2017仁川富平風物祝祭 その1

台風到来で出演出来ず!残念だった今池まつりから一週間。
今年も趙成敦先生が作った風物祝祭を観に富平へ行って来ました。
DSC03732
地下街に貼られたポスター
DSC03500
祭りが本格的に始まる前から学校対抗の競技会。 写真は小学生の力強いアンジュンパン。 出場校が多く。演奏は延々続きます。
DSC03502
開幕キルノリです。 地元の複数チーム合同です。
DSC03505
それぞれチームのユニフォームに工夫を凝らして。 赤いスーツのチームもあり。
DSC03512
キッパルノリの旗は無地で、棒もステンレス。 ノリパンでも、真似できるかな。
春川農楽
伝統マダンでは春川農楽
美しい隊列

春川農楽2
コッカルとチマチョゴリの色がそろっていてカワイイ
DSC03547
伝統マダンでは″호남여성농악 湖南女性農楽″
DSC03548
ノリパンワークショップで習ったことのある動きが次々出てきます。最近してないものも。 懐かしい!
DSC03549
ノルムマチの先生方も色々学びながら教えてくださったんだな〜と改めて思いました。
DSC03556
すっかり日暮れて、次は″대동놀이 풍물굿패 삶터″
DSC03559
観客も参加して。五色の布を編んでいきます。
編み編み
少しいびつだけどこんな形に。

DSC03554
一方メインステージでは開幕公演。 李光壽先生のピナリ

DSC03552
舞台から降りたところでパチリ!

DSC03540
いつも明るいサモニムともお会いしました。

DSC03561
今夜の食事は海鮮です。 富平在住、風物魂振のMちゃんと相変わらずラブラブのだんな様。そして私たちと同じ便でやって来た風物魂振メンバーのAさんTさんと娘さんとも合流です。

DSC03568
白身魚とホヤの刺身。 刺身を食べると作ってもらえるメウンタン。 カルグクスも。

DSC03564
この店は特に新鮮でおいしいって。 始めて食べるホヤも癖がなくておいしい!

DSC03572
お腹いっぱいで、遅くまでチャンダンが響く街を後にしました。 つづく…

9月2日ノリパン!

朝晩涼しく早くも9月。
今池まつりが近づいて来ましたね。
で、今日のノリパンはキンサンモが登場!
はまった人が二人。
披露できる日も近い?かな??

DSC_0127

小芝居の後継者に名乗りを上げた人たち 「ぺ〜み〜!!」

DSC_0129

チンとプクの次はこれでしょう。Aちゃんの楽しいキャラにピッタリだよ!

IMG_5081

着替えがなくて大人のTシャツを着たSくん。何度も挑戦して回るようになったよ!

SWING to サンモSHOW

ソウル公演は楽しかったです。身に余る大きな拍手声援をいただき恐縮と感謝の気持ちで胸が一杯になりました。
今回大きな役割を果たしたノリパンシスターズは名古屋に帰ってくるやいなや早速サンモにチャレンジです。
全く頼もしい限りです。
DSC_0122
首を痛めないようにしてください。
DSC_0123_1

1503247553857
今年の今池祭りにはどうでしょうか...
頭も体も柔らかい人たち。
1503247578177
子供は宝です!

チュムの先生

今年のソウルでの祝祭はノリパンのワークショップに来られた全ての講師先生方に出演していただくことになっていました。
しかし何人かの先生のお名前がありませんでした。
私たちの記憶のためにここに記しておきたいと思います。

2008年にお見えになった、成イェジン先生。
朴キョンラン先生のお弟子さんで、朴キョンラン先生振り付けのチャンゴチュムを教えていただきました。
若くてかわいらしい先生は、講習の時もきれいなチマチョゴリを着て丁寧に教えてくださいました。
とても美しくて物静かな先生でしたが、打ち上げでは気さくにお話してくださいました。
熱心に教えてくださいましたがこの後お会いする機会がありませんでした。

もうお一人は固城五広大保存会の代表李潤石(イユンソク)先生です。
この方は陳監督がもっとも尊敬する方の一人だといつも口にされています。
97年にワークショップに保存会のファン先生とともにお越しくださり、李先生からトッペギチュム、黄先生からヤンバンチュムを教わりました。
今池まつりまで練習を重ねて、衣装や仮面を手作りして披露したのも良い思い出です。
李先生は保存会会長にして現役のお百姓で、踊る大きなごつい手は太陽の下で仕事を重ねた本物でした。

最後に2013年「ナグネたちの祝祭」公演にノリパンの鶴舞を舞台に上げるため、ワークショップに来てくださった朴ヨンス先生。陳監督とは若かりし頃一緒に鳳山タルチュムに取り組み、また、一緒に暮らしたこともある旧知の友であり、李梅芳先生の弟子として伝統舞踊を収めた舞踊家である先生。優れた身体能力を駆使した表現力豊かな鶴舞を教えてくださいました。
今回再び鶴舞を踊ることになり、先生の講習のビデオを何度も見て練習しました。

