皆さんこんにちは、荒井 典雄です。
LRG_DSC09118
久しぶりの個人BLOGの更新です。
昨今は今までの集大成的な職業である、クリエイティブディレクター業をメインに頑張らせて頂いております。
いつもお世話になっている皆様、本当にありがとうございます。

しばらく間が空いたので、あらためてこのBLOGの過去記事など見ると、色々書き換えたいなぁ〜とか思いつつも、これも一つの歴史なので書き換えるのはやめておきます(汗)

進化中の現在の僕のモットーは「僕のオンリーワンのクリエイションで、お客様、スタッフ、取引先、社会を幸せにすること。」です。
引き続き頑張らせて頂きます!

さて、久しぶりに筆を取ったのは、僕のところに面識のない「Aさん」から一通のメールが届いたからです。。。

「Aさん」から届いたメール

その内容は、
:Aさんからのメール

初めまして、Aと申します。
突然この様なご連絡をさせて頂く非礼をお許しください。

今回、ご連絡をさせていただきました経緯といたしましては、私事になりますが、ファッションブランドを作り、商品が出来次第、展示会などで、販売をしていきたいと考えております。

その様な折、荒井様のブログと出会い、とても参考にさせていただいております。

ブログの記事を読ませて頂くうえで、気になったことがあり、よろしければ、ぜひ質問をさせていただきたいと思いご連絡をさせていただきました。

お時間を摂らせてしまい大変恐縮ではありますが、もし宜しければ、ご連絡をいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

夜分、大変失礼いたしました。

というものでした。
※ここに出てくるメールは、本人に掲載許可を頂いております。

僕は以前より、このブログで「アパレルブランドの始め方」なるものを書いていました。

これは僕が経験して来たことが少しでも、アパレルブランドを立ち上げたいと思っている人の参考になって、少しでも業界に貢献出来れば嬉しい!という想いから書きました。

想いの手紙を付けた風船が届いたかのように、このようなメールを頂けたことは大変嬉しく、「ぜひお役に立ちたい!」と思い、本気で相談メールを返すことを決めました。

そしてこのメールの相談もきっと誰かの役に立つだろうと思い、ブログへの掲載許可を頂いたので、ここから一部始終ご覧ください。

:荒井のメール

初めまして、(株)グラトリーの荒井です。

ブログが参考になり本当良かったです!
何かありましたら、メールにてご質問頂いても大丈夫ですよ。

その際に、もし可能でしたら、お名前は伏せますので、頂いたご質問の内容や答えを、ブログ、SNS等で発信する可能性ありますが、大丈夫でしょうか?
Aさまと同じことを考えて気になっている人もいると思いますので、これもまた世の中の役に立つ情報になるかと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。


:Aさんからのメール

ご返信ありがとうございます。
私事ですが、まるでファッション業界での経験がなく、手探りでやっている為、とても参考になると共に、一歩踏み出す勇気ももらいました。重ねて感謝いたします。ありがとうございます。

ブログなどの掲載に関しましては、是非お願いいたします。
僕の質問が少しでも役立つ可能性があるのならとても幸いです。

ご質問ですが、初めての展示会に出展する時、出展する洋服の数で、バイヤー様の反応は変わってきますでしょうか?

僕のような経験も資金もない個人ブランドが出展する際は、費用の問題もあり、多くの洋服を用意できないので、費用が工面できるまで展示会は控えた方が良いのか、少しの展示会用のサンプルが出来たら、新規のお取引、契約を目指して出展した方が良いのか?と言うのをお伺いできますでしょうか?

もう1つは、現在のOEM業者の担当の方から伺ったのですが、展示会でオーダーが入ったけど、サンプルで使用した生地が廃番になっている事が多くあり、同じ商品が作れない事がある。
と聞いたのですが、荒井様はそういった経験はありますでしょうか?
そういった場合の対処法などはありますでしょうか?
また、同じ商品を長く展示会に出展して、提供させていただきたい時に、展示会前に毎回、生地屋やOEM業者に同じ生地はあるか?廃番にはなっていないか?などの問い合わせは入れますでしょうか?

