ようやく

  • author: noriearion
  • 2017年08月14日

66fe0d17.jpgようやく平常に戻りつつあります。

ニュースで気温が体温を越えています、と報道されている中、私の体温は連日気温を越えて39度突破。
寒い、寒い、寒い。
痛い、痛い、痛い。
扁桃炎で喉に潰瘍ができ、膿もびっしり。
子どもの頃からしょっちゅうやっていますが、こんなに酷いのは久しぶりでした。
お仕事もキャンセルさせていただき、待ち遠しかったイベントもキャンセルし、たくさんの方にご迷惑をおかけしました。

喉の激痛でろくに食べられないし薬も飲めないので、毎日朝晩点滴通院。
ようやく昨日からお薬も飲めるようになって、回復しつつあります。
もう少しゆっくりして、来週からまたがんばります。

扁桃腺切らなくてもよさそうだなー、と、最近平和に過ごしていましたが、切ろうか、と物騒な話も浮上してきて、ちょっと、こわい。

命日

  • author: noriearion
  • 2017年08月01日

6fd495b0.jpg今年も、その日になりました。
父の命日。
去年よりもさらに、遠いむかしに思えた今日。
白いお花を、彼が供えてくれました。

福井滞在

  • author: noriearion
  • 2017年07月24日

9d6be5b1.jpg三日間、中日コンクール福井県大会の審査をさせていただきました。
コンクールで演奏するのも緊張しますが、審査をするのは、毎回楽しみと同時に、緊張します。
こちら側も真剣勝負です。当たり前ですが。

愛知に帰ったら、明日からは色んな学校の県大会へ向けたレッスンが始まります。

7月

  • author: noriearion
  • 2017年07月08日

226e1268.jpg7月
吹奏楽なみなさんは、いよいよコンクールの時期ですね。
私も色々な学校のお手伝いをさせていただいております。
7月はやすみなーし!
がんばります。

先日、未来の旦那さまのコンサートが終わりまして、お疲れ様会と、暑い夏を乗り切る会を兼ねて鰻を食べに行きました。

鰻はやはり、美味しい

ヤマハ名古屋店リニューアル記念コンサート

  • author: noriearion
  • 2017年06月28日

5ec51bcd.jpgヤマハ名古屋店リニューアル記念コンサート、ご来場ありがとうございました!
母に「中学生の頃、須川さんのCD探しにあちこちお店に行ったね」と、先週言われました。
そうだった、そうだった!
大学受験の頃も、須川さんの吹くグラズノフが私の応援ソングだったじゃん!
そうだった、そうだった!
昨日はコンサート前に、自分の生徒がグラズノフで公開レッスンを受講しまして、その時目の前で須川さんがグラズノフを吹き始め、感無量。
本物だー
須川さんのコンサートには子供の頃から何回も行っているし、数年前に共演の機会もありましたが、今回はなんだか特別でした。
そして美奈子先生とは初共演でした。
うわー、本物だー??美奈子先生のピアノの音を近くに感じての演奏、安心感に包まれていて、昨日は久々の過呼吸を起こしかけていましたが、アンコールでは、自然に演奏できました。

約1日半、須川さんと行動を共にしてみて、そのパワフルさと、後に続く世代への熱い思いに「世の伝説的な人たちって、生きていた時はこんな風だったのかもな」などと思わずにはいられませんでした。
いつもなら、コンサート次の日はぐったりしてしまうたちですが、今日は朝からやる気に満ちています。

最後に、リニューアル記念イベントに、アリオンを呼んでくれたヤマハ名古屋のみなさまに、感謝しております。
自分が裏方の仕事をやるようになってから、企画する側のことが身に染みて分かり、20代の頃より、支えてくださるなみなさまには毎回、感謝ばかりです。


ギターコンサートのお知らせ

  • author: noriearion
  • 2017年06月21日

3a33777a.jpg将来の旦那様のコンサートのお知らせです。

川潟誠&山田陽介 ギターコンサート
〜10弦ギターによるDuoの世界〜
7/1(土)14:30開場 15:00開演
ミューズサロン
(名古屋市大曽根2-8-58 ミューズ音楽館内)
チケット
一般3,000円、会員2,500円、学生1,500円

【プログラム】
D.ブクステフーデ:組曲イ長調より
J.S.バッハ:イギリス組曲 第2番
F.ショパン:ノクターン
R.シューマン:子供の情景
W.A.モーツァルト:アダージョとロンド

◆お問い合わせ、チケットお申し込み
ミューズ音楽館 052-910-6700

クラシックギターとは、まーったくご縁なくこれまで生きてまいりましたが、彼の師匠の演奏を聴きに行ったり、彼のリサイタルを聴いたり、少しだけ、ご縁ができつつあります。
彼は、音楽のこと、曲に対する姿勢、楽譜のこと、名演奏家たちについて、などなど私の知らないたくさんの引き出しを持っています。
自分のこれまでの音楽に新しい風が入り込んできている、そんな感じ。

ご来場ありがとうございました

  • author: noriearion
  • 2017年06月19日

d2d0ff45.jpg名古屋アカデミックウインズ第五回定期演奏会、ご来場ありがとうございました!

