ノリパンblog

昨年、中日新聞に寄稿した時の初稿に加筆訂正しつつソウルへの道のりを振り返りたいと思います。

20664728_1514999478545591_501106913321267790_n
小さな子どもたちが大人に混じっておぼつかない足取りで一生懸命ついてくる。

危なっかしくて見ていられなくなった大きいお姉さんが手を引いたり時には抱き上げたりして人の群れからから守ろうとする。隊列が乱れても誰も気にしない。

今池祭りの一風景....私たち「ノリパン」の農楽に相応しい光景である。 

fullsizeoutput_d52

一般人にはプロが真似の出来ない楽しみ方がある。

こう励ましてくれたのは二十年来私たちを指導してくれた韓国の打楽グループ「ノルムマチ」のリーダー金株弘(キムヂュホン)氏。
20170810_093728
ノリパンとはハングルでは遊びの場。
朝鮮半島に伝わる農楽、すなわち伝統の打楽器を打ち鳴らしながら練り歩き広場では陣形やリズムを変化させながら演戯する、そんなことが大好きなプループだ。
現在のメンバー構成は在日コリアンと日本人と彼らのダブル。一九八九年の第一回から参加しててきた今池祭りでの演戯を今年もさる九月に無事にやり終えることができた。
今の中心メンバーは二十八年前にはまだ生まれていないか小さな子どもだった。
そんな彼らの子どもたちもいまや農楽のメンバーなのだ。
あと十年もすれば今の中高生のメンバーも子どもたちを連れて参加しているかも知れない。
20170810_114227
想い起こせば八三年から大阪で在日コリアンのルネッサンスともいえる生野民族文化祭が毎年行われ(二〇〇二年まで)そこで繰り広げられる農楽や、風刺や諧謔を織り込んだマダン劇(野外劇)に私たちも感動し衝撃を受けていた。
20170810_114233
八六年ごろからダンボール箱をチャンゴ(長鼓)に見立てて楽譜も何もないところで見よう見まねで練習を始めた。
ちょうどそのころ、長野県美麻村(当時)の廃校で韓国の四人グループ「サムルノリ」がワークショップを始めた。
彼らは伝統打楽器による演奏とパフォーマンスで世界を席巻し、日本でもたびたび公演を行っていた。
その彼らのもとに全国からいろいろな人が集まり、ノリパンも家族ともども参加して伝統のリズムや農楽などを学ぶことになったのである。
_DSC5631
洋楽とも邦楽とも全く違う。円弧を描くような呼吸感。
「起承結解」とも「陰陽」ともいわれるリズム。
そこに宿る身体感覚はかつて味わったことのない異質で新鮮な刺激と安らぎを同時におぼえるものだった。

_DSC5632
自分の出自が身近に感じられ、何かが充たされ解き放たれていく。
ぎこちなくチャンゴを叩く自分が愛おしくすら思えた。
元祖サムルノリのメンバーから直接手ほどきを受けるという僥倖と大きな衝撃。
その残響は今でも何本かのカセットテープと私の胸の底に残っている。
_DSC5633
名古屋でも九〇年から韓国の講師を招いて農楽のワークショップを始めた。
九四年からはノリパンが主催し、九五年から二十年にわたり前述の「ノルムマチ」について農楽、仮面舞、舞踊、パンソリまで齧った。

_DSC5642
昨年から新しい講師として韓国からやって来た農楽のスペシャリスト趙成敦(チョ ソンドン)先生がノリパンに新しい風を吹き込んだ。
それまで幾つかのクラスに分かれていたワークショップを整理し、参加者全員で農楽の中の小鼓(ソゴ)の振りを学ぶことになった。
老若男女が参加できる農楽こそノリパンの進むべき道と再確認させてくれたのである。

20638748_1513723945339811_1206852041200791301_n
来年はソウルで今まで講師としてワークショップに来て下さった沢山の先生方と同じ舞台に立つ予定だ。
「ノリパン」の旗を立てて街頭にも繰り出し練り歩くつもりだ。
ソウルの人たちは名古屋の今池のように暖かく迎えてくれるだろうか。
陳玉燮(チンオクソブ)監督(舞踊と評論の専門家)が手ぐすねをひいて待っている。

2016.10記
_DSC5634
こうして今日2017年8月10日、ソウルの漢江に沿って陳監督の待つ現場に向かっています。

国籍その他いろんな事情で来れなかった仲間の顔を思い浮べながら......





















































佐竹様 素晴らしい写真をありがとうございます。
早速ブログに掲載させていただきます。

韓国文化の家KOUS主催「祝祭」公演に参加させていただきました。

8月10日に私たちはソウルに飛びその夕方からリハ練習でした。
翌10日も8時半に劇場に集合し全ての公演が終わったのは夜の10時を回っていました。
さらに11日は午前中に江南から仁寺洞に移動し午後4時からパーフォーマンスを始めました。
幼児から老人までの私たちには体力的にきついものがありましたが、この濃い経験はいつまでも記憶に残り続けると思います。
FDS_1278a_R
いい写真です!
FDS_1302a_R
最初は予定になかった珍島プックチュムも陳監督はアボジを見てイケると確信したようです!
FDS_1286a_R
伴奏も自分たちでやれと言われてやむなく....
FDS_1415a_R-1
仲間内をあまり褒めすぎるのもなんですが
写真が素晴らしいからでしょうか....
FDS_1289a_R
笑顔がいいですね!
FDS_1381a_R

FDS_1390a_R

FDS_1379a_R
ヨンスも伴奏の仲間です
FDS_1667a_R
一時はどうなるのかと思われた鶴舞...
プログラムには「鶴舞」とだけ書かれていました。
所詮ナンチャッテですから.....
FDS_1672a_R
元となる「東萊鶴舞」とは似ても似つかぬ構成を陳監督はいつも面白がってくれます。
照明と衣装それにスモークまで動員してなんとか乗り切りました(笑)
FDS_1720a_R
意外と反応が良くてこちらがびっくりしました。
若いッ!女子を起用したからでしょうか...
FDS_1947a_R-1
パンクッ!決して上手くありません。
しかし幼児から老人までが参加するパンクッは韓国の人たちに衝撃を与えるに違いないと陳監督は考えたようです。
指導してくださった 趙成敦先生は舞台用にアレンジしてくれましたが、長くなることを厭わずに全ての人に光が当たるように作ってくださいました。先生の人柄がそうさせたようです。
FDS_1948a_R
私たちを指導してくださっている趙ソンドン先生は誰よりも大きな掛け声をかけて励ましてくださいました。
子供達は希望です!
FDS_1951a_R

FDS_1970a_R
両足が浮いています。
一瞬を切り取って、印象的な写真ですね!
FDS_1971a_R
やや緊張気味のアッパ!
一族郎党での参加は本当に心強かったです!
FDS_1973a_R
オンマの強い思いが伝わって来ます。
FDS_1989a_R
大ちゃんが全体を引っ張ってくれました!
FDS_2219a_R
決して体調が良くなかったようですが、さすがです!
第2部の公演の終わりにはお客さんが立って拍手をくださってびっくりしました。
FDS_2418a_R
一部を終えて控え室で集合写真
FDS_2749a_R
場所は変わり翌実は仁寺洞の野外舞台。
KOUSのスタッフが準備をしてくださいました。
FDS_2931a_R
権俊成先生率いる「広開土」の皆さんがご一緒してくださいました。
オープニングはキルノリからチンドプクチュム。
続いて「広開土」による力強いサムルノリ!
久しぶりに心が踊り魂が揺れました!
FDS_3066a_R-1
舞童(ムドン)です。
趙ソンドン先生が子供達の恐怖心を取り除いてくださいました。
今では子供達もこれが大好きです。
FDS_3068a_R
笑みが写真から見ている私に伝染して来ますね!
FDS_3143a_R
フイギュアアッパの車燦鎬先生が詩雨くんを!!!!!
FDS_3144a_R
大団円はラグビー用語を借りればノーサイドなお祭りです。
FDS_3146a_R
イナ君の得意顔です!
FDS_3147a_R
子供二人の世話をしながら...でもこの瞬間は弾けています。
FDS_3152a_R
歌手の張思翼先生です。
いつも私たちを応援してくださいます。
FDS_3164a_R
そうそう、「広開土」の素晴らしいパーフオーマンスはまた後ほどブログにあげたいと思います。
権俊成先生、ご一緒出来て嬉しかったです!
韓国のお客さんの反応は日本よりほんの少し熱かったように思いました!

