楽しくやっていれば人は寄ってくる!

P1340297
放課後デイを始めてから、それまで経験したことのないことが起き始めた。SNSを通じて、全く接点のなかった人たちから連絡がくるようになった。それまでの仕事では、知らない人から会いたいという連絡が入ることはそんなになかった。しかしアイシュタインの取材記事をみたりした人たちから、一度会って話を聞きたいといった人たちがでてきてくれた。
P1320954
それと身近の友人の中からも、自分の親族や知人に自閉症がいるので、一度会ってみてほしいと声がかかるようになる。世の中案外自閉症多いんだなと感心した(笑)。あと、実は私も発達障害だ、とかカミングアウトしてくる人が増えた(爆笑)。とにかく口コミでの人から人の紹介がとても増えた。
P1300785
なんらかのパーティーにいっても、自閉症の学童をやっているというと、かなりの人が食いついてくる。最初は自分の息子の事情のために始めた仕事だったので、自閉症と関係ない人が自閉症というトピックに関心をもつというのは意外だった。
P1320339
こんな感じで人から人の紹介への連鎖で様々な人脈が自然に増えつづけっていっている。TGCの時よりも放課後デイをやっている自分に人の反応があるのもおもしろい感じだ。
P1350097
それにしても、なんでみんなが放課後デイにそこまで関心を持ってくれるかずっと不思議だった。そんな時にマリさんから「のりさんが楽しそうにやっているからよ」といわれた。確かにそれもそうだ。私がつまらない顔をしていたら誰も寄ってこないだろう。だから運営する側も常に楽しさを求めることは大切だなと実感。ここで自閉症キッズの父兄にも問いたいことが一つ:あなた自身は毎日を楽しく過ごしていますか?

◼︎お友達紹介
http://blog.livedoor.jp/gacchan_blog/archives/cat_910629.html

◼︎福祉関係のお友達紹介
http://blog.livedoor.jp/gacchan_blog/archives/cat_1161966.html


P1390886


 

友達が遊びにきたいといいはじめる(驚)

P1280010 2 copy
放課後デイを始めて次に驚いたのは、私の周りの友達が遊びにきたいと言い出したことである。え!?うちの教室を見たいと思ってくれるの? これはかなり意外だった。それまでの仕事で友達が「今度そっちの事務所に遊びにいきたい」といったことはないからだ(笑)。
P1290151
自分は教室準備の数ヶ月、これまでの業界から切り離されて、一人で黙々と書類作業に没頭してきた。生徒のいない教室で一人で掃除をしたり、かなり隠匿なルーチンを繰り返していた。それでこのまま超地味な福祉の世界に埋没してしまうのかな、と思っていた(笑)。
P1370665
だから何気なく「自閉症の教室はじめたよ」といった時に、友達が強い関心を示すものだとは思いもしなかった。逆に純粋におもしろそうだと興味を持ってもらえたことがうれしかった。
IMG_0330
そしてみんな教室に遊びにくると、生徒たちがとてもかわいいといってくれる。とてもピュアな子たちなので癒されるという。
P1350623
子供たちもいろいろなゲストに会えていつも楽しそうに寄ってくる。子供たちはオープンマインドな大人がくるとすぐに寄ってくる。自閉症は人に関心がない、とか交流しない、というのはウソである。彼らが一般人よりも鋭い嗅覚をもっている。
P1370310
私は一人でも多くの人に自閉症キッズに直に接してほしいと思っている。それが社会からの先入観を取り除く方法だし、味方となってくれる理解者を増やす方法だからだ。というわけで、アイムは今後も積極的にたくさんのお友達を連れてきます!

◼︎教室に来たゲストの紹介!
http://blog.livedoor.jp/gacchan_blog/archives/cat_1072061.html


P1320020 

頼りになる顧問たちに恵まれる!

P1230185
私が放課後デイを始めてから驚いたことが一つある。それは私が尊敬する経営者の方に報告をしにいったら、「この仕事が今までののりちゃんの仕事の中で一番素敵だよ!」と褒められたことである。とても立派な仕事だよ!といわれて最初私は耳を疑った。ヤフー、東京ガールズコレクション、キットソンなどやってきた後に、こんな仕事が評価されるとは考えたことすらなかった。
P1240800
顧問を一番最初にかってでてくれたのは福田さん。この時に福祉業界より実業界の顧問を増やしておいた方がいいといいだろう直感。普通であれば福祉業界に参入したので、福祉の専門家を顧問につけようと思っただろう。しかし私の中には将来の就労支援が頭の中にあり、ビジネスに長けているアドバイザーの方が必要になると考えた。
P1220042
とはいうものの、実は単純に私が尊敬する師匠たちと一緒に仕事をしたかった、というだけの理由である。みなさんいつも忙しくてなかなか会えない方たちなので、顧問になってもらえればもっと一緒に時間を過ごさせてもらえると思った。
P1310248 2
アイムの顧問は皆カリスマ性があり、頭脳・人格共に魅力的な方達ばかりである。知識も理論の組み立て方も半端なく、彼らと一時間話すだけで、普通の人の一年分の濃い情報がつまっている。というわけで、アイムの顧問になって頂く条件は、無給で時々のりちゃんにご飯を奢ることである。
11393172_601219586648308_1841825231403214205_n

