2014年06月22日

【2014ブラジルW杯】アルゼンチン 1-0 イラン

アルゼンチン対イラン。
これは余裕でアルゼンチンが勝つでしょうと思ってたらイラン強いですよ。
しっかり守ってました。
しかもただ90分間守るだけじゃなくて何度もカウンターを成功させていて
何度か点が入りそうになっていました。

こんなにイランが成長してるなんて。
イランなんてダエイ時代しか知りません。

イランがしっかり守ってるとはいえアルゼンチンは点をすぐに入れるかなと思ってたんですが
最後のロスタイムあたりまで点が決まらなかったです。
最後はメッシが決めました。

アルゼンチンの攻撃陣も
メッシ
アグエロ
イグアイン
ディ・マリア
がいたので別に手を抜いていた訳ではないと思います。

今後のイランに期待。

noriko12 at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワールドカップ 

【2014ブラジルW杯】日本 0-0 ギリシャ

日本の二試合目です。
一試合目負けてるだけにここで勝てないと決勝T進出が厳しくなります。
が、引き分けました。
かなり厳しくなりました。

メンバーは1試合目と同じく遠藤と柿谷は出場せず。
今野は復活しました。
コートジボワールは攻撃的にくる事が予想できたので
遠藤じゃなくて山口を投入して守備を強化するのは理解できましたが、
ギリシャは守り中心でくるのは予想できるので遠藤でも良かったのでは?と思いました。
調子が悪いんでしょうか。

あと香川は1試合目調子が悪かったので今回は大久保が出場していました。
柿谷は何で出ないんでしょうね。

前半からギリシャは怪我で選手が代わったりイエロー2枚で一人退場して
退場の影響でもう一人選手交代するはめになって日本有利です。

日本は攻撃できてたもののなかなか枠にシュートが打てませんでした。
大迫は打てるときには積極的にシュートを打っていてよかったと思います。
でもワールドカップでは結果が求められる。。。

内田は1試合目に引き続き積極的な守備と攻撃をしていました。
ただ、ボールを奪った後に素早くドリブルするわけでもなくパスを出す訳でもなく
という感じで奪った相手に奪い返されることがありました。

後半からは遠藤が出場です。
香川も10分くらいから出場しました。

後半20分くらいに内田のクロスに大久保が合わせるシーンは非常に惜しかったです。
まぁ大久保はかなり走ってますし、なかなか難しいですね。
そのあと内田も惜しいシーンがありました。
久しぶりに「得点力不足」を感じました。

ギリシャは全然攻めてこないので、攻撃を一枚増やしても良かったのかなと。
なぜか交代枠1つ残したまま終了しましたし。
斉藤のスピード使ってみたらどうかなと思いました。

後半からギリシャはラフプレーが増えましたねぇ。

noriko12 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワールドカップ 

2014年06月21日

【2014ブラジルW杯】イタリア 0-1 コスタリカ

コスタリカ強いっすね。
こんなに強いチームでしたっけ?
これまでも何度か見た事あると思うんですが、そんなに脅威と感じた事はありません。
ワンチョペくらいしかしりません。
(今のワンチョペはコーチだそうです。)

イタリア
イングランド
コスタリカ
ウルグアイ

ここも死のグループですね。
っていうか、世界的にレベルが上がってきて強豪国が増えたんじゃないのかなと。
どっちかっていうとコスタリカが劣ってイタリア、イングランドが本命。
ウルグアイがどこまで頑張れるかっていうグループだと思うんですが。

イングランドは2連敗して意味不明ですね。
(スペインも2連敗してもっと意味不明ですが。)

ヨーロッパの人がブラジルの気候が合ってないとしか思えないんですが。

ということでイタリアが2連勝するんだろうなって思ってたら
コスタリカが勝って 早々に決勝T行きを決めました。

イタリアも結構良いサッカーしてると思ったんですけどね。
今の監督プランデッリに変わってから伝統的にディフェンスだけじゃなく
攻撃も兼ね備えるようになって結構好きです。
ただ、選手が半分以上知らない人になってました。
ネスタ、マルディーニ、カンナバーロの3バックが好きでした。

ハーフタイムに野人岡野が「イタリアは持たされてた」と言ってました。
そうなんですね。そこまで読み取れませんでした。
まだまだ観戦力のなさを露呈する結果となりました。

イタリアとウルグアイどっちが決勝Tに行けるんでしょうか。

noriko12 at 04:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワールドカップ 

2014年06月16日

【2014ブラジルW杯】ブラジル 3-1 クロアチア

ワールドカップ開幕戦です。
なんと日本の審判団が開幕戦を務めます!

ブラジル
メキシコ
カメルーン
クロアチア

これはブラジルは決まりですが、残りの3国はほぼ同じくらいのイメージ。
メキシコが良いかな?

ブラジルの注目は何と言ってもネイマールですが、他にも良い選手多いですね。
両サイドバックはどちらもすごく良いと思います。
ブラジルって結構サイドバックに恵まれてますよね。
昔のロベカルとカフーみたいな。
今の二人はロベカルとロベカルみたいな。。。
ちょっと前までマイコンもいましたよね。(今はいない?)

あとはJリーグにいたフッキもスタメンですよ!
すごいですね。

クロアチアは知ってる選手がほとんどいませんでしたが、監督がニココバッチでした。

クロアチアは防戦一方になるのかなと思ってましたが、そんなことはありません。
しっかり守ってカウンターをして、ちゃんとシュートまでいけてる。
クロスも良いのがあがってました。
結果的にそれがオウンゴールを導きました。

後半も同じような感じで試合は進みましたが、PKからブラジルは追加点を得ます。
ネイマール2点目です。

カリスマ性という意味ではメッシより上かもしれませんね。
ブラジル大会だからそう見えるだけかもしれませんが、
メッシは代表のときはあんまり活躍できないイメージ。
今回活躍しないとマラドーナには敵いません。

オスカルの最後のゴールもすごかったっすー。

クロアチアは不運にも失点してしまう訳ですが、
プレーだけを見るとかなり良かったと思います。
開催国のブラジル相手にここまでのプレーができれば十分かなと。

ネイマールって背中にNEYMAR JRって書いてあるけどなんで?(電車?)

noriko12 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワールドカップ 

【2014ブラジルW杯】スペイン 1-5 オランダ

4年前の決勝のカードが1試合目になりました。

てか、なんでこんな強豪が同じ組に?と思ったら
スペイン
オランダ
チリ
オーストラリア
これは死のグループです。
オーストラリアの代わりに日本がここにいた可能性もあるってことで、
そう考えると日本はまだ恵まれた組です。

スペインはおなじみのメンバーがたくさんいましたが、
オランダは攻撃陣は分かりますが、守備陣はほとんど知りませんでした。
コーチにクライファートがいましたよ。

ポゼッションのスペインが相手という事でオランダも5バックで守備的な布陣です。
結構これがハマっていてスペインはやりずらそうでした。
でもオランダもあんまり攻めれていない。
中盤はスペインに敵わないからサイドからアーリークロスを入れる攻撃中心。
PKでスペインが先制したものの、その後オランダのファンペルシーがすごいヘッドで同点。

後半に入って追加点を重ね結果的に5点でした。
オランダらしい数字ですね。
相手はスペイン。
これはオランダ国民を大満足でしょう。

ロングボールがかなり効いてました。
ロッペンのスピードのディフェンスがついていけませんでした。

ちなみにこの組を2位で突破するとブラジルがいる組の1位とあたるんですよね。
きっとブラジルですよね。
このグループ突破するだけでもきついのに次にブラジルとは。。。

カシージャスがカシーリャスって書かれていました。
ちょっと前まではNHKは表記通りに読んでいましたが、
今日はカシージャスと言ってました。

noriko12 at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワールドカップ 

2014年06月15日

【2014ブラジルW杯】日本 1-2 コートジボワール

とうとうザックジャパンでのワールドカップです。
同じ組は
コートジボワール
ギリシャ
コロンビア
です。

今日の相手はコートジボワールです。

日本のスタメンはいつも通りの人と比べて違ったところは
遠藤が山口で柿谷が大迫になっていました。

コートジボワールはドログバがベンチでした。

前半はどちらも様子をうかがってる感があってプレスが弱めでした。
そんな中 本田が先制点を取るんですが、そこらへんから
コートジボワールの動きがあんまりよくなかったです。
ヤヤトゥーレも怪我上がりってこともあって動きがよくなかったです。
周りの人も全然動いてくれなくてパスの出しどころに困っていました。

後半になっても同じような感じだったんですが、
ドログバが入ってから一気に空気が変わってしまいました。
ドログバのプレーはもちろんですが、メンバーの士気もあがりましたね。

それですぐに2失点して、そのまま試合終了した感じです。

全体的にもっと前線からプレスをかけた方がいいかなと感じました。
まぁ気候とかもあってなかなか難しいですけどね。

あとは香川にもうちょっと目立ってもらいたかった。

残りの試合はギリシャとコロンビア。
ギリシャは守備、コロンビアは攻撃ですか?
コロンビアは特にあんまり見た事ない気がします。
ただコロンビアはギリシャ相手に3点取ってます。
かなり攻撃力がありそうな雰囲気です。。。

noriko12 at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワールドカップ 

2014年05月27日

【キリンチャレンジカップ2014】日本 1-0 キプロス

相当久しぶりにサッカーを見ました。
そろそろワールドカップもはじまりますね。
今日はワールドカップで戦う23人が選ばれて最初の試合です。

内田はこの試合から復活。
吉田と長谷部は今日も出場してませんでした。
大丈夫なんでしょうか。

たまに画面の下に出てくるウイニングイレブンみたいなやつ。
あれが気になります。
制作者側がウイニングイレブンやって あの機能がほしくなったんでしょうか。

キプロス・・・知ってる選手0でしたが、ほとんどの人がギリシャ系の人らしいです。
サッカーのプレースタイルもギリシャっぽい感じだそうです。
確かに守ってカウンタースタイルでした。