観客の皆さん、スタッフの皆さん本当にありがとうございました!
あらりアッパにも感謝です!
ソウルでの写真はこれからも少しづつ載せてゆきますので気長に乞うご期待です。

写真を提供してくださった佐竹さんに改めて御礼申し上げます!

時が流れ街が変わりそして人も通り過ぎて行きます。
前回のソウルでのパフォーマンスから七年の年月が流れました。
ソウルでの公演などもう無いと思っていましたが....
この間私たちの仲間も成長し、また新しい命が生まれ....
新しい先生に出会い、新しい道が開けるのかもと思い込み…それとも勘違い?
20108300_1293331100793122_8903663272144689034_n
恩人の先生方です。ご一緒させていただいた時間がよみがえります。
20106302_1293316584127907_3468471394925584337_n
このポスターは8月12日の南仁寺マダン野外舞台でのものですね。
権俊成先生のグループ「広開土」がご一緒してくださいます。
これも楽しみですね!
今池の街角で羽鳥さんに撮っていただいた写真です。
20245952_1293321840794048_6662782244916441122_n
暑い ....熱い....
20245486_1293321847460714_4897196410706137837_n
体力が心配です。
20139632_1293331034126462_6055030069407935835_n
今度も朝鮮籍の仲間が入国を阻まれました。

8月のソウルKOUS、仁寺洞公演のため、
陳監督、趙成敦先生が二週間にわたって相次いでノリパンにやってきました。
ハーモニー春日井はノルムマチとのワークショップを始めたところで、私たちにも故郷のようです。
陳監督がここにわざわざここに来た理由もそこにあるかもです。
FB_IMG_1500169745640
写真は順不同
ソンドン先生の指導でさっぱりとしたソルチャンゴ。
やさしいカラッで多様な展開。
ノリパンの農楽にも通ずるところがあります。
20170709_135950
仁寺洞の練習のつもりで珍道プッチュム...
池アボジのハリのある口上で始まります。
陳監督はこれを見て、急遽KOUSに上げることになりました。
池アボジ、シマさんにはこれ以上は上手くならないでくれと頼んでいましたが....
意味を計りかねるお二人の心境やいかに...
20170709_093556
ノリパンの出番が多くなり陳さんはプログラム予定を大幅に変更せざるを得なくなったようです。
鶴舞のトンデモ振り付け、また本場の人に名古屋鶏舞健在だねと嫌味言われるかもですが...
東萊鶴舞をリスペクトしながら下手がヘタに真似しては失礼との苦肉の策です。
そんなこんなでどうなるやら....
20170708_224619
陳監督は名古屋に来ると今池の藤一番の台湾ラーメンを必ず召し上がります。
ソンドン先生とも参りました!
_DSC5395
陳さんが北アルプスに行こうというので、上高地から前穂高岳にお伴しました。
19959385_1602883346452725_1278472681392996953_n
標高2170mの小屋を5時半過ぎに出発して涼しいうちに高度を稼ぎます。
頂上までは誰に会うこともありませんでした。
_DSC5595
ソンドン先生とは中央アルプス宝剣岳の千畳敷へ
_DSC5602
今年は残雪が多いです。
fullsizeoutput_dfc
写真の順番がメチャクチャ...
直す気力が湧いて来ません。
陳監督とは共に21年ぶりの前穂高。
標高3090mです。
涸沢カール越しに槍ヶ岳が見えます。
監督はそれよりも昔泊まったことのある涸沢ヒュッテを見下ろして感慨深げです。
19989331_1602881216452938_5206139631620792062_n
登りでは誰にも会うことはありませんでした。
雄大な自然の中で監督は何を思ったのでしょう....
fullsizeoutput_e68
ソンドン先生と伊那谷の地ワイナリーの一つ、まし野ワイナリーに立ち寄りました。
まろやかとは言えないような個性の強いワインを造るところです。
でもその素朴な佇まいが好きでつい買ってしまいます。
りんごワインや山葡萄ワインなどもあります。
飯島町の道の駅で買ったイノシシ、鹿、羊のいわばジビエ料理で今宵は島田さんのところで酒盛り。
20170717_184555
詩雨クンと先生
20170717_214921
大ちゃんも三味線を披露!
received_1331094060292168
翌日の夜にソンドン先生のご自宅から送られて来た写真です。
サモニムとお二人でまし野のワインを嗜んでいらっしゃるようです......





無くした!と思っていたサコさんのミラーレス一眼カメラのメモリカードが思いもよらないところから出てきました。
ポスターの被写体から記録側に回ったサコさんに顔向けができなかった小生はホッとしています。
遅まきながらブログに並べさせていただきます。
メンバーの作り物でない素直な表情がいいですね!
fullsizeoutput_cfd
この日はとても良い天気でした。
朝7時過ぎに今池に集合でしたが.... 
19598871_684371535086088_2116234202161703788_n
酒向さんちのアニーちゃんも飛び入り
fullsizeoutput_d06

fullsizeoutput_d07

fullsizeoutput_d0a
カメラマンのハトさんもいます。
fullsizeoutput_d1b

19510219_684371548419420_4257605012261678125_n

19601106_684371565086085_6815731574421871447_n

19511192_684371598419415_2360855294636492441_n

19510500_684371908419384_4819879556604582745_n

19702030_684371611752747_859639341682676159_n

19554251_684371775086064_1162550551688297643_n

19511554_684371835086058_7194424876542548703_n

19511554_684371835086058_7194424876542548703_n

19657362_684371855086056_6240634541846145872_n-1
ポーズをいろいろ試しているようです。
fullsizeoutput_d1d

fullsizeoutput_d1f

fullsizeoutput_d22
子供達もこの通り。
fullsizeoutput_d25

fullsizeoutput_d26

fullsizeoutput_d29

fullsizeoutput_d2b

fullsizeoutput_d31
こんな具合に撮ったり....
fullsizeoutput_d37

fullsizeoutput_d40
渦巻きらしきものを作ってみたり....
fullsizeoutput_d42
fullsizeoutput_d4a

fullsizeoutput_d4f
果たしてどんなポスターができるのでしょう,,,,
fullsizeoutput_d50

fullsizeoutput_d52
多分モノクロでしょう...
fullsizeoutput_d56

fullsizeoutput_d57

fullsizeoutput_d58
集合写真もお願いしました。


fullsizeoutput_d6f

fullsizeoutput_d8e

fullsizeoutput_d86
無事終わったようですが....
fullsizeoutput_d9a
この日はすぐ大府に移動し練習でした。
fullsizeoutput_d9c

fullsizeoutput_d9f

fullsizeoutput_da0

fullsizeoutput_da2

fullsizeoutput_da4

fullsizeoutput_da6

fullsizeoutput_da7

fullsizeoutput_da9
長い一日お疲れ様でした。
ハトさん、ありがとうございました。

これから梅雨入りのシーズンです。
栗の花が散りかけて、イガグリの赤ちゃんが頼りなげに青い枝にしがみついています。
夏が終われば立派に実っていることでしょう。
20170607_145323
さて梅雨入り前の晴れ間の中でソウル公演のポスター撮影です。
監督からカメラマンと場所を指定されていて街中で早朝の撮影となりました。
1496800509880
その様子をサコさんがスナップショット。
実はサコさんがミラーレスのカメラで撮ってくれたSDカードを筆者が無くしてしまうという大失敗。
ごめんなさい・・・
1497111506252
異論もありましたがここに軟着陸しました。
1496800553422
ストーリー性を重んじる韓国の監督の意向はよく理解できます。
筆者としては舞童を期待していたのですが・・・
1496800565151
朝早く集まることもかなり大変なのですが、警察に道路使用の許可を申請したり、周囲にも周知のチラシを入れたりとトラブルを避けるべく、できることはやって臨みました。
これについて今池在住のメンバーが抜かりなくことをすすめてくれました。
今池の住民の皆さん、朝早くからお騒がせしてすみませんでした。
1496800534183
まだ眠たいのかなあ・・・
1496800526928
これから、すぐ大府に移動してまた練習です。
余りに陽射しが強いですね。
私は曇り空を期待していたのですが・・・
1496800516937
ポスターの写真はこれではありません。念のため・・・
さあ、今日もこれから練習です。


