ポートレーショ写真を奥様にプレゼント!

IMG_0153-
私の履歴書シリーズの最初の記事がうちの奥さんについてであった。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/1988464.html

P1260236
さて、9月といえば私と奥さんとの結婚記念日。何をプレゼントしようかな〜と考えていた。するとアロマの智子さんが新しいプロフィール画像をFBにアップしていた。このスタイルは見たことあるぞ!とピンときた。実は3年前にも友達の光子さんから同じスタイルの写真を見せてもらって、上手なカメラマンだなと思っていた。そこで智子さんにどこのカメラマンか聞いてみる。
P1260317
すると恵比寿にあるStudio KUMUのアスミさんだと教えてもらった。というわけで今回のプレゼントはポートレートに決定! まず最初は原宿GROWの深谷さんにカットのアポを入れる。そのあとKUMUに撮影に。
P1260345
アスミさんのところはヘアとメイクも入れて撮影をしてくれる。色々なモデルとかタレントさんも宣材写真を撮りにきている。こんな感じで本格的に撮影をしてくれる。
P1260356
そしてそこから6カットほど選んでその場で画像修正!(笑)というかアスミさん、メイクから撮影から画像修正までセンスがいいのでびっくり!
P1260361
こんな感じで写真ができあがる。しかも驚いたことにデータも全部その場でくれちゃう!! いたれりつくせりのサービス! うちの奥様も写真の出来に感動!(笑) モノではなく写真というプレゼントもいいなと思いませんか??
P1260365
◼︎Studio KUMUのアスミさん
http://www.kumu.jp/studio/studio.htm
ヘアメイクから撮影まで、お値段は全部入れて3万円と良心的。ぜひあなたもぜひパートナーの方にポートレートをプレゼントしてみよう!
IMG_0055a








 

急遽ダイエット宣言発動!

DSC_0193
デブの予兆はちゃんと全部出揃っていた。というか予兆なんてものではなく明確なシグナルがたくさんでいた。顔が丸くなった、ズボンが超キツくなった、Tシャツの裾がめくれる、少し歩くと膝が痛い、座っているだけで腰がいたい、そして止まらない暴飲暴食。役員の河野からも「最近注文多すぎません?」と、奥さんからも「最近とまらないでしょ」と。

でもそれはたんに執筆のオーバーワークでむくんでいるだけと本気で思っていた。ダルイのが抜けないのも季節の変化かな〜とか。関節が痛いのも運動不足かなとか。しかしここで胸が痛くなり、頭痛もしはじめる。勝手に何かの病気か?とか思う。でもまさか自分が本気で太っているとは想像もしていなかった。

にしてもなんかおかしいぞ……と思い半年ぶりに体重計にのる。そこで目を疑う。93キロ!? えーーーーーーーーー!!! 最後に計ったのは半年前で84キロ。それでも太っているのでダイエットしようかなと思っていたぐらいだ。まさに史上最高のデブ状態!! しかもこの半年で9キロ太ったことになるから、体調不良もあたりまえだ。今回はさすがに生命の危機を感じて、即ダイエット宣言!!

今回の執筆でよくわかったのだが、プロの作家の1日5千文字というペースは、日常生活と体力のバランスのとれるペースである。私は執筆が本業ではないため、限られた日数で詰め込んで三倍のペースで書いた。どうも自分は執筆しているとストレスで暴食になるらしい。この二ヶ月で6キロは急激に太っている。執筆でバーンアウト(燃え尽き)と思いきや、脂肪は全くバーン(燃焼)していない。というわけで、私と会食する方は私のダイエットを邪魔しないようにーー!!!(笑)

ちなみにダイエットの目標は半年で18キロ減。一ヶ月3キロのペースを保持することが命題。今後の経過はブログで報告します!(今回はマジ)

原稿の執筆でバーンアウト

もともと本の原稿は最初は、がっちゃんのアメリカでの自閉症育児体験記をテーマにしていた。そこで今年の春から過去の日記を見ながら、原稿をちょろちょろ書いていた。6万文字(通常の本が10万文字)ぐらいまで書いたところで、ちょっとテンポが遅い原稿だなと思っていた。編集の方からも、自閉症育児のあるある本はすでに多く出回っているから新鮮味がないという声が。

そんな時、私は打ち合わせの時に横で毎度の爆裂トークをしていたのだが、その内容が受けたらしい。「のりさんのその考え方の方がおもしろいので、そっちを全面に出しましょうよ」ということで方向転換。とはいってもこれが7月半ばの話のこと。締め切りはいつですか?と聞くと、本の発売日から逆算すると8月半ばだという。 え!?一ヶ月!?