前半は日本は左サイドから攻撃をするよう心掛けてました。
長友、本田、香川が左に展開してクロスを上げる形です。
キプロスの方が身長が高いのであんまり効果的ではないような感じでした。
ほとんどはじかれて終わってました。
どうせやるなら早めのクロスでもあげたらどうでしょう。
引いて守る相手には難しいかもしれませんが。

というのと、右サイドももうちょっと使った方が良かったかなと。
香川と本田が二人とも左ばっかりになってたので、本田はバランス考えて右に行ったりしてもよかったのかなと。

たまにミドルシュートを打ってたのは良かった。
遠藤、香川、山口あたり。
引いて守る相手にはミドル。

守備は内田が良かったと思います。
1回カウンターのときに危なかったけど、それ以外は落ち着いて1対1で対応できてました。

そんなクロスをあげてクリアする流れを何度もしているうちにクリアミスから混戦で、点を決めました。
何度はじかれてもあきらめない気持ちも大事ですね。

後半は他のことをやっててほとんど見れませんでした。。。

noriko12 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キリンカップ 

2012年08月15日

【キリンチャレンジカップ2011】日本 1-1 ベネズエラ

久しぶりの投稿でどうもすみません。

EUROも五輪も見たんですが
どうも書く気力がなくてサボタージュでした。

さて
今日の試合は久しぶりのA代表の試合です。

センターバックのスタメン今野と3番手の栗原が出場できず
サイドバックのスタメン内田も出場できない状況でした。

右サイドには駒野が先発出場し
センターバックは伊野波が代役を務めました。

宮市君は今日もベンチスタートです。

試合が始まって前半は日本がよく動けていました。
ベネズエラの攻撃はあんまりなくて
大体日本が攻めていましたね。

早い時間に得点も奪って有利に試合を進めることができました。

後半になってベネズエラが調子を取り戻して
攻撃する場面が増えました。
日本は早い突破をされるとなかなか対処できずにいて
危ないシーンが連続し、最後には失点してしまいました。

前線からのプレスはよくできていて
そこで奪えることが多かった前半と比べて
足が止まってきたのかディフェンスラインあたりまで
ベネズエラがボールを運ぶとシュートまで持っていかれてました。

後半途中から伊野波が水本に交代して
中盤も3人程度交代しました。

解説の金田さんが何度か言ってましたが
本田1トップもいいけど 香川のトップ下も見たかったです。

けど 今日は調子が悪かったようで
ドフリーでもシュートを外してしまったりと
あんまり見せ場を作ることができませんでした。

本田 岡崎は体が強く、敵に当てられてもしっかり耐えることができていました。

最後の方は敵も含めてみんな足が止まりがちになってました。
長友は走れていましたが。

そういう場面で宮市など走れる選手を入れることで
また攻撃ができるんじゃないかなと思います。

次に期待しましょう。

●日本
遠藤保仁(前半15分)

●ベネズエラ
フェドール(後半17分)


noriko12 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キリンカップ 

2012年01月23日

【FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 準々決勝】エスペランス 1-2 アルサッド

準々決勝というのは名ばかりで1回戦です。

アフリカ代表のエスペランスとアジア代表のアルサットです。

アルサットにはニアンやケイタがいます。

エスペランスはボールを持って自分たちでリズムを作っていくサッカー。
アルサットは守ってカウンターというサッカーでした。

エスペランスは試合開始から終了まで自分たちのペースで戦えてましたが
シュートがなかなか枠に行かない。
前半だけで10本くらいシュートを打ってるのにゴールできない。
結構フリーで打ってるのに枠に行かない。

アルサットがそこまで堅守というわけでもなく
結構フリーにしてしまう場面があったので
エスペランスはそこでゴールを決めれなかったのが痛いです。

アルサットはニアンとケイタを前に残して他のメンバーが守備をする形。
ケイタはたまに自陣まで戻って献身的に守備をしていました。

ニアンとケイタだけでシュートまで持って行ける技術はすごいですね。
1点目はまさかのシュート1本目。
2人で取ったゴールでした。

エスペランス 実力はあったと思います。
ダラジとムサクニは特にテクニックがありましたね。
まだ若い選手なので今後に期待です。

●エスペランス
60分 ダラジ

●アルサット
33分 ハルファン
49分 コニ


noriko12 at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クラブW杯 

2012年01月22日

【FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 開幕戦】柏レイソル 2-0 オークランド・シティ

遅くなりましたが録画したクラブワールドカップを見始めました。

日本からは開催国枠から柏が出場しています。

オークランドも何度か出場して結構有名になったクラブですが
まだアマチュアのクラブなんですよね。

試合開始はオークランドが攻撃を仕掛けて柏は押され気味でした。
が 冷静にディフェンスが対処していました。
柏はパスを回してリズムを作っていきます。

右サイドバックの酒井は若手の注目株。
パス精度が結構高い印象を受けました。

1点目の田中は個人技から相手をターンして抜いてからのシュート。
シュート角度もなく一連の動作は結構難しかったと思います。

後半からはオークランドがフォワードを増やし捨て身の攻撃にでます。
柏は守備をする時間が多くなりましたが
GK菅野がスーパーセーブを連発して失点しませんでした。

●柏
田中順也(前半37分)
工藤壮人(前半40分)


noriko12 at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クラブW杯