◼︎アイムの顧問リストです!(HP)
http://imhappy.jp/company/index_1company.htm

◼︎顧問の紹介シリーズ!(がっちゃんブログ)
http://blog.livedoor.jp/gacchan_blog/archives/cat_1144037.html


P1240702




 

江戸屋敷のピンチをチャンスに!

P1080558
実際に物件を見に行くとビルの中に古い和風の住居があった。私たちはこの物件を江戸屋敷と呼んでいたが、あまりにも部屋が古くて暗かったので、一度は断ろうかという話になった。しかし他の物件をみたが、借りれる駐車場が近くになかったため江戸屋敷しかない、という結論になる。
P1050993 copy copy
とはいったものの、父兄がこの古臭くて暗い教室に入ったら眉をひそめるのは想像に難しくない。そこでまずは壁をぶち抜いて全体的に明るくしようという話になる。それと押入れがあったので、明るい色にすれば子供たちが喜んで入るかも、という話に。さらに入り口の壁色を明るいオレンジで塗って、ライトを大幅に足せばいいじゃん、という流れになる。
P1060002
どうせ一つの壁を原色で塗るのであれば、 全部の部屋を違う色で塗ってもいいじゃん。そこで私は一番広い広間をIKEAのようなブルーにしようと考える。次に奥の部屋はより暗くなるので、黄緑とか明るい色にしよう。で、台所はトイ・ストーリーの水色にすれば子供たちも親近感がわく。するとゆりえさんが「だったらキッチンの汚れている天井は茶色にすればカフェっぽくなるわよ」と提案。それから各壁にカラーチップを貼っていって、全部の部屋を見渡した時に、各色の調和がとれているように配慮した。
P1090622
次に重要なのはライトを大幅に増やすこと。電気工事の人を呼ぶと、一つのロゼット(照明ソケット)を足すのに3000円といわれる。なんだ、そんなに安いのなら!といっきに30個足した(9万円(笑))。だから広い居間には9個のシャンデリア、キッチンには9個のランプがついている。各部屋には最低3つの変わったランプをつけていった。
P1180937 のコピー
一通り工事が終わって、私は夜中まで一人でランプを教室につけていた。そして全部設置して部屋の電気をつけた時に「これはスゴイぞ!!」と感じる。夜遅かったがスタッフに画像をメッセすると「ホテルみたい!」とかコメントが返ってくる。12月と1月で物件と人探しを終えて市役所に申請書類をもっていき、3月には教室がフル稼働状態になった。今思えば、物件がそこそこ綺麗だったらお金をかけてこんなインテリアにしようとは思わなかっただろう。ピンチがチャンスになった良い例である。
P1180938 copy




 

高津に教室を開くべきか!?

宮前平に4月に教室を開いてからあっという間に夏休みも終わり秋になった。この頃には就労支援と自閉症向けの高校を溝の口につくりたいという意向もかたまっていた。それで、将来のゴールに備えてもう一軒教室が必要だという話になった。

とはいっても次の教室を準備するにはお金、物件、人が必要になる。ちょうど1年前に同じ課題を抱えていたわけで、年末に再びである(笑)。宮前の教室の利益もトントンで、とてもじゃないが投資のお金なんてない状態。というわけで今回は銀行から借りる必要があった。とはいえ教室開設からまだ8ヶ月しか経っていないし、会社登記から1年未満だ。悩んでいても仕方ないので銀行にダメ元で打診して、貸してくれたら天命だということにしよう、という話になった。
P1010524
実際に銀行にいったら先方も「うーむ」という感じだ。普通は1年以内の起業会社には大きな額は融資できないといわれる。ところが神奈川ふくしサービス大賞を受賞したというところと、息子の将来がかかっているから失敗はオプションでない、の2点に気をとめてくれた。それで担当者が色々と頑張ってくれて、なんとかいけそうです、の連絡が入る。

次は物件だが、12月に物件を探しはじめた時は適切な物件がなかった。どこも駅から離れていたり、貸し駐車場が近くになかったりと、ピンとくるものがなかった。ところが1月に入り、不動産から「まだ外に出ていない物件が出てきたけれど、ちょっと変わってまして……」と話がくる。ふむふむ。
P1010516



コメントはFB上のみでお願いします!
問合せ:
FBのメッセージ経由でお願いします。
 
  • ライブドアブログ