P5050360

P5050362

P5050364
ネエサマ達が見に来て下さいました。
P5050365

P5050366
先生についてソゴの確認
P5050367

P5050368

P5050369

P5050370
発表会の写真をすっ飛ばしてしまった・・・
P5050371
陳監督の楊州山台ノリからティプリ
P5050372

P5050373
今年も無事終わりを告げたがこれからはソウルに向けて練習です。
P5050375

P5050378

P5050383

P5050384

P5050386

P5050387

P5050388

P5050389

P5050390

P5050391

P5050392
皆さんお疲れさまでした
P5050393

P5050394


P5050398
希望の星たち・・
P5050399
思わずもらい泣き!?
P5050400

P5050401
 
P5050402
全部ポーズが違う!
P5050403
CHINNGUNさん!
P5050404
という理由で同じ写真の羅列
P5050405

_DSC5023
打ち上げも館内レストランで。
_DSC5025
東京から趙寿玉先生がお見えになりました。
夏のKOUSでご一緒させていただきます。
_DSC5026
ちえちゃん、前回はソウルの打ち上げで「花」を歌ってくれたねぇ・・・
_DSC5021
趙成敦先生ありがとうございました。
農楽とソゴノリの楽しさ、難しさが身に沁みました!

陳玉燮監督ありがとうございました。
楊州山台ノリ、一生懸命練習します。
夏にはお世話になります!

年世サモニム、反射神経に優れた通訳ありがとうございました。
貴方がいてくれるだけで場がとても明るくなります!

遠くから近くから参加の皆さん何時もありがとうございます。
お疲れさまでした!

ノリパンはこれから夏に向けて練習に励みます!







交流会
年世さんのそこの抜けた笑い顔がいい!
P5040254

P5040255

P5040256
座長さん
P5040257
70歳を超えている参加者
心配したが無用の元気さ!
P5040258

P5040259

P5040260

P5040262

P5040263

P5040264

P5040265
それぞれが自己紹介を兼ねて一言ずつ・・・
P5040266

P5040267

P5040268
東京のカンナさん
P5040269

P5040270

P5040271

P5040272

P5040273

P5040274
意味のない写真と言えばそうかもだが・・
せっかく撮ったので並べてます。
P5040275

P5040276

P5040277

P5040278

P5040279

P5040280

P5040281

P5040282

P5040284

P5040285

P5040286

P5040287

P5040289

P5040288

P5040290

P5040291

P5040292

P5040293


P5040296

P5040297

P5040299

P5040300

P5040301

P5040302

P5040303

P5040304
パーフォーマンス
P5040315
Uさんの腹話術
P5040316

P5040321

P5040326

P5040328
座長まさかのマジックに座は盛り上がる!
P5040330
出るわ、出るわ・・
P5040332





ワークショップはソゴの練習から・・・
ソゴノリの練習風景
P5040244
ソゴの取り回しが難しいです。
なかなか先生のようにはまいりません。
P5040238
専門用語の解説です。
一応復習のつもりで書いておきます。

歩く時の足の置き方
디딤새(ティディムセ)かかとからつきます。
돋음새(トドムセ)  つま先からつきます。

クッコリの歩き方
前に歩く
장전(チャンジョン/長前)1長短で1歩前に足を運びます
중전(チュンジョン/中前)1長短で2歩前に足を運びます
세전(セジョン  /細前)1長短で4歩前に足を運びます

後に歩く
퇴장전(トェチャンジョン/退長前)1長短で1歩後に足を運びます
퇴중전(トェチュンジョン/退中前)1長短で2歩後に足を運びます
퇴세전(トェセジョン  /細退前)1長短で4歩後に足を運びます

基本動作の一つです
いずれもチャンダンに合わせて一歩ずつ歩きます。
사수(サス)1.ソゴを左上に鏡を見るように構え打つ
      2.ソゴをひねりながら右手をやや横に伸ばす
      3.胸の前で右手を前にしてチェとソゴを掛け合わす
      4.掛け合わせたソゴをひねりながら開くように両手を拡げる

인체(人体)1.左上に鏡を見るように構えたソゴを打つ
      2.ソゴはそのままで右手に持ったチェを身体の後に回し
       チェで三色帯を軽く払う
      3.チェ持った右腕をを身体の前丹田辺りに持ってくる
                   4.右手は次にソゴを打つための予備動作で 
P5040243
ソゴが農楽の華というのは決してオーバーではないということがわかりました。
P5040240
しかし・・・華のある仕草は難しい・・・
すぐに腕が疲れてしまいます。
P5040241

P5040249

P5040250

P5040251

P5040252

P5040253

P5040242

P5040245

P5040246
リラックス
P5040247

P5040248

P5040234
朝の食堂でパチリ
P5040235

P5040236
食事を待つ・・・朝の一コマです。

このページのトップヘ