写真家 金寧万先生のブログを訳しました。

https://m.blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=jomthe&logNo=221074503842&proxyReferer=https%3A%2F%2Fm.search.daum.net%2Fsearch%3Fw%3Dtot%26nil_mtopsearch%3Dbtn%26DA%3DYZR%26q%3D%25EB%2586%2580%25EC%259D%25B4%25ED%258C%2590%2B%25EC%259E%25A5%25EC%2582%25AC%25EC%259D%25B5

_DSC6064


張思翼と名古屋のつながり

日本の名古屋を中心に私たちの伝統文化を伝えて来た在日同胞の名古屋「ノリパン」は8月11日 KOUS(韓国文化の家)で「縁が醸した宴」を行い、続いて翌12日には仁寺洞の南仁寺マダンで名古屋ノリパンの共同創設者(ママ)で17年前にこの世を去った稲垣真人のためのパンクッ(農楽)を繰り広げた。
名古屋の「ノリパン」とソウルの(権俊成先生率いるグループの)「広開土」のコラボによる「祝祭 光復72周年、風物(農楽)で出会った韓日の宴」で、それぞれの持ち味を発揮した。

前日の公演に友情出演しこの仁寺洞公園を激励に来た友人の張思翼を見ながら、彼と共に夫婦同伴で2013年に名古屋に行きノリパンが主催した稲垣真人追悼公演に行って来た記憶が胸に去来した。

日帝時代を乗り越え祖国は解放を迎えたが、異国の地で依然として異邦人として生きなければならなかった在日同胞の屈折した「生」をどうして全てを理解できる言えるだろう?
すでにそこでは根を下ろし何より生き残らなければならなかったし、その代わり彼らは祖国に対する思いを私たちの伝統文化を継承することに見出していた。
ところが意外にも日本人である稲垣真人教授が韓国の伝統文化を愛し力を添えてくれ、ともに一つとなってエポックを画した。

2013年、あれやこれや絡み合った繋がりを解きほぐす名古屋(トクゾー)公演を見てきたユンセヨン(夫人)が東亜日報に書いた文があり、ご理解いただく参考になればとここに載せることにする。
(下手な訳ですみません)

91aa5a79
カメラを構える金寧万先生

ユン セヨンさんのエッセイはこのブログでも紹介しています。
http://blog.livedoor.jp/noripan/archives/52415412.html





祝祭はトワイライトの仁寺洞 3


_DSC6007

_DSC6023

_DSC6025

_DSC6030

_DSC6034

_DSC6035

_DSC6036

_DSC6037

_DSC6038


_DSC6041

_DSC6042

_DSC6043


_DSC6045

_DSC6048

_DSC6046

_DSC6047


_DSC6050

_DSC6051

_DSC6052

_DSC6052

_DSC6053

_DSC6054

_DSC6056

_DSC6057

_DSC6058

_DSC6059

_DSC6060

_DSC6062

_DSC6061

_DSC6063

_DSC6064

_DSC6065

_DSC6066

_DSC6067

_DSC6069

_DSC6068

_DSC6070

_DSC6071

_DSC6072

_DSC6073

_DSC6074

_DSC6075

_DSC6076

_DSC6077

_DSC6078

_DSC6079

_DSC6080

_DSC6081

_DSC6083

_DSC6085




祝祭は トワイライトの仁寺洞 2


_DSC5880

_DSC5881

_DSC5882

_DSC5883

_DSC5884

_DSC5885

_DSC5886

_DSC5887

_DSC5888

_DSC5890

_DSC5891

_DSC5892

_DSC5893

_DSC5895

_DSC5896

_DSC5899

_DSC5900

_DSC5901

_DSC5902

_DSC5903

_DSC5904

_DSC5905

_DSC5907

_DSC5906

_DSC5913

_DSC5914

_DSC5921

_DSC5926

_DSC5928

_DSC5930

_DSC5931

_DSC5932

_DSC5934


_DSC5935

_DSC5936

_DSC5937

_DSC5938

_DSC5940

_DSC5942




_DSC5945

_DSC5946

_DSC5948

_DSC5947





_DSC5956



_DSC5959


_DSC5958

_DSC5960


_DSC5963

_DSC5964

_DSC5962

_DSC5966



_DSC5969

_DSC5968

_DSC5970


_DSC5972

_DSC5974



_DSC5975


_DSC5979

_DSC5980


_DSC5982

_DSC5984



_DSC5985

_DSC5987

_DSC5988


_DSC5990

_DSC5991

_DSC5992

_DSC5993

_DSC5994



_DSC5996


_DSC5998

_DSC5999


_DSC6002





_DSC6007










祝祭はトワイライトの仁寺洞 1


_DSC5856

_DSC5858

_DSC5859

_DSC5860



_DSC5862

_DSC5863

_DSC5864

_DSC5865

_DSC5866

_DSC5867

_DSC5868

_DSC5869

_DSC5870

_DSC5871

_DSC5872

_DSC5874

_DSC5875

_DSC5876

_DSC5877

_DSC5878

_DSC5879

_DSC5880

舞台は廻る KOUSから仁寺洞へ 2017.8.12(土)

