早いもので、成浩くんが病に斃れてもう1年と2ヶ月!
10月、彼の命日だったかに遺骨はここに納められたそうです。
PC200034 2
日本に帰ったら成浩くんのお墓参りに行きたいと言っていた中原さんが、日本にやってきました。
筆者もこの機会にと、同行することにしました。
墓を見つけるのに時間がかかりましたが、パジャさんに電話で聞いたりしてなんとか見つけました。
同姓同名のお墓もありましたが年が違い過ぎました。
さすがに成浩くん、簡単には会わせてくれません。

ここは花屋さんを過ぎてそのまま7〜80m進んだところです。
お墓はこのC区画のところから入りそのまま左側へ...
PC200033
やや進むとこの階段があり、一段下に下ります。
そしてまた崖っぷちの列を左にいくと見つかりました!
何せ大きい霊苑なので見つけるのも大変でした。
PC200021
ここです。
5BCEACA1-A9C0-487C-BD07-66DDBC5623E8_1_105_c
花の茎が長すぎると、酒向さんが短くしています。
EC814500-9FC9-4D33-B599-7A371B195A31_1_105_c
右側の花も長い!と酒向さん。
205C6201-3B06-4B4E-AAF2-5826BC5ED714_1_105_c

7066D141-A365-4835-A57C-2A143B7F6844_1_105_c
酒向さんが短くしています。
PC200029
無事おさまりました。
線香を上げ、ガラスのツボにローソクを立てました。
PC200028 2
それぞれ思いがあることでしょう...
PC200030
石田さん
PC200031
酒向さん
PC200032
中原さん

私事ですが、私の父の腹違いの弟(サムチョンというよりチャグナブヂがしっくりきます)は父の墓に来るといつも手を合わせながら、
「兄さん、そちらの暮らしはどうですか?」
と、まるで生きている人に話しかけるように問いかけるのです。
この記事の表題は、それを思い出して...
別にフツーですが、それがおもしろくもあり、哀しくもあり...
成浩くんも今頃はあちらで、飲んだくれの私の親父兄弟とどっかですれ違っているかなぁ...

そして...
中原さんは、墓参りの翌日の今日、滑走路に雪が積もったという仁川国際空港に飛び立ちました。