最後に、今の僕の考えといたしましては、費用の面で制約があるので、時間をかけて少しづつ展示会用のサンプルを集めていきたいと考えているのですが、完成から、結構時間が経ってしまったサンプルを展示会に出すのは良くないでしょうか?

ブランドオーナー様の生の声が聞けたら幸いです。

恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

:荒井のメール

お世話様です。
ご返事遅くなりましてすみません。

ブログなどの掲載などへのご協力ありがとうございます!

早速質問の件ですが、


>質問内容
初めての展示会に出展する時、出展する洋服の数で、バイヤー様の反応は変わってきますでしょうか?
僕のような経験も資金もない個人ブランドが出展する際は、費用の問題もあり、多くの洋服を用意できないので、費用が工面できるまで展示会は控えた方が良いのか、少しの展示会用のサンプルが出来たら、新規のお取引、契約を目指して出展した方が良いのか?
と言うのをお伺いできますでしょうか?

>返答
経験者からのアドバイスが故に、ちょっとシビアのようにも聞こえるかもしれませんが、せっかく縁ありお話させて頂いているので、できるだけA様のアドバイスになるようお伝えしますね。そしてあくまで僕個人の意見なので、「絶対と言うものではない」と思って聞いておいてください。

まずA様がどのようなブランド、コンセプトのものをやりたくて、どのくらいの売り上げをあげたいのか?によってお話する内容が変わって来ます。
もし具体的な目標の数字やコンセプトがあれば聞いてみたいです。現状の情報だけだと直接的な答えは言えないかもしれません。

2018年現在、洋服はかなりの飽和状態です。
これから生き残って行くには「ランチェスター戦略」で攻めるしかないと僕は思います。コンセプトをより尖らせて(デザインが尖っているとは限らない)、型数少なめのブランドの方がうまく生き残っていく可能性はあると思います。

この「コンセプト」が最重要で、型数や展示会などでの売り方もコンセプトによって変わって来ると思います。
すでに決まっているかもしれませんが、参考までに3C分析、PEST分析など行なって、冷静に客観的に自分の立ち位置を判断してコンセプトを決めて行くのが良いです。
決める時の注意は、飽和している業界なので、例えば「Supreme」のようなブランドがしたいとか、「AURALEE」のようなブランドがしたいとか、すでに存在しているブランドの後追いをしても、それを超えることは出来ません。
3C分析の内容を簡単に言えば「自社で出来て、他社で出来ないこと、それでいて顧客が求めているもの」ここにチャンス(ブルーオーシャン)があるというものです。
これは必ずしも商品の話ではなく、売り方や、プロモーションの仕方にフューチャーする場合もあります。
今の時代は商品で差を出すのは難しいので、もしかしたら商品以外の部分で個性を出すのが良い場合も大いにあると思います。

このブルーオーシャンが見つかれば、資金や型数が少なくともスタートするのも1つの手だと思います。
見つからない場合は、ライバルが多いポジション取りをすることになるので、資金力がたいへん必要になって来ますので、あまり戦いを挑まない方がよいと思います。

感覚的には、コンセプト決めで結果の70%くらいは決定してしまうように思います。

堅苦しいお話になりすみませんが、参考になれば幸いです!

>質問内容
現在のOEM業者の担当の方から伺ったのですが、展示会でオーダーが入ったけど、
サンプルで使用した生地が廃番になっている事が多くあり、同じ商品が作れない事がある。

>返答
これは良くあります。
定番や継続して行きたいものは、廃盤になりづらいVANCETの定番の生地から選ぶなどしてました。
基本的に、ちょっと変わった生地はほとんど継続しませんし、在庫切れもしやすいです。
注文入ったのに廃盤や在庫切れしている時は、見た目が変わらないような代替え生地を用意したりして臨機応援に対応していっています。
代替えできない柄物などは、発注数を予測して、生地を事前に買っておくこともしています。

>質問内容
完成から、結構時間が経ってしまったサンプルを展示会に出すのは良くないでしょうか?