神妙な顔をするみゆりさん
_DSC5789
お母さんからメークしてもらっています。
_DSC5792

_DSC5802
母子似てますね。
_DSC5810
1部が終わったらダウン。
_DSC5811
一部が終わってカーテンコールありと連絡が来ましたがなくなり....
_DSC5812
2部の終わりに張思翼さんのアリランにフィナーレを兼ねて全員参加。
今回のステージではこれまでにない大きな拍手をいただきました。
ここまで引っ張ってくれた先生方、スタッフの皆さんの苦労を偲びながらありがたく受け取りたいと思います。
_DSC5813

20170811_233206


20170811_234255



_DSC5814

_DSC5816


_DSC5818

_DSC5817

_DSC5819

_DSC5820

_DSC5821

_DSC5822

_DSC5823

_DSC5824

_DSC5825


_DSC5826

_DSC5828

_DSC5829

_DSC5830

_DSC5831

_DSC5832

_DSC5833

_DSC5834

_DSC5835

_DSC5837

_DSC5836

_DSC5838

_DSC5839


_DSC5840

_DSC5841

_DSC5843

_DSC5842

_DSC5844

_DSC5846

_DSC5847

_DSC5846

_DSC5848

_DSC5849

_DSC5850

_DSC5851

_DSC5852

_DSC5853

_DSC5854

_DSC5855

_DSC5856










祝祭 佐竹さんから再び写真をいただきました....

佐竹さんから追加の写真をいただきました。
いつも本当にありがとうございます。
佐竹さんは11日の公演は1部しか見ることができなかったそうです。
それでもくっきり鮮明な写真は演者の表情を余すことなく捉えます。
FDS_1262a_R
ノルムマチシナウィ
FDS_1267a-1_R
テホ先生のプクパフォーマンス!
FDS_1270a_R
首に巻いているのはお土産に差し上げた有松絞の手ぬぐいですかね。
FDS_1271a_R
御大の金株弘先生
FDS_1374a_R
陳玉燮(チノクソブ)監督
FDS_1490a_R
趙成敦先生のコッカルソゴチュム
FDS_1498a_R

FDS_1519a_R
ノルムマチ
FDS_1606a_R
章寅淑先生の「論介サルプリ」
FDS_1634a_R

FDS_1740a_R

FDS_1828a_R
朴キョンラン先生と鄭ヨンマン先生
FDS_1887a_R
朴キョンラン先生はいつも笑みをたたえていますね!
FDS_1931a_R

FDS_2417a_R
張思翼先生。
現代最高の歌客とテレビでも紹介されていました。
FDS_2525a_R
場所は変わって翌日の南仁寺洞公園です。
FDS_2654a_R
コスプレすごい!
韓国ののど自慢に出て来そうな人です!
FDS_2793a_R
この日は権俊成先生率いる「広開土」の皆さんと共演です。
FDS_2813a_R
「広開土」の素晴らしいパフォーマンスに圧倒されました。
FDS_2815a_R

FDS_2950a_R
この暑さの中でこの獅子舞!
しかも親子2頭います!
FDS_2958a_R
す、すごい!
FDS_2969a_R
この獅子は権俊成先生の奥さんが全部作ったそうで、これもすごい!
FDS_3004a_R
ここまでくると......
FDS_3022a_R
体操選手顔負けの身体能力!
FDS_3026a_R
このボナノリも圧巻でしたね!
FDS_3033a_R

FDS_3040a_R
直径1m近くある大ボナも軽々と....
FDS_3045a_R
ノリパンの子供達にも気を使ってくださいました!
FDS_3052a_R
この高さもすごいです!
FDS_3086a_R
ツインなヨルトゥバルもすごいです。
昔のサムルノリのパフォーマンスを進化させています!
FDS_3087a_R

FDS_3090a_R

FDS_3104a_R
あの時の感動が蘇ります!
佐竹さん、素晴らしい写真、本当にありがとうございました!


livedoor 天気
ギャラリー
  • 2017仁川富平風物祝祭 その1
  • 2017仁川富平風物祝祭 その1
  • 2017仁川富平風物祝祭 その1
  • 2017仁川富平風物祝祭 その1
  • 2017仁川富平風物祝祭 その1
  • 2017仁川富平風物祝祭 その1
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます!