関わり続けてはや5年。


墓参を兼ね、今年もなんとか訪れた東北。

雨の中、ツール・ド・東北は今年も行われていました。

そして。
当然のごとく、今年も飛び込みで気仙沼の『ぴんぽん』へも乱入 (‾̴̴͡͡▿•‾̴̴͡͡ʃƪ)  

毎度お馴染み椅子のテーブルからスタートし、ちゃっかりしっかり気仙沼を堪能💓

塩辛
まろやかな塩加減が堪りません♬

盛り合わせ
アワビに甘エビにサンマに…あー、また食べたい❣️

忘れてはならぬ主役、ホヤ
もはや神( ̄+ー ̄)

マンボウ
酢味噌がよく合いますp(^_^)q

何故か影の主役に踊りだしそうな絶品、
ジャガバター(*☻-☻*)

※初めて『ぴん・ぽん』を訪れる際は、是非騙されて食べてみましょう♬(笑)


さて、ほぼ一年ぶりに訪れた、東北。(主に気仙沼市)

再会に泣いて笑って。 

新たに増えた記録映像に改めて言葉を失い。


漁火公園

気仙沼の守神、五十鈴神社

防潮堤

建築中のつるかめ大橋


新たな出会いもあり、また5年経って尚、貴重なお話が伺えたり。

様々なお立場からのそのご苦悩、この先も決して忘れません。

それでも、海と共に生きると語る皆さんの笑顔も。



個人的には、気仙沼は特に港の活性化に伴い、少しずつ動き出した感がある反面、その流れに乗り切れず取り残されそうな不安を隠せない方も認められます。

東日本大震災から5年経った、今だからこそ出来る支援。

経た時の分の変化とともに、継続型の関わりが益々必要なのではと感じます。

復興とは何なのか。
誰の為の復興なのか。

決まった出口など当然ありませんが、その目線は忘れずに。

ひとまず、直近のリミットは来年3月。

それまでに、何か新しいアプローチが出来ないか。

無い知恵を絞り出しながら、また皆さんのお知恵、お力をお借りしなければならないかも知れません。

その節には、どうぞ、またお助けください☆彡




(まとめサイトより。東日本大震災当時、Twitter等で流れた沢山の人の想いです。)


(東日本大震災 災害派遣活動記録映像〜防衛省動画チャンネル〜)



https://m.youtube.com/watch?list=RDdaD2SStSIWA&params=OAFIAVgj&v=1zKhIezKuNI&mode=NORMAL
(自衛隊が出動した主だった災害が僅かながら映っているこの動画。
当然、東日本大震災のものも入っているのであげておきます。)

『あの日』、涙を堪えなら、混乱の最中に記録を撮り続けた人、この地獄を生き抜いた方々。

その現実が苦しみでなく、いつの日にか大きな誇りとなる為にも、全国の被災地も含め、サポートの動きを止めてはならない。

この1、2年、個人では乗り越えられない壁に苛まれて来ましたが、特に熊本の地震後に改めてそんな想いが強くなっています。


『助けるではない。共に居る。』
 

肝に銘じます。

果たしてお味は…(⌒-⌒; )



また会おうね、東北。