>返答
これは全然問題ないと思います。

以上、少しでもお役に立てばと思います。
よろしくお願いいたします!

:Aさんからのメール

とても分かりやすくご丁寧なアドバイスありがとうございます。
ここまでの詳しいご意見が伺えるとは思っていなかったので、本当に感謝しております。
重ねてお礼を言わせていただきます、貴重なアドバイスありがとうございます。

こちらからご相談をしておきながら、自分の考えやコンセプトなど記載せず、大変失礼いたしました。

いまの段階で僕が考えている事は、〜〜〜ここはブランドコンセプトが記載されていました。〜〜〜

値段の方は、大体ですが、ジャケットで1着、3万円、スカート1万、ブラウス1万以下、ワンピース1万5千くらいを考えております。

取り扱う商品が4点なのは、単純に資金力の問題と、ブランドを企業経営ではなく個人経営でやっていこうと思っておりますので、1人で常に新しい商品を作りつずけるのは厳しいと思ったのであえて絞ろうと思いました。

具体的な目標数字ですと、まずは年間、経常で30万ほどを設定しております。
素人ながら、大小、様々なブランドが乱立する中で、資金力の無い個人の新規参入は厳しいと思い低い目標設定からコツコツとやっていき、自分のブランドが通用するのかを見極めていきたいと考えております。

以上になります。

重ね重ね大変申しわけありませんが、もし可能でしたら感想などがあればお聞きしたいと考えております。
お手数、お時間をとらせてしまい、申し訳ありません。

長くなりますので、また次回続きを掲載いたします!
掲載にご協力頂きました「Aさん」、ありがとうございます!感謝いたします!


12744236_976808132410881_3942600536057551150_n
荒井典雄(アライノリオ)

デザイナー / クリエイター
株式会社グラトリー代表
株式会社バルバコーポレーション所属
2006年よりアパレルブランドをスタート、全国約50社へ卸売。
BEAMS、FREAK'S STORE、TOWER RECORDSなど大手とのコラボレーションも行う。
2016年よりドローンを扱った動画クリエイションスタート。
2018年よりデザイン、クリエイションを包括的に行う、クリエイティブディレクション業をスタート。
お仕事のご依頼などもお気軽にご相談ください。→adx86010@ams.odn.ne.jp  

アパレルブランドの始め方

アパレルブランドの始め方#1
アパレルブランドの始め方#2
アパレルブランドの始め方#3

Instagramも発信中!




Twitterも発信中!





 荒井典雄 SNS
※「フォロー」や「イイね」よろしくお願いします。

メールでのご連絡はこちらまで→adx86010@ams.odn.ne.jp 

こんにちは、クリエイターの荒井です。
クラファン


一か月前より行っていたクラウドファンディングが2/28で終了しました。

結果はというと、10人の方にパトロンになって頂けましたが、残念ながら目標額に届かず未達成となりました。

今回も応援してくれていた方々には、本当に感謝です!!

支援をしてくれた方々、ダイレクトメッセージで直接応援のメッセージをくれた方々、定期的にシェアや、イイねをして頂いていた方々など、応援して頂いていることに、とても勇気を頂きました。
ありがとうございました!!

オープンで応援のコメントをしてくれた方のものは紹介させて頂きますね。




本当にありがたいです!

