2005年10月12日

奴隷としての

昨日今日とご主人様にお会いできました。
そこで。いろいろお話をさせていただき、とにかく涙のとまらない時間でした。

主人と奴隷としての関係の終わりをお話いただきました。

norikaの生活の変化で、ご主人様との関係も変化し、その結果ご主人様の気持ちにも変化が。

「別れ」ではなく『始まり』という言葉を使ってお話いただきました。

norikaは、けれど気持ちはいつまでもご主人様への尊敬と忠誠と、変わらず持っております。

一生、お側に置いていただける限り。
ご主人様のお役に立ち、奴隷としてではなく、一人の女性として、ご主人様の元気の素で、そしてときには癒しの場所で。そしてこれは遠い夢ですけれど。
いつかご主人様の甘えられる場所でもあれたらいいなと思います。

そしてそうなれるよう、これから努力をおしまないことをここに誓います。  
Posted by norikawhite at 22:12Comments(7)

2005年10月07日

心から

今日ご主人様とお話をさせていただきました。
norikaは何があろうと、一生ご主人様のおそばにいたくてたまりません。

なんだかここに、気持ちがあふれすぎてかけないほどです。

お話しながらnorikaは泣けて泣けてたまりませんでしたが。。。。

早くお会いして、ご主人様に触れたいです。。。。。
なんて叱られそうですが。。。

ご主人様にお会いしたいです。。。。  
Posted by norikawhite at 00:35Comments(1)

2005年10月03日

お電話で

ご主人様からお電話をいただけました。
ご主人様はとてもお疲れのご様子で体調も悪いそうです。

とてもとても心配で。。。
でも、嬉しいお言葉を頂き、norikaもすっかり元気になってしまいました。

来週、お会いできるというお話をしてくださいまして。
norikaは今からドキドキがとまりません。

ああ、ダイエットしようかしら、とか何を着ようかしら、とか、もう思考がとまらずぐるぐる致します(笑)


ご主人様がお忙しい時間をぬってお会いくださるのですから、norikaは少なくとも御ゆっくりすごしていただけるように、心を静めてお待ちしようとおもいます
  
Posted by norikawhite at 01:11Comments(1)

2005年09月26日

恋しくて

ご主人様が恋しくてたまりません。

なんだかその気持ちだけでいっぱいになってしまっています。  
Posted by norikawhite at 23:17Comments(0)

2005年09月20日

お電話

ゆうべというより夜中3時頃、久しぶりにご主人さまからお電話を頂きました。後で電話する、とのメールを頂いておりましたので、norikaは電気をつけたままで携帯を枕元におき、横になっておりました。
ご主人さま専用の着メロがなりましたら、もう飛び起きてしまいました。norikaにこの数日で起こった出来事、ご主人さまのお話、いろいろとさせて頂きました。
すっかり幸せな気持ちで眠りにつきましたが、さすがに今朝は眠く(笑)でもそれもなんだか幸せな眠さで。。。
ご主人さまにお会いしたくてたまらなくなっているnorikaです。

  
Posted by norikawhite at 13:28Comments(0)TrackBack(10)