2008年05月03日

【チャンピオンズリーグ・準決勝】マンチェスター・ユナイテッド 1-0 バルセロナ

1stレグのカンプノウのときと同じようにバルサがボールを支配。
デコとプジョルが復活しただけあって安定感が増してた。

バルサのパスサッカー、ポゼッションサッカーはすばらしいけど
逆にそれが仇となってディフェンスでもクリアせずにパス回すんで
パスミスしてスコールズがミドルで先制点。
アウトにかけてキーパーから離れていくシュートだったから
あれはバルデスでもムリだよね。

ディフェンス陣はスペースをなくし
中盤はパクチソンとテベスの献身的な前線からのディフェンス。

まぁマンUが守備的な感じで前線にボールがなかなかいかなかったので
Cロナウドはちょっと怒ってたね。

メッシはものすごく調子よくてチャンスはたくさん作れてたんだけど
最後のキメが枠はずしたりファンデルサールの好セーブだったりで無得点。

全体的に楽しめた。

■マンU
ポール・スコールズ(前半14分)

noriko12 at 20:09│Comments(0)TrackBack(1)UEFAチャンピオンズリーグ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. エンタメスクープ裏ブログ!  [ エンタメスクープ裏ブログ! ]   2008年05月06日 16:28
ロナウド オカマ騒動の真相 エンタメ・芸能のスクープ情報発信!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字