次回のチャレンジへ向けて

今回もチャレンジしたからこそ気が付いた事は沢山ありました。

その中でも、すぐに改善出来そうなことは、自分のメモとして、クラファンのチャレンジを考えている人へ向けて、いくつか挙げておきますね。

①内容は伝わり易く。
自分自身が良いプロジェクトだと思っているので、大切な事を沢山伝えたくなりますが、出来るだけ絞った方が良さそうですね。
特に初見の方は、ページを1分も見ないでしょうから、それでも伝わることをもっと意識した方がよさそうでした。
僕は1から10まで伝えていたので、内容が入って行きづらかったと思います。

②現実の繋がりと、WEBの繋がりのバランス。
クラファンのプラットフォームが過去の成功から伝えている法則として、「友人・知人からの支援」「友人・知人の友達からの支援」「全く知らない人からの支援」がそれぞれ1/3で入ると良いらしいです。
僕の場合は友人・知人からの支援が80%、友人・知人の友達からの支援が10%、全く知らない人からの支援が10%というバランスだったので、圧倒的に直接の繋がりではない人達への発信が足りませんでした。
PV数はそこそこあったので、やはり①の内容の伝わり易さに問題あったかな?と思います。
このバランス感をもっと意識して、発信の仕方も考えなければ行けなかったと思います。

③相性の良い発信方法はTwitter
Twitterが1番拡散もされ易く、リンクも貼れるので流入にすぐ繋がると思いました。
僕はInstgaramはフォロワー5000人いるのですが、Instgaramはリンクが貼れないので流入に繋がり辛かったです。
Twitterはあまり稼働していなかったので、フォロワーは200人弱でしたが、InstagramよりTwitterからの流入の方が多かったです。
FACE BOOKやBLOGでの発信も必要かと思いますが、この2つはしっかりした情報発信に向くので、気軽に発信しづらい部分があります。
トータル的にはTwitterに一番力を入れた方が良いのかな?と思いました。
ということでクラファンでのチャレンジを考えている人は、事前にTwitterでの活動は活発にしておいた方が良いと思いますよ!

以上となります。
ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

普段から応援して頂いている目の前の方を大切にしながら、また次のチャレンジに進んで行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします(^^)


12744236_976808132410881_3942600536057551150_n
荒井典雄(アライノリオ)
株式会社グラトリー代表。<コーポレートサイトhttp://www.gratory.com/>
2006年にメンズアパレルブランドICHI-MIRIを立ち上げ、現在ICHIMILE GRATORY デザイナー。
今までに渋谷に「AKALI」高崎に「ThereThere」というショップを展開。
アパレルのお仕事以外にも、カメラやドローンを使用した撮影や、イラストやグラフィックを描くことなど、クリエイティブなお仕事に色々と携わらせて頂いています。
お仕事のご依頼などもお気軽にご相談ください。MAIL:adx86010@ams.odn.ne.jp  
 

オススメの本

漫画「亜人」の設定がすごく秀逸。まだ読んでいない人はぜひ読んでみてください。

アパレルブランドの始め方

アパレルブランドの始め方#1
アパレルブランドの始め方#2
アパレルブランドの始め方#3

Instagramも発信中!




Twitterも発信中!





 荒井典雄 SNS
※「フォロー」や「イイね」よろしくお願いします。

メールでのご連絡はこちらまで→adx86010@ams.odn.ne.jp 

こんにちは、クリエイターの荒井典雄です。
mig

最近、仮想通貨のことを聞かれることが良くあります。
せっかく質問してもらうのですが、僕自身なかなか上手く説明が出来ていないのが正直なところ。

WEBで調べても仮想通貨の説明は様々ですし、色々な側面があり、なかなか一概に言えないところなのだと思います。
そんな訳で今回は仮想通貨とは何なのか?僕が理解している部分を出来るだけ簡単にまとめてみたいと思います。

仮想通貨とは何なのか?

仮想通貨はインターネット上で使うことができる通貨です。
国境をまたいで送金も出来ますが、現状は送金に時間がかかり過ぎてしまったり、価値の変動も大きくて、今のところは通貨として使うのは、なかなか難しそうです。

どんな種類があるのか?

元祖仮想通貨が「ビットコイン Bitcoin」です。
このビットコインを元に作られた、その他の通貨のことをアルトコインと言いますが、有名なもので「イーサリアム Ethereum」「リップル Ripple」などなど、その他にも600種類以上ほどあるようです。

ブロックチェーンとは?