とはいってもこの時は岡山に放課後デイを開設すると決めて申請に向けて動きだしていた。あまりにもスケジュールが立て込んでいたため、仕事に直結しない会食アポなどは全部リスケ。強引にアポを入れない日をつくり、朝から夜中まで原稿執筆に。今回は1日1万5千文字のペースで原稿を進めた。8月半ばはラストスパートで、なんとか原稿を8月中に間に合わせる。

今回新しく書き直した原稿は20万文字(実際の本は10万文字なので、当然内容を半分削ることになる)。ドアカルの時に1日1万文字でかなり疲れたのだが、今回はそれほど体力にダメージがこないで執筆できた(と思っていた)。プロのペースが5000文字だとエージェントの鬼塚さんからいわれたので、オレ結構早いぞ!と思っていた。ところが原稿を納品したあとで、このプロのペースの意味がわかることになる……。
つづく
P1210620

 

目次『私の履歴書』シリーズ

1e6c1db0
最初は二週間程度で終わると思っていた「私の履歴書シリーズ」。アイムの事業を始めてから、生徒父兄や仕事関係者から私のことをよく聞かれるので簡単にお話ししようと思っていた。かっこいい話もかっこ悪い話もそのままストレートに描いてある。自分では結構地味な話だと思っていたのだが、周りから「かなりおもしろい」といわれ、調子にのって書いたらいつのまにか役一年がかりのシリーズとなってしまった。というわけで、後から読む方のために分かりやすくチャプターに区切っておく。

◼︎1◼︎画家になりたいと思っていた若き頃(笑)

281
海外転勤族として育つ、ハワイのティファニーでバイト、青春を宗教で過ごす、グラフィックデザイナーになる。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/1988417.html

◼︎2◼︎試しの転職時代
SANY0070
営業に転身し即ダメ出しされる、BSジャパンで社長賞を、9.11で転職に失敗、貧乏生活。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/1988572.html

◼︎3◼︎ヤフー入社で大きな転機をむかえる
P1000553
社長に直訴して入社、仕事がないので社内営業を本業に、がっちゃんの自閉症発覚。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/1988591.html

◼︎4◼︎バブっていた東京ガールズコレクション時代
P1110437
一世風靡のガールズウォーカー、LAセレブを立ち上げる、TGCが大ブレイク、ファッションウォーカーを交渉する、ビジネス本を出す。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/1993042.html

◼︎5◼︎好奇心に任せて企画を乱発
IMG_8970
ウンコマン、パイナップル君、音楽制作、写真集配信、オカマちゃんビジネス、サイキックエージェント。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/1995452.html

◼︎6◼︎華やかな時代の終焉
11-09_682
なりゆきで会社を登記、パーティーばっかり、キットソンを担当、Yoshikiとシンガポールとファッションショー、波が一斉に引く、中目黒から引き上げる。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/1995664.html

◼︎7◼︎再び困難の波に突入
93e02d79
オハイオの衝撃、過去の宗教体験を振り返る、ドアカルの執筆、宗教とは何か、忍術でぎっくり腰、友達がサイキックになる。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/1999583.html

◼︎8◼︎サブカルファッションとロス
P1030547
Tシャツ事業、今度はサブカル、真面目と効率と英語の話、ハリウッドのアニメ企画、ロスにやっと馴れる。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/2001755.html

◼︎9◼︎突如の日本帰国から次を模索
IMG_1512
介護のコンサル案件、リーディングと決別、人生の意味と覚悟、日本へ突如帰国、マルチの誘惑、宗教をつくれ?、依存ではなく自立を売る。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/2015384.html

◼︎10◼︎アイムの始まり
dc0c8172
放課後デイを調べる、母親の早とちり、物件と資格者が出てくる、書類地獄?、申請が通っちゃった!、三大ストレス、いきなり挫折モード、大賞受賞、高津を検討、がっちゃんが軸。
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/archives/2018928.html

以上、お好きなところ読んでいただいて結構です!

IMG_9300




 

今できることを今やる

これまでのキャリアと経緯を振り返ると思うことがある。映画『フォーレスト・ガンプ』(一期一会)で主人公が最後にこのように人生を総括する。「人生は運命によって決められているのか、それともただの偶然の重なりなのか。多分その両方だと思う」。このセリフはある意味真実をついており、多分永遠に人類が解けない謎解きだと思う。

私の人生も周りからみると戦略的に計画的に動いていると思われがちだが、当人の私はまったくその逆を思っている。これほど自分の計画性や意思と関係なく物事が勝手に動いていく人生。ある意味私は底辺に理想主義を持ちながら、表層は現実主義に身をおいている。ある程度物事に対する戦略思考と実行力を持ちながら、同時に物事に対する無力感を受け入れている。

人間自分の意思次第でなんとかなるなら誰も苦労しないと思っている。自分の努力以上に人生(運命)の波の力が大きいことも体感している。同時に自分の行動力の影響の大きさも実感している。人の運命は大筋生まれる前に決まっていると思える時もある。同時に自分の意思で大きく舵を切ることができる局面もある。

多分このテーマに関して答えは永遠に出ないだろう。だから重要なことは「今できることを今やる」。それ以上のことは心配してもしょうがない。だから私は地球の裏側の戦争にも飢饉にも興味がない。同時に日本全国の自閉症がどうのこうのとも思っていない。ただ、目の前に現れた人や事象には正面から取り組む。取り組みようのない大きな問題を漠然と心配するのでなく、取り組める小さな課題に取り組む。「隣の調理場より、自分のまな板の心配をする」である。

というわけで私の履歴書シリーズはおしまい! 約一年間のおつきあいありがとうございます!
R-Self06





 

コメントはFB上のみでお願いします!
問合せ:
FBのメッセージ経由でお願いします。
 
  • ライブドアブログ