吹奏楽コンクール至上主義の昨今、あえての、コンクールにこんな曲いかがですか?のプログラミングはしていません。
だって、ウインドアンサンブルを研究する「アカデミック」な団体なんですもの。
プロ、と名乗っている以上は、ウインドアンサンブルの往年の名曲を研究し、眠っていた曲、そして新しい曲の開拓と研究、普及、そして技術の向上と次の世代への伝達を担っていく役割がある、と思っています。
指揮者のもとで研鑽を積む中で学んだこと、これは、自分がレッスンをする時にも大いに役立ちます。
自分が学んだことを伝えた結果、生徒たちが幸せになれれば素敵なことだな、と思っています。
コンクール至上主義に媚びないプログラミング。
こんなプロの団体があっても面白い!
と、独自の路線を思って貫いています。

まずは本拠地、愛知県内のみなさん、一度足をお運びいただけますと幸いです。
今後のコンサートご案内
11/4 熱田文化小劇場にて、室内楽コンサート
2018年6/16 アートピアホールにて、第六回定期演奏会

名古屋アカデミックウインズ第五回定期演奏会

  • author: noriearion
  • 2017年06月17日

7ec4d2b0.jpg

名古屋アカデミックウインズ第五回定期演奏会
「あなたはどちら?アレンジ派?オリジナル派?」
2017年6月17日(土)
アートピアホール
開場 17:00
開演 17:30
※プレコンサート17:15開始。2017年度全日本吹奏楽コンクール課題曲から数曲演奏します
指揮:仲田守
チケット:一般3,000円、高校生以下1,500円(当日ともに500円増し) 全自由席
【プログラム】
R.スメタナ(V.ネリベル):歌劇「リブシェ」ファンファーレ
C.フランク(P.グレンジャー):オルガンのためのコラール第2番
J.S.バッハ(伊藤康英):コラール前奏曲「おお、人よ、汝の罪の大いなるを嘆け」による幻想曲
A.マルケス(A.ボイセンJr.):ダンツォン第2番
V.ネリベル:世の終わりへの行進
P.グレンジャー:チルドレンズ・マーチ”丘を越えて彼方へ”
伊藤康英:煌夜ー祭の幻想
A.ボイセンJr.:バンドのための3つの民謡集
【チケット予約】
電話 090-1724-8136
メール naws_2010@yahoo.co.jp

いよいよ第五回定期演奏会!

  • author: noriearion
  • 2017年06月16日

d445fc72.jpg名古屋アカデミックウインズの定期演奏会、いよいよ今週末6/17です。
他では聴けないプログラム!を毎回選曲。
ネリベル好きの私は、ネリベルが編曲した「リブシェのファンファーレ」、ネリベルの「世の終わりへの行進」を吹いていていちいち興奮。
編曲物
と言うと、どちらかと言えばオリジナルを崩しすぎないように、な気がしますが、今回の作品はどれも編曲者の個性が思いっきり出ています。
編曲者の、オリジナル作品と並べて演奏するので、聴き比べるのがきっと面白い!
ボイセンJr.の作品は、「そうそう!ボイセンって、この感じだよね!」と、ひとりでニヤニヤしています。

名古屋アカデミックウインズ
第五回定期演奏会
6/17(土)16:45開場 17:30開演
17:15からプレコンサートで全日本吹奏楽コンクール課題曲「スケルツァンド」「インテルメッツォ」を演奏いたします。
指揮&MC 仲田守
チケット
一般 3,000円
高校生以下 1,500円
全席自由 当日共に500円増し
ご予約
メール naws_2010@yahoo.co.jp
電話 090-1724-8136

母校で

  • author: noriearion
  • 2017年06月03日

c4816804.jpg昨日6/1は富士宮市市制記念日。
そんな日に、母校の中学校で「先輩に聞く」的な講話のお話をいただいたので、「人との出会い。それをどう生かすかで自分の道が開ける」と題して、全校生徒の皆さんの前で喋って、吹いての50分授業を行ってきました。
コンサートやライブでMCをする事が、好きです。
でも、人前でお話するのって、難しいー!!と、感じた時間でした。
授業後、懐かしの後輩たちが会いにきてくれて、とっても嬉しかったです。
学生生活で一番楽しくて、思い出の詰まった中学3年間の日々が、一気に蘇りました。
学校の玄関には、あの頃の吹奏楽部の賞状が今も掲げられていました。

夜は、母と吉田沙保里さんの講演会に行ってまいりました。
かっこよかったなー。
私もまだまだがんばる!という気持ちになりました。

ページトップに戻る▲