仮想通貨というよりも、個人的にはブロックチェーンに注目しています。
ブロックチェーンは、ビットコインを原型とした技術を使用したものです。
ブロックチェーンを、簡単に言うと台帳をユーザー同士で分散して管理し合うシステムのことで、それにより不正や改ざんが不可能になっています。そしてその台帳データは誰でも確認できます。

ブロックチェーンの何が凄いの??

「第三者を介さずに価値のやりとりができるようになったこと」だと理解しています。
今までは、世の中にあるものの価値をやりとりする場合は、第三者の証明がないと信用が難しいものばかりでした。お金も日本銀行という第三者が証明している価値ですね。
しかしブロックチェーンは、分散管理することで不正や改ざんが不可能、さらに管理者がいないので価値をコントロールすることが出来ないことなどにより、第三者を介さずとも信頼性のある価値を送ることが出来るということです。

なかなか頭を柔軟にしないと難しい話ですね。
僕も専門技術者ではないので、想像出来る範囲が狭いのですが、この信頼性の高いブロックチェーンの技術で様々なテクノロジーが発展して行くことは間違いなさそうです。

仮想通貨は通貨以外の用途も

仮想通貨という名前だと、貨幣の印象が強いですが、決済機能のみが仮想通貨ではありません。

例えばアルトコインの1つ、「イーサリアム Ethereum」は、アプリケーション作成のプラットホームです。イーサリアムのブロックチェーンを利用して誰でもアプリケーションを作成する事ができたりします。

仮想通貨の保有

仮想通貨は取引所でアカウントを作れば簡単に売買は出来ます。今メジャーなコインは以前のように急激に価格が上がることは少なくなって来ました。
なので投機目的には微妙な気がしますが、上記のように仮想通貨、ブロックチェーンの新しいテクノロジーに長期的に期待する人が、保有するのが良いのかと思います。
取引所は手数料が安くて、購入できる銘柄が多いのでZaifが良いと思いますよ。
仮想通貨取引所 Zaif

仮想通貨の今後

実際には、まだ仮想通貨、ブロックチェーンは実用化されているものは少なく成長途中です。
2020年位に実用的になるのではないか?という話ですが、この辺りの見解は様々かと思います。
実用化される前に、これだけ価値が上がったり話題になるのも凄い話ですよね。

いかがだったでしょうか?僕はブロックチェーンの技術がどのように世の中に浸透して行くのか?とても楽しみにしています。
今は想像もつかないようなことが、どんどん生まれて来るのでしょうね。

それではまた次回。


残り2日間です!!
感動的なドローン空撮の魅力を広めたい!という想いで、空撮で洋服を作りました。
現在、クラウドファンディングで「熊本の"着る空撮"」の制作資金を集めておりますので、ぜひご支援(ご注文)よろしくお願いします!
熊本の風景で作った「着る空撮」は素晴らしいものになると思います!


12744236_976808132410881_3942600536057551150_n
荒井典雄(アライノリオ)プロフィール
株式会社グラトリー代表。<コーポレートサイトhttp://www.gratory.com/>
2006年にメンズアパレルブランドICHI-MIRIを立ち上げ、現在ICHIMILE GRATORY デザイナー。
今までに渋谷に「AKALI」高崎に「ThereThere」というショップを展開。
アパレルのお仕事以外にも、カメラやドローンを使用した撮影や、イラストやグラフィックを描くことなど、クリエイティブなお仕事に色々と携わらせて頂いています。
お仕事のご依頼などもお気軽にご相談ください。→adx86010@ams.odn.ne.jp  
 

オススメの本

漫画「亜人」の設定がすごく秀逸。まだ読んでいない人はぜひ読んでみてください。

アパレルブランドの始め方

アパレルブランドの始め方#1
アパレルブランドの始め方#2
アパレルブランドの始め方#3

Instagramも発信中!




Twitterも発信中!





 荒井典雄 SNS
※「フォロー」や「イイね」よろしくお願いします。

メールでのご連絡はこちらまで→adx86010@ams.odn.ne.jp 

↑このページのトップヘ