ツグミとの遭遇事情

この冬、近所でツグミを全然見かけませんでした。
他の場所ではしばしば見かけるのに、どうしたんだろう?知り合いにも見かけないという人が何人かいたこともありずーっと気になっていました。
それが、昨日ようやく会えました。そして今日も、ひさびさに自転車で走っていたらまた会えました。
昨年までと駐車場の場所を変えたのが目撃回数が減ったのと関係ありそうな気がしています。
DSC_2547

雪をたのしむ

12509700_917773718290993_4499608719027057264_n

これまで雪が降らないと言ってきましたが、仙台でもようやく冬らしくふつうに雪景色を楽しむことができるようになりました。
雪というとすぐに「注意しましょう」とか「外出は控えましょう」といったマイナス方面の話になってしまいます。ニュースの場合は視聴者に注意を促す使命があるからしかたがありません。
でも時には、「めったにない大雪です。せっかくの機会なのでめいっぱい楽しみましょう」と言っても誰もとがめないのではないかと思ったりします。

仙台でも積雪

12565418_1013462625381638_3301884210353894329_n

仙台でもようやく雪が積もりました。
それで様子を見に同じ区内にある泉ケ岳に行ってきました。
しっかり積もっていました。この時期いつもは雪の覆われている清流がまだ露出していたので降りて行ってお湯を沸かしてお茶を飲みました。
のんびりしていると上から「こんにちは!」って声をかけられてびっくり。
しっかりとした装備と慣れた感じの方が、足跡を見つけて様子を見に来たとか。
あまりくつろぐのも考えものですかね。

元気なオオバン

DSC_8166web

暖冬とはいえかなり寒くなってきました。
ハクチョウが訪れる貯水池に多くの水鳥たちで賑わっています。その中でもオオバンが元気いっぱい、水面を駆け抜けていました。
元気なオバハン、じゃなくてオオバンですからね。

冬の虹

68438_1001282953266272_6403524589917904707_n

田園地帯をクルマで走っていると目の前に虹がかかっていました。
ふつう仙台の冬は寒くて雨ではなくて雪が舞います。それゆえ冬に虹を見ることはない言われていました。
でも、最近は12月でもよく虹を目にします。暖かい証拠ですね。

ゆったりとしたハクチョウ

DSC_0729_1200x800

初めて野生のハクチョウを見た時、その大きさに驚いたものです。
もちろん飼育下のハクチョウなら見たことがありました。それでも、あんなに大きな野鳥がふつうに歩き回っているのはちょっと不思議な感じでした。
ハクチョウは体が大きいからか動きがとてもゆったりとして、しぐさには優雅さも感じられます。
今暮らしている仙台では冬のたびに飛来してその姿を楽しむことができます。これからもずっとやってきてもらいたいものです。
森の学校|優雅なハクチョウ

デコイのようなコガモ

12322433_896056933796005_8575971852572066690_o-2
水面に浮かぶコガモ。まるで置物のデコイの様です。
とは言え、泳いでいるところなので、水面下ではヒレの付いた足を動かしてしっかりと水を捉えているんでしょう。余裕の表情のようにも見えたりします。
森の学校|デコイのようなコガモ
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