き回るのは楽しい〜

んで途中からゲレンデに出て駐車場へ
この後は雪中キャンプなのだ


(20:27)

March 01, 2018

mixiチェック
2月25日(日) 誘われて檜原湖でワカサギ釣りです。
喜多方のコンビニで朝6時15分待ち合わせの計4名。
そこから程なく檜原湖へ到着。
今回は予約や受付も全てまかせっきり。。。
スノーモービルに荷物と人が乗り、白い檜原湖を走る。
DSC_0778
湖だとわかっていても広い雪原は解放感半端ない

DSC_0779
今回世話になったのは奥に見える茶色の小屋

DSC_0777
買って2年(くらいか?)経って初めて使う電動リール

小屋の中は4人で丁度のスペース
灯油ストーブが置かれてあり温々だ。
真ん中の板を外すと湖面が現れドリルで穴が6か所空いてある
仕掛けをつけて投入・・・のはずが、
老眼用の眼鏡を忘れてきてしまいモタモタ。。。

DSC_0776
ワカサギ ちょーめんこい

穂先しか見ていないのだが時間が経つのが早い(笑)
3時45分まで粘り、4時にはお迎えのスノーモービルが到着
DSC_0781
ちなみにみんなで釣った分です。

帰りに喜多方で久しぶりの坂内食堂へ寄って解散。
その日は遅かったので、翌日
DSC_0783
ウマすぎでした〜
また来シーズンが楽しみ




(20:56)

February 04, 2018

mixiチェック
2月3日(土)
ゆみちん蔵王ライザスキー場で遊んできた。
リフトトップからシールなしで徘徊。
少し離れるだけで景色も違う。

DSC_0773
お釜方面は火口周辺警報で避難勧告区域が出てるのだが登ってる人達も見えた


DSC_0771
バックパックを降ろすと、最近あった嫌なこと全てを忘れた。

DSC_0770
うさぎとスノーシューの足跡の先 下界は雲海が漂っている。

ゲレンデに戻り、テレなのにテレでない滑りを何本か。
天気の良い日は何をしても楽しい。

DSC_0774
お昼はお約束のピザ
ノンアル飲んでゆっくりしてから帰った。
えっ?午後からのスキー?
疲れが出る前に撤退ですよ



(14:46)

January 27, 2018

mixiチェック
友人と二人でHokスキーで遊んできた。
場所は白鷹山麓で目的地やルートもなし。
尾根に登って滑るだけ。
急斜面の登りに友人がギブアップ。
DSC_0746




































尾根の先を見たかったが置いてくワケにもいかず、
ここから滑って下った。
滑って下ると麓まであっという間。。
DSC_0749
森を滑るのもHokならでは

遅い昼食はカップラーメンとおにぎりのゴールデンコンビ
冬場でもBLAST BURNERは元気。
DSC_0762


不完全燃焼気味だったので帰り道 富神山を往復
DSC_0763
手すりが新しくなった?


(19:13)

December 31, 2017

mixiチェック
11月25日(土)〜26日(日)
昨年同様の一泊キャンプをしてきた。
日帰り3名、泊まりは5名

雨降る中、一人宴会場を設営。
今回はNEUTRAL OUTDOORのGEテント 5.0のみ
DSC_0724

ペグの多さにやられつつ設営後一人呑み始める。
徐々に人が増えると同時にお酒も増えてくる。
途中から記憶が曖昧・・・。
日帰り組が帰ってからは早々にダウン。
料理もあれ作ってこれも作ってと考えてはいたものの
結局出来ずに死んでました。。。
でも久しぶりに仲間と会えたし、楽しかったです。
次回は少しだけお酒を控えてもっと色んな話ができればなと思うのでした。


(07:53)
mixiチェック
10月9日(月)
友人と雁戸山へ行ってきた。
前から滑川コースから登ってみたいと思っていたのだが、
またしても笹谷峠からの山行きとなった。
関沢コース分岐までの樹林帯はいっつも汗だくでツラいのだが
秋は違うね〜。全然余裕だ(笑)
最近の山行きでは足が痛かったりしてたのだが、それもない。
紅葉見ながら満足感ある山行きでした。
DSC_0711
前山から色付く雁戸を眺める。

DSC_0713
昼飯はカップラーメンとおにぎり
火器はBLAST BURNER

DSC_0715
紅葉見ながらの下山


(07:12)
mixiチェック
9月24日(日)
ゆみちんと大江町へ渓流釣りに行った。
シーズンも後少しで終わりなので、その前に軽く遊ぶ程度だ。
以前朝日屋さんと行った場所へ行こうとしたのだが道は土砂崩れで崩壊し車では行けなかった。
その沢の下流に戻り車を横付けに竿を出す。
すぐにイワナが釣れたがリリースサイズ。その後はアタリなし・・・。
午後から場所を移動し竿を振る。
OI000318

今年最後になるだろうから良い型が揚がれば・・・と思ったのだがアタリ全くナシ。
ちょっと焦りが出始めた時25cmのヤマメが釣れ、とりあえずホッとする。
ゆみちんは渋い顔で水面を睨めている(汗)
OI000320

そろそろ帰ろうかって時に26cmのヤマメを釣り上げてた。
OI000321
色んな意味でホッとするのであった。




(06:50)
mixiチェック
7月15日(土)
じてんこで長左エ門平まで行ってみようと思い
天童高原からの慣れたコースを走る。
OI000304

道幅は広く路面はフラットなのだが
微妙な上りにやられ分岐の長名水に着くと頭から水をかぶった。
OI000124

長名水の先は道幅も狭くなり、場所によっては乗れない所も出てくる。
さらに下刈されていないので道を見誤ったり、
押してる時に谷側へじてんこが落ちたりと難儀する。
OI000135

そんな 手が離せないときに電話が何度か着信。
ようやく落ち着ける場所で誰からなのかスマホをみると知らない番号だった。
スルーして先に進むが背丈ほどに伸びた笹やら倒木でやらで凹む。
OI000134

そこに先ほどの番号から着信。とりあえず出ると
プロバイダーからで「現在のお使い状況のご確認なんですが今よろしいですか?」
山にいるから無理っと言って切る。
その間ボコボコに小虫に刺されっぱなし・・・・。
もうすっかり萎えてしまい、じてんこを180度回転させて戻ることにした。
危なくて乗れない所以外は下りは楽しい。
また長名水で小休止してから天童高原まで戻った